新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 30歳職歴なしでも正社員になれる?就職成功のコツをご紹介!

30歳職歴なしでも正社員になれる?就職成功のコツをご紹介!

公開日:

最終更新日:

30歳職歴なしでも正社員になれる?就職成功のコツをご紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・30歳で職歴なしの方は、社会的な信用が得にくい・困窮するなどのリスクに注意
  • ・人手不足の業界では、30歳職歴なしの未経験でも目指せる求人がある
  • ・正社員を目指すためには、企業のニーズを理解することが大事
  • ・就活では、働かなかった理由や今後の目標を明確にして意欲をアピールする
  • ・30歳で職歴なしの方が就職を目指すためには、国や民間のサービスを使うのもあり

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!


就活の場において「30歳で職歴なし」という状況は不利になることがあります。しかし、仕事の探し方や就職に有利になるポイントを押さえれば、正社員として就職できる可能性は高まります。
このコラムでは、30歳で職歴なしでいるリスクや正社員を目指す方法、おすすめの職業をご紹介。現状を見直して、将来の働き方を考えるための参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

30歳で職歴がない理由は?

事情があって就職しなかった方もいれば、何となくの考えでここまで来てしまった方もいるでしょう。今後就活を成功させるために、まず自分がこれまで就職に踏み切らなかった理由を明確にしましょう。
30歳で職歴がない理由は人によってさまざまですが、主に以下の理由が挙げられます。

 

・新卒の就活に失敗した
・アルバイト生活に慣れてしまった
・夢を追っている
・夢を追う途中で挫折した
・自身の病気や親の介護で労働の制限があった
・一度ニートになったら働きたくなくなってしまった

 

職歴がない理由を明確にしたら、現在の状態が社会ではどう思われるかや、今後の就活をどう進めるべきかを見ていきましょう。

30歳で職歴なしのままでいる3つのリスク 

就職しないままでいると、年齢が上がるにつれて将来の計画が立てづらくなったり、金銭的な不安が募ったりという懸念も高まっていくでしょう。以下で、具体的なリスクをご説明します。

 

1.社会的信用を得にくくなる 

会社員や公務員として働いている方と比べて、無職やフリーターの方は、安定した収入がないと見なされることが多いため、社会的な信用が得にくくなります。住宅ローンやクレジットカードの審査が通りにくいなど、生活面での不便が生じることもあるでしょう。

 

2.年齢が上がると求人数が下がる

年齢が上がれば上がるほど求人数は減る傾向にあるため、正社員として就職するのが難しくなります。
また、経験がないことがマイナスポイントになってしまうこともあるでしょう。20代は経験が浅くても、将来の可能性を見込んでやる気がある方を採用する企業が多いもの。
しかし、30代は即戦力となる人材が求められ、候補者の年齢が上がるほど経験値やスキルの重要度は高くなるため、できるだけ早い年齢で就職して経験を積むことが大事です。

 

3.経済的に困窮する恐れがある 

安定した収入がない場合、生活費を得るのが難しくなり、家族に金銭的な負担をかけてしまう可能性があります。
もしアルバイトで働き続けても、正社員のようにボーナスの支給や昇給がないことも多いため、金銭的に余裕がなく、節約を強いられることになりかねません。ギリギリの状態で生活すれば、結婚や子ども、老後のための貯金も難しくなります。将来設計も立てづらいでしょう。

30歳で職歴なしからの就職は厳しい?

就活の場で、30歳で職歴なしという経歴は、社会人として経験を積んでいる方に比べて不利な状況になる場合も多いでしょう。ただし採用担当者にどう思われるかは、働かなかった理由次第で異なります。

 

30歳で無職・職歴なしが与える印象 

病気や介護が理由でこれまで職歴がなく無職である場合、現在は問題なく働ける状態でやる気があることを示せれば、それほどのハンディキャップにはなりません。
しかし、働く気がなかったといった自分本位と捉えられる理由では、採用担当者にあまり良い印象を与えないでしょう。経験がないため即戦力として期待できないと判断されたり、責任感や任務を全うする能力が低いと思われたりすることもあります。

 

30歳で職歴なしから公務員は目指せる? 

