20代だけど転職回数が多い…好印象を与えるには?

20代だけど転職回数が多い…好印象を与えるには?の画像

【このページのまとめ】

  • ・定着率を重んじる会社や「最低3年は同じ仕事を続ける」と考える人は多いため、頻繁な転職はマイナスイメージを持たれやすい
    ・企業側は、「採用してもすぐに離職するかも」「我慢が足りない人なのでは」など懸念している
    ・経験やスキルが不十分と判断されることも多いので、資格取得やスキルアップのために努力していることをアピールしよう
    ・志望動機や自己PRに厚みを出すためにも、明確な理由を持って転職活動をしよう

転職の理由は人によってさまざまですが、頻繁に転職を繰り返す人は採用担当者に良い印象を与えづらい傾向にあるようです。
特に20代で転職回数が多いと、「我慢が足りない」などのマイナスイメージを持たれて採用が遠のくケースも…。
当コラムでは、転職回数の多さが悪印象に繋がる理由やネガティブな印象の払拭方法を紹介。
転職を考えている人や、なかなか内定を獲得できない人は参考にしてみてください。

◆20代の転職は何回以上で不利になる?

昔に比べて転職する人は珍しくありませんが、それでも仕事を変えることに良いイメージを持たない人は多いのが現状。
せっかく採用してもすぐに離職するかもしれない、転職を繰り返しているのでスキルに期待できないなどの理由から、一般的には転職回数が多いと転職に不利になると言われています。

また、「最低3年は1つの職場で続けるべき」という概念を持つ人も少なくないので、就職後すぐに転職することがマイナスイメージになるケースも。
中には社員の定着率を重んじる社風の企業もあり、転職回数が多いと企業理念に合っていないと判断されることもあるようです。

さらに、20代前半だと最初の就職から間もないため、転職経験のない人や、あっても1回くらいという人がほとんどのようです。
20代後半になると転職を経験する人も出てきますが、20代全体では転職回数が2回を超えると厳しくなる傾向に。
書類通過率にも変化が出るため、できるだけ転職回数は少ないほうが良いでしょう。

◆転職回数が多い人のイメージ

転職回数が多い人に対して企業はどのようなイメージを抱いているのでしょうか。
代表的なものは以下の通りです。

・採用してもすぐに転職する人
在職期間が短いと、相応のスキルを習得する前に転職してしまい、十分な業務経験を持っていないと判断されることもるようです。

・飽きっぽい性格の人
できるだけ長く働いて会社に貢献してもらいたい企業側としては、転職を繰り返す飽きっぽい性格の社員は採用したがらない傾向にあるようです。

・我慢が足りない人
仕事で失敗したり嫌なことがあるたびに転職を繰り返している人は、我慢が足りないので業務に支障が出る可能性も。

・計画性のない人
目先の高い給与に惹かれたなど、今後のキャリアプランを考えずに転職すると「将来の見通しも立てずに職を変える人」という印象を持たれるようです。

・問題がある人
複数の転職理由が全て人間関係などの場合は、志望者本人に何かしらの問題があると見なされるケースも。

全体的にネガティブなイメージを抱かれることが多いため、転職をするときはこれらのマイナスイメージを払拭して前向きな印象を与える必要があるでしょう。

◆転職回数が多い時はどうする?

短期間で転職していると、社会人経験や業務経験、知識やスキルが不十分と判断されることもあるようです。
そのようなイメージを払拭するめには、資格取得や業務スキル向上のために行っていること、努力したことなどをアピールすることが大切。
数字や実績を交えて具体的にイメージできるようにすると良いでしょう。

また、明確な目的意識を持って転職活動を行うことも重要です。
「◯◯がやりたいので転職する」など、志望理由や退職理由は採用担当者が納得できる内容で作成します。
「同社を志望する理由」を盛り込み、他社と同社の違いなどを明らかにすることも効果的です。

志望理由が思いつかない…面接で転職回数を聞かれたら回答に詰まってしまう…など、転職に関するお悩みはハタラクティブにご相談ください。
多くの転職をサポートしてきたアドバイザーがあなたの専任となり、書類作成のアドバイスや面接対策などをマンツーマンで行っています。
自分に合った業界が分からない方や転職回数が原因で内定が取れない方も歓迎!お気軽にお問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION