面接の自己紹介は何を伝えるべき?自己PRとの違いと例文

面接の自己紹介は何を伝えるべき?自己PRとの違いと例文の画像

【このページのまとめ】

  • ・面接で自己紹介をする意図は、コミュニケーションのきっかけにするため
  • ・自己紹介と自己PRは全くの別物なので混同しないよう注意する
  • ・自己紹介では「氏名」「面接で深堀りされたいこと」「趣味・特技」などを簡潔に述べる
  • ・自己紹介は応募書類の内容と合致させ、1分程度で話せるようまとめておくのがポイント
  • ・面接では自己紹介のほかにも、「退職理由」「志望動機」などを聞かれる

面接では「自己紹介」に関する質問をされることが多いですが、何を答えるべきか分からないという人は多いのではないでしょうか。面接における「自己紹介」について間違った認識をしていると、「質問の意図を正しく理解していない」とマイナス評価につながります。
そこでこのコラムでは、面接でよくある「自己紹介」について、質問の意図と伝えるべき5つの項目をご紹介。混同しがちな「自己PR」との違いについても言及します。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

面接における自己紹介の役割って?

面接で自己紹介をする意図は、大きく分けて次の2つの理由があります。

コミュニケーションのきっかけにしたい

面接の冒頭で自己紹介をするのは、面接官が候補者に話しかけるきっかけを探すためです。
初対面の人同士で顔を合わせる面接は、候補者が緊張して普段の調子を出せないことがあります。
採用面接では候補者の本質を見抜くため、できるだけ普段の状態を見る必要があるでしょう。
そのため面接官は、初対面同士が集まった場で緊張をときほぐす手法…いわゆる「アイスブレイク」を行い、少しでも和やかな雰囲気を作りたいと考えています。

人柄を見たい

自己紹介から候補者の人柄が見たいというのも面接官の狙いの1つでしょう。
候補者の詳しい情報は、履歴書やエントリーシートといった応募書類で確認できます。しかし、コミュニケーションが得意な人物か、相手に合わせて話せる人物か、といった人柄については、実際に話してみないと分かりません。
自己紹介は単なる自分紹介ではなく、「応募書類だけでは見えない自分の印象が見られるもの」と捉えましょう。

自己紹介と自己PRは別物、それぞれ特徴を把握しよう

自己紹介と混同されやすいものに「自己PR」がありますが、これらは全くの別物です。
「自己紹介をお願いします」と言われて「自己PR」をしてしまう人がいますが、面接官から「質問の意図を理解していないのでは?」と疑問を抱かれる可能性があるため、気をつけなければなりません。
面接でマイナス評価を受けないように、自己紹介と自己PRの特徴を理解しておきましょう。

自己紹介の特徴

自己紹介は、「自分の基礎的なプロフィールを簡潔に伝えるもの」です。
詳しくは後述しますが、大学名と氏名に加えて、趣味、面接への意気込みを伝える程度で完結にまとめます。
ただし、「学校名と氏名をお願いします」と言われた場合は、指定された内容のみ答えるようにしてください。聞かれていないことまで答えると、質問意図を理解できないと思われてしまう恐れがあるので注意しましょう。

自己PRの特徴

自己PRは「自分を企業に売り込むためにアピールするもの」です。
自分のプロフィールを簡潔に伝える自己紹介とは違い、自分の強みや能力が企業にとってどれだけ有益か、働く意欲やモチベーションはどれだけ高いかといった「アピールポイント」を企業へアピールします。
アピールポイントは、必ず根拠となるエピソードを説明しましょう。応募先企業が求める人物像をしっかり把握(企業研究)したうえで、自分がいかに応募先企業にマッチしているか、強みが入社後どのように活かせるかを絡めて話すと効果的です。

先述したとおり、自己紹介の目的はコミュニケーションのきっかけ作り。どんな人間かを簡単に説明できれば良いので、それ以上のアピールをすれば「しゃべりすぎ」という印象を与えかねません。
また、自己紹介で必要以上にアピールしてしまうと、本来の自己PRを聞かれたときに困ってしまうでしょう。
どんなに優れたアピールでも同じことを繰り返せば、「また同じことを言っている」「他にアピールすることはなさそうだ」とかえってマイナス評価につながる恐れも。そんなことにならないよう、質問の意図は正しく理解しましょう。

