仕事が見つからない人は注目!求職の秘訣や不安解消法を詳しくご紹介

仕事が見つからない人は注目!求職の秘訣や不安解消法を詳しくご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事が見つからない人にはこだわりが強過ぎる、自己評価が低いなどの特徴がある
  • ・仕事が見つからないままだと、経済的に不安があり成長のチャンスも逃す恐れがある
  • ・自己評価を高めたり視野を広げたりすることで、仕事が見つからない状況を打破できる
  • ・業種や職種、条件にこだわり過ぎなければ仕事は見つかりやすくなる
  • ・就活に行き詰まったら、無理をせず休息を取ったり趣味に没頭したりすることも大切

「仕事が見つからない」「自分のやりたい仕事がわからない」とお悩みの方も多いでしょう。希望する条件に固執し過ぎたり、求職活動に対してストレスを抱え込んだりすると悪循環になり、ますます仕事が見つかりづらくなってしまいます。このコラムでは、仕事を見つからない原因や解決法についてご紹介。仕事が見つからないことでお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

パターン別!仕事が見つからない人の4つの特徴

仕事が見つからない人には、なんでも器用にこなしてしまう、失敗を極端に恐れるなどの特徴があります。下記でパターン別に詳しく解説しているので、仕事が見つからないという悩みを持つ方は自分に当てはまっていないか確認してみましょう。

1.なんでも卒なくこなしてしまう

なんでも卒なくこなしてしまう人は、突出した自分の長所をかえって見つけづらく、本当にやりたい仕事が見つからない場合があります。そのような方は苦労せず目標を達成してしまい、「問題なく働けるけど、好きでもないしやりたい仕事でもない」と感じて短期間に転職を繰り返してしまうことも。転職を繰り返すうちに、本当に自分に合った仕事が分からなくなっている可能性があります。

2.別の場所に本当の自分を求めてしまう

うまくいかない業務があると「自分に合った仕事がほかにあるはず」と思い、別の職場に本当の自分を求めてしまう方も、仕事が見つかりにくいタイプです。そういった方は、どのような仕事をしても活躍する自分を想像できないというマイナス思考に囚われている場合があります。

3.失敗を恐れ過ぎてしまう

社会経験の浅い20代の若者や初めて転職を考える方に多いのが、失敗を恐れ過ぎて仕事が見つからないというパターンです。「軽い気持ちで仕事を選んで失敗するのでは」と慎重になり過ぎると、いつまでたっても仕事が見つからない状況が続いてしまうでしょう。

4.やりたいことが多過ぎて優先順位をつけられない

やりたいことが分からない方がいる反面、やりたいことが多過ぎて優先順位をつけられず仕事を見つけられない方もいます。このようなタイプはさまざまな業界や職種に興味が向き、何から始めれば良いのか分からなくなってしまう傾向があるでしょう。

仕事が見つからない人の特徴については、「仕事が長続きしない人の特徴は?原因は人間関係だけではない?」のコラムも合わせてご覧ください。

仕事が見つからないままだとどうなる?

仕事が見つからないままだと、経済面や精神面に悪影響が出たり、成長のチャンスを逃したりする可能性があります。以下のような問題が起きる前に、仕事が見つからない現状を放置せず、早めに行動を起こしましょう。

1.経済的に苦しくなる

仕事が見つからない状態が続けば収入も得られないため、経済的に苦しくなっていく可能性があります。貯金があったとしても、収入がないままではいつか使い切ってしまうでしょう。収入がなければ生活がままならず、仕事を探すこと自体が困難になってしまうので、手元にお金があるうちに就職・転職活動を始めましょう。

2.将来への不安や焦りが増す

仕事が見つからないままでは、将来への不安や焦りが募っていくでしょう。前述のように、仕事をしていないと収入が得られないうえ、職歴の空白期間が長引けば長引くほど就職が不利になる可能性が高まります。

職歴の空白期間が長引くほど、採用面接で「仕事をしていない間何をしていたのか」を指摘されやすく、納得のいく説明が必要です。面接で不利にならないためにも、できるだけ空白期間は作らないようにしましょう。

3.キャリアアップやスキルアップができない

短期間で仕事を辞めてしまうことが続いている、または長期間仕事が見つかっていないと、成長のチャンスを逃してしまいます。仕事を長く続けていれば業務を通じてスキルアップしたり、社内制度でキャリアアップしたりすることが可能です。しかし、短期間で転職を繰り返していたり仕事をしていないままでは、実務経験を積めずに十分なスキルや知識が身につかないでしょう。

仕事が見つからない5つの原因とその解決法

仕事が見つからない原因は、やりたい仕事がわからない、条件の絞り過ぎ、自己評価が低いなどが代表的です。ここでは、仕事が見つからない5つの原因とその解決法を解説します。当てはまる原因と解決策を参考に、自分に適した仕事を見つけてみましょう。

1.自分のやりたい仕事が分からない

自分のやりたいことが分かっていないと、どのような求人を見ても興味が湧かず、結果的に仕事が見つからない状況に陥ります。また、「給与が高いから」「福利厚生がしっかりしているから」といった目先の理由だけで入社すると、仕事内容のミスマッチに悩むことになりかねません。やりたいことのイメージが漠然としていると、仕事が見つからない可能性が高いといえます。

<解決法>やりたいことを模索する

やりたい仕事が分からない場合、「自分は何がやりたいのか」を模索することから始めましょう。また、「どういった業界で働きたいのか」「仕事に求める第一条件は何か」など、入社にあたり優先したい方向性を定めることで、やりたい仕事が見つけやすくなります。1つでも良いので、指針となる基準や条件を見つけましょう。

<解決法>自分の「好き」に関連する職業を挙げる

自分の好きなことに関連する職業を挙げてみましょう。人と接することが好きな場合は営業や販売、車の運転が好きな場合には運転手や配送業などが挙げられます。「好き」に関連するワードで求人を探すことで、自分に合った仕事が見つかる可能性が高くなるでしょう。

2.こだわり過ぎて視野が狭くなっている

「絶対この業界でなければ嫌」「大手にしか興味がない」など、こだわりが強過ぎるのも仕事が見つからない原因の一つです。こだわりが強過ぎると企業や業界に対する視野が狭くなるため、仕事が見つけづらくなっている可能性があります。

<解決法>こだわりに固執しない

こだわりを持つことは大切ですが、固執し過ぎないようにしましょう。「絶対にこの仕事がしたい」「ここのグループ会社で働きたい」とやりたい仕事の的を絞り過ぎると、自然と狭き門に向かって進まざるを得なくなります。自分の可能性を広げる意味も込めて、仕事が見つからないときは志望業界の範囲を広げたり、違う職種を検討したりしてみましょう。

3.条件を絞り過ぎている

給与や勤務地、残業時間などで求人の条件を細かく絞り過ぎると、希望の仕事が見つかりづらくなります。就職や転職の際に条件を求めるのは悪いことではありませんが、希望のすべてを満たす企業を見つけることは困難といえるでしょう。

<解決法>条件には優先順位を付ける

「こういった企業で働きたい」という大体の指標が決まったら、自分の中の条件に優先順位をつけましょう。優先順位の高い条件が当てはまる求人をピックアップすると、完璧に希望どおりとはいかずとも、満足度の高い企業が見つかる可能性が高くなります。

<解決法>どんな求人にも良いところと悪いところがあると割り切る

どのような企業に就職・転職しても、良いところもあれば悪いところもあると頭に入れておきましょう。自分の要望を完璧に満たす仕事はないことを知り、転職に過度な期待を持たないようにすると、仕事が見つからない状況の打破に近づきます。

4.自己評価が低い

自己評価が低い方も、なかなか仕事を見つけられない場合が多いです。「入社しても前職のように失敗するかも」「面接でうまく話せる自信がない」と思い込んでしまうと、求職への意欲も低くなってしまい、仕事が見つけられない状況に陥ってしまいます。

<解決法>自己分析をして自分の長所や強みを見つける

自己評価が低い方は、自己分析をして自分の長所や強みを見つけてみましょう。「自分は◯◯ができない」と考えるより、「自分は◯◯ができる」という強みの部分に焦点を当てると、自己肯定感を高められます。小さな出来事でも良いので、何かを達成した経験や強みを発揮した場面を振り返ってみましょう。自己評価が低いことで仕事が見つからないタイプの方は、自分に自信をつけると仕事探しのモチベーションが上がりやすくなります。