「地方公務員法」という法律の第13条第1項では「平等取扱いの原則」について定められており、人種や性別、社会的身分によって差別してはならないと明記されています。
そのため、地方公務員になるための公務員試験には、職歴の有無は関係ないのです。また、女性でも男性でも採用結果には関係ありません。
ただし、公務員試験を受けるには年齢制限が設けられており、国家公務員は30歳以下と定めている場合がほとんど。また地方公務員は、地域によって年齢の上限が異なり、30歳までのところが多い印象です。
公務員試験は倍率が高いため、試験勉強のために浪人を続けて30代で公務員になる方もいます。
とはいえ職歴がなくても、年齢が上限を超えていなければ試験に挑戦できるのが公務員の良い点といえるでしょう。

 

参照元:
e-Gov法令検索
第十三条(平等取扱いの原則)

 

30歳で職歴なしからでも正社員を目指しやすい職業5選 

ここでは、目指しやすい職業を仕事内容やおすすめする理由とともに紹介します。

 

1.介護職

介護職の仕事は、施設に入所・通所する利用者や自宅で生活する高齢者の介護です。主に入浴やトイレ、食事の手伝いをする身体介護、選択や掃除など身の回りの世話を行う生活援助のほか、リハビリやメンタル面のケアなども行います。
介護の仕事は、体力やコミュニケーション能力が重要。また、人の喜ぶ顔が見れて、誰かの役に立つ仕事がしたいと考える方におすすめです。
日本は高齢化が進み、介護の需要が年々高まる一方、介護業界では人材不足が問題になっています。研修制度が整っている施設では、資格や経験がなくても募集しているところがあるため、正社員として就職できる可能性が高い職種です。入社後に資格を取れば、給与アップも望めるでしょう。

 

2.工場員

工場員の仕事には、ベルトコンベアーを流れる製品の加工や検品を行うライン作業、倉庫などで物を取り出すピッキング、工場全体を管理する仕事などがあります。
特にライン作業やピッキングは、一人で集中して行うことが多く、黙々と作業するのが好きな方に向いているといえます。また、製品作りの工程も見れるため、ものづくりに興味がある方にもおすすめの仕事です。
正社員登用制度を採用している会社で、未経験者向けにアルバイトや契約社員の工場員を募集をしているところもあります。まずは、仕事に慣れてから正社員を目指すのも良いでしょう。

 

3.営業職

営業職はほとんどの企業で必要なポジションのため、求人数も多いのが特徴です。
仕事内容は企業によってさまざまですが、主に法人向けと個人向けの営業があり、自社の商品やサービスの紹介、契約や販売などを行います。
法人向けは自社や顧客の業界知識を十分に理解している必要があり、取引額も高額になるため、営業職としての経験値が求められる傾向にあります。一方で、個人向けは生活に直結する商品やサービスを扱うことが多く、経験が必須でないことも多いです。

 

また、求められるスキルは、新しい顧客を獲得するための新規営業か、すでに契約している相手と取引を継続するための既存営業かによっても異なります。
既存営業では、契約を継続させるために定期的に取引先を訪問し、顧客の要望や課題を把握します。改善に向けた提案や、契約を継続させるためのコミュニケーションを取れる力が必要になるため、未経験者では難しいことが多いでしょう。
反対に新規営業は、訪問先にアポイントを取らずに営業に出向く飛び込み営業や、電話で営業を掛けるテレアポなどを担当することが多く、未経験者でも比較的挑戦しやすいといえます。就職後に商品の知識や営業トークのコツを学んで、力をつけていくこともできるでしょう。結果が重視される仕事なので、対話力だけでなく、メンタル面のタフさや行動力なども求められます。