自己紹介で伝えるべき5つの項目

自己紹介で伝えるべき内容は5つあります。
「自己紹介で何を伝えたら良いか分からない」という方は、以下の5つの項目を押さえておきましょう。

1.学校名や氏名といった基本情報

自己紹介で最初に伝えるべきは、自分の経歴です。
「◯◯大学◯◯学科で◯◯を専攻中の◯◯(氏名)と申します」などと、在籍中の大学や学部・学科・専攻と氏名を簡潔に述べましょう。

2.面接で深堀りしてほしいこと

次に、面接中で深堀りしてほしい内容について触れましょう。
たとえば、大学の部活動で努力している点をアピールしたいと考えているのなら、「大学では◯◯部に所属し、リーダーを務めていました」などと伝えておくと、面接官の関心を得られる可能性があります。
深堀りされるまでは軽く触れる程度にし、詳しい説明はアピールできるタイミングで行ってください。

3.自分の性格や強み

自分の長所や強みについても軽く触れておきましょう。
長所や強みは、履歴書やエントリーシートを見れば分かるうえに、面接でも答える機会が多いものなので、自己紹介で詳しい内容を伝える必要はありあません。
「◯◯が得意です」「◯◯が長所です」というように、一言で伝えると良いでしょう。

4.趣味や特技

面接官の興味・関心を引けそうな趣味や特技がある場合は、伝えておくと良いでしょう。
先述したとおり、自己PRの目的はアイスブレイク。面接官が「おもしろそうだ」と感じれば、話題にしてくれる可能性があります。
もちろん、後で深堀りしてほしい内容でもかまいません。自分の個性や強みをアピールできる趣味や特技を選びましょう。

5.あいさつ

自己PRの最後は、入社への抱負を簡単に伝えるとともに、あいさつ「本日はどうぞよろしくお願いいたします」で締めくくりましょう。
就職活動においてあいさつは、ビジネスマナーが身についていることを示す1つの要素です。
あいさつをせず「以上です」で自己紹介を締めたり、終わり方がはっきりしなかったりすると、マナーに対する意識が足りない印象に。笑顔であいさつをすることで、第一印象アップを目指しましょう。

例文から自己紹介文をイメージしよう

先述した「自己紹介で伝えるべき5つの項目」を踏まえて、例文を作成しました。
就活生向け、既卒者向け、転職者向けにご紹介しているので、それぞれ面接対策の参考にしてみてください。

就活生向けの例文

新卒の場合は、ストレートに先述した5つの項目を盛り込むことを考えましょう。

「◯◯大学◯◯学部◯◯専攻の、就活太郎と申します。大学ではサッカー部のキャプテンを務めていました。そこで培ったコミュニケーション能力と行動力は自分の強みです。趣味は旅行で、最近ではサッカーの聖地、イングランドのウェンブリー・スタジアムへ行ったのが印象に残っています。御社の営業職では、自分のコミュニケーション能力と行動力が活かせると考えています。本日はどうぞよろしくお願いいたします。」

既卒者向けの例文

既卒の場合は、卒業から現在までどのように過ごしてきたかを述べるのがポイントです。
就活をしなかった反省点も伝えると良いでしょう。

「就活次郎と申します。本日は貴重な機会をいただきありがとうございます。年齢は23歳で、最終学歴としては、◯◯年◯月に◯◯大学を卒業いたしました。大学では、文学部のフランス文学を専攻していました。そこでフランスの文化について興味を持ち、卒業後半年間パリへ留学していました。自分のやりたいことを優先して就活を後回しにしてしまったことに関して、やや見切り発車であったと感じています。しかし、パリのレストランで働いた経験は、その後の自分の価値観に大きな影響を与えていると思います。現在はパリでの経験を活かし、ホテルのアルバイトで基本的な接客マナーと観光客対応について勉強中です。本日は、どうぞよろしくおねがいいたします」

転職者向けの例文

転職者は、現在に至るまでのキャリアを伝えましょう。
仕事で学んだことや得たことを簡単に伝えたうえで、転職後の抱負を短く述べましょう。

「就活花子と申します。私は5年間、アパレル会社の販売職として接客業務に従事しておりました。2年目で店長、3年目で新宿エリア全体のトレーナーとして、スタッフの教育とお店の売上向上に務めてまいりました。そこで私が学んだのは、従業員の満足度が低いと売上にも結びつかないということです。まずは御社の販売職を通して教育担当を目指し、将来はスタッフ1人ひとりの個性を尊重した指導ができる人材になりたいと考えています。本日はどうぞよろしくお願いいたします。」