<解決法>就職や転職活動は自分のペースで

仕事を見つけるためには、焦らず自分のペースで就職活動や転職活動を行うのも大切です。不採用が続くと焦ってしまい、短期間に何社も面接を入れてしまいがちですが、それでは十分な対策ができません。また、企業分析が不十分なまま入社してしまうと、後々仕事のミスマッチに悩む原因にもなります。落ち着いて入念に準備と対策をしたうえで、選考に臨めるようにしましょう。

5.目的意識がない

「今の仕事が嫌になったから」「なんとなく自分に合わないから」など、目的意識がなく漠然と転職活動をしていると、仕事が見つからないという状況を抜け出せません。目的意識がないまま転職できたとしても、前職と同じような理由で次の仕事も長続きしない可能性が高いです。

<解決法>働くうえでの目標を見つける

「生活のために働きたい」「今の仕事から逃げたい」といった気持ちだけでなく、「自分がどうなりたいか」「仕事を通して何を達成したいか」など、働く目標を見つけましょう。将来のビジョンを明確にすると、「この企業に就職(転職)して何をしたいのか」という目的が見つけやすくなるでしょう。

仕事が見つからないことにお悩みの方は、上記で紹介した解決法に加え「仕事が見つからない!実践したい解決策」のコラムも参考にご覧ください。

仕事が見つからない不安を解消する5つの方法

ここでは、仕事が見つからないときに感じる不安の解消方法を5つご紹介します。求職活動がうまくいかずネガティブな気持ちを抱いたままだと、面接で暗い印象を与えてしまう、気力が湧かないなどの支障が出る恐れも。下記で紹介する方法で不安を解消し、前向きな気持ちで就職・転職活動に臨めるようにしましょう。

1.家族や友人に相談する

仕事が見つからない悩みを一人で抱えている方は、家族や友人などの信頼できる人に相談してみましょう。話すだけでも気が楽になり、思わぬアイデアやアドバイスをもらえることもあります。

2.期間を決めて休憩する

求職活動に疲れ切っているのであれば、休息をとるのも手です。ただし、休む場合は期間を決めましょう。期間を決めずに休み続けると、仕事が見つからないままずるずると行動を起こせなくなってしまう恐れがあります。

3.気分転換をする

仕事が見つからないことばかり考えて気持ちが沈んでしまうという方は、思い切って気分転換をしましょう。趣味に没頭したり小旅行をしたりと、就職や転職を考えることから離れる時間を作ってリフレッシュすることも大切です。

4.スキルを磨く

自己評価が低い方は、資格取得に向けての勉強などで自分の資質やスキルを磨くのもおすすめです。持っているスキルが増えれば、それだけ応募できる求人の幅も広がり、自信の回復にも繋がるでしょう。

5.一時的な収入を得る

仕事が見つからずに経済的な不安があるのなら、在宅ワークや短期のアルバイトなどで一時的な収入を得るのも良いでしょう。アルバイトの経験をすることで、やりたい仕事に気がつく糸口になる可能性もあります。

仕事が見つからないときは探し方を変えてみよう

どうしても仕事が見つからないという方は、求人サイトでの探し方を変える、支援機関を活用するなど、仕事探しの方法を変えてみるのがおすすめです。やりたい仕事が見つかりやすい転職方法をまとめたので、現状に悩んでいる方は参考にしてみてください。

求人情報は総合点で判断する

求人情報を閲覧する際は、優先したい条件すべてを叶えられるかよりも、自分の希望をどの程度満たしているかの総合点で判断しましょう。自分の求める条件を完璧に満たしてくれる企業は、あまり多くはありません。理想の条件と完全に一致しているかどうかで求人を探すと、ますます仕事が見つからなくなってしまいます。そのため、この求人は自分にとって10点満点中何点か、5段階評価でどれくらいかなどで判断し、総合点が高かった企業に応募してみるといったやり方がおすすめです。

ハローワークやエージェントを活用する

1人での就職活動が行き詰まって仕事が見つからないときは、ハローワークや就職・転職エージェントなどの支援サービスを活用するのも有効な手段です。ハローワークでは紹介状の発行や職業に関する相談に対応してくれるほか、職業訓練や各業界の選考に役立つセミナーなどを受けられるといったメリットもあります。ただし、ハローワークは平日の夜や土日は開庁していない場合が多く、職業訓練も一定期間通わなければいけないため、仕事をしながら転職活動をしたい方にはやや不向き。「現職と両立して転職活動をしたい」「選考対策を含む手厚いサポートを受けたい」という場合は、ハローワークよりも就職・転職エージェントの利用がおすすめです。求職活動を支援するエージェントでは、就職や転職に必要な手続きのサポート、一人ひとりの適性を考えた求人紹介を行うサービスなどを利用できます。利用したいと思ったときにスマホやパソコンから手軽に登録できるため、行動を起こしやすいのも特徴です。