 

4.販売員

販売員の主な業務は、来店客の接客やレジ打ち、商品の在庫管理や品出しなどです。取り扱う商品について熟知し、来店客とコミュニケーションを取りながら、魅力を提案する力が求められます。取り扱う商品によって専門的な知識が必要な場合もありますが、基本的には資格が必須の仕事ではないため、体力やコミュニケーション能力があれば未経験者でも歓迎してくれるところがあります。
自分が好きな商品を取り扱う企業であれば、働くうえでのモチベーションになりますし、その商品の販売に携わりたいという気持ちをアピールしやすいので、就職できる可能性も高まるでしょう。

 

5.IT系エンジニア

IT系エンジニアの仕事は、主にシステムを作るための設計やプログラミングです。
仕事の内容によって、システムエンジニアやプログラマーなどと呼ばれることもあります。システムの構成を決めるシステムエンジニアは、全体の予算や人員の管理を行い、プログラマーはプログラミング言語を使って実際にシステムを作ります。企業によってシステムエンジニアとプログラマーは同じ職種を指す場合もあります。
IT系エンジニアは、経験や学歴よりも知識やスキルを求められ、技術さえあれば未経験で採用されることも珍しくありません。また、IT業界は技術の進化が著しい反面、エンジニア不足が深刻となっているため、常に募集をかけている企業もあります。
パソコンが好きで、手に職をつけたいという方は、技術を学んで、IT系エンジニアを目指すのもおすすめです。契約・派遣社員から正社員になった例もあるので、あらかじめ正社員登用制度がある契約・派遣会社を選ぶのも選択肢の一つです。

30歳で職歴なしの人が仕事を探す際のポイントは?

職歴がない方が仕事を探す際は、企業が求めるニーズを理解し、自分の能力と照らし合わせて最適な求人を探すことが大切です。以下で、仕事を見つける際のポイントをご紹介します。

 

職歴の有無を問わない求人を探す

即戦力を求める企業への就職は難しいものですが、やる気や人間性を重視する企業であれば職歴が無くとも採用してもらえることもあります。企業側は応募者の意欲を見ているので、「企業に就職し、自分がどのように成長して将来どうなりたいか」という目標をはっきりと伝えることが大事です。

 

正社員登用制度があるアルバイトからスタートする

最初から正社員を目指すのは難しいものですが、正社員登用制度がある企業でアルバイトから始めれば、意欲や能力次第で、正社員を目指せるでしょう。
企業側にとっては、全く知らない人材を正社員としていきなり登用するのは賭けでもあります。一方で、アルバイトとして働いている方ならば、勤務態度や人間性、能力を日々見ているので、正社員としての条件に達する方であれば採用したいと思うものです。
また、アルバイトであれば、責任がそれほど大きくない業務を任されるので、いきなり正社員として働くのが不安だと感じる方にもおすすめです。
さらに、アルバイトから正社員になって働く場合は、ある程度の業務内容を理解しているので、「実際に働いてみたら想像していた業務と違った」といったミスマッチも防げます。
ただし、正社員登用制度を謳っていても、実際には条件が厳しくなかなか正社員になれないことも。面接時などに制度の利用実績や、どのような方が対象となっているかを詳しく聞いておくと良いでしょう。

 

アルバイト経験を活かせそうな職種に絞る

これまでアルバイトをしていた方は、自分が行っていた業務に近い仕事や、類似する業界を目指すのも良いでしょう。いきなり未経験の仕事に就くのはハードルが高いため、たとえ就職できても業務に慣れて力を発揮できるまでに時間がかかります。一方、自分が経験したことのある分野に近ければ、新しい仕事でもノウハウが分かっているので進めやすいでしょう。また、経験を活かせれば、企業にとってもそれだけ教える手間が省けてメリットととなるので、採用される可能性も高まります。

 

