面接練習の方法とは?必要な準備や選考の流れを解説!アプリでの対策も

面接練習の方法とは?必要な準備や選考の流れを解説!アプリでの対策もの画像

この記事のまとめ

  • 面接官に自分のことを伝えるためには、面接練習は必要不可欠
  • 面接練習を行うことで、本番でスムーズに受け答えができるようになる
  • 面接練習を行っていないと、本番で緊張してしまう可能性がある
  • 面接練習を行う際は、質問への具体的な回答をイメージしておこう
  • 面接練習をする前に、面接官が何を知りたいのか明確にしておく

面接練習のやり方が分からずに悩んでいる方は多いでしょう。面接練習は、就職・転職を成功させるうえで重要なポイントの一つ。面接でよくある質問の意図を理解して練習を重ねることで、当日の緊張を防いだり、予想外の質問への対応力を上げたりできます。このコラムでは、面接練習の具体的な方法をはじめ、選考の流れや対策するメリットなどをご紹介。面接でよくある質問や回答例もまとめているので、就活の参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

面接練習は必要?

面接練習は必要?の画像

就活における面接とは、人生を左右する場といっても過言ではありません。志望する企業の面接官に自分をしっかりとアピールするためにも、面接練習は必要不可欠です。面接練習なしで本番に臨んでしまうと、うまく話せなかったり、緊張してしまったりする可能性も。面接で高評価を得るには、事前の対策を徹底しましょう。

面接練習は何日前からどれくらいする?

面接練習をする際、「いつからやれば良いのか」「どれくらい行えば良いのか」といった基準は特にありません。面接練習は、自分が「自信をもって面接に挑める」と納得できるまで行うのがおすすめです。人によっては面接練習を数ヶ月前から始めたり、本番の三日前から始めたりする人もいるでしょう。練習を重ねることで面接に対する不安が解消され、面接官とのやり取りの感覚が掴めるようになれば、本番でも十分に力を発揮できるはずです。

就活で面接練習・対策を行う3つのメリット

就活時にしっかりと面接練習を行うことで、本番で緊張せずスムーズに受け答えできるようになります。面接練習を行うことのメリットは以下のとおりです。

1.スムーズに受け答えできるようになる

想定される質問内容に対して、何回も声に出して答える練習を繰り返すことで、本番の面接でスムーズに受け答えできるようになります。面接練習をしていないと回答がブラッシュアップできず、質問に対して的外れな回答をしてしまう恐れも。面接練習をすることで話の要点を掴めるようになるので、面接官から想定していない質問をされたとしても回答しやすくなるでしょう。

2.初めての面接で緊張しない

何度か声に出して面接練習を行えば、実際の面接での緊張を和らげられます。面接練習を行わず本番に挑むと、頭の中で描いていたイメージと異なり、緊張してしまう人も少なくありません。また、具体的な回答の伝え方が分からず、困惑してしまうことも。
面接での緊張を緩和させるには、入室から退出までの流れをシミュレーションしておくとより効果的です。練習だからと気を抜かずにしっかりと対策をすることで、面接選考の本番でも落ち着いて答えられるでしょう。

3.話し方や緊張しないコツを掴める

面接練習を行えば、話し方のコツを掴むことが可能です。面接選考では、口調や話すスピードによって与える印象が変化します。正しい言葉遣いやテンポの良い会話ができれば、小さなミスを防げるはずです。「言葉遣い」は、面接において重要なチェックポイントの一つ。「面接で言葉遣いに失敗したら落ちる?就活でよく使う敬語一覧をご紹介!」では、言葉遣いのマナーが知れる敬語チェックを紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

面接練習前に選考の一般的な流れを確認しよう

面接練習前に選考の一般的な流れを確認しようの画像

面接練習をする際は、実際の選考の流れを知っておくとイメージしやすくなります。ここでは、就活における面接選考の一般的な流れをまとめました。

入室

アイスブレイク:自己紹介

質疑応答:職務経歴や前職の退職理由

質疑応答:自己PRや志望動機

その他:募集内容に関する説明や補足、応募者へ条件の確認

質疑応答:応募者から面接官への質問

終了

一般的にこのような流れで面接選考は行われます。
面接選考において第一印象は非常に大切。面接対策を行うときは、入室から自己紹介までハキハキ元気良く話すなど、基本的なことも忘れないようにしておきましょう。

面接練習では面接官が知りたいことを押さえておこう

面接練習を行う前に、面接官が面接を通して知りたいことを押さえておきましょう。面接官は質問を通して、応募者が「どのような経験をしてきたのか」「戦力として活躍できる人材か」といったことを判断しています。面接練習を行う際には、面接官が知りたい要素を意識することで、好印象を与えられる回答を用意できるでしょう。
面接でどのようなことを質問されるのか知りたい人は「面接で聞かれることを完全予想、回答のコツ教えます!」のコラムもご覧ください。面接官からの質問へ回答する際のコツもご紹介しているので、面接練習にも役立つでしょう。

面接練習を行うときの3つの方法

面接練習は、具体的な回答をイメージし、実際に声に出して行うのがおすすめです。以下の3つの方法を参考に、練習を行う際の具体的な流れをチェックしておきましょう。

1.質問への的確な回答を用意する

面接練習を行う際は、質問に対する的確な回答を用意しましょう。質問の意味を理解せず、ただ自分が伝えたいことをあれこれ述べてしまうと、「応募者が本当にアピールしたいポイントはどれなのか」と、面接官に何も伝わらない恐れがあります。対策方法は、面接官からの質問内容をある程度想定し、それに対する回答をイメージすること。志望動機や自己PR、転職理由、今後のキャリアプランなどの質問からは人となりをチェックされるので、念入りにイメージして回答内容を考えてみましょう。

2.声に出して練習する

想定される質問に対する回答内容を声に出して読んでみましょう。面接練習で実際に声に出してみれば、回答の長さやスピードを実感できるはずです。一つの質問に対して回答は1〜2分にまとめるのが理想的であるため、回答が短過ぎたり、長過ぎたりする場合は文章の量を調整しましょう。

3.自然な会話を心掛ける

面接はあくまで面接官との「会話」であることを意識し、自然に話すのがおすすめです。用意した回答をそのまま伝えると、堅苦しい印象を与えてしまうことも。面接練習をする際は、違和感のない話し方ができるよう、家族や友人など親しい間柄の方に手伝ってもらうと良いでしょう。

面接は練習で決まる?!本番に挑む前にやるべきこと」でも、面接練習を行う方法やマナーをご紹介しているので、参考にしてみてください。

苦手意識からどうしても面接で緊張してしまうときは?

面接に対する苦手意識からどうしても緊張してしまうなら、「緊張していないように見せる」のではなく、「その場の流れに任せてみる」のも良いでしょう。完璧な回答よりも人間味のある回答のほうが、その人となりが伝わりやすく、好感を持ってもらえる場合もあります。また、あえて「緊張しています」と面接官に伝えてみるのも一つの手。正直な気持ちを打ち明けることで緊張がほぐれ、その後の回答がスムーズに進められるでしょう。
緊張しやすく、面接練習をしても不安が消えない方は「どうしてもガチガチに…面接で緊張しないための対策!」を参考に、面接当日にできる緊張対策をとってみてください。

間違った面接練習を避けるための注意点

前述のように面接練習は非常に大切ですが、間違った練習をしてしまうと就活がうまくいかないことも。この項では、面接練習をするうえでの注意点について解説します。

回答の丸暗記は避ける

面接練習で出てきた回答をそのまま丸暗記することは避けましょう。面接本番で丸暗記した内容を答えるだけでは、熱意や感情がうまく伝わらない可能性があります。暗記やキーワードは伝えたい一文のみにし、回答自体は自然な言葉で伝えるのが理想的です。自分らしい回答をすることが、就活の成功にもつながります。

面接練習した内容以外の展開も想定する

面接本番では想定外の展開もあると捉え、柔軟な対応ができるようにしておくことが大切です。面接は対話で成り立っているため、いくら練習を重ねても想像していなかった質問をされる可能性があります。その際、用意していた内容で無理に答えようとすると、話の辻褄が合わなくなりマイナスの印象を与えてしまうことも。そのため、面接練習で臨機応変に答える練習もしておくと良いでしょう。

面接練習の前にチェック!よくある質問集と回答例

面接練習の前にチェック!よくある質問集と回答例の画像

面接練習を行う際は、就活の採用面接でよく尋ねられる質問を把握し、その回答を用意しておきましょう。質問に対する回答を繰り返すのが面接練習の基本です。以下に面接でよくある質問とその意図、回答の例文をまとめたので、面接練習を行う際の参考にしてみてください。

自己紹介をお願いします

就活の面接時に面接官が自己紹介を求めるのは、「応募者の緊張をほぐしたい」「応募者の人柄を知りたい」といった意図があります。自己紹介は、冗長にならないよう1分程度でまとめましょう。

回答例

「本日は面接のお時間をいただきありがとうございます。△△と申します。大学卒業後、■■に就職して企画を行ってきました。チームが効率良く動けるように正確な情報を集め、サポートに徹していました。前職で培ってきたコミュニケーション能力や協調性を活かし、御社に貢献できればと思います。よろしくお願いいたします。」

上記のように、氏名や職務経歴、成果などをまとめ、最後に簡単な志望動機と挨拶を添える形がおすすめです。

長所・短所について教えてください

面接で長所・短所や強みと弱みなどを聞かれる場合、「どのような性格なのかを知りたい」という意図に加えて、「自己分析ができているか」も注目されています。短所を自覚し、克服する努力をしているかというのも重要なポイントです。
長所は企業に対しての自分のアピールポイントとなる部分を選び、それとは反対の内容を短所とするのが一般的。このときに避けたいのが「短所はありません」と言い切ってしまうことです。弱みのない人間はいないため、「自己分析ができていない」「傲慢そう」と面接官にマイナスイメージを与えてしまいます。

回答例

「私の長所は人をまとめる力があるところです。アルバイトではチーフとして、シフトの管理を行っていました。休みの希望が重なったときは全従業員と相談し、円滑に進むように調整しており、アルバイト先のメンバーからは頼りがいがあると言われています。短所は人の意見を尊重し過ぎて、自己主張ができないところです。社会人として働くうえでは主体性を身に付ける必要があると考えているため、自らの考えを発信できるように努力しています。」

面接では一貫して「一緒に働きたいと思えるか」を見られているので、「時間にルーズ」や「怒りっぽい」といった業務に支障がある短所を選ぶのは避けましょう。また、なぜその部分が長所と短所なのかの根拠がないと、説明が不十分だと捉えられてしまうので注意が必要です。

志望動機を教えてください

就活時の面接で行われる質問の中でも重要度の高いものが志望動機です。業界や職種に関しての動機を述べる方が多い傾向にありますが、面接官が知りたいのは「なぜこの会社で働こうと思ったのか」。企業の強みや特色に触れ、その企業ならではの志望動機を組み立てましょう。

回答例

「△△という考えを軸に求職活動を行っている中で、御社の求人を拝見しました。御社の□□という理念は自分の考えに通じるものがあり、主力商品である▽▽には▲▲という面で大きな魅力を感じました。□□には自分がこれまでに培ってきたスキルを活かせる部分もあると考え、御社を志望いたしました。」

志望動機は、内容が浅過ぎるものやどのような企業にも当てはまるようなものは避けるのがベターといえます。また、応募者側で「中途採用は志望動機よりもスキルが重要」といった認識を持っている方も多いようですが、面接官は企業への入社意欲や熱意も重視しているため、それが伝わらないと不採用になることもあるでしょう。

仕事をするうえで大切なことはありますか?

面接官はこの質問から、「応募者が仕事に対してどのような姿勢をもって取り組むのか」をみています。また、その回答をもとに自社とマッチする人材かどうかを見極めることが多いようです。そのため、「時間厳守」「報告・連絡・相談を徹底する」など、社会人として当たり前な内容は避けましょう。

回答例

「私が仕事をするうえで大切だと思っていることは、失敗しない環境づくりと、失敗をリカバリーする対応力です。前職の△△という業務では、失敗を防ぐため、□□のような工夫をしていました。また、失敗してしまった際には▽▽のような対応を素早く行い、周囲と共有することでミスが大きくならないように努めました。」

面接では回答の内容だけではなく、なぜそう思うのか、そのためにどのような働き方をしているかなども見られます。実際のエピソードを添え、具体性のある内容を答えましょう。

前職を辞めた理由を教えてください

転職時の面接では、退職理由について聞かれることもあります。人間関係の悪化や残業の量など、ネガティブな理由で退職した場合は伝え方を工夫しましょう。前職の愚痴や悪口のような内容になると、面接官にマイナスイメージを与えてしまうことも。退職理由は前向きな伝え方を意識しましょう。

