新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 25歳からの転職は遅い?失敗しない転職活動のポイントを紹介!

25歳からの転職は遅い?失敗しない転職活動のポイントを紹介!

公開日:

最終更新日:

25歳からの転職は遅い?失敗しない転職活動のポイントを紹介!の画像

 

 

【このページのまとめ】

  • ・25歳の転職は、第二新卒として応募できるほかにも異業種へ挑戦できるメリットがある
  • ・女性や高卒、専門卒などの転職も25歳なら応募できる求人は豊富にある
  • ・25歳で転職2回目でも、大きく不利になることは少ない
  • ・25歳で転職を成功させるには、求人のマッチ度や在職中の転職活動が重要

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

25歳の転職は第二新卒として見られ、採用のチャンスが広がっています。しかし、すでに2回目の転職となる方をはじめ、性別や学歴によるハンデが不安という方も多いようです。このコラムでは、25歳の転職活動で失敗しないためのポイントをご紹介。公務員を視野に入れている方や、25歳の平均年収が知りたい方の疑問も解消できるので、ぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

25歳からの転職は遅い?

25歳からの転職は、求職者と企業の双方にメリットが大きく、転職成功のチャンスが大いにあります。ここでは、その理由について確認していきしましょう。

無資格・未経験の分野にも挑戦しやすい

企業は、「伸び代と成長スピード」「育てやすさ」などの理由から、少しでも若い人材を積極的に採用しようとする傾向があります。特に異業種から転向する場合、新しいことを覚えるための柔軟な対応力や発想力が重要。そのため、無資格・未経験の応募者は若い方が良いと考える会社が多いようです。
また、年齢が高くなると「前の会社ではこうだった」「自分はこのやり方が楽」という固定観念が強く残っている可能性があり、育成が難しいと懸念されやすい点があります。このような例からも、25歳は無資格・未経験から異業種の分野に挑戦しやすい年齢といえるでしょう。

第二新卒としてチャレンジできる

第二新卒とは、一般的に「新卒入社してから3年以内に転職を検討している人」のことです。
4年制の大学をストレートで卒業していれば、25歳は第二新卒というカテゴリーに当てはまります。
「3年以内の転職は忍耐力がない」というイメージがある一方で、第二新卒は「まだ若く、ポテンシャルが期待できる」と高い評価を得られることも多いようです。
ほかにも、企業が第二新卒を採用するメリットとして、「入社後の教育コストがかからない」「企業のカラーに染まっておらず育てやすい」「ミスマッチが起こりにくい」などが挙げられることから、積極的に採用する企業も増加傾向にあります。
さらに、25歳は第二新卒の中でも「3年ほどの社会人経験がある」ことが有利になりやすく、前職での経験を活かして、新卒時に挑戦できなかった大手企業に採用された例も。25歳は、若さや成長性に加えて、業務実績や経験をアピールできるため、転職のチャンスが多い年齢といえるでしょう。

25歳は、転職する良いタイミングでもあります。詳しくは「25歳は転職適齢期?キャリアを考える」も併せてご覧ください。

25歳の女性も転職しやすい?

女性の場合も、25歳からの転職がしやすいといわれています。しかし、転職時に注意しておきたいポイントも。下記で詳しく解説します。

25歳はキャリアの変化を視野に入れた転職がしやすい

20代前半から26歳までの年齢は、異業種や未経験を歓迎している求人やキャリアアップ・キャリアチェンジを想定している求人が豊富です。そのため、自分に合った転職先が探しやすいでしょう。
また、近年は性別による採用の差が減少していることから、幅広い職種が選択できるのもポイントです。

ライフスタイルの変化を加味して転職先を探す

女性は、結婚や出産でライフスタイルが大きく変わる方も多いため、予定を控えている場合は事前に伝えておくと転職がしやすいでしょう。
入社早々に寿退社や産休・育休に入ると、会社にマイナスな印象を与えてしまう恐れがあります。また、将来的に家庭を持ちたい方も、福利厚生欄で産休・育休取得実績などを事前に確認しておくのがおすすめです。

高卒や専門卒でも25歳から転職を目指せる?