30歳で職歴なしでも就職を成功させる3つのポイント

就職を成功させるためには、自分の考えをうまく伝えられるかが重要です。また、資格を取ることも有効です。以下で、3つのポイントについて詳しく説明します。

 

1.就職を目指す理由を明確にしておく

今後どうなりたいから就職をするのかをポジティブに伝えることが大切です。そのためには「働いていなかった期間に何を学び、今後どう成長していきたいと考えたか」を明確にしておきましょう。また、企業や職種の特徴やニーズはそれぞれ異なります。「なぜその企業を選んだのか」という理由を合理的に伝えられるように、企業や職種のリサーチも欠かせません。

 

2.空白期間を説明できるように準備しておく

就職をしなかったことは変えられない事実なので、正直な理由と、これまで行ってきたことや考えてきたことをいかにポジティブに伝えられるかが大切です。ただし、「就活する気がなかった」「働きたくなかった」といった理由だけでは、採用担当者にマイナスな印象だけを与えてしまいます。前述したように、「今は将来に向けて真剣に取り組もうとしている」という姿勢を示すことで採用担当者の見る目も変わる可能性があります。うまく伝えられるように練習しておきましょう。
また、ボランティアや家族の介護などに前向きに取り組んだ方は、自信を持って伝えることが大切です。アルバイトをしていた方は、仕事上で学んだことや身についた力をアピールしてプラスの印象を与えられるように整理しておくと良いです。

 

3.資格を取得する

どうしても就きたい仕事があるのなら、必要とされている専門的な資格を取得し、就職に役立てるという方法をとっても良いでしょう。ただし、業務や職種で活かせる資格となると、比較的難易度が高く、勉強に要する時間も多くなります。取得できても必ず就職できるとは限りません。
早期就職は難しくなるので、本当に資格が必要か、時間がかかっても良いのか、落ちたらどうするのかなど、さまざまな側面から資格取得を目指すべきか考えましょう。

 

職歴なしの場合は履歴書にどう書いたら良い?

職歴がない方でも、アルバイト経験の有無で書く内容は異なります。具体的に見ていきましょう。

 

経験がない場合は正直に記入する

働いたことがない方は、職歴について正直に「なし」と書きましょう。もし、介護や病気などで働けなかった特別な理由がある方は、備考欄などに記載しておくのがおすすめです。

 

履歴書の職歴欄にアルバイト経験を書いても

新卒以外の方が就活をするときは、履歴書とともに職務経歴書を提出するのが基本です。職歴は一般的に「正社員としての経歴」を記載するため、アルバイト経験は対象になりません。しかし、既卒で就職した経験がない場合は、アルバイト経験を書いておくと良いでしょう。
アルバイトの業務が志望の業界や職種に関係するものならば、アピールの材料になります。ただし、30歳を超えると、採用担当者はアルバイト経験に関心を持つ以上に、「なぜ30歳まで就職しなかったのか」「何か問題があるのでは」といった不安や疑問を強く抱いてしまうこともあります。
前の項目でもお伝えしましたが、経験内容だけでなく、アルバイトを通して得た力や実績があれば伝えましょう。

30歳で職歴なしの人が就職を目指すには?

一人で就職活動を始めるのはなかなか難しいもの。国が運営する機関や民間企業のサポートを受けて、自分を客観的に見つめたり、履歴書の書き方や面接のポイントなどを教わるのもおすすめです。

 

地域若者サポートステーションを利用する

地域若者サポートステーションは、厚生労働省が委託したNPO法人や企業が運営する機関。基本的には15~49歳の方を対象に、就労支援を行っています。無料でキャリアコンサルタントに専門的な相談にのってもらったり、コミュニケーション訓練を受けたりできます。

 

