26歳の平均年収は?中央値との違いや収入アップのヒントもご紹介

26歳の平均年収は?中央値との違いや収入アップのヒントもご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 平均年収は、学歴や勤続年数などで変動がある
  • 平均年収と中央値の違いは、全体的な数値と中央に位置する数値
  • 26歳で年収アップを狙うなら、インフラに関わる業種がおすすめ
  • 正社員が26歳で年収をアップする方法は、副業や転職などがある
  • 26歳のフリーターが年収をアップするなら、正社員就職を目指そう

同年代がどれくらいの年収を得ているのか気になる26歳の方もいるでしょう。26歳は責任のある仕事や後輩の教育なども任されていく時期であり、なかには自身のキャリアや現状について改めて考える方も。このコラムでは、20~30代の平均年収や年収アップの方法などを解説します。26歳で自分のキャリアを改めて見直したい方はご一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

年齢及び勤続年数と学歴別の平均年収

26歳になり自分のキャリアについて改めて考えたい、転職を考えているなどの事情で、同年代の平均年収が気になる方に向け、年代別、勤続年数別、学歴別の平均年収をご紹介します。今の自分の年収が平均と比べてどうなのか知ることは、今後のキャリアを考えるうえで判断材料の一つとなるでしょう。

20代~30代の平均年収

国税庁の「民間給与実態統計調査(令和2年)」によると、20代~30代の平均収入は以下の通りになります。

年齢 男性 女性 全体
20~24歳 277万円 242万円 260万円
25~29歳 393万円 319万円 362万円
30~34歳 458万円 309万円 400万円
35~39歳 518万円 311万円 437万円

引用:国税庁「民間給与実態統計調査(令和2年)(19p)

勤続年数別の平均年収

同調査の結果に基づき、勤続年数別の平均年収もまとめています。

勤続年数 男性 女性 全体
1~4年 385万円 244万円 315万円
5~9年 456万円 270万円 371万円
10~14年 538万円 316万円 446万円
15~19年 607万円 342万円 508万円
20~24年 664万円 386万円 575万円
25~29年 725万円 432万円 646万円
30~34年 743万円 431万円 662万円
35年以上 651万円 334万円 573万円
全体平均 532万円 293万円 433万円

引用:国税庁「民間給与実態統計調査(令和2年)(20p)

学歴別の平均年収

ここでは、厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査」の結果に基づき、学歴別の平均賃金を25~29歳の性別ごとにまとめました。
(※平均年収は月収×12で計算しています。)

学歴別平均賃金(25~29歳)

  男性 女性
大学院 約338万円 約329万円
大学 約319万円 約299万円
高専・短大 約298万円 約269万円
専門学校 約289万円 約283万円
高校 約279万円 約241万円

引用:「令和2年賃金構造基本統計調査(3p)

これらの結果から、学歴や性別、勤続年数などで差はあるものの、25~29歳の平均年収は20代前半に比べると100万円ほどアップしていることが分かります。今後のことについて考えている方は、上記の結果も踏まえてみると良いでしょう。

同年代の平均年収が気になる方は、「20代後半の平均年収を左右する6つの基準!給与アップの方法も紹介」もあわせてご一読ください。

参照元
国税庁
民間給与実態統計調査
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

平均年収と中央値の違い

平均年収のほかに、中央値というものがあります。平均年収は調査対象の年収をすべて足し、調査対象の人数で割った数値のことです。対して中央値は、調査対象の年収を数値順に並べた際に、中央に位置する数値を指します。平均年収は極端に高い・低い数値があると全体的な結果に影響を与えるのに対し、中央値は中央に位置する数値のため、極端な数値に影響を受けない純粋な結果が分かるでしょう。

25~29歳の年収の中央値

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」の結果によると、25~29歳の収入の中央値は男性が24万2,900円、女性が22万6,300円です。それぞれに12をかけると、男性が約291万円、女性が約271万円となります。「20代~30代の平均年収」で挙げた、26歳を含む同年代の平均年収に比べると、100万円近くの差があることが分かるでしょう。

中央値については「日本人の平均収入の実態を紹介!手取りとの違いや年収を上げる方法も解説!」でも解説しています。

正社員と非正規の平均年収の差は?

現在非正規で働いている人は、正社員との平均年収の差が気になる方もいるでしょう。
令和2年賃金構造基本統計調査」によると、非正規と正社員では以下のような収入の違いがあります。

※引用元の数値に12をかけて計算しています。

  正社員 非正規
20~24歳 約257万円 約216万円
25~29歳 約299万円 約238万円
30~34歳 約341万円 約245万円
35~39歳 約380万円 約249万円

引用:「令和2年賃金構造基本統計調査(9p)

上記の結果から、正社員と非正規の年収は、年齢を重ねるごとに差が開いてきているのが分かります。正社員は賞与の支給や昇給、昇進などに伴う収入アップがあるため、長く働いていればその分年収も上がっていくでしょう。

正社員と非正規の年収と収入差については、「20代のフリーター年収はどのくらい?正規・非正規雇用の収入差も紹介」でも紹介しているので、参考にしてください。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

26歳で年収アップを狙える仕事は?

