新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 30歳の平均貯金額は?今すぐできる節約の極意!

30歳の平均貯金額は?今すぐできる節約の極意!

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・30代の平均貯蓄額は一世帯あたり約404万円
    ・平均はあくまで目安とし、収入に応じた額を貯金しよう
    ・貯金の目安は、独身者は収入の3割、夫婦2人あるいは子育て世帯は1~2割
    ・外食頻度やコンビニの利用など、無駄な支出がないか見直そう

30歳になると結婚や出産といったライフイベントが増え、20代に比べてお金のことが気になってくるのではないでしょうか?
今回のコラムでは、30代の平均貯蓄額と、支出の無駄を見直す節約のポイントを解説。
将来の安心のために、今から無理のない貯金生活を始めましょう!

◆30代の平均貯蓄はいくら?

厚生労働省の調査によると、30代の平均貯蓄額は一世帯あたり約404万円。ちなみに、29歳以下の平均は約154万円、40代の平均は約652万円で、全世代を含めた一世帯あたりにおける平均貯蓄額は約1,033万円となっています。

とはいっても、正規雇用と非正規雇用ではそもそもの収入差が大きいですし、職種や勤め先によっても年収は異なるものです。
特に30代だと実家暮らしか一人暮らしか、あるいは結婚しているかどうか、子供がいるかどうかで支出の状況に大きな違いがあります。
貯蓄に関しては平均額はあくまで目安として捉え、自分の収入に合った分の金額を貯金していくようにしましょう。

参考元:厚生労働省「平成28年 国民生活基礎調査の概況」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa16/dl/16.pdf

◆毎月いくら貯金すれば良い?

貯金のやり方は人それぞれですが、一般に独身者は収入の3割、夫婦2人あるいは子育て世帯は1~2割を貯蓄に回すと良いとされています。
実家暮らしの人は一人暮らしより支出が少ない傾向にあるので、4割を目標にしてみても良いでしょう。

貯金できる額は年収によって異なるので、人と比べ過ぎないのもポイントです。目安までの世代ごとの平均年収をご紹介すると、30~34歳は約286万円、35歳~39歳は約323万円となっています。

参考元:厚生労働省「平成28年 賃金構造基本統計 結果の概況」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2016/dl/02.pdf

 

◆どうすれば貯金に回すお金ができる?

貯金が苦手という方には、財形貯蓄を利用する、または積立貯金で毎月一定額を先取り貯金しておくことをおすすめします。
財形貯蓄とは、勤め先の企業が金融機関と連携し、給与やボーナスから天引きで貯金をしてくれる制度。もし会社が制度を導入していれば、申し込み手続きをしてはいかがでしょう。

貯金に回す分がないという場合は、現在使っているお金の節約が大切です。
特に家計簿をつけていない人、支出の項目を意識していない人は、思わぬところで無駄遣いをしているかもしれません。
以下に節約のポイントを挙げたので、無駄がないか振り返ってみましょう。

【節約のポイント】

・固定費が高過ぎないか見直す(住居費、光熱費、通信費など)
・高い消耗品を使わない
・コンビニでいらない物を買わない
・服や化粧品などを必要以上に買わない
・飲み物は持参しペットボトルは買わない
・外食を減らす
・ATMで手数料を払わない
・スーパーでは予算を決めて買い物をする
・水道をこまめに止めるなど節水を意識する
・冬は厚着をしてエアコン代を節約する

節約できる点はほかにもあるかと思いますが、「あれもこれも我慢しなければ!」という節約は長く続きません。
たまには外食で贅沢する、決めた範囲で趣味にお金をかけるなど、ストレスなく貯金を続けられる工夫を考えましょう。
それから、漠然と貯金をするのではなく、「結婚資金として〇歳までに〇円貯める」「〇円貯めて海外留学する」など、貯金の目的を意識するのも大切です。
老後資金を貯めるにしても、必要だと思われる金額がどれくらいか計算し、逆算して年間に貯金するべき額を求めましょう。
そうすることで、「頑張って貯金することに意味があるのか」という迷いが少なくなり、将来のために確実にお金を貯められるようになるでしょう。

◆転職で年収アップする方法

貯金を増やすには、節約で支出を減らすだけではなく、そもそもの収入をアップさせるという方法があります。
特に今の職場の給与が低いと感じている方、自分の力に合った給与がもらえていないと感じている方は、転職を検討されてはいかがでしょうか?
フリーターとして働いているなら、正社員に就職することで確実に年収アップがはかれます。

転職支援のハタラクティブでは、アドバイザーがご希望や条件をお聞きした上でその方に合った求人提案を実施。
「給与アップしたい」「初めてだけど正社員になりたい」というご相談に対応しておりますので、まずは今の悩みをお話してみませんか?
相談だけでのご利用も歓迎しておりますので、ぜひお気軽にご登録ください!




logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