何をすれば見つかる?仕事探しのコツ

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事探しをする前に、自己分析や業界研究、企業研究をすることが大切

    ・「いきなり正社員として働くのは不安」という人は、正社員登用制度を活用する方法もある

    ・求人を検索する時は、希望給与を下げたり、実年齢より下の年を入力したりすると選択肢が広がる

「フリーターから正社員になりたい」という人の中には、「仕事の探し方」で困っている方がいるのではないでしょうか。

初めて仕事を探すときは、給与や「やりたい仕事」だけに注目してしまい、どうしても視野が狭くなりがちです。

このコラムでは、自分に合う仕事の探し方についてご紹介。適性がある業務に携われるよう、仕事探しのコツを押さえましょう。

 

◆自己分析で自分を知る

フリーターに限ったことではありませんが、仕事を探す際に希望給与や興味のあることから検索し、なかなか条件に合う求人が出てこない、と悩む人は多くいます。

しかし、この順序は実は大きな間違い。

仕事を探す前には、まずは自分について深く知ることが大切です。自己分析によって客観的な視点から自分を見つめることで、どのような仕事が向いているかを考えやすくなります。

 

自己分析を始める際は、勉強やアルバイト、習い事など、これまでの経験で嬉しかったこと、辛かったことなど印象に残っていることを時系列で書き出してみましょう。

 

その中で困難を乗り越えた経験や成長を実感したエピソードを探し、生じた課題に対してどのように取り組んだかが分かると、自分の強みが明らかになります。

 

また、「何をモチベーションに頑張れたか」が明確になれば、自分が大切にしていることや価値観が分かるでしょう。

  

自分の価値観を知ることは、適性がある仕事選びのために大切です。

「業務内容が自分に合っていない」と感じ、短期間で仕事を辞めてしまうことになれば、転職活動の面接で「またすぐ辞めてしまう人なのでは?」とマイナスな印象を与えてしまうことも。

 

正社員を目指すなら、「仕事に求めること」「自分のスキルで業務に活かせるもの」「将来やりたいこと」など、自分についてしっかりと把握しておくことが重要です。

 

 

◆業界・企業研究で応募先を考える

業界研究によって、自分の能力や強みを活かせる業界がどこであるか考えられます。

業界研究の際は、以下のポイントを押さえましょう。 

 

・業界の全体像をつかむ

・業界ごとの特徴やサービスを知る

・業界の成長性を知る

 

業界ごとの特徴を知っていれば、企業を選ぶ際に選択肢を増やせます。

 

また、将来のキャリア形成のために、業界の安定性や成長性についても調べておくことが大切です。一般的に、業界の売上高が高いと安定性があり、ニーズはあるものの人材や技術が追いついていない業界は成長性があるといわれています。

 

業界研究の手段は、就職支援サイトや新聞、書籍、会社説明会など豊富にありますから、必要な情報を得られるようこれらを駆使して入念に調べましょう。

 

 興味のある業界が絞れたら、企業研究を行います。企業研究では、以下のポイントを押さえましょう。

 

・業界内での位置づけをチェックする

・企業の特徴を知る

・自分の希望条件に合わせて、志望する企業の候補を考える

 

 企業の特徴を調べる際は、代表取締役の言葉や企業理念のほか、設立年、事業内容、業績、成長性、社風、職種、勤務条件などを確認します。

同じ業界でも、企業によって経営方針や職種ごとの業務内容が異なるため、自分の性格やキャリアプランに合うかどうかを判断することが大切です。

 

就職してから「こんなはずではなかった」というミスマッチが起きないよう、企業のWebサイトや会社説明会、OB・OG訪問などを通して情報収集をしましょう。

 

そのほか、企業研究の際は採用ページなどに記載されている「求める人物像」を調べておくと、どのような強み・スキルをアピールすれば効果的か分かり、自己PRの作成にも役立ちます。

 

 

◆正社員登用制度を活用する方法もある

「やってみたい仕事はあるけれど、自分に向いているか分からない」「いきなり正社員として働くのは不安」という方は、正社員登用制度のある企業を選択肢に入れるのも1つの方法です。

 

正社員登用制度とは、契約社員やアルバイトとして働く人を正社員に登用する制度です。

労働者側からすると、仕事内容の詳細や職場の雰囲気を知った上で正社員にチャレンジできるというメリットがあります。

 

ただし、制度を導入していても、採用実績が少ない会社もあるのが現状です。また、正社員登用のためには職場で信頼関係を築き、「正社員として働いてほしい」と思ってもらえる実績やスキルが必須となります。

 

そのため、なかなか正社員になれず、ズルズルとアルバイトや契約社員を続けてしまうことも。
「この企業で正社員として働きたい」という強い気持ちがある場合は、はじめから正社員の求人に応募するのがおすすめです。

 

 

◆実際に求人検索する時のポイント

ここでは、自己分析や業界・企業研究が終わった後、具体的に求人探しをする際のポイントをご紹介します。

 

・給与条件を下げる

インターネットなどで検索する際、希望賃金の入力欄は「○円以上」と記載するように設定されています。

しかし、求人情報自体は○円~○円と幅があり、入力した条件からだと検索結果に現れないケースがあるようです。

 

さらに、高給与の求人はそれなりのスキルや経験が求められることも。

自分の希望より少し低めであったとしても、仕事を探す時には給与条件を下げた状態で検索した方が、さまざまな求人から選択できるようになるでしょう。

 

・実年齢より少し下の年齢で検索する

採用の際は例外を除き、原則として年齢制限をかけてはいけないことになっています。

求人募集に記載されている応募条件の年齢は、例外事由の記載がなければあくまで目安。

条件に書かれている年齢であっても応募できますし、経験や能力次第では充分採用の可能性はあります。

 

ただし、応募条件として年齢を記載しているということは、年相応のスキルや経験を求めているとが考えられるでしょう。

応募の際は、自分の強みが効果的なアピールポイントとなるのか、どうすれば好印象になるのか、事前にしておいた業界・企業研究をもとに考えておくのがおすすめです。

 

 

ここまで仕事探しのコツをお伝えしてきましたが、実際にハローワークや求人サイトなどを使っても、求人数の多さから応募する求人をどのように絞ったら良いか迷ってしまうことがあるでしょう。

 

そのようなときは、民間の就職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

 

ハタラクティブでは、専任の就活アドバイザーが丁寧なカウンセリングの上、適性や希望に合う求人をご紹介。そのほか、応募書類の添削や面接日時の調整、面接対策などをマンツーマン体制で行います。

 

「就職活動をどう進めて良いか分からない」「プロの目で自分に合う求人を紹介してもらいたい」という人は、お気軽にハタラクティブまでご相談ください!

 

 

 

 

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