31歳でも就職できる!フリーターが就活を成功させるコツをご紹介

31歳でも就職できる!フリーターが就活を成功させるコツをご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 31歳の人も意欲を持って有効な方法で就活すれば、正社員として就職できる
  • 未経験者を歓迎している企業は、職歴なしの31歳でも応募しやすい
  • 31歳以降も就職しないことで、正社員との賃金格差が開く可能性が高まる
  • 31歳フリーターが就職するには、ハローワークや就職エージェントを利用しよう

「31歳で正社員を目指しているけれど、就活がうまくいくか不安」とお悩みの方も多いでしょう。31歳が就職するには、意欲も持ちながら就活に励むことが大事です。有効的な方法で就活を行えば、正社員就職することは十分可能といえます。このコラムでは、31歳の就職を成功させるためのコツやおすすめの職種をご紹介。31歳で就職を検討している方は、ぜひご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

31歳フリーターから脱出して就職できる!

一般的に、就職は20代が有利といわれていますが、30代でも意欲を持って有効な方法で就活すれば、正社員として就職できると考えられます
特に、未経験者を歓迎している企業は、職歴なしであったとしても応募しやすいでしょう。人手不足の業界や、急速に拡大し人材が足りない企業は、経歴不問で募集する場合もあるようです。

31歳まで就職せずにフリーターを続けていた理由

31歳まで就職せずにフリーターを続けていた理由としては「自由に働きたかった」「夢や目標で成功したかった」などが挙げられます。以下で詳しくご紹介していくので、自分に当てはまる部分がないか確認していきましょう。

正社員よりも自由に働きたかった

31歳まで就職をしていない人で多いのが、なんとなく正社員よりも自由に生きたかったという理由です。正社員として就職すると、毎日8時間以上働いたり、毎日決まった時間に起きて出社したりなど、何かと縛りが生まれてしまうでしょう。しかし、フリーターであれば毎日自分の好きなだけ働けるうえに、決まった時間に出社する必要もありません。このようなことから、正社員にならずフリーターを続けていた人も多いでしょう。

夢や目標で成功したかった

続いて、自分の夢や目標のためにフリーターをやっていた人です。特に、スポーツ選手やアーティストなど、一般企業に勤務しながらでは時間的に実現が難しい夢や目標も少なくありません。とはいえ、全員が全員夢が叶うわけでもないので、31歳になって夢を諦める人も多くいます。これが、31歳まで就職せずフリーターを続けている人の2つ目の理由です。

正社員として就職するのに抵抗があった

最後は「コミュニケーションが苦手」「社会に出るのが怖い」といった理由から、大学卒業後正社員にならなかった人です。大学卒業後、いきなり社会に放り出されるのは誰でも恐怖や不安を感じます。そんな中、その恐怖が大きく就職しない選択肢を取った人もいるでしょう。また、新卒での就職タイミングを逃してしまうと、その後はなかなかきっかけが掴めないもの。「いつかは就職して正社員になろう」と考えていても、そのままフリーターを続けて31歳になってしまっている人も多いようです。

31歳以降も就職しないことのリスク

ここからは、31歳以降も就職せずにフリーターやニートを続けるリスクを解説します。31歳以降も就職しないという選択をすることで、起こりうるリスクを以下で確認しておきましょう。

正社員との賃金格差が開き続ける

31歳以降も就職しないリスクは、正社員との賃金格差が開き続けてしまうことです。厚生労働省が発表している「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、正社員の平均月収は32万4,200円(年齢42.2歳、勤続年数12.5年)なのに対し、正社員以外の働き方をしている人は平均21万4,800円(年齢48.8歳、勤続年数8.7年)と、10万円以上の開きがあることが分かります。また、最も開きが大きいのは50~54歳で、正社員の平均月収が39万2,200円なのに対し、正社員以外の平均月収が20万9,700円と、約2倍近い開きがあります。
このことから、31歳以降もフリーターを続けていると金銭的な格差が生じることが分かるでしょう。今はそこまで差は感じなくても、10年20年経つにつれて開きはどんどん大きくなります。正社員として就職したいなら、今すぐ行動を起こしましょう。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査