効果的な自己紹介にする3つのチェックポイント

自己紹介の流れや伝えるべき内容が分かったら、より良い自己紹介にするためのポイントを学びましょう。
以下3つのポイントを参考に、効果的な自己紹介を作成してください。

1.応募書類の内容と合致させる

自己紹介をするときは、エントリーシートや履歴書に記載した内容と合致させましょう。
話したことと書類に書いた内容が食い違っていては、説得力が欠けるうえ、「嘘をついているのでは?」とマイナス印象になる恐れがあります。
自己紹介と提出した応募書類の内容に食い違いが生じないよう、あらかじめ記載内容をメモしておくくと良いでしょう。

2.1分程度でまとめる

自己紹介は、1分ほどで話せるよう簡潔にまとめましょう。
1分間で話すのに必要な文字数は、250文字から300文字程度が目安です。
ただし、企業によっては30秒、2分、3分などと時間を指定される場合もあるので、それぞれのシチュエーションに対応できるよう備えておきましょう。

3.声の大きさや表情にも気をつける

自己紹介は第一印象に影響を及ぼす可能性があるため、内容だけでなく、声の大きさや表情まで意識するのがポイントです。
履歴書やエントリーシートの内容を丸暗記して淡々と話していると、面接官に「やる気がない」という印象で伝わってしまいます。
明るくハキハキと話すのはもちろん、聞き取りやすい声の大きさやトーンを心がけましょう。また、適度なアイコンタクトを行い、笑顔や姿勢、視線にも気をつけてください。
自信のない方は、鏡に向かったり、家族や友人を相手にしたりして練習を繰り返すのがおすすめです。

面接でよくある自己紹介以外の質問

採用面接では、自己紹介以外にも頻出されがちな質問が多く存在しています。
ここでは、質問例とその特徴を簡単にご紹介しますので、面接の雰囲気をつかむのにお役立てください。

Q.当社を志望した理由について教えてください

志望動機は新卒・中途に関わらず頻出される質問です。
この質問の意図は「候補者の入社意欲」や「企業との相性」を見極めること。そのため、熱意の伝わる内容にするのはもちろん、「応募先企業だからこそやり遂げたいこと」を伝えて、自分の能力と企業がどれほどマッチしているかをアピールしましょう。
履歴書などの応募書類にも志望動機欄が設けられている場合が多いため、回答内容との食い違いがないよう注意してください。効果的な志望動機の書き方については「志望理由の作り方を解説!押さえるべきポイントと例文」をご覧ください。

Q.これまでの職歴を教えてください

中途採用の場合は、現在までの職歴を問われる可能性が高いでしょう。
この質問から企業が知りたいのは、「候補者の能力」「仕事に活かせる経験があるか」「どんな採用メリットがあるか」などです。
職歴について答えるときは、前職の経歴を淡々と伝えるのではなく、「◯◯で売上15%アップに貢献した」など、具体的な数字を用いて説明するのがポイント。さらに、自分がどのように応募先企業へ貢献できるかを示し、面接官に入社後の活躍する姿をイメージしてもらいましょう。
職務経歴の回答例」でも職歴の回答例を記載しているので、参考にしてみてください。

Q.差し支えなければ、前職の退職理由を教えてください

転職の場合、前職の退職理由も必ずといって良いほど聞かれるでしょう。
退職理由を聞く意図は、「また辞めてしまうのでは」「本人に重大な問題がないか」といった疑問を払拭するためです。
答えるときは、「前向きな退職理由」「志望動機に繋がる理由」にするのがポイント。前職のグチや人間関係に対する不満は避け、「スキルアップのため」などのポジティブな内容にしましょう。
「差し支えなければ」と不都合であれば拒否しても構わないという言い方をされる場合がありますが、可能な限り退職理由は答えてください。懸念点は少しでも減らしたほうが採用につながりやすくなります。退職理由の答え方についてもっと詳しく知りたい方は、「転職理由と退職理由!好印象を残すアピール方法とは」を参考にしてみてください。

ご紹介した質問以外にも、面接では多種多様な質問をされるでしょう。
1つひとつ対策しておきたいという人は、エージェントのハタラクティブに相談してみるのをおすすめします。

ハタラクティブは、若年層の就職・転職支援に特化したエージェントです。
経験豊富なアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを担当し、利用者の方に合った求人紹介や応募書類作成のアドバイス、専攻前の面接対策などを実施しています。
求職者の方が自信を持って面接に臨めるようにサポートいたしますので、不安な方はぜひご利用ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION