新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 20代のボーナス事情。業界ごとに異なる平均支給額

20代のボーナス事情。業界ごとに異なる平均支給額

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ボーナスの支給は景気や業績に左右される
    ・近年では支給している企業自体が縮小傾向にある
    ・ボーナスの支給額は、業界によって大きな差が見られる
    ・仕事探しの際に大切なことは、ボーナスの支給だけではない

給料とは別に、特別に支給される特別手当であるボーナス。 ここでは20代がもらうボーナスの平均額や業界について考えてみましょう。 

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

◆ボーナスとは

給料とは別に、特別に支給される特別手当のことです。決まった時期に支給されるのが給料で、それ以外の特別な報酬を指します。

・ボーナスの基本的な概念

日給や月給など定期的に支払われる給料以外の臨時収入で、賞与とも呼ばれています。

夏と冬の年2回、もしくは年に1回支給している企業が多く、会社員にとっての収入源の1つともいえるのがボーナスです。

しかし、ボーナスそのものを支給していない企業があるのも事実。企業によって支給条件には幅があり、勤続年数や役職の有無でも差があるようです。

・経営状態によっては支給されないこともある

一般的には、企業ごとに基本給の何ヶ月分と支給額が定められていますが、景気や業績の変動で金額が増減するケースも少なくありません。

業績や経営状態よっては支給されない場合もあります。ボーナスは、給料のように支払いが義務付けられているものではないためです。

ボーナスの支給額や支給そのものの有無は、景気や企業の業績に比例する傾向にあります。

・近年は縮小傾向

大企業になるほどボーナスの安定した支給が見込めますが、社会全体はまだまだ不景気のさなかといわれています。現在業績が安定している企業でも、確実に先の見通しが立たないのが現状です。

ボーナスの支給自体をカットする企業が年々増加し、夏と冬の年2回、年3回など安定して支給している企業は縮小傾向にあるといえます。

◆20代がもらえるボーナスの平均額ってどれくらい?

働く20代がもらっている、業種別の賞与額を見てみましょう。

数ある業種と、その平均賞与額をいくつかを順不同でピックアップします。

【看護師:63.5万円】

【技術士:75.7万円】

【公認会計士、税理士:91.4万円】

【美容師:4.9万円】

【ミシン縫製工:9.7万円】

【自動車整備工:57万円】

【弁護士:165.5万円】

【ホームヘルパー:25万円】

【保育士(男女):44.7万円】

【一級建築士:122.4万円】

【家具工:28.4万円】

【大工:36.5万円】

【航空機操縦士:108.3万円】

【デザイナー:28.1万円】

厚生労働省の調査結果では、ボーナスの年間支給額が最も多い業種は、弁護士の165.5万円というデータがあります。逆に最も低い業種は美容師で、平均支給額は4.9万円です。

同じ20代でも業種ごとに大きな差があることが分かります。

参照元:厚生労働省 平成28年賃金構造基本統計調査 http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chinginkouzou.html

◆20代、ボーナスの使い道

ボーナスを支給されたとき、まず使い道について考える方が多いのではないでしょうか。

・買い物

自分へのご褒美として、ショッピングを楽しむ方も多いです。ボーナスの支給は、電化製品やインテリア、ブランド品など金額が大きめのものを購入できるチャンスでもあります。

高級な時計やバッグといった、普段から身につけられるものもよく選ばれているようです。

・旅行

非日常感を味わえるため、ボーナスの使い道を旅行にあてることも。仕事や日常から離れ、束の間のリフレッシュタイムを楽しみたいという声も多い傾向にあります。

・貯蓄

結婚や引っ越しなど、今後大きな費用がかかる予定があったり、将来のビジョンを明確に描いていたりする場合には、それに向けて貯蓄をするという方も少なくありません。

家庭を持っている方は特に、教育費や住宅ローンにボーナスを回すケースも多いようです。

◆本当にやりたい仕事に就くには

自身が本当にやりたい職種が決まっている場合は、そのほかには何を基準に職場選びをするべきか考えてみましょう。

・ボーナスはあくまでも労働に対する賞与

定期的に支払われる給料とは違い、ボーナスは労働者への支払い義務がありません。したがって、職場の就業規則にボーナスの支給についての定めがないのも通常のことだといえます。

現在ボーナスを支給している企業でも、今後も継続されるのかは不透明なところです。景気や業績次第では、減額や支給の停止も免れません。

労働への対価といえるのがボーナスであり、企業側からの厚意であるとも捉えられます。

先の見通しが立たないボーナスに期待して資金計画を立てては、思いがけないトラブルに発展することも。仕事探しの際には、ボーナス=安定・継続してもらえる収入ではないこと念頭に置いておくとよいでしょう。

・仕事にやりがいを見いだせることの方が大切

就職や転職の際、収入面も大きな条件の1つという方が多いのではないでしょうか。

給料にプラスしてボーナスがあれば、モチベーションも上がるはず。しかし、前述の通りボーナスはあくまで支給が不透明な報酬です。

長い目で見れば、職場の雰囲気や自宅からの距離、やりたい職種で活躍することなど、ボーナス以外の条件を優先させることが大切だと考えられます。

「本当に合っている仕事を見つけたい」「仕事探しの条件について悩んでいる」そんな方はぜひ、ハタラクティブをぜひご利用ください。

ボーナスは変動する要素が強いとはいえ、譲れない条件の1つだという方もいらっしゃることでしょう。希望される業界のボーナス事情や動向についても、経験と知識を備えたスタッフがしっかりと情報収集するため安心です。

求人サイトには載っていない情報を発信しているところも、ハタラクティブの強みです。経験豊富なスタッフが一丸となり、就職活動から入職後のフォローまで一貫してサポートします。



関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?