社会的地位が気になる

31歳以降も就職せずにフリーターやニートを続けていると、自分の社会的地位が気になりだす人も多いようです。なぜなら、31歳を超えて正社員として働いている人は、総合職の場合それなりの役職や地位にいる人も多いから。それに、周りでは結婚をしたり、子供を作って家庭を築いたりしている人も少なくありません。周囲と比較することによって、自分の社会的な地位が気になってしまう場合もあるようです。
また、社会的地位は社会的な信用にも繋がるので、31歳以降で正社員ではないと収入が不安定と判断され、クレジットカードや住宅などのローンが通りにくいことも。そのようなリスクも踏まえたうえで、自分のキャリアプランを考え直してみましょう。

31歳のフリーターが就職するコツについては「30代は就職できない?フリーターや未経験でも就活に成功する方法を解説!」のコラムで詳しくご紹介しているので、ぜひご覧ください。

31歳が正社員として就職する方法

31歳の方が正社員就職を目指すなら、「ハローワークに相談する」「就職エージェントを利用する」といった方法が有効的です。以下に31歳の就活方法をご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

ハローワークの就職支援を受ける

まず、31歳が就職するなら、ハローワークの就職支援を受けてみましょう。ハローワークの特徴は、地元企業に強く、無料で就職支援が受けられること。求人の質はバラバラですが、地元企業に強いという特徴があるので「現在住んでいる所で正社員になりたい」という人におすすめです。また、ハローワークでは求人探しだけではなく、面接練習や書類の添削なども行ってくれます。31歳で正社員に就職したい人は、公共の就職支援を受けるところから始めてみましょう。

就職のためのスキルを身につけたい人は職業訓練校に通うのがおすすめ

ハローワークでは、就職のためのスキルを身につけたい人向けに職業訓練校への紹介も行っています。職業訓練校もハローワーク同様公共の就職支援サービスです。プログラミングスキルなどが無料で習得できるため、手に職を付けたいと考えている人にはぴったりでしょう。

就職エージェントを利用する

31歳が就職するには、就職エージェントを利用するのも良いでしょう。。就職エージェントはハローワークと異なり民間の就職支援サービスですが、基本的に無料で利用できます。あなた専任の就職アドバイザーが企業選びから面接対策、内定までをしっかりサポートしてくれるので「就職活動のやり方を忘れてしまった」「自己分析や企業選びを一緒にやってほしい」という人におすすめです
また、就職エージェントにある求人は中小企業よりも大企業が中心で、地元から離れて正社員になりたい人にも向いています。さらに、ハローワークや就活サイトに掲載されていない非公開求人も多数存在しているので、ポテンシャル次第ではそのような高待遇での就職ができるでしょう。就職エージェントの利用は無料なので、ハローワークと併用して利用するのがおすすめです。

31歳のフリーターが就職するコツについては、「31歳フリーターは就職できる?今すぐ行動するべき理由と就活のコツ」のコラムでも詳しくご紹介しています。正社員就職したいと考えている31歳のフリーターは、ぜひ参考にしてみてください。

31歳で正社員へ就職したい人におすすめの職種

ここで、31歳ですぐ正社員へ就職したい人におすすめの職種を3つ紹介します。

販売職

販売職は、店舗で接客をして自社の商品を購入してもらう仕事。特別な資格が必要であることは少ないので、31歳からでも就職しやすい職種だといえるでしょう。求められるスキルとしては、お客さまに商品の魅力を伝えたり、お客さま様のニーズを引き出したりする接客スキルや、アルバイトを管理するマネジメントスキルです。人と話すのが好き、自分の好きな商品の魅力を他人に伝えたい、そんな人に向いています。

