仕事が見つからない原因は?求職の秘訣や不安解消法を詳しくご紹介!

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事が見つからない原因は?求職の秘訣や不安解消法を詳しくご紹介!

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事が見つからない人は、器用貧乏やネガティブ思考といった特徴がある
    ・仕事が見つからない原因と解決法を知ることで就職、転職のきっかけを掴むことができる
    ・自己評価を高めたり、視野を広げたりすることで仕事が見つからない状況を打破できる
    ・業種や職種、条件にこだわりすぎなければ、仕事は見つかりやすくなる
    ・就活に行き詰まったら、無理をせず休息を取ったり趣味に没頭したりすることも大切

「条件に合う仕事が見つからない」「そもそも自分のやりたい仕事がわからない」と、仕事が見つからないことへ不安や焦りを感じていませんか。自分の希望する条件に固執してしまったり、求職活動に対して精神的なストレスがつもったりすると、余計に仕事が見つかりづらくなってしまいます。本コラムでは、仕事を見つけるための方法や不安の解消法を詳しくご紹介。求職への悩みを抱えている方は、ぜひご一読ください。

パターン別!仕事が見つからない人の3つの特徴

仕事は見つからない人には、どのような特徴があるのでしょうか。以下、「仕事が見つからない人」の特徴をパターン別にまとめました。自分に当てはまっていないか確認してみましょう。

1.なんでも卒なくこなしてしまう

どんな仕事も卒なくこなしてしまう人は、突出した自分の長所を見つけづらく、やりたい仕事が見つからない場合があります。苦労せずに目標を達成してしまい、仕事に飽きては別の仕事を探す…と繰り返しているうちに、自分に本当に合った仕事が分からなくなってしまっているのではないでしょうか。

2.別の場所に本当の自分を求めてしまう

「この仕事は自分には向いていない。本当に自分に合った仕事が他にあるはず」と、常に別の職場や仕事に自分を求めてしまう人は、仕事が見つかりづらい傾向にあります。そういった人は、自分に自信がなく、どんな職種であっても活躍している自分を想像できない後ろ向きな思考に支配されてしまっている可能性が高いでしょう。

3.失敗を恐れすぎてしまう

社会人としての経験が浅い20代や、初めて転職を考える人に多いのが、「失敗を恐れすぎて仕事が見つからない」というパターンです。初めての転職に高いハードルを感じ、「軽い気持ちで仕事を選んでは失敗するのでは」と慎重になりすぎてしまうと、仕事が見つからない状況が続くでしょう。

仕事が見つからない4つの原因とその解決法

この章では、考えられる「仕事が見つからない具体的な原因」4つと、その解決法を順番に見ていきましょう。

1.自分のやりたい仕事が分からない

自分のやりたいことが分かっていないと、どんな求人を見ても興味が湧かず、結果的に「仕事が見つからない」状況に陥ります。
方向性が曖昧なまま仕事を探すと、「給与が高いから」「福利厚生がしっかりしているから」といった目先の理由だけで転職し、入社後に仕事が合わないミスマッチに悩むことになりかねません。

<解決法>やりたいことを模索する
「何がやりたいのか」「どういった業界で働きたいのか」「仕事に求める第一条件は何か」など、自分の仕事探しの方向性を定めましょう。方向性が曖昧だと、進むべき道を見失い、いつまでたっても仕事が見つかりません。1つでもよいので、指針となる基準や条件を見つけましょう。

自分の「好き」に関連する職業を挙げる

 たとえば、自分の好きなことに関連する職業を挙げてみます。人と接することが好きな場合は「接客」「販売」「営業」。車の運転が好きな場合には、「運転手」「配送」「配達」「送迎」。このように、自分の「好き」に関連するワードで求人を探すことで、自分自身としっかりと向き合い、自分に合った仕事が見つかるのではないでしょうか。

2.視野が狭くなっている

「絶対この業界でなければ嫌」「この条件は譲れない」と、転職先へのこだわりが強い人は、企業や業界への視野が狭くなり、仕事が見つけづらくなっている可能性があります。

<解決法>業界や職種にこだわりすぎない
大手志向がある場合でも、そこだけに的を絞らず、中小企業の求人にも目を向けてみましょう。
特に初めて就職する人は、色々な業界を万遍なく調べ、知らなかった業界にも興味を持ってみることが、仕事を見つける近道です。