高卒や専門卒の方も、25歳から転職のチャンスが十分にあります。ただし、学歴が重視される会社には就職が難しいこともあるようです。

学歴がネックになることがある

学歴を重視している会社は、応募要項に「4年制大学卒業(◯年卒業見込み)」といった採用に欠かせない条件を挙げています。そのため、高卒や専門卒は応募ができない企業もあることを知っておきましょう。

高卒の転職


近年の日本は学歴を重んじる風潮が根付いているため、高卒で応募できる求人数は大卒よりも少ないのが現状。高校を卒業後、25歳になるまでの7年間で1つの会社に勤めていたとしても、高学歴を条件としている会社への応募は難しいでしょう。
しかし、未経験歓迎の職種なら学歴を問わないことも多く、高卒の方も転職しやすいといえます。

専門卒の転職

学歴を重視する会社でも、職種によっては「◯◯のスキル・資格を持っている方」「◯◯の経験がある方」などの専門性を応募条件にすることがあります。
専門学校で学んだスキルや知識があるなら、学歴がなくても専門分野を活かせる会社や職種などを選ぶことで、応募できる求人の幅が広がるでしょう。

学歴不問の企業を選べば転職成功への期待は大きい

学歴を問わない会社の場合、これまでの経験を見てくれることが多いようです。
高卒や専門卒は、大卒よりも社会での経験が多く、アピールできるスキルや実務経験も比例している場合があります。
そのため、同じ25歳の大卒と同等、もしくはより高く評価してもらえる可能性が高いといえるでしょう。

25歳で転職2回目だと印象が悪い?

転職回数は採用担当者も気になるところですが、25歳で2回目ならそれほど大きな影響はないといえるでしょう。ただし、下記のような点に注意したうえで就活を行うことが大切です。

転職回数が多いほど不利になりやすい

25歳で転職が2回目の場合、4年制大学の新卒者であれば1~2年に1度のペースで転職していることになります。そのため、転職経験がない人と比べると「今後もこのペースで転職を繰り返す可能性がある」「忍耐力がない」と採用担当者に判断されてしまう恐れも。
しかし、必ずしも印象が悪くなることはなく、志望動機や働く意思をしっかりとアピールできれば適正な評価をしてもらえます。

即戦力となりえれば問題ない

採用担当者には、25歳の大きなメリットである「新卒のようなフレッシュさ」と「中途採用者のような習熟度の高さ」のどちらも備わっていることをアピールできるようにしておきましょう。
1~2年の勤続年数だと、簡単な仕事しか割り当てない会社が多いうえ、労働者本人も仕事に馴染む前に辞めてしまっていることも少なくありません。その場合、入社時に再度の教育が必要になることから、即戦力として受け入れてもらえない可能性があります。
そのため、短期間の転職によるスキルや経験面が、採用にマイナスな影響を与えないよう注意しましょう。

意欲を示せることも大切

転職活動では、転職回数が増えた反省をするとともに、今後の意欲を見せることが重要です。
「最初に入社した会社と次の会社を通して、本当にやりたいことが分かった」など、なぜその会社なら長く勤められると感じたのかを伝えましょう。誰しも納得できる理由があれば、転職が2回目でも選考に大きな影響はないといえます。

25歳で転職を考える理由は?

25歳で転職に至る理由は、人によってさまざまです。具体的な例を見ていきましょう。

人間関係にストレスを感じている

上司や先輩、同僚など社内の人間関係に悩み、ストレスを感じて転職を検討する方は多いようです。
上司との関係が良好なら、面談を通して現状を伝えたり、部署異動をしてもらえたりと、改善に取り組める可能性はあるでしょう。
しかし、人間関係の複雑さが社風として根付いている場合は、すぐに改善が期待できないことも。
転職を決断する前に、職場環境の変化が見込めるかどうかを見極めてから行動に移すと良いでしょう。

残業や休日出勤が多い

サービス残業や休日出勤の多さ、提示された雇用条件と違うなど、勤務先がブラック企業だった…という場合も、転職を検討する方が多いようです。この場合、個人の働きで改善できる可能性が低く、日が経つほど心身共に疲労が蓄積されてしまう恐れがあります。
労働条件が悪くても、「そこで学びたいことがある」「やりがいを感じている」など特別な理由がなければ、早めに転職を決断した方が良いでしょう。転職を成功させるためにも、健康な状態で転職活動ができる余力を残しておくことが大切です。

