30歳で職歴なしは詰み?今から正社員になる方法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 30歳で職歴なしは詰み?今から正社員になる方法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・職歴とは正社員での経歴のことなので、アルバイト経験は含まれない

    ・職歴がない多くの理由は、就活の失敗、夢の実現に失敗した、病気の治療や介護があったなど

    ・職歴なしからの就職は厳しいが、人手不足などで未経験者を歓迎している企業を選ぶと良い

    ・ハローワークとエージェントを併用すると早期就職に繋がる

30歳から正社員を目指そうと思った時にネックになるのが「職歴なし」という経歴。

20代であれば職歴がなくても充分採用されると言われていますが、30歳になると就職はできないのでしょうか?

今回は30歳で職歴がない人の理由や、就活の現実、就職しやすい職種、おすすめの就職活動方法についてまとめました。

◆30歳で職歴がないのはどうして?

30歳で職歴なしになるのはどうして?

アルバイトをしていれば「職歴がある」と思っていませんか?

職歴とは、一般的には正社員としての経歴のことを指すため、アルバイト経験は対象になりません。

新卒以外の方が就活をするときは、履歴書とともに職歴を記載した職務経歴書を提出するのが基本です。アルバイト経験しかない人は、職務経歴書や職歴欄に書くことがなく不利になりやすいでしょう。

 

ただし、志望の業界や職種に関わる業務内容であれば、アルバイト経験を記載してアピールに繋げることもできます。

それでもそれが充分な効果を発揮するのは20代までで、30歳を超えると経験は評価されても「なぜ30歳まで就職しなかったのか」「なにか問題があるのでは」という疑問や不安を取り除くのが難しくなるのです。

「職歴なし」というハンデを克服し、就活を成功させるためにも、まずはなぜこれまで就職に踏み切らなかったのか考えてみましょう。

よくある職歴がない理由としては、以下の例があります。

 

・新卒の就活に失敗した

・フリーター生活に慣れてしまった

・夢を追っている

・夢を追う途中で挫折した

・自身の病気や親の介護で労働の制限があった

・一度ニートになったら働きたくなくなってしまった

 

病気や介護だと、現在は働くのに問題がないことを示せればそれほどのハンディキャップにはなりませんが、客観的に見ると自分本位と捉えられる理由はあまり良い印象になりません。

職歴なしの状態から正社員になるにはどうしたら良いのでしょうか。

◆30歳で職歴なしからの就職は厳しい?

職務経験がなく即戦力として期待できないこと、仕事への意欲が感じられないこと、責任感や能力に不安を感じること、柔軟性が期待できないこと、などさまざまな要因から、職歴なしの30歳が正社員になるのは厳しいと言われています。

 

そういった中で狙い目は、人手不足の業界や若手の採用に積極的な企業です。こういった業界や企業では未経験者を歓迎しています。入社時の教育制度や研修制度が整っていることが多く、即戦力として扱われないため、職歴なしの人でも安心して入職できるでしょう。

 

30歳・職歴なしの人におすすめの職種について、以下にまとめました。

 

【介護職】

介護業界は需要の高まりに反比例して人材が不足しており、未経験者の受け入れに積極的。介護職は体力やコミュニケーションが必要な仕事です。施設によっては無資格者でも正社員就職できます。高齢化が進む日本の社会において、将来的に需要が途切れることはないでしょう。

 

【工場員】

製造業や軽作業の工場員は、職歴なしの人でも就職しやすい職種です。期間限定で従業員を募集することもあり、そういった場合「正社員登用」を適用しているケースが多いので、期間工員から正社員を狙う手もあります。仕事は単純作業が中心です。コミュニケーションが苦手で、業務に集中したい人にはおすすめです。

 

【IT系エンジニア】

IT系エンジニアに求められるのは、経験や学歴ではなく知識やスキルです。また、IT業界は技術の進化が著しい反面、エンジニア不足が深刻となっている業界。そのため、スキルさえあれば未経験で採用されることも珍しくありません。興味がある人は、「手に職」を目指してみてはいかがでしょうか。

 

また、契約・派遣社員から正社員になった例もあるので、あらかじめ正社員登用制度がある契約・派遣会社を選ぶのも選択肢の1つです。

正社員登用制度を謳っていても、かなり条件が厳しく利用されていないケースもあるので、面接時などに制度の利用実績や、どのような方が対象となっているのか詳しく聞いておくことをおすすめします。

 

もしどうしても就きたい仕事があるのなら、必要とされている専門的な資格を取得し、就職に役立てるという方法をとっても良いでしょう。

業務や職種で活かせる資格となると、比較的難易度が高く、勉強に要する時間も多くなります。取得できても必ず就職できるとは限りません。

早期就職は難しくなるので、本当に資格が必要か、時間がかかってもよいのか、万が一落ちたらどうするのか、などさまざまな側面から資格取得を目指すべきか考えましょう。

◆30歳で職歴なしの人はどうやって仕事を探せばいい?

仕事を探す際は、ハローワークを利用するのが1つの方法です。求職者として登録すれば、求人情報を見られるほか、書類作成や面接など就活のための指導を受けることができます。

さらに、ハローワークと並行して民間の就職・転職エージェントを使えば、より早く就職できる可能性が高まるでしょう。

 

エージェントは最初にカウンセリングを行って個々の適性や希望を把握し、その情報を元に求人を提案します。

応募時にも書類の添削を行いますし、応募先企業に響く具体的なアピール方法の指導も可能。

小さな悩みもメールで簡単に相談できるほか、面接日や入社日などのスケジュール調整も代行しています。

入社後には、業務内容や職場環境で悩みがないかフォローを実施して、長く勤められるように支援しているなど、手厚いサービスで求職者の就活をサポートしているのが特徴です。

 

中でも、ハタラクティブは若年層で就職経験のない方、浅い方を対象としているエージェントなので、職歴がなくて就活方法がわからない、本当に就職できるのか不安という方もご安心ください。専任のアドバイザーが1つひとつの不安を丁寧に解いていきます。

まずはどんなサービスなのか知りたい、という方もお気軽にご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