「絶対にこの仕事がしたい」「ここのグループ会社で働きたい」と、志望企業へのこだわりが強く、やりたい仕事の的を絞りすぎてしまうと、どうしても狭き門に向かって進まざるを得なくなります。自分の可能性を広げる意味も込めて、仕事が見つからないときは志望業界の範囲を広げたり、違う職種を検討したりしてみましょう。

3.条件を絞りすぎている

給与や勤務地、残業時間など、求人の条件を細かく絞りすぎると、条件に合う仕事がなく、「仕事が見つからない」ということになりかねません。

<解決法>スキルを磨いて応募求人の幅を広げる
仕事が見つからない状況に身をおいていると、知らない間に気持ちが沈んでしまい、消極的になりがちです。
見つからないからといって何も行動に移さなければ前には進めません。
自分の希望条件で仕事が見つからないなら、自分自身のスキルを磨いて求人の幅を増やしてみてはいかがでしょう。例えば、資格の勉強をして、要資格の求人枠に目を向けられるようするなど、求職活動中にできることはたくさんあります。
「やりたい職種は決まっているのに仕事が見つからない…」という方は、ぜひスキルアップを目指してみましょう。

どんな求人にも良いところと悪いところがある

注意すべきは、どんな会社に転職しても、必ず「良い面」と「悪い面」はあるということ。自分の要望をすべて満たす仕事はないということを知り、転職に過度な期待を持たないようにしましょう。

4.自己評価が低い

「前職のように失敗したらどうしよう…」「面接でうまく話せる自信がない…」と、自己評価が低いと、仕事を探す意欲も低くなってしまい、結果仕事が見つけられない状況に陥ってしまいます。

<解決法>自分の長所や強みを見つけ自信をつける
「自分は◯◯が駄目だ」と考えるかわりに、「自分はこれができる」という強みの部分に焦点をあて、自己肯定感を高めましょう。自分に自信がつけば、仕事探しのモチベーションも自ずと上がるのではないでしょうか。

自分のペースで転職活動を

焦らず自分のペースで仕事を探すことも大切です。不採用が続くと焦って1日何社も面接を入れてしまいがちですが、それでは1社1社を十分対策できません。焦った時こそ冷静になり、入念に準備をしたうえで選考に臨みましょう。

仕事が見つからない不安の対処法

仕事が見つからなかったり、選考に何度も落ちてしまったりして不安やストレスを感じてはいませんか。常にプレッシャーを感じ、ネガティブな気持ちでいると、面接官に「暗い」「自信がなさそう」と後ろ向きな印象を抱かれ、就活に悪影響を及ぼす可能性が。 
この項目では、仕事が見つからない「不安」の対処法をお伝えします。

家族・友人に相談する

1人で転職の悩みを抱えている方は、家族や友人に話してみましょう。話すだけで気が楽になることもありますし、思わぬアイデアが得られることもあります。

期間を決めて休憩する

転職活動で疲れ切っているなら、思い切って休息をとるのも手です。ただし、休む場合は期限を定めましょう。期限を決めずに休み続けると、そのままずるずると転職活動から遠ざかってしまうおそれがあるからです。

気分転換をする

気持ちが沈んでしまう方は、日々転職のことばかり考えてしまっている可能性があります。趣味に没頭したり、小旅行をしたりと、転職から離れる時間を作ってリフレッシュすることも大切です。

スキルを磨く

自分に自信が持てない人は、資格の勉強など、自分の資質やスキルを磨くのもおすすめです。持っているスキルが増えれば、それだけ応募できる求人の幅も広がり、自分への自信にも繋がるでしょう。

一時的な収入を得る

仕事が見つからないことで経済面の不安があるなら、気分転換もかねて在宅ワークや短期のアルバイトをしても良いでしょう。気分転換になるだけでなく、そういったバイト経験が、自分が本当にやりたい仕事に気がつく糸口になる可能性もあります。

転職の仕方を変えてみる

どうしても仕事が見つからない方は、思い切って転職の仕方を変えてみてはいかがでしょう。以下、やりたい仕事が見つかる転職方法をまとめました。ぜひご参考にしてください。