望む仕事ができない

自分がやりたい仕事がない、希望する仕事に携われないといった理由から、転職を考える方も多いようです。この場合は、入社前の企業研究が不十分だった、数年のキャリアが必要な仕事で若手には任せられないなど、さまざまな原因が考えられます。後者であれば、経験を積んだ数年後にやりたい仕事を任せてもらえる可能性はあるでしょう。
しかし、前者で本当にやりたいことが諦められないのであれば、25歳のうちに転職をするのがおすすめ。次の職場で同じことを繰り返さないよう、企業研究を十分に行い、やりたい仕事ができるかどうかを事前に確かめておくことが重要です。

今の仕事に向いていない・社風と合わないと感じた

営業や事務などの職種が自分に向いていなかったり、業界そのものが合わなかったりする場合が挙げられます。ほかにも、実際に働いてみたら、入社前に抱いていたイメージと違った…という人も多いようです。
一見、自己分析や企業・業界研究不足によるミスマッチによるものと考えられますが、それにすべての人が当てはまるわけではありません。たとえば、ひと口に「事務作業」といっても、「来客対応が中心なのか」「営業の補佐がメインなのか」などで、自分に合っているかどうかは異なるもの。事前に十分な情報を得て判断をしても、実際にその立場になると「違う」と感じることも少なくありません。
転職活動時には、このようなミスマッチから分かる「本当にやりたいこと」を明確にすると良いでしょう。

キャリアアップを希望するため

年功序列制度が根付いている会社では、若手のキャリアアップが困難な傾向に。入社時は「成果」に対してそれほど気にしていなかったとしても、「成果を出したのに、きちんと評価してもらえていない」ことは不満につながります。また、同じ条件で働いている人よりも成果を出しているのに、給与の変化がなかった場合も、仕事に対するモチベーションを失ってしまうでしょう。
転職活動をする際は、採用ページでキャリアアップ・キャリアチェンジ制度を確認したり、先輩社員の話を参考にしたりして、事前に確認しておくのがおすすめです。

スキルに見合った仕事がしたくなった

キャリアアップと同様、これまでの経験から得たスキルをより活かせる場所で働きたいと考える人もいます。特に「入社後にスキルを身につけたのに、ほかの仕事で活かすことがない」というような状況では、仕事にマンネリを感じやすいようです。
自分の向上心を高くもつためにも、職場でどんなスキルが活かせるのか、入社後の教育体制はどうなっているのかなどを確認すると良いでしょう。

25歳で転職するか迷ったらどうする?

転職するか迷うのであれば、人に相談したり一旦保留にして考えるのをやめたりするのも有効です。ここでは、具体的な方法をご紹介します。

第三者に相談する

第三者に相談するなら、仕事とは無関係な人を選ぶのがおすすめです。
たとえ仲の良い同期であっても、仕事関係の人に転職の相談をするのは人間関係の不和や業務上のトラブルに発展することも多く、「本格的に転職を考えているわけではなかったのに、居づらくなってしまった」という例も。
会社の外の人に悩んでいることを伝えれば、解決策を提案してもらえたり、自分だけでは見られなかった観点から物事を捉えられたりするでしょう。また、現在勤めている業界や気になっている業界に詳しい人の話であれば、転職の参考になります。

上司に相談する

職場の人間関係や労働環境面の改善が見込めそうな場合は、上司に相談してみるのも良いでしょう。しかし、「転職を考えている」という内容ではなく、「現状の改善に取り組みたい」といった前向きな姿勢で相談します。
その回答や実際に行った解決策など、相談した結果によって転職するかどうかを決めるのも手段の1つです。

一度考えるのをやめてリラックスする

一度、転職や仕事について考えるのをやめて、自分が楽しい・リラックスできると思うことをしてみましょう。
悩んでばかりいると考え方や物の見方が偏ってしまい、柔軟さに欠けてしまいます。ただし、何日も休み続けてしまうと問題の解決が曖昧になってしまうため、時間や日にちを決めておくのがおすすめです。
リフレッシュできたことで頭も柔らかくなり、本当に自分がやりたいことは何かをスムーズに理解できるようになるでしょう。

