面接官に好印象を与える!入室・退室マナー

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 面接官に好印象を与える!入室・退室マナー

2018/04/23

【このページのまとめ】

  • ・面接は、応募先企業に到着したときから始まっていると考えて行動しよう 
    ・面接官に背を向けず、丁寧な挨拶と一礼が大切 
    ・面接室を出た後も気を抜かず、会社から離れるまでが面接だと思おう

転職活動を成功させるためには、面接対策が必要不可欠。特に、入退室には細かいマナーがあります。面接官に良い印象を与えるためには、緊張していてもスムーズに立ち振る舞えるように練習が必要です。
こちらのコラムでは、面接の基本的なマナーについて詳しく解説しています。

◆面接は始まる前から見られている!

面接は、応募先企業の受付での態度も重要です。応募先企業に着いたときから、面接が始まっていると考えましょう。
受付では「本日○時から面接のお約束をしております、○○と申します」など、訪問の趣旨を伝えます。遅刻はもちろん避けるべきですが、到着が早すぎても迷惑をかけてしまう恐れがあるため、面接時間の10~15分前に受付に行くと良いでしょう。

企業によっては、面接が始まるまで一時的に控え室や応接スペースに通される場合があります。
「こちらでお待ちください」と待機を求められた場合は、携帯を触ったり、周囲の人と喋ったりせず、姿勢を正して待ちましょう。もし椅子を勧められた場合は「失礼いたします」と言ってから座り、面接の時間になるまで、心の準備を整えておきましょう。

◆第一印象を決める入室マナー

面接では第一印象が重要です。入室マナーができておらず面接官に悪い印象を与えてしまうと、選考に影響することも。
良い印象を持ってもらえるように、マナーに気をつけて入室しましょう。

【入室時のドアノック】

ドアノックの回数は、国際的には4回、日本では3回がマナーだと言われています。ノックは速すぎたり強すぎたりすると、良い印象を与えないため注意。
「どうぞ」や「お入りください」と声がかかったら、「失礼いたします」と言ってからドアを開けましょう。
既にドアが開いている場合や、ドアのない面接室はノック不要です。

【入室後】

部屋に入ったら、ドアの方を向いてドアを閉めます。このとき、面接官に完全に背を向けないように注意しましょう。
後ろ手に閉めたり、両手でドアノブを握ったりするのは不自然に見えるので避けます。
ドアによっては閉める際に大きな音が出る場合があるので、ドアが完全に閉まるまでドアノブから手を離さないようにしましょう。
ドアを閉めたら、面接官の方を向き「よろしくお願いいたします」と一礼してから、椅子に向かいます。

【着席する】

椅子の左側に立ち、名前を名乗って挨拶します。面接時は基本的に、下座へ座るのがマナー。どの椅子に座れば良いのか分からない場合は、下座の椅子の横に立ちましょう。
面接官から「おかけください」と声をかけられたら「失礼いたします」と言って着席します。
着席時、バッグは椅子の横に立てて置き、コートはバッグに重ねて置きましょう。椅子の上や背もたれなどに置くのはマナー違反です。

◆最後まで気を抜けない!退室マナー

面接は入室だけではなく、退室時も重要。面接でどんなに良い印象を与えても、退室マナーができていないと最後に悪い印象を残してしまいます。

【面接終了後】

面接官が「本日の面接は以上です」と言ったら面接終了の合図。座ったまま「本日はお忙しい中、貴重なお時間を割いていただき誠にありがとうございました」と一礼しましょう。その後、椅子の横に立ち「失礼いたします」と一礼します。
どちらも一礼と挨拶を同時に行わないように注意。挨拶をしてから、一礼の順番を守りましょう。

【退室】

ドアの前で面接官に向き直り「失礼いたします」と改めて一礼します。このときはまだドアを開けません。
挨拶をした後、ドアを静かに開け、面接官と目を合わせながら静かに閉めましょう。
入室時と同じく、面接官に背を向けたまま閉めないように注意します。

面接が終わると緊張が解けてしまいがちですが、会社から離れるまで気を抜かないようにしましょう。
特に、面接室を出てすぐ携帯を触ったり、髪をほどいたり、ネクタイを緩めたりしてはいけません。
企業によっては、採用担当者や案内係が出口やエレベーターホールまで誘導する場合も。その時は、別れる際にも「こちらで失礼いたします」と一礼しましょう。

入退室の基本や挨拶のタイミングなど、面接マナーに自信がない、自分のやり方があっているか分からない…という方は、転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。

ハタラクティブでは、就活アドバイザーが企業ごとに合わせた面接対策を実施。入退室のマナーや、よく聞かれる質問の回答ポイントなど、面接通過のための対策を行っています。
初めて転職するという方や、働きながら転職活動を進めたいという方は、ぜひ一度ハタラクティブにご相談ください。



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