仕事の探し方については、「仕事の探し方がわからない人へ!フリーター・新卒・転職など状況別に解説!」でも詳しくご紹介しています。こちらのコラムもぜひ参考にご覧ください。

仕事が見つからない人はとにかく行動してみる

仕事が見つからないことで就職や転職を半ば諦め気味になってしまっている方もいますが、とにかく行動を起こさなければ始まりません。特に、新卒や第二新卒、20代の若者であれば失敗しても取り返しがつきます。また、年齢を重ねるにつれて応募が不可能になる職種もあるので、行動が遅れれば遅れるほど不利になる仕事もあるでしょう。このコラムで紹介した解決方法を参考にして、「失敗しても良いからとにかく行動してみること」を念頭に置き仕事を探してみてください。

「自分に合った仕事が見つからない…」「仕事の探し方がわからない」という方は、「ハローワークやエージェントを活用する」でもご紹介したとおり、就職エージェントの活用がおすすめ。
ハタラクティブは、20代を中心とした若年層向けの就職・転職エージェントです。経験豊富なアドバイザーが就職や転職に関するお悩みに対応し、求職者とマンツーマンのカウンセリングを行ったうえで、適性に合ったお仕事を紹介します。ハタラクティブのスタッフが実際に企業訪問をした求人情報のみをご紹介するので、「ブラック企業を紹介されるのでは?」といった不安も一切ありません。仕事が見つからないとお悩みの方は、この機にハタラクティブでさまざまな業界・職種に目を向けてみてはいかがでしょうか。サービスはすべて無料ですので、ぜひお気軽にご利用ください。

こんなときどうする?仕事が見つからない人のためのお悩みQ&A

仕事が見つからない原因は、人それぞれ違うでしょう。ここでは、想定される仕事が見つからないときのお悩みをQ&A方式で解決していきます。

求職活動をしているのに仕事が見つからないのはなぜですか?

仕事が見つからないのは、「自分のやりたいことが分かっていない」「条件にこだわり過ぎて視野が狭くなっている」といった原因が考えられます。そのような状態で求職活動を続けていると、仕事が見つかっても入社後にミスマッチを起こしてしまう恐れも。詳しくは、このコラムの「仕事が見つからない5つの原因とその解決法」をご覧ください。

なかなか仕事が見つからない人の特徴を教えてください。

仕事がなかなか見つからない人の特徴の1つとして、「何でも器用にこなしてしまう」が挙げられます。何でもできる故に突き抜けた長所を見つけにくく、自分に合った仕事を見つけにくい傾向にあるようです。また、失敗を必要以上に恐れすぎてしまう方や、自己評価が低い方も、仕事がなかなか見つからない人の特徴に当てはまります。このコラムの「パターン別!仕事が見つからない人の4つの特徴@#list」に詳しい記述があるので、ご参考にしてください。

仕事が見つからないときの対処法を教えてください。

仕事が見つからないときは、希望条件の中から妥協点を見つけたり、自分の好きなことや強みを基にしたりして、広い範囲で仕事を探すといった対処法を取りましょう。すべてが自分の希望どおりという企業に巡り会うことは難しいため、希望条件に優先順位をつけて絞り込んでみてください。どうしても仕事が見つからないときは就職・転職エージェントを活用するのもおすすめです。ハタラクティブでは、プロのアドバイザーが丁寧なカウンセリングを行うため、希望や特性に合った仕事を見つけやすくなります。実際に企業に取材した求人を紹介するので、安心です。

仕事が見つからないときのストレス解消法を教えてください。

仕事が見つからないことでストレスが溜まっているときは、「身近な家族や友人に相談する」「期間を決めて求職活動を休む」といった対処法がおすすめです。ストレスを溜めたままだと心身ともに疲れてしまうため、ときには休息を取って自分を労ってあげましょう。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION