20代の貯金…平均額はいくら?中央値と貯蓄を増やすコツを解説

20代の貯金…平均額はいくら?中央値と貯蓄を増やすコツを解説の画像

この記事のまとめ

  • 金融資産を保有している20代単身者の平均貯金額は、約184万円
  • 20代の一般的な貯金額を知りたい場合は、平均ではなく中央値を見よう
  • 20代の貯金は、目的や目標を定めて取り組むのがおすすめ
  • 20代でより多くの貯金をする場合は、転職も検討してみよう

同年代である20代の平均貯金額が気になったことはありませんか?「もしかしたら自分は少ない方なのでは…」と、不安になるなら、平均額や中央値を確認。客観的に貯蓄額が多いのか少ないのかチェックしてみましょう。このコラムでは、20代で起こりえるライフイベントに必要な費用も紹介しています。これから貯金を増やしたいと考えている方の貯金への参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

20代の平均貯金額はいくら?

20代の平均貯金額は、世帯主が20代の家庭の平均貯金額(金融資産保有額)が203万円、中央値は81万円でした。この金額は、金融資産を保有している世帯に限った数字であり、金融資産を保有しない世帯も含めると、平均額は113万円、中央値は8万円となります。

参照元
金融広報中央委員会「知るぽると」
「家計の金融行動に関する世論調査」[単身世帯調査](令和2年)

貯金額を見る時は平均ではなく「中央値」を見よう

中央値とは、小さい値から順番に並べたとき、全体の真ん中に位置する数値のこと。平均値が全体を足して割った数なのに対し、中央値は真ん中の数を表しています。
平均値は多い方も少ない方も含めて割り出される数字のため、1人でも貯金額が多い人がいる場合は、金額が多い方に偏ってしまいます。
そのため、現実的な平均の貯金額を知りたい方は、平均値ではなく、中央値に注目するといいでしょう。

20代の手取りはいくら?

手取り金額とは、給与から実際に手元に受け取ることができる金額のことです。給与が手元に入る時には、社会保険料や所得税、住民税等が既に引かれた状態になっています。
国税庁が発表している「民間給与実態統計調査結果」によると、20代の平均年収は、20~24歳で248万円、25~29歳で328万円です。手取りは年収の約8割といわれているため、20代の年間平均手取りは、20代前半でおよそ198万円、20代後半で約262万円ほど。もちろん、企業規模や業界によって給与額に差はあります。「業界・年齢別の平均年収を比較!給与アップ方法を紹介」のコラムも参考にしてください。

参照元
国税庁
民間給与実態統計調査結果

20代なら毎月いくら貯金すべき?

金融広報中央委員会「知るぽると」によると、年間の手取り収入からの貯蓄割合は20代で18%でした。前項で紹介した手取り額に当てはめると、20代前半でおよそ35万円、20代後半だとおよそ47万円を貯金している計算になります。毎月3万円ほどでしょう。

貯蓄なしの世帯も2割

20代の平均貯蓄割合が18%なのに対し、貯蓄しなかったと回答する世帯も22.3%存在することが分かります。すべての世帯で貯蓄が出来ているわけではありません。

年収によって貯金額は変わる

同調査では、年収による貯蓄額も確認できます。年齢を問わずに年収300万円未満の世帯は10%の貯蓄で、そのあとは年収アップに比例して貯蓄額も上昇。年収が1,000~1,200万円になると、貯蓄割合は36%と大幅に上がります。

参照元
金融広報中央委員会「知るぽると」
「家計の金融行動に関する世論調査」[単身世帯調査](令和2年)

20代から考えておきたい貯金する目的

20代で貯金をするなら、ライフイベントを意識すると良いでしょう。結婚などのライフイベントには多額の資金が必要になることも。20代のうちから貯金の目的意識を持つことで、早めに対処できるでしょう。

結婚費用

20代は結婚というライフイベントが起こりやすい世代です。結婚といっても入籍だけなら費用は必要ありませんが、結婚式や新婚旅行を検討するなら数百万円が必要になることも。「フリーター男女は結婚できないって本当?その理由と対処法」では、結婚後の生活費や子どもに必要となる金額についてまとめています。貯蓄額の参考になるでしょう。

出産費用

基本的に妊娠・出産に掛かる費用は健康保険の適用外となるため、出産費用の全国平均はおよそ50万円といわれています。本人や被保険者が社会保険・国民健康保険に加入している場合は、子ども1人の出産に対して42万円の出産一時金が支払われますが、それでも持ち出しの支払いは発生するでしょう。

出産後も費用はかかる

子どもを産めば、育児にかかるお金も必要になります。オムツやミルクといった日常的なものはもちろん、大きくなれば習い事や学費も必要になるでしょう。子どもが小さいうちは仕事をセーブ…と考えれば収入も減るため、いくら貯金すべきかよく考える必要があります。

住宅購入費用

国土交通省が公表している「令和2年度 住宅市場動向調査」によると、注文住宅を購入する際の平均費用は、土地の購入を含めた場合は4,606万円、土地の購入を含めない場合で3,055万円となっています。住宅を立てる場所の土地代などによっても異なりますが、住宅購入には大きなお金が掛かるということを知っておきましょう。ローンを組んだり、融資を受けたりする場合は将来の人生設計を家族と話し合いをした上で、計画を立ててから行うようにしてください。

参照元
国土交通省
住宅市場動向調査

生活防衛資金

生活防衛費とは、病気で働くことができなくなった、会社が倒産した、災害にあったなど不測の事態に対応できる資金のことです。総務省統計局が発表している「家計調査報告( 家計収支編)2020年(令和2年)平均の概要」によると、独身で一人暮らしの場合は約45万円〜約90万円程、子供がいない夫婦で二人暮らしの場合は85万円〜170万円程度、いずれも生活費の3ヶ月〜6ヶ月分程度を用意すると安心でしょう。

20代で貯金を増やすコツ

貯金は、漠然と「貯金しよう」と考えても思うように増えないもの。貯金をする目的や目標を明確にして取り組みましょう。貯金額を少しでも増やすなら、生活を見直して無駄がないか洗い出すのがおすすめです。

目標貯金額を決める

目標金額をあらかじめ設定しておくと、貯めやすくなります。
例えば、1年間で100万円貯めると目標設定するなら、達成するには毎月いくら貯めればいいのか計算しましょう。毎月8.3万円を貯められれば、1年で100万円の貯金を達成できます
あまり大き過ぎる金額に設定してしまうと達成できなくなってしまうため、自分の給与やライフスタイルなどに合わせて無理のない貯金額にするのがベスト。ボーナスがあるなら「毎月の貯金は5万円、ボーナスのときに20万円ずつ増やす」など調整するのがおすすめ。
なお、月に貯金する額は、収入の1~3割程度にすると貯めやすいようです。単身者の場合は、3割を目指すといいでしょう。

貯金専用の口座を作る

貯金専用の口座を作り、毎月一定額を預け入れるようにしましょう。可能であれば、給与が入ったらすぐに移動。自動振込や自動積立を活用するほか、給与から天引きされる財形貯蓄などもおすすめです。

ボーナスも貯金に回す額を決めておこう

金融広報中央委員会「知るぽると」が行った調査によると、ボーナスを含む臨時収入からの貯蓄割合は、20代で平均42%。ボーナスの半分ほどを貯金に回す人が多いことが分かります。

参照元
金融広報中央委員会「知るぽると」
「家計の金融行動に関する世論調査」[単身世帯調査](令和2年)

支出を見直す

普段の支出の中で、削減できるものがあるか見直しましょう。
通信費は格安のスマホを使用して削減、無駄な買い物はしないなど、自分に合った方法で節約するのがベストです。契約したまま使用していないサブスクリプションなどは解約を検討しましょう。

家計簿を付ける

家計簿をつけることで、自分の支出の傾向を把握できるようになります。「毎日コンビニで買い物をしている」「仕事前にコーヒーショップに立ち寄っている」など、支出を把握すると無駄遣いや節約といったことが可能になるでしょう。

外食を減らして自炊をする

自炊をすることで支出を抑えることができます。外食は楽であり、味も確かです。しかし、どうしても出費が多くなってしまいます。自炊をすることは、大変ではありますが、支出を抑えることができますし、カロリーコントロールも可能となります。お財布にも健康にも良いと言えるでしょう。

20代の人向けの貯金方法については、「お金を貯めたい…20代にオススメの貯金方法とは?」のコラムでも詳しく紹介しています。資金形成は将来に向けて考えておかなければならない事ですので、この機会に知識を身につけておきましょう。

上記のような方法を試みても、今の給与ではどうしても厳しい…という場合は、より給与条件が良い会社への転職を検討するのも一つの手です。
就職・転職エージェントのハタラクティブでは、あなたの希望に合った企業をマッチングします。
実際に取材を行った求人情報のみを扱っているので、安心です。
今よりもっと待遇が良い職場で働きたい…そのようにお考えの方は、是非ハタラクティブにご相談ください。

関連タグ