知り合いのつて

友人や親戚など、知り合いに就職先を紹介してもらうのも一つの手です。就活では面接の前に書類選考を設けている企業も多いため、働く意欲があっても面接に至る前に落ちてしまうことも多いです。それではいくら意欲があっても、意思を伝えることさえできません。
しかし、知り合いの紹介であれば、すぐに面接の場を設けて話を聞いてくれることもあります。
タイミングが良ければ、社員がやめてしまったり友人が企業したりしてちょうど人材を探していたということもあるでしょう。そのため、ダメ元で知り合いに聞いてみるのもおすすめです。

 

ハローワークを利用する

ハローワーク(公共職業安定所)は、無料で就職の支援を受けられる国の行政機関です。求職者として登録すれば、求人情報を見られるほか、書類作成や面接など就活のための指導も受けられます。ハローワークは各自治体にあるため、その地域に特化した求人情報を探せることもポイントです。

 

転職エージェントを利用する 

民間の就職・転職エージェントを利用するのもおすすめです。 エージェントは最初にカウンセリングを行って個々の適性や希望を把握し、その情報を元に求人を提案します。
応募時の書類添削や、応募先企業に響く具体的なアピール方法の指導も行ってもらえます。小さな悩みもメールで簡単に相談できるほか、面接日や入社日などのスケジュール調整も代行してくれるのも良い点です。
また、入社後には、業務内容や職場環境で悩みがないかフォローを実施し、長く勤められるように支援するなど、手厚いサービスで求職者の就活をサポートしてくれるところもあります。

 

中でも、ハタラクティブは若年層で就職経験のない方、浅い方を対象としているエージェントで、専任のアドバイザーが一つひとつ不安を解いていきます。「職歴がなくて就活方法がわからない」「本当に就職できるのか不安」という方でも安心して利用できます。
まずはどんなサービスなのか知りたい、という方もお気軽にご相談ください。

正社員経験なし30代に向けたQ&A

30代で正社員を目指す方に向けて、就職のヒントになるQ&Aをまとめました。

 

正社員経験なし30代は就職できる?

30代でも就職できます。履歴書や職務経歴書の内容を充実させ、面接対策を十分に行いましょう。「職歴がないから…」と自信を失わず、過去のアルバイト経験などからアピールできるスキルを洗い出すのがポイント。入社後に活かせる強みを探してください。
履歴書の基本は、「フリーター必見!書類選考を通過する履歴書の書き方」に掲載しています。

どうやって就職活動すれば良い?

未経験歓迎求人を中心に仕事を探しましょう。求人は、就職サイトやハローワーク、就職エージェントで見つかります。たくさんの求人を比較するなら求人サイト、地元企業を知りたいならハローワークがおすすめ。就活のやり方に不安がある場合は、エージェントで指導を受けるのもおすすめです。若年層に特化した就職支援なら、ハタラクティブにお任せください。

企業のマイナス印象を払拭するには?

反省点がある場合は素直に反省を述べ、今後の抱負を示すと好印象です。空白期間をごまかしたり、人のせいにしたりするのはマイナス印象なので要注意。正社員になりたい理由を前向きに説明し、就職への意欲を伝えましょう。
面接で聞かれる質問にはこう答える!就職に役立つ例文集」では、面接でよくある質問と回答のアドバイスをまとめています。

派遣社員から正社員になれる?

「紹介予定派遣」を利用すれば可能です。紹介予定派遣とは、一定期間派遣社員として働いた後、正社員に転換する制度のこと。また、「正社員登用制度」では、アルバイトから正社員への転換が可能です。ただし、これらの制度は100%正社員への転換を約束するものではない点に注意が必要。
詳しくは、「紹介予定派遣という働き方」と「正社員登用制度とは?特徴や注意点」をご覧ください。

就職しやすい仕事はある?

人手不足の業界や、未経験者を歓迎する仕事は就職しやすい傾向です。具体例として挙げられるのは、介護業界や飲食業界、営業職など。教育制度が整った職場を選べば、入社後に資格を取得したり、研修を通してスキルアップしたりできるでしょう。
人手不足の業界については、「人手不足の業界は就職成功率が高いってホント?」でもまとめています。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