ここでは、国税庁の「民間給与実態統計調査(令和2年)」の結果に基づき、26歳で年収アップを狙える仕事をご紹介します。26歳は、大卒で新卒入社したとして、もう新人と呼ばれることはなく、高卒であれば長くキャリアを積んでいる年齢です。自分のキャリアや収入など、仕事における現状について考え始める際の参考にしてください。

※年収500万円以上の業種に絞っています。

業種 平均給与
電気・ガス・熱供給・水道業 715万円
金融業・保険業 630万円
情報通信業 611万円
建設業 509万円
学術研究・専門・技術サービス業・教育・学習支援業 503万円
製造業 501万円

引用:国税庁「民間給与実態統計調査(令和2年)(18p)

上記のなかで平均年収が最も多いのは、電気・ガス・熱供給・水道業の715万です。ほかにも金融業・保険業や情報通信業など、インフラや身の回りの生活に関わる業種の年収が高いことが分かるでしょう。

参照元
国税庁
民間給与実態統計調査

26歳で年収をアップする方法は?

26歳で年収をアップする方法を、正社員とフリーターに分けて紹介します。自分の現状を変えたいと考えている方は、参考にしてください。

正社員の場合

正社員として働いている26歳の方が年収をアップする方法は、昇進や副業、転職などが考えられます。

昇進や昇給による給与アップを目指す

現在の会社で昇進や昇給を目指して給与アップにつなげるのも、26歳で年収アップする一つの方法です。そのためには、業務に関連する資格について勉強する、仕事の効率や成績を見直して改善点を考えるなど、働き方を客観的に見つめ、自分の人材としての価値を高めると良いでしょう。仕事に対して真剣に向き合う姿勢を見せ、結果を出していけば、評価が上る可能性が高まります。

副業をする

26歳で年収アップを目指すなら、副業をするのも一つの方法です。近年はクラウドソーシングサイトが増えており、気軽に副業できるサービスが充実しています。このようなサイトを活用して、空き時間で副業するのが良いでしょう。
ただし、本業と並行して行わなければならないため、精神面と肉体面で負担がかかる可能性があります。本業に支障が出ない範囲でできるよう調整する必要があるでしょう。
また、企業によっては副業を容認していないこともあるため、副業を始める前に就業規則を確認しておくのがベターです。

今よりも条件が良い会社に転職する

26歳で年収をアップしたいなら、今よりも条件が良い会社への転職を検討するのも有効です。特に今の職場の給与体系や評価制度などに不満がある場合は、職場を変えることで改善できる可能性があります。また、福利厚生や手当などが充実している会社もあるので、求人を探す際は記載されている条件をよく確認してみると良いでしょう。

フリーターの場合

26歳でフリーターとして働いている方は、以下の方法で年収アップを狙えます。

アルバイトを掛け持ちする

26歳のフリーターが年収アップを狙うなら、アルバイトを掛け持ちするという手段があります。アルバイトを掛け持ちすればその分勤務時間が増えるため、収入も増えていくでしょう。ただし、働く時間が増える分、心身的な負担も増える可能性があるので、スケジュールや体調の管理をしっかり行う必要があります。

時給の高いアルバイトを見つける

26歳のフリーターが年収を上げる方法の一つとして、時給の高いアルバイトを見つけるのも有効です。夜勤のある仕事やイベントスタッフなどは時給が高い場合が多く、収入アップにつなげられるでしょう。

正社員就職を目指す

年収を上げたいと考えている26歳のフリーターの方には、正社員就職を目指すのもおすすめの方法です。正社員は夏や冬に賞与の支給がある、頑張り次第で昇進・昇給の可能性があるなど、フリーターより待遇が良く、収入アップのチャンスも多々あります。さらに企業によっては宿泊施設やアミューズメント施設の割引といった福利厚生もあるため、余暇ものびのびと過ごせるでしょう。

就職・転職ならエージェントの利用がおすすめ

就職・転職を検討している方は、エージェントの利用を検討すると良いでしょう。エージェントは就職・転職に精通しているプロのアドバイスやサポートが受けられます。悩みの相談にも対応しているので、就職・転職で分からないことや不安に思うことがある場合は遠慮なく相談すると良いでしょう。
ハタラクティブでは、経験豊富な就活アドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い、企業選びや応募書類の添削、面接対策まで完全サポート。企業とのやりとりも代行しますので、直接聞きにくいような質問や疑問点を内定前にクリアにし、入社後のミスマッチを減らすことができます。転職・就職で悩んでいる方はぜひご利用ください。

関連タグ

  • arrow