27歳からの転職は遅い?成功させる3つのコツを紹介!

27歳からの転職は遅い?成功させる3つのコツを紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 転職市場で27歳は若さと経験があるためニーズが高い傾向にある
  • 結婚や出産を機に転職する女性は27歳前後が多い
  • 27歳から転職をするメリットは、福利厚生や年収が今より良くなる場合がある
  • 27歳で転職するデメリットは、忍耐力や継続力がないと思わる
  • 27歳の転職を成功させるには、「なぜ転職したいのか」理由を明確にする

「27歳で転職は遅い?」と不安に感じている方もいるでしょう。しかし、転職市場で27歳は社会経験もあり、若く伸びしろのある年齢であることからニーズが高い傾向にあります。また、スキルや経験がなかったとしてもポテンシャルで採用してもらえる場合もあるでしょう。このコラムでは、27歳で転職を考えている方へ向け、就職を成功させるコツや男女別の転職事情について紹介。27歳の若さと経験を活かし、転職活動を成功させましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事あるのかな?
  • 自分と同じような人はどうしてる?
  • 資格は取るべき?
経歴にかかわらず、ゼロからサポートします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

27歳で転職するのは遅いのか?

「27歳は転職するには遅いのでは?」「年齢的に転職ハードルが高そう」と思う人もいるようですが、実際には転職しやすい年齢といわれています。むしろニーズが高く、未経験の職種や業界へのキャリアチェンジも可能な年齢です。

27歳は手遅れではない!転職業界ではニーズが高い

27歳は、経験と若さのバランスが良く転職業界ではニーズが高い傾向にあります。基本的なビジネススキルや経験を持ち合わせているため、即戦力が期待できると考える企業が多いようです。また27歳はまだまだフレッシュさや体力があるため、ポテンシャルも評価されやすいでしょう。

27歳は社会人何年目に当たる?

27歳は高卒の場合は社会人9年目、大卒の場合は長い人で5年目になります。入社してから1つの会社にずっと在籍している人は、重要な仕事を任されたり、企業によっては昇進の話も出てくる時期でしょう。そのため、今後のキャリアについて考え始める人が多い年齢といえます。
未経験OK多数!求人を見てみる

男女で異なる27歳の転職事情

27歳で転職を行う場合、男性も女性それぞれライフステージに変化がある時期でもあります。
ここでは、27歳の男女の転職事情についてデータをもとにまとめました。

女性のほうが年収アップの確率が高い

厚生労働省の調査「令和2年転職者実態調査の概況(p17)」によると、転職によって賃金が上がった人の割合は、男性が37.5%に対し、女性は41%です。女性活躍推進法に「採用する職員に占める女性職員の割合を(中略)定量的に定めなければならない」と明記されていることもあり、女性の採用に積極的な企業が増えています。そのため、近年は女性の転職先の選択肢は広がっており、条件の良い企業へ転職する人も増えているようです。

結婚・出産で転職する女性は27歳前後が多い

同調査の「離職理由」を見ると、「結婚・出産・育児のため」を理由に前の会社を辞めた女性は、全年齢のうち25〜29歳が最も多いと分かります。20代の女性は結婚・出産・育児を検討し始める人が多く、キャリアプランとライフプランのバランスを考える傾向にあります。そのため、「育児休暇が取得しにくい」「時短で働いている人が少ない」といった懸念がある場合に、将来を見据えて転職する人も多いようです。27歳の方は、ライフプランに合わせて転職活動を進めると良いでしょう。

女性に人気な転職先を知りたい方は「20代に人気の職業とは?おすすめのアピール方法や転職のコツを解説!」もあわせてご覧ください。

男性の転職理由で多いのは仕事内容への不満

同調査の「離職理由」によると、男性の離職理由の1位は「満足のいく仕事内容でなかったから」で、28.4%の割合です。同じ理由で離職した女性の割合は22.8%なので、男性のほうが5.6%多いことが分かります。男女の差が最も大きい離職理由は「会社の将来に不安を感じたから」で、男性が27.5%、女性は17.8%であることが分かりました。
この理由に関しては、9.7%もの差があります。女性に比べて男性は、結婚や出産といったライフイベントの影響を受けにくい傾向にあるため、長期的な目線で「何の仕事を、どのような企業で続けるか」といったことを考えて転職すると考えられるでしょう。

