新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 面接時に最適なカバンの色・サイズ・デザインは?

面接時に最適なカバンの色・サイズ・デザインは?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・面接には、就活生はリクルートバッグ、転職者はビジネスバッグがふさわしい
    ・面接時のカバンの色は黒、黒系が無難
    ・理想的な面接用カバンのデザインについて
    ・私服面接のときもシンプルで機能性が高めのカバンがおすすめ
    ・面接時には、椅子の横にカバンを置くのが最適
    ・必要なもの以外に、便利グッズもカバンに入れておくと安心

就活しているときに、面接にもっていくカバンで悩む人も多いはず。

どんなカバンを持っていくのが常識の範囲内なのか、
バッグみたいなちょっとカジュアル路線のものはNGなのか…。

就活中の人も、これから転職を考えている人もぜひ知っておきたいカバン事情をご紹介します。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

面接時のカバンの選び方

「カバン」と呼ばれているものは、実用性と機能性を合わせもったシンプルなものが一般的です。

バッグは、素材やデザインに個性があり、カジュアルな装いのものが多いと考えられます。
また、リュックになる2WAYタイプのビジネス用バッグも控えたほうがいいでしょう。

就活生が使うのはリクルートバッグ、転職者の場合は普段から使っているビジネスバッグが最もふさわしいと言えます。

面接用の理想的なカバンのデザインは?

カバンの色は、黒や黒系のものが無難です。
どうしても迷ってしまう人は、面接用のスーツの色に合わせて選ぶことで、全体のバランスが良くなります。

サイズ

A4サイズの書類をそのまま入れられる大きさがベストです。
また、カバンを床に置いたときに自立できるものであることもポイント。カバンの底に鋲(びょう)が付いているものは、しっかりと立つことができるのでおすすめです。

私服面接時のカバンのタイプは?

「面接日には私服で来てください」と言う企業もあります。
私服で面接を受けることを考えると、服装の他にカバンも気になりますよね?

はたして、どんなタイプのカバンだとOKなのか。また、常識的に考えて、「私服」とはどの程度のことを指すのかをご紹介します。

私服面接をする業態

スーツではなく私服で業務を行う場合は、面接時に指定されることが多い傾向にあります。
たとえば、ファッション会社や美容業界、デザイン企業といったアパレル系やクリエイティブ系など、個性を重視した仕事に就く場合などです。

私服面接時の服装と小物について

個性ある私服と想像すると、何でもOK!という認識に陥りがちですが、私服面接でも避けた方が良いとされるものがあります。

・ラフすぎるTシャツ
・あまりにも派手な色柄シャツ
・ジーンズやGジャンなどのデニム類
・スタジャン、革ジャンなどのラフ過ぎるジャケット
・肌の露出が極端に多い服装
など

服装では上記のような極端にカジュアル仕様のものは避けた方が無難です。
小物アイテムでは、帽子やアクセサリー類、リュックなどの身軽なバッグ、高級ブランド品(ロゴが目立つもの)なども控えるようにしましょう。

基準の目安は、実際に働いている人よりもきっちりとしている服装を心がけることです。
私服面接のときに持っていくカバンのタイプは、服装に合ったデザイン、シンプルな色味、A4サイズの書類が入ること、口がしっかりと閉まるもの、床置できるタイプであることなどを参考に選んでみてください。

防水、撥水加工あり

雨の日の面接も十分考えられます。
そんなときに、防水タイプのカバンではなかったら…。履歴書やエントリーシートなどの書類が濡れてしまい、面接を受けるのをためらってしまうことでしょう。

しかし、すべてのリクルート・ビジネスバッグに防水・撥水加工を施されているとは限りません。
また、加工されているものでも、時間の経過と共に効果が薄れて、中の物が濡れてしまう可能性もあります。

そんな不安を少しでも解消したい人は、クリアファイルやクリアケースを使って対処しましょう。
書類が濡れたり、折り曲がったりするのを防ぐ効果は高く、使って損はないアイテムです。

面接時、カバンはどう置く?

面接のとき、入室後にカバンを置く場所を迷う人も多いことでしょう。

面接時は、自分の着席する椅子の横に立てた状態で置くのがベストです。
机の上や空いている椅子の上、自分の膝の上などには置かないように気をつけましょう。

また、遠方から面接を受けに来ている人は、面接に必要なもの以外はロッカーに預けるのが基本。面接には、カバン一つで臨むようにします。

カバンに入れておくと便利な面接グッズは?

面接の前の日には、カバンの中身をチェックしましょう。
基本的に必要なものは、エントリーシートや履歴書、筆記用具、指定書類などです。
それ以外に、これがあったら便利というグッズをご紹介します。

手鏡

面接会場への道中で、風が強くて髪が乱れたり、目にゴミが入ったり、身だしなみが気になったりすることもあるでしょう。
近くにお手洗いがある場合は問題なくリセットできますが、もし近くに鏡がなかったら…対処のしようがありません。
カバンの片隅に一つ、手鏡を入れておくと便利です。

ポータブル充電器

携帯電話やタブレットなどを利用して、面接場所までのルートを把握している人は、「途中で充電が切れるかもしれない」と想定して、ポータブル充電器を用意しておきましょう。

面接会場までの地図

地図アプリを使用する人も多いことでしょう。しかし、充電切れや圏外など、思わぬ事態を想定したうえで、地図本や面接場所をコピーした紙などを準備しておくと安心です。

折り畳み傘

天気予報が晴れでも、夕立や思わぬ天候の変化がないとも限りません。
念には念を入れて、雨対策グッズも準備しておきましょう。

筆記用具

面接用に準備したペンとは別に、説明会の話やちょっとしたメモを残しておきたいときに使うペンとノートを用意しておくことも大切です。

ストッキング

スカートスーツを着用している女性は、ストッキングも欠かせない就活時のアイテムの一つ。カバンのファスナーが引っかかって伝線したり、知らない間に大きな穴が空いていたり…。
面接当日は替えを購入する時間があるかどうかもわかりません。そのため、自分にぴったりのストッキングを事前に用意しておくと万が一のトラブルにも対応できます。

面接時の身だしなみや持ち物の判断に困ったときは…

就職活動中の人にとって、面接日に向けた準備も大変です。
スーツの色や私服面接時のOKな服装、髪型、カバンの種類、靴のタイプ(素材やヒールの高さ)、持っていくものなど、さまざまな準備が必要になります。

一通りは知っているつもりだったとしても、いざ面接日になって「困った…」という事態に陥らないためにも、他の人の意見を参考に見聞きしておくだけでも安心感が違ってくるでしょう。
このコラムを通して今後のヒントに繋がれば幸いです。


もし、就活に関して一人で悩んだときには、就職エージェントを頼ってみてはいかがですか?

当社では就活支援を行っている就職エージェントのサービスを展開しています。
担当しているのは、プロの就活アドバイザーたちです。

就活のプロが、わからないことや疑問に思っていること、就活への備えなど、どんなことも丁寧にサポートいたします。
面接に向けた準備も採用後のフォローもお任せください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