営業職

営業職も、31歳から正社員になりやすい職種だといえるでしょう。営業職は、自社の商品やサービスをお客さまに購入・契約してもらう仕事。大変そうなイメージのある営業職ですが、自分の成果が直接給与に反映されることが多く、やりがいのある仕事ともいえます。また、新規開拓営業ではなくルート営業であれば、心理的負担も少ないでしょう。ルート営業について詳しく知りたい人は「ルート営業と新規営業の違いとは?業務内容や求められる能力を詳しく解説」をご覧ください。

ITエンジニア

IT業界では学歴よりもスキルや実績が評価される傾向にあるため、実務的なスキルを身につければ31歳からでも正社員になりやすい職種です。とはいえ、独学でプログラミングスキルを身につけるのは膨大な時間を消費してしまうため、職業訓練校に通ってスキルを身につけるのがおすすめ。職業訓練校であれば無料でスキルを学べますし、スキル習得後の就職支援もハローワークで受けられます。また、基本的に給与が高く設定されていることが多いので、スキル次第では大きく稼げる職種だといえるでしょう。

就職を考えている人の中には、「一人で就活するのは不安」「就活は何から始めたら良いのかわからない」という方もいるはず。その場合、就職エージェントに相談してみましょう。

就職エージェントのハタラクティブでは、高卒や既卒、第二新卒、フリーターなどの若年層を対象に就職・転職支援を実施。プロのアドバイザーがカウンセリングで適性を把握し、厳選した1,500件以上の求人からあなたに合うお仕事をご紹介します。

ハタラクティブでは、未経験OKの求人を多数ご用意。面接対策や応募書類の添削といったサポートをマンツーマン体制で行うため、就活がはじめての人も安心です。
就職・転職支援サービスのご利用はすべて無料。就活に関するお悩みをお持ちの方は、ぜひご相談ください。

職歴なしの31歳が就職するためのQ&A

職歴なしで31歳を迎えた人に向けて、Q&A形式で就活に関するお悩みを解説していきます。

このままフリーターはまずいですか?

将来的に安定した生活を望むならフリーターはおすすめできません。年齢を重ねると採用されるアルバイトが減りますし、フリーターは収入が不安定です。結婚や住宅購入といったライフプランを立てにくく、老後に向けて十分な貯金するのも難しいでしょう。
正社員とフリーターの格差については、「正社員との差って?フリーターとその他の雇用形態の違い」をご覧ください。

職歴なし・バイト経験なしの31歳でも就職は可能?

本人が行動を起こせば就職できます。20代より就職のハードルは上がりますが、30歳前半なら就職のチャンスはまだあるでしょう。未経験者歓迎の求人を探し、不採用になっても諦めずに就活を続けることが大切です。入社意欲や熱意をアピールして採用につなげてください。

何歳までなら正社員になれますか?

何歳までという明確な区切りはありません。ただし、未経験者の就職は年齢が上がるにつれて難しくなるのが現実。企業は入社後の長期的な育成を見込んで未経験者を採用するため、年齢は若いほど有利になります。30代は就職が難しくなる年代であることは事実なので、1日も早く就活を始めてください。

未経験でチャレンジしやすい仕事は何ですか?

人手不足の業界では、未経験者を積極的に募集しています。例として挙げられるのは、介護業界やIT業界など。また、飲食業界も慢性的な人手不足状態にあるので、未経験求人が多く見つかります。入社後の研修が充実した職場を選べば、働きながらスキルアップできるでしょう。詳しい情報は、「未経験でもできる仕事とは?正社員になれる職種や就活のポイントを解説」をご覧ください。

就活がうまくいないときはどうすれば良い?

就活に行き詰ったら、これまでの活動を振り返りましょう。面接に落ちる人は、基本的なマナーができていたか、質問の意図に答えていたかを確認します。うまくいかない原因が分からないときや、アドバイスが欲しいときは、就職エージェントの利用もおすすめです。エージェントは担当者がカウンセリングを行い、求人提案や選考対策を行うサービス。ハタラクティブは未経験者歓迎の求人を多数扱い、就職を目指す方をバックアップしています。

関連タグ