新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 何をすれば見つかる?仕事探しのコツ

何をすれば見つかる?仕事探しのコツ

公開日:

最終更新日:

何をすれば見つかる?仕事探しのコツの画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事探しをする前に、自己分析や業界研究、企業研究をすることが大切
  • ・「いきなり正社員として働くのは不安」という人は、正社員登用制度を活用する方法もある
  • ・求人を検索する時は、希望給与を下げたり、実年齢より下の年を入力したりすると選択肢が広がる

「フリーターから正社員になりたい」という人の中には、「仕事の探し方」で困っている方がいるのではないでしょうか。初めて仕事を探すときは、給与や「やりたい仕事」だけに注目してしまい、どうしても視野が狭くなりがちです。

このコラムでは、自分に合う仕事の探し方についてご紹介。適性がある業務に携われるよう、仕事探しのコツを押さえましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

自己分析で自分を知る

フリーターに限ったことではありませんが、仕事を探す際に希望給与や興味のあることから検索し、なかなか条件に合う求人が出てこない、と悩む人は多くいます。

しかし、この順序は実は大きな間違い。

仕事を探す前には、まずは自分について深く知ることが大切です。自己分析によって客観的な視点から自分を見つめることで、どのような仕事が向いているかを考えやすくなります。

自己分析を始める際は、勉強やアルバイト、習い事など、これまでの経験で嬉しかったこと、辛かったことなど印象に残っていることを時系列で書き出してみましょう。

その中で困難を乗り越えた経験や成長を実感したエピソードを探し、生じた課題に対してどのように取り組んだかが分かると、自分の強みが明らかになります。

また、「何をモチベーションに頑張れたか」が明確になれば、自分が大切にしていることや価値観が分かるでしょう。

自分の価値観を知ることは、適性がある仕事選びのために大切です。

「業務内容が自分に合っていない」と感じ、短期間で仕事を辞めてしまうことになれば、転職活動の面接で「またすぐ辞めてしまう人なのでは?」とマイナスな印象を与えてしまうことも。

正社員を目指すなら、「仕事に求めること」「自分のスキルで業務に活かせるもの」「将来やりたいこと」など、自分についてしっかりと把握しておくことが重要です。

業界・企業研究で応募先を考える

業界研究によって、自分の能力や強みを活かせる業界がどこであるか考えられます。
業界研究の際は、以下のポイントを押さえましょう。

・業界の全体像をつかむ
・業界ごとの特徴やサービスを知る
・業界の成長性を知る

業界ごとの特徴を知っていれば、企業を選ぶ際に選択肢を増やせます。

また、将来のキャリア形成のために、業界の安定性や成長性についても調べておくことが大切です。一般的に、業界の売上高が高いと安定性があり、ニーズはあるものの人材や技術が追いついていない業界は成長性があるといわれています。

業界研究の手段は、就職支援サイトや新聞、書籍、会社説明会など豊富にありますから、必要な情報を得られるようこれらを駆使して入念に調べましょう。

興味のある業界が絞れたら、企業研究を行います。
企業研究では、以下のポイントを押さえましょう。

・業界内での位置づけをチェックする
・企業の特徴を知る
・自分の希望条件に合わせて、志望する企業の候補を考える

企業の特徴を調べる際は、代表取締役の言葉や企業理念のほか、設立年、事業内容、業績、成長性、社風、職種、勤務条件などを確認します。

同じ業界でも、企業によって経営方針や職種ごとの業務内容が異なるため、自分の性格やキャリアプランに合うかどうかを判断することが大切です。

就職してから「こんなはずではなかった」というミスマッチが起きないよう、企業のWebサイトや会社説明会、OB・OG訪問などを通して情報収集をしましょう。

そのほか、企業研究の際は採用ページなどに記載されている「求める人物像」を調べておくと、どのような強み・スキルをアピールすれば効果的か分かり、自己PRの作成にも役立ちます。

正社員登用制度を活用する方法もある

「やってみたい仕事はあるけれど、自分に向いているか分からない」「いきなり正社員として働くのは不安」という方は、正社員登用制度のある企業を選択肢に入れるのも1つの方法です。

正社員登用制度とは、契約社員やアルバイトとして働く人を正社員に登用する制度です。

労働者側からすると、仕事内容の詳細や職場の雰囲気を知った上で正社員にチャレンジできるというメリットがあります。

ただし、制度を導入していても、採用実績が少ない会社もあるのが現状です。また、正社員登用のためには職場で信頼関係を築き、「正社員として働いてほしい」と思ってもらえる実績やスキルが必須となります。