参照元
厚生労働省
令和2年転職者実態調査の概況

参照元
デジタル庁
e-Gov 法令検索

27歳で転職する3つのメリット

27歳の転職では、年収アップやキャリアチェンジも実現しやすいのがメリットといえます。また、スキルや経験が不足していても、若さゆえに将来を期待されて採用してもらえる可能性があるでしょう。

1.自分に合った仕事を見つけられる

27歳はある程度の社会人経験もあることから、自分がどのような仕事に向いているか、どのような企業が自分に合っているかを判断できるようになります。また、今までの経験を活かし、転職活動を行ううえでより深い自己分析や企業研究を行えるでしょう。自分に合った仕事や企業を見つけられることで、転職後のミスマッチを防げるメリットがあります。

自分に合う仕事が分からない方は「自分の適性に合う仕事の探し方とは?」のコラムで仕事の探し方を解説しているので、参考にしてください。

2.福利厚生や年収が今より良くなる可能性がある

27歳での転職は、前職でのスキルや経験を活かせるため、福利厚生や年収が今より良い会社に転職することも可能です。また、同職種や同業界であれば、即戦力として活躍することもでき、キャリアアップを狙いやすいでしょう。

3.未経験や異業種にも挑戦しやすい

27歳は転職市場で若いとされる年齢のため、未経験や異業種に挑戦しやすい年ともいえます。未経験であっても、年齢が若いので十分なスキルを身につけられ、長期的に働けるため採用コストも低く抑えられるでしょう。未経験職種や異業種に挑戦する場合は、早めの転職が有利になる傾向があるため、できるだけ早く転職活動を行うことをおすすめします。

27歳で転職するのはデメリットもある

27歳での転職はメリットが多いものの、デメリットもあります。人気職種や人気企業は競争率が高い点や忍耐力や継続力がないと思われてしまう点がデメリットといえるでしょう。
また、新たな職場での人間関係の再構築を大変と感じる人もいるようです。

1.人気職種や人気企業は競争率が高い

27歳は転職を考えている人が多く、人気職種や人気企業は競争率が高くなる可能性があります。
人気職種や人気企業への転職を考えている人は、同世代の転職者があまり持っていない専門的なスキルや前職での経験をアピールできると、より面接官に良い印象を与えられるでしょう。

2.忍耐力や継続的がないと思われる可能性も

27歳で転職する場合、年齢が若いことから忍耐力や継続力がないと思われる可能性があるでしょう。年齢が若いため、転職で有利になることもありますがその反面、勤続年数が短いため前職で長く働いたという経験をアピールできません。
また、勤続年数が短いため「またすぐに辞めてしまうのではないか」と企業に思われる可能性があります。面接で前職を辞めた理由を聞かれたら、前向きに答えられるよう準備しておきましょう。

退職理由の答え方を知りたい方は「短期退職の言い訳はどうする?よくある理由と伝え方を解説!」で紹介しているのでご覧ください。

3.人間関係を作り直さなければならない

今の会社で作り上げた人間関係をリセットし、また一から人間関係を築かなければならないのが転職のデメリットの一つです。新卒入社では同期の仲間がいたり、オリエンテーションがあったりと、職場に馴染みやすい環境があります。
しかし、転職した場合は同年代の仲間がいない場合や、年下の上司がいることも。27歳であれば、周りからは自立した転職者として見られるので、自ら積極的に人間関係を作らなければならないでしょう。

27歳の転職活動でアピールすべきこと

前述のとおり、27歳の魅力は経験と若さのバランスです。27歳の転職活動では、若さゆえの特性や、社会人経験があるからこその実績をアピールしましょう。

ポテンシャルの高さ

20代の転職者に企業が期待するのは「自社で長く働いてくれること」「将来の幹部候補になること」なので、ポテンシャルを感じさせるのが重要です。27歳でキャリアが少なくても「今まで何をしてきて、これから何をしたいのか」「目標のためにどのような努力をしているか」などが明確に説明できる人は、入社後の活躍を見込まれて採用される可能性があるでしょう。即戦力とまではいかなくても、入社して3〜5年後の活躍をイメージさせるのがポイントです。