転職に向けて前向きに行動する

転職活動をはじめた結果、企業研究や面接を重ね、改めて自分の勤める会社の魅力に気づく方も多いようです。また、併せて会社の良くない点も明確になり、「限度はここまで」と自分なりに転職の基準を決める参考にもなります。
ポジティブな視点で取り組むことで、今後転職に迷ったときにも活かせるでしょう。

転職するかどうか決断に迷うなら、今後のキャリアに悩む25歳に向けた記事「25歳は仕事人生の分岐点?転職の好機で失敗しない方法を解説」も併せて参考にしてみてください。

25歳で転職しないほうが良い人の特徴とは?

25歳という転職に大きなチャンスがある年齢であっても、転職を避けたほうが良い人もいます。

漠然とした理由で転職したい人

先のことを考えず、「何となくこの会社が嫌だ」という理由から、勢いで転職を決める人がいます。転職したい理由が明確でないままだと、転職先で似たような事例が起こったり、転職を何度も繰り返してしまう可能性も。転職を成功させるなら、転職先の職場で自分がどうなりたいのかを具体的に決めてから行動を始めましょう。

キャリアビジョンを明確にしていない人

キャリアビジョンがなければ、今後、同業種・異業種問わず仕事を転々としてしまう可能性があります。また、年齢が上がるにつれて求められる経験も増えていくため、1つの場所での勤務経験が浅いと評価が低くなってしまうことも。
新しい職場で、自分がこれまで経験してきたスキルを磨きたい、知識の幅を広げたいなど、将来何がしたいのかを明らかにすることが重要です。

年収が下がるのが嫌な人

25歳は評価されるキャリアが少なく、年収が下がりやすいことがあります。特に未経験の職種や大企業から中小企業へ転職する場合、現在の年収から大きく下がってしまうことが多いようです。
「一時的であっても年収が下がるのは嫌」という人には、あと数年現職で経験を積んでから転職をしたほうが良い場合もあるでしょう。

25歳の転職で公務員は目指せる?

公務員の応募の年齢制限は種類によって異なり、25歳で目指せるものもあります。

公務員の種類

公務員は「国家公務員」と「地方公務員」の2つに大別できます。さらに、このうち法律、教育、公安などに細かく分類され、それぞれの課で採用を行っているのが基本です。
応募資格は年齢で分類されていたり、これまでの経験を見ていたりするなどさまざまあります。
自分が対象であるかどうか、事前に確認してから受験を目指しましょう。

公務員になる方法

公務員は、大卒の一般枠から受験する方が多いものの、中途から受験する方法もいくつかあります。

社会人経験者採用試験を受験する

「社会人経験者採用試験」は、いわゆる「中途採用枠」のことで、社会人経験者を対象に採用を行っています。応募要件は「◯歳以上◯歳以下」と年齢制限を設けていたり、一定の勤続年数が必要としたりしているなど自治体によって違うのが特徴です。

国家公務員試験を受ける

国家公務員の受験対象者は、21歳以上30歳未満で学歴は関係ありません。そのため、中卒・高卒でも国家公務員を目指せます。しかし、難易度は社会人経験者採用試験と比較すると高め。特にはじめから公務員を目指していた方と比べると、準備の差が大きいと不利な状況であるといえるでしょう。
また、地方公務員は自治体によって40歳くらいまで受験できる場合があります。25歳から有利に公務員を目指すなら、各自治体の受験案内を確認してみるのもおすすめです。

臨時職員から正規職員を目指す

正規職員に欠員があると、臨時職員を募集する自治体もあります。雇用期間は定められているものの、「内部登用試験」があれば正規職員を目指すことも可能です。臨時職員の募集については、市区町村のWebサイトや広報で告知されていることがあります。

20代の年齢別による転職のポイントについては、転職アドバイザーが詳しく解説している記事「20代の転職で失敗しない!年齢別の対策ポイントを教えます」をチェックしてみてください。

25歳からの転職活動で失敗しないための3つのヒント

転職で失敗しないためのポイントを下記に3つまとめました。25歳から転職活動を始めるなら、ぜひ参考にしてみてください。

1.なにを軸に転職活動をするのか決める

自分が何のために転職をするのかを理解しましょう。
「◯漠然とした理由の人」でも述べたように、退職・転職したい理由を明確にしないまま転職活動をすると、転職が成功しても同じ内容で不満を抱くことも。たとえば、「事務が合っていない」と感じて転職を考えたのに、スキルや経験を活かせる・年収アップが見込めるといった理由から、再び事務職を選んでしまう場合も考えられます。
退職したい理由と転職の目的は、「転職活動の軸」としてはっきりさせておきましょう。キャリアアップや年収を増やしたいという場合も同様です。

2.「自分の軸に合う」求人を選ぶ

求人情報の確認と企業研究は綿密に行い、応募する企業が転職活動の軸とマッチしているかを確認しましょう。
たとえば、スキルを活かしたいのであれば「必須スキル」の項目は要確認ですし、今後の事業展開についても知っておくと役立つ場合があります。
また、第二新卒として就活をするなら「第二新卒歓迎」の求人、未経験の業種を志望するなら「未経験歓迎」の求人など、自分に当てはまる条件を選ぶことも転職成功のポイントです。

3.在職中に行う

退職は、転職先を決めてから行うのがおすすめです。
「まとまった時間を確保できる」「すぐにでも辞めたかった」などの理由で、退職をしてから転職活動をする人がいます。しかし、転職活動は明確な終わりが見えないもの。転職先が決まっていないまま退職すると、「ずっと仕事が決まらない…」と焦ったり金銭面が厳しくなったりする恐れがあります。
転職時は、先方に在職中であることを伝えれば面接時間を融通してくれる会社も多いため、安心して転職活動に挑めるでしょう。

25歳の転職の悩みに関するFAQ

25歳の転職ならではのお悩みに、FAQ方式で回答します!

25歳の平均年収はいくらですか?

国税庁の民間給与実態統計調査によると、2019年の20代後半の平均年収は、25~29歳までが約369万円となっています。年齢が上がるほど年収も増える傾向にあるため、25歳の平均年収は300万円前後だといえるでしょう。詳しくは「25歳の平均年収は?男女別・雇用形態別の収入の違いをチェック」をご覧ください。
参照元:国税庁「令和元年分 民間給与実態統計調査(p21〔年齢階層別の平均給与〕)」

平均年収を上げるにはどうしたら良いですか?

年功序列制度の会社の場合、勤続年数が増えなければ収入アップを見込みづらいといえます。平均年収を上げたいなら、キャリアアップ制度を導入している会社や、成果型・インセンティブ報酬を取り入れている会社へ転職すると良いでしょう。すでに有効な資格を持っていれば、資格手当による収入増も期待できます。「25歳の平均年収はどの位?フリーターと正社員の違い」で収入の上げ方をご確認ください。

20代の転職回数は何回までなら大丈夫ですか?

何回までという決まりやルールなどは特にありません。しかし、回数が増えるほど転職は不利になる恐れも。20代であれば、3回までを目安にすると書類選考の時点で「即不採用」という結果は避けられる可能性が高いでしょう。「転職するにはまだ早い?20代で成功させる方法」に詳しい内容を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

25歳だとどんな職種にチャレンジできますか?

需要が多い職種は、IT業界のSE(システムエンジニア)やPG(プログラマー)をはじめ、福祉業界の介護職、飲食業界や小売業界のスタッフなどがあります。営業職も活躍できる業界が多いため、求人が豊富です。未経験の方への指導・マニュアルが整っている企業を選べば、安心してチャレンジできるでしょう。
自分に合った転職先を見つけたい方は、転職エージェントの「ハタラクティブ」へ。専任アドバイザーによるマンツーマンのカウンセリングによって、あなたにぴったりの求人をご紹介します。

転職を成功させるためには、転職エージェントを活用するのもおすすめ。悩みに対する相談や具体的な対策法などを指南してくれるので、仕事が忙しい人でもスムーズな転職が可能になります。
25歳の転職なら、第二新卒に強いハタラクティブをご利用下さい。
若年層に特化しており、第二新卒歓迎や未経験歓迎の求人を多く取り扱っています。また、面接日程なども代行して調整。チャットツールやメールでの相談も可能です。
転職したいけど仕事が忙しい、条件に合う転職先が見つからない…という方は、ぜひお問い合わせください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