求人サイトを使って検索する

求人サイトを使って、自分に合った仕事を探してみましょう。「十分求人サイトを見たけど、仕事が見つからなかった…」という方は、希望求人を見逃してしまっている可能性も。
求人サイトに掲載された多くの求人を流れるように目を通していると、情報量の多さに、希望に近い求人を見逃してしまっている場合も考えられます。

求人探しのポイント

自分に合った求人を逃さないためには、希望する条件に優先順位をつけることが大切です。「給与が良くて、残業が少なくて、休みが多くて…」といった全ての理想を満たす職場はないと考えましょう。
そこで、自分が絶対に譲れない条件、妥協しても良い条件をピックアップし、譲れない条件を満たす求人を探します。どの条件も譲りがたいと迷ったら、条件に対する考え方を変えてみましょう。たとえば、給与がさほど高くなくても、その他の条件が自分の希望と合致している会社であれば「給与は入社後のがんばりで上げられる」と前向きに変換することも、転職活動の大きなポイントです。

ハローワークや転職エージェントで求人紹介をしてもらう

1人で就職活動をする以外に、ハローワークや就職・転職エージェントのサービスを利用するといった方法もあります。ただし、ハローワークは平日の夜や土日は開庁していない場合が多く、仕事をしながら転職活動をするにはやや不向きでしょう。
 
現職と両立して転職活動をしたい、選考対策を含む手厚いサポートを受けたい人は、就職・転職エージェントを利用してみるのがおすすめです。転職エージェントは、転職に必要な手続きのサポートや、求人サイトには載っていない、一人ひとりの適性を考えた求人紹介をするサービス。
スマホ1つで登録が可能なので、在職中から効率的な転職活動を行いたい方は、エージェントを利用してみてはいかがでしょう。

ハタラクティブは、20代を中心に若年層の就活・転職をサポートしているエージェントです。優良企業200社以上の求人を取り扱っています。経験豊富なアドバイザーが就職・転職に関するお悩みに対応。求職者とのマンーツーマンのカウンセリングを行ったうえで、企業訪問による信頼できる企業情報をもとに、一人ひとりの適性に合った仕事を提案します。
仕事探しの枠を広げて、もっと広い業界・職種に目を向けてみませんか。あなたにピッタリのお仕事探しは、ぜひハタラクティブにお任せください。

こんなときどうする?仕事が見つからない人のためのお悩みQ&A

仕事が見つからない原因は、人それぞれ違うでしょう。ここでは、想定される仕事が見つからないときのお悩みをQ&A方式で解決していきます。

求職活動をしているのに仕事が見つからないのはなぜですか?

仕事が見つからないのは、「自分のやりたいことが分かっていない」「条件にこだわりすぎて視野が狭くなっている」といった原因が考えられます。そのような状態で求職活動を続けていると、仕事が見つかっても入社後にミスマッチを起こしてしまう恐れも。詳しくは、このコラムの「仕事が見つからない4つの原因とその解決法」をご覧ください。

なかなか仕事が見つからない人の特徴を教えてください。

仕事がなかなか見つからない人の特徴の1つとして、「何でも器用にこなしてしまう」が挙げられます。何でもできる故に突き抜けた長所を見つけにくく、自分に合った仕事を見つけにくい傾向にあるようです。また、失敗を必要以上に恐れすぎてしまう方や、自己評価が低い方も、仕事がなかなか人の特徴に当てはまります。このコラムの「パターン別!仕事が見つからない人の3つの特徴」に詳しい記述があるので、ご参考にしてください。

仕事が見つからないときの対処法を教えてください。

仕事が見つからないときは、希望条件の中から妥協点を見つけたり、自分の好きなことや強みを基にしたりして、広い範囲で仕事を探すといった対処法を取りましょう。すべてが自分の希望どおりという企業に巡り会うことは難しいため、希望条件に優先順位をつけて絞り込んでみてください。どうしても仕事が見つからないときは就職・転職エージェントを活用するのもおすすめです。ハタラクティブでは、プロのアドバイザーが丁寧なカウンセリングを行うため、希望や特性に合った仕事を見つけやすくなります。実際に企業に取材した求人を紹介するので、安心です。

仕事が見つからないときのストレス解消法を教えてください。

仕事が見つからないことでストレスが溜まっているときは、「身近な家族や友人に相談する」「期間を決めて求職活動を休む」といった対処法がおすすめです。ストレスを溜めたままだと心身ともに疲れてしまうため、ときには休息を取って自分を労ってあげましょう。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