ポテンシャル採用について詳しく知りたい方は「ポテンシャル採用とは?何歳まで適用される?重視されるポイントを解説」のコラムで解説しているので、合わせてご覧ください。

前職での成果

27歳の若さで前職で成果を挙げていれば、転職を有利に進められるでしょう。ポテンシャルがあり、さらにスキルや経験が身についている人は、転職市場で価値が高いといえます。「営業でトップセールスを収めた」「難関の国家資格に合格した」などの成果があれば、積極的にアピールしましょう。

リーダー経験もアピールしよう

前職でのリーダー経験も、ライバルとの差別化を図るのに効果的です。20代でリーダー経験がある人は少ない傾向にあるため、高評価につながりやすいでしょう。リーダーとして大きな成果を挙げられなかったとしても、経験から学んだことを伝えられればOKです。

柔軟性や適応力

27歳の転職者は、前の会社のやり方に染まりきっていないため、新しい職場や業務にすぐに馴染めると期待されます。面接では、人の意見を取り入れて成功した事例や、顧客に合わせて仕事のやり方を変えたエピソードなどを伝えると、柔軟性や適応力をアピールできるでしょう。

27歳から始める転職を成功させる3つのコツ

27歳で転職を成功させるコツは、希望の条件や自分に合った企業を探すことです。そのためには企業研究が重要になるので、プロの力を借りられる転職エージェントの利用を検討しましょう。

1.なぜ転職したいのかを明確にする

転職するうえで、まずは「なぜ転職したいのか」理由を明確にしましょう。理由が定まっていないまま転職をしてしまうと、新たな職場で不満を抱えることがあったり、早期退職につながったりする恐れがあります。
早期退職を防ぐためには、「何のために転職をしたいのか」「何を目的としているのか」をはっきりさせてから転職することが重要です。また、面接の際に退職理由を聞かれることも多いので、前向きで明確な退職理由を答えられると、採用担当者にも意思が伝わりやすいでしょう。

ネガティブな理由では転職しない

転職を考えている人は、何かしら今の会社に不満を持っている可能性が高いでしょう。しかし、ネガティブな理由で転職をすることはおすすめしません。ただ仕事が楽しくないからといって軽率な理由で転職をしてしまうと、その後の就職先でも同じ状況になる場合があります。
また、27歳は勤続年数が短いため、面接の際に転職理由を聞かれることが多いでしょう。そこでネガティブな理由や曖昧な返答をしてしまうと、「うちに就職してもすぐ辞めてしまうのではないか」と思われる可能性も。マイナスの印象を与えないためにも、転職の軸をしっかりと持ちポジティブな理由で転職をすることをおすすめします。

2.自己分析をして自分の適性を知る

27歳から転職をする際は、自己分析をして自分の適性を知ることから始めましょう。自己分析を行うことで、自分の強みや苦手なことを理解し、仕事を探すうえで役に立ちます。
また、自己分析を行っていると面接時の自己PRや長所・短所を聞かれたときにスムーズに答えられるメリットも。さらに、自己分析と企業研究を同時に行っておくと、より自分に合った仕事を見つけやすくなるのでおすすめです。

転職したい会社の条件を決める

転職したい会社を決める際は、ただ条件の良い会社を選ぶのではなく「将来性がある会社か」「自分に合っている会社か」など自分のなかで条件を決めておくと良いでしょう。
条件を決めておくと、選考を受ける会社を絞りやすくなり、志望動機なども考えやすくなります。反対に転職したい会社の条件がバラバラだと、自分はどのような会社に転職したかったのかが分からなくなり、曖昧な志望動機になる恐れがあるので注意が必要です。
また、前述にもあったように自己分析をしておくと、自分の適性を理解できるので条件も決めやすくなるでしょう。