そのため、なかなか正社員になれず、ズルズルとアルバイトや契約社員を続けてしまうことも。
「この企業で正社員として働きたい」という強い気持ちがある場合は、はじめから正社員の求人に応募するのがおすすめです。

実際に求人検索する時のポイント

ここでは、自己分析や業界・企業研究が終わった後、具体的に求人探しをする際のポイントをご紹介します。

給与条件を下げる

インターネットなどで検索する際、希望賃金の入力欄は「○円以上」と記載するように設定されています。

しかし、求人情報自体は○円~○円と幅があり、入力した条件からだと検索結果に現れないケースがあるようです。

さらに、高給与の求人はそれなりのスキルや経験が求められることも。

自分の希望より少し低めであったとしても、仕事を探す時には給与条件を下げた状態で検索した方が、さまざまな求人から選択できるようになるでしょう。

実年齢より少し下の年齢で検索する

採用の際は例外を除き、原則として年齢制限をかけてはいけないことになっています。

求人募集に記載されている応募条件の年齢は、例外事由の記載がなければあくまで目安。

条件に書かれている年齢であっても応募できますし、経験や能力次第では充分採用の可能性はあります。

ただし、応募条件として年齢を記載しているということは、年相応のスキルや経験を求めているとが考えられるでしょう。

応募の際は、自分の強みが効果的なアピールポイントとなるのか、どうすれば好印象になるのか、事前にしておいた業界・企業研究をもとに考えておくのがおすすめです。

ここまで仕事探しのコツをお伝えしてきましたが、実際にハローワークや求人サイトなどを使っても、求人数の多さから応募する求人をどのように絞ったら良いか迷ってしまうことがあるでしょう。

そのようなときは、民間の就職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブでは、専任の就活アドバイザーが丁寧なカウンセリングの上、適性や希望に合う求人をご紹介。そのほか、応募書類の添削や面接日時の調整、面接対策などをマンツーマン体制で行います。

「就職活動をどう進めて良いか分からない」「プロの目で自分に合う求人を紹介してもらいたい」という人は、お気軽にハタラクティブまでご相談ください!

どうやって探す?就職で後悔したくない方に向けたお悩みQ&A

自分に合った職場に就職するにはどうすれば良いのでしょうか。ここでは、仕事探しに関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

仕事探しで失敗しない秘訣はありますか?

自己分析を徹底して行い、仕事探しの軸を定めることが大切です。
自己分析とは自身の経験やスキルなどを洗い出し、自分の傾向や適性を把握すること。自分の適性や価値観を明確にすれば、就活における企業選びの効率化やミスマッチ軽減、自己PRの具体化などに役立ちます。自己分析の方法は「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」をご参照ください。

仕事はどこで探せますか?

仕事を探せる主な機関には、ハローワークや求人サイト、就職エージェントなどがあります。
求人サイトは気軽に求人情報を収集できる点がメリット。ハローワークは全国各地に事業所があり、無料で窓口相談できるのが魅力です。ひとりでの就活に不安がある方には、包括的なサポートを受けられる就職エージェントの利用もおすすめ。「こんなにあった!フリーターの就職支援サービス」では、各機関について詳しくご紹介しています。

条件の良い求人が見つからないのですが…

求人条件を細かく設定し過ぎていないでしょうか?求人検索する際は、希望する求人の条件を絞りすぎないことが、自分に合った仕事を見つけるポイントです。
まずは、自分にとってどうしても譲れない条件だけをピックアップして求人を探してみましょう。視野を広げて多様な求人から仕事を探すほうが、より良い求人に出会える確率が高まります。詳しくは、このコラムの「実際に求人検索する時のポイント」をご覧ください。

自分に向いている仕事が分かりません。

自己分析や他己分析を通して、自分の強みを知りましょう。そのうえで、「自分の強みを活かせそう」と思える仕事を探してみるのがおすすめです。適職を見つける方法の詳細は、「自分に合った仕事の見つけ方!適職が分からないときの対処法」で解説しています。
ハタラクティブでは、就活アドバイザーが仕事探しにお悩みの方をゼロからサポートいたします。一人ひとりの適性に合った求人をご紹介していますので、ぜひご活用ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

あなたに合った仕事がきっと見つかる!

ご紹介するお仕事の仕事内容から職場の雰囲気までお伝えするので安心!

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

  • 経歴が不安でも大丈夫!

    未経験でも正社員での就職・転職を
    プロがしっかりとサポート!

  • あなたに合った仕事がわかる!

    あなたの性格や得意にあわせて
    厳選した求人をご紹介

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