回答例

「前職では営業職として数字を追う働き方をしていましたが、成果を意識するあまりにお客さまの満足度へ応えきれていないのではと感じるようになりました。今後は数字だけではなく、お客さまへのサービスにも力を入れた営業に取り組みたいと思い、転職を決意しました。」

上記以外にも面接選考ではいろいろな質問をされます。希望する業界や職種の傾向などを確認しながら対策しておきましょう。「面接で変わった質問をされても大丈夫!聞く意図と回答例を解説」では、面接でよくある質問をまとめています。

一人でも可能!面接練習でチェックするポイント

面接練習は一人で行うことも可能です。ここでは、面接練習を一人で行う方法とチェックすべきポイントをご紹介します。

チェックポイント

面接練習を一人で行う際は、以下のポイントを意識しましょう。

表情

相手に真剣さが伝わるような表情作りを意識しましょう。面接では緊張から、表情が強張ってしまいがち。口角を上げ、柔らかい印象を与えられるよう心掛けてください。一人で練習をする際は、鏡を見ながらチェックするのがおすすめです。

オンライ面接では目線に注意!

オンライン面接の場合は、カメラを通した面接官と目線が合わなくなると、カンペを見ていると思われたり、自信・意欲がないと思われたりする可能性があるので注意しましょう。オンライン面接の準備や面接官に見られるポイントなどが知りたい方は、「Web面接ってどうやるの?注意点と必要な準備をご紹介」もあわせてご覧ください。
姿勢

面接を受ける際の姿勢は、顎を引いて、背筋を真っ直ぐに伸ばしましょう。猫背になってしまうと、本番で面接官に自信がないような印象を与える可能性があります。普段から姿勢が悪いと自覚している方は、椅子に座るときに体を正面に向けて、浅めに腰を掛けるよう練習してみてください。

話し方

声の大きさや話すスピード、滑舌をチェックしておきましょう。緊張していると、早口になってしまったり、声が小さくなってしまったりすることは多いはず。面接練習でも口を大きく開き、ハキハキした話し方を意識しましょう。

面接練習ができるアプリを活用する

スマートフォンのアプリケーションを活用して面接練習が可能です。以下では、面接練習に活かせるアプリを解説します。

トレーニングアプリ

トレーニングアプリは、質問が複数登録されているものやマナーに関する情報をまとめたものなど、さまざまな機能から面接練習ができます。また、内容をチェックしてもらえる機能のあるアプリもあるので、より魅力的な回答につなげられるでしょう。

録音アプリ

録音アプリは話している内容のチェックに便利です。人によっては無意識のうちに専門用語を使っており、相手に伝わりにくい内容になっている可能性もあります。会話の練習は実際に相手がいないと難しいもの。録音アプリを使えば、自分の話すスピードや回答の長さを確認しながら内容の調整ができるのでおすすめです。

録画アプリ

自分が面接練習している様子を録画すれば、話しながら目をそらしたり、言葉に詰まるとうつむいたりと、自分では気づかなかった癖が判明することもあります。ほかにも、姿勢は正しく保てているか、表情は硬くなっていないか、ハキハキした声を出せているかなどのポイントを個人の面接練習でチェックしましょう。

面接練習セミナーや講座に参加する

地方自治体や企業などが運営する面接練習に関するセミナーや講座へ参加するのも良い方法です。要点を押さえた講義型や、短期集中でトレーニングを行う実践型のセミナーなど、自分に合ったものを探してみましょう。セミナーでは、面接官の目線からフィードバックされるので、回答のポイントを掴めます。また、セミナーの内容によっては、入室や服装に関するマナーについても学習することが可能です。求職活動におけるセミナーは無料で参加できるものが多いため、積極的に活用しましょう。
面接当日に落ち着いて対応できるよう、言葉遣いやエントリーシートの内容など事前によく確認しておくのがおすすめです。面接前のチェックポイントについては「本番前に押さえておきたい!面接のチェックポイント」でも詳しくご紹介しているので、ぜひご一読ください。

面接練習が行えるサービスの活用もおすすめ

面接練習が行えるサービスの活用もおすすめの画像

ハローワークや就職・転職エージェントといった対面で練習が行えるサービスを活用するのも一つの手です。どこで面接練習をすれば良いか分からない方は、以下を参考にしましょう。

大学のキャリアセンター

学生や新卒の場合は、大学に設置されているキャリアセンターを利用してみましょう。キャリアセンターでは、書類作成・企業研究のやり方についての説明や、面接対策などの就活サポート全般を行っています。面接練習は、キャリアセンターの職員とマンツーマンで実施。面接の基礎からしっかりと練習できるのが魅力です。練習後は録画映像を確認してフィードバックをもらえるので、面接本番で活かせる知識が身につくでしょう。

ハローワーク

ハローワークの面接練習は誰でも利用できます。全国に所在しているので自宅から通いやすいのもメリットです。職員を変えて練習ができるので、人によって異なる指摘ポイントを参考にブラッシュアップできます。ハローワークでの面接練習を利用するには、求職登録と事前予約が必要です。また、営業時間は地域によって異なるため、詳細は最寄りのハローワークに問い合わせましょう。

また、最寄りのハローワークは「全国ハローワークの所在案内」から調べることが可能です。ハローワークでの面接練習に興味のある方は、ぜひ検索してみてください。

参照元
厚生労働省
ハローワークインターネットサービス

就職・転職エージェント

就職・転職エージェントでも、本番を意識した面接練習が可能。エージェントなら就職・転職の成功例を抱えているため、選考通過につながるアドバイスを受けられます。練習では求人内容に沿った質問をしてくれるので、志望する企業ごとに魅力的な回答を仕上げられるはずです。

「面接で話す回答に自信がない」「一人では上手く面接対策ができない」とお悩みの方は、ハタラクティブにお問い合わせください。就職・転職エージェントのハタラクティブでは、若年層に特化して就職・転職活動のサポートを行っています。経験豊富なアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを実施。あなたの適性に合わせた求人の提案や企業にアピールできる書類作成のアドバイス、強みを伝えられる面接対策などをお手伝いしています。「自分一人で面接練習できるか心配…」と不安を抱えている方は、まずはお気軽にご相談ください。

面接に受かるためのQ&A

面接が不安な方に向けて、面接でよくある疑問とその回答をまとめました。

面接前にはどのような準備をすれば良い?

面接練習の前にチェック!よくある質問集と回答例」でご紹介しているように、面接でよくある質問はある程度決まっています。志望動機や自己PRなど、定番の質問はあらかじめ回答をまとめておきましょう。面接では、履歴書や職務経歴書の内容をもとにした質問もあるので、事前に応募書類に記載した内容を見直す作業も必要です。

面接にはどのような格好をしていけば良い?

面接の服装はスーツが基本です。リクルートスーツを持っている人は、第二新卒のうちは着用してもOK。ただし、フレッシュ感のあるリクルートスーツは年齢が上がると頼りない印象になるので、20代後半以降はビジネススーツを新調しましょう。スーツの選び方は「正社員の面接の服装はどうすれば良い?男女ごとに詳しく解説!」でまとめています。

面接会場には何分前に到着していれば良い?

面接会場の受付には、面接開始時刻の10分前に到着しましょう。到着が約束の時間より遅れるのは避けるべきですが、あまりに早い到着も相手の迷惑になる可能性があります。10分前より早く着きそうなときは、会場の近くで時間を調整してください。

遅刻しそうになったらどうする?

遅刻の可能性が出た時点で、企業の担当者に電話で連絡しましょう。伝える内容は、約束していた面接の時間と氏名、遅刻しそうな理由、到着予想時刻です。遅刻してしまった際には、面接開始時にしっかりとお詫びの言葉を伝えましょう。また、面接後は企業へお詫びのメールを送ってください。内容は遅刻に対する謝罪と、面接に対する感謝の言葉を添えましょう。「面接に遅刻…。マナーと誠意で挽回を!」では、遅刻するときの詳しい対応法を解説しています。

面接室に入るときのマナーは?

ドアが閉まっている場合は、3回ノックをしたあと、「どうぞ」と声を掛けられたタイミングで入室します。入室時は「失礼いたします」と挨拶し、部屋に入ったら椅子の横まで歩いて、ここでも面接官に声を掛けられてから着席するのがマナーです。面接の流れに不安がある方は、ハタラクティブで模擬面接を体験してみましょう。

関連タグ