3.キャリアプランを明確にする

転職をする前に将来のキャリアプランを明確にしましょう。10年後・5年後・1年後の目標を決め、そのために27歳の今何をすべきかを検討します。「大企業に就職したいから」「なんとなく仕事を変えたい」といった曖昧な理由で転職してしまうと、「イメージと違った」と後悔する恐れがあるでしょう。早期離職は選考でマイナスイメージにつながるため、転職成功がさらに遠のいてしまう恐れがあります。転職で失敗しないためには、キャリアプランを明確にして、それが実現できそうな企業を選ぶのが重要です。

企業研究は丁寧に行う

27歳で転職を成功させるには、企業研究が重要です。イメージだけで転職先を決めてしまうとミスマッチになる恐れがあります。前述のとおり、早期離職はその後のキャリアに響くため、企業研究を丁寧に行って自分に合った企業を選びましょう。
企業研究を行う際は、Webサイトや広報誌の情報だけでなく、会社説明会や企業訪問などで実際に働いている人の話を聞くのがおすすめです。「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」のコラムで企業研究のやり方を紹介していますので、ご覧ください。

転職エージェントを利用する

27歳で転職を成功させたいなら、転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントでは、プロのアドバイザーによる多種多様なサポートを受けられます。たとえば、自己分析や書類作成、面接対策についてアドバイスをもらえたり、マッチ度の高い求人を探してくれたりと、メリットが豊富です。スケジュール調整や企業との交渉を代行してくれるので、働きながら転職活動をしたい人におすすめといえます。

27歳での転職に不安がある人は、ハタラクティブに相談してみましょう。ハタラクティブは、20代の若年層に特化した転職エージェントです。スキルや経験よりも、ポテンシャルを重視して採用したい企業が多い傾向にあるため、異業種へ転職できるチャンスもあります。
また、ハタラクティブでは求人の紹介だけでなく、履歴書の添削や面接練習などを幅広くサポート。初めての転職活動で不安な方も、専任の担当者がマンツーマンで指導してくれるので安心です。サービスはすべて無料ですので、お気軽にご相談ください。

27歳の転職でよくあるQ&A

最後に、27歳の転職に役立つ情報をQ&A方式で紹介します。

スキルなしの27歳は転職できる?

27歳の転職で高いスキルがなくても、転職は可能です。
スキルがない場合は、未経験者を歓迎している企業を検討するのをおすすめします。成長産業である福祉関連やIT業界は、未経験者を歓迎する求人が豊富でスキルがない方も挑戦しやすいでしょう。スキルなしの転職を成功させたい方は、「スキルなしでも転職できる?年代別のやるべきことや転職市場を詳しく解説!」のコラムもぜひ参考にしてみてください。

27歳の転職に役立つおすすめの資格は?

27歳で転職を考えている方におすすめの資格は、日商簿記検定やファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士といった即戦力となる資格を取得するのがおすすめです。「資格のおすすめを紹介!社会人が取得するメリットや勉強法も解説」のコラムでも、転職で有利になりやすい資格を紹介しているので、興味のある方はこちらもご覧ください。

27歳から公務員に転職できる?

27歳から公務員に転職することは可能です。公務員は受験できる年齢に上限がありますが、27歳であれば地域の公務員試験を受けられるでしょう。
地域によって募集年齢が異なる可能性もあるので、確認しておくことをおすすめします。公務員への転職に興味のある27歳の方は「公務員に転職するときの相談先は?仕事内容や必要なスキルもあわせてご紹介」のコラムで、メリットとデメリットを比較し、自分にとって適職であるのかどうか確かめてみてください。

27歳で転職を成功させるには?

27歳で転職を成功させたいなら、「転職理由」「志望動機」「自己PR」が魅力的な内容になるよう、きちんと準備しておきましょう。
応募書類や面接時のアピールの仕方に不安がある方は、転職エージェントの利用もおすすめです。若年層に特化した就職・転職エージェントであるハタラクティブでは、求人紹介だけでなく、履歴書添削や面接対策もしています。転職を成功させたい27歳の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