1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 大学にいる意味を見失った人がまずすべきこと

大学にいる意味を見失った人がまずすべきこと

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

大学は何のために行くもの?

厳しい受験戦争を勝ち抜いて入学した大学ですが、高校生の頃描いていたキャンパスライフのイメージと違い、本当にこのままここで4年も留まっていていいのかと不安に思っている人も少なくないかもしれません。

大学にいる間は様々な人と知り合えるチャンスであり、アルバイトなど社会人になるための練習を存分にできる期間でもあります。
大学時代にしか培えないコネクションを作っておくのは、後々社会に出たときに重要になります。
しかし、4年という月日は思っている以上に長く、高校で就職した同級生よりも仕事のスキルや社会経験に差が開いてしまっています。無駄に大学生活を送ってしまえば、ただ学費がかかるだけで得られるものは少ないでしょう。

大学にいる意味が分からなくなった時は一度離れてみる

疑問と不安に苛まれながらずっと大学にいるよりは、いっそのこと思い切って社会に出てみるといいでしょう。

大学にまた戻ってくる可能性がある場合は休学制度を利用することもできます。
しかし、休学中も学費を支払わなければならず、社会見学の費用としては少々高すぎる印象も否めません。
もしも、大学に少しも未練がなければ、スパッとやめて就職活動をするといいかもしれません。
しかし、大学を辞めてすぐに就職できるとは限らないので、辞める時期や就職活動を開始する時期には頭を使わなければなりません。
感情的に辞めてしまい後で泣きを見ないように、戦略的に就職活動を始めていきましょう。

大学中途退学者にはどのような道があるのか

『中途退学』と聞くと聞こえが悪いと思うかもしれませんが、無駄に4年間在学して大卒資格を取ったとしても、中身がないと感じる大学生活では無駄に年をとるだけで、本人にとっても雇う側の企業にとってもメリットはほとんどないでしょう。

若いうちに進路を切り替えることによって得られるものはたくさんあります。

企業は若く優秀な人材を欲しがる傾向にあると言われているので、大学受験に成功した経験を持ちながらも若くして社会に出るという中途退学者は、もしかしたら企業が最も欲しがる人材像の一つかもしれません。

では、一体どのように就職先を見つければいいのでしょうか。アルバイトでももちろん収入を得られますが、正社員になってバリバリ活躍したいのが本音ではないでしょうか。
正社員になるためにはいくつかの道がありますが、まずは自分にはどのような仕事が適しているか、職業適性検査を受けてみたり、就職活動専門のコンサルタントに相談してみたりするといいでしょう。
自分の能力を知ることによって間違いのない就職活動がしやすくなります。
また、紹介予定派遣というシステムを利用して正社員を目指す方法もあります。
これは、初めは派遣社員として企業の仕事を手伝い、後々正社員に登用してもらうやり方です。企業側も派遣社員がどのくらい働く能力があるかを見られますし、本人にとってもその企業に自分の人生を捧げられるかの判断がつきやすい制度と言えるでしょう。

ハタラクティブでは、就職活動について一対一で相談できるプロのコンサルタントがいます。自分にどのような職業が合っているのかを的確にアドバイスし、中途退学者に適した就活法も伝授します。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる