仕事が見つからない時の対処法!理由やお金がないときの相談先もご紹介

仕事が見つからない時の対処法!理由やお金がないときの相談先もご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 仕事が見つからない理由には、勤務条件に対する理想の高さや働きたくない気持ちがある
  • 仕事が見つからないときには自己分析のやり直しが有効
  • 仕事が見つからないと焦るときには、リフレッシュのほかスキルアップの勉強も効果的
  • なかなか仕事が見つからないときには、経済支援を利用できることもある

仕事が見つからないと、焦りや金銭面での不安などで悩んでいる方もいるでしょう。このコラムでは仕事が見つからない理由やその対策、焦る気持ちを落ち着かせる方法などをご紹介しています。また、仕事が見つからない理由のなかには「何の仕事に応募したら良いか分からない」というものも。その際には、自己分析の見直しも重要です。リフレッシュしつつ長期に渡る就活を乗り切り、希望の就職を叶えましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事が見つからない8つの理由

なかなか希望の仕事が見つからない背景には、主に以下の8つの理由があります。以下、それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.すべての希望を満たす求人を探している

希望条件のすべてを満たす求人のみを応募対象にしている場合、なかなか仕事が見つからないと感じるようです。一つでも条件に合わないと諦めてしまうので、応募できる求人が非常に少なかったり見つからなかったりして就活が思うように進まないでしょう。

2.勤務条件に対する理想が高すぎる

最初から高収入を狙っていたり自由な勤務スタイルを希望していたりと、勤務条件に対する理想が高すぎるのも応募求人が見つからない理由の一つ。勤務条件の理想を想定するのは良いですが、固執してしまうと応募できる範囲を狭めてしまうので注意しましょう。

日本の企業のほとんどは中小企業

日本には多くの企業が存在しますが、その99.7%は中小企業です。有名企業や大企業はそもそもの数が少ないうえ、勤務を希望する人は多くいます。希望条件に「有名企業」「大企業」を挙げている場合は、仕事が見つからない可能性が高いでしょう。

参照元
中小企業庁
中小企業の企業数・事業所数

3.自分のやりたいことを把握していない

自分のしたい仕事がよく分かっていない人も、仕事が見つからないと感じやすいでしょう。したいことを把握していなければ、どんな仕事に応募したら良いか分からないからです。そもそも仕事に何を求めているのかを理解していないので、志望動機や自己PRがぶれやすいのも特徴。よって、書類選考や面接に通りにくい傾向があります。

業界・企業研究を行おう

自分がどんな仕事をしたいか分からないということは、世の中にどんな企業や仕事があるか理解できていないということ。なんとなくで就職先を選んでも、長期にわたって働き続けるモチベーションがないので早期離職につながる可能性があります。自分がどんな仕事をしたいのか明確にできていなければ、業界・企業研究を徹底して行いましょう。

4.自分の市場価値が分かっていない

自分の実力に対してハードルの高すぎる求人ばかり選んでしまっている人も、仕事が見つからないと悩むようです。自分が企業に対して何を提供できるのかを客観的に捉えられていないので、応募先企業とのミスマッチが生じやすいでしょう。

5.希望条件が多すぎる

希望条件自体は普通の内容でもその数が多すぎると当てはまる求人が少ないため、応募したい仕事が見つからないと感じるでしょう。希望条件が多いほど候補の求人がぐっと少なくなるので応募できる機会が減ってしまい、仕事が決まらないと悩むようになるようです。

6.求人探しが不十分

仕事が見つからないと感じるときには、求人探しが足りない可能性があります。応募求人数が多い人は早めに仕事が決まることが多く、反対に少ない人はなかなか決まらないもの。求人を探す際の視野が狭いため、希望にあったものを見つけにくいようです。

7.自信がなく求人応募に踏み出せない

仕事が見つからないと悩む人のなかには、希望の求人が見つかっても採用されるかどうか自信がなく応募に踏み出せないという人も。いつまでも応募しないのでチャンスを逃し続けてしまい、就活が長引いてしまうでしょう。

8.本当はまだ働きたくない

実際に就活をしていても本当はまだ働きたくないと思っている場合は、仕事が見つからないと感じやすいようです。働きたいという気持ちがないので作成した志望動機や自己PRに熱意がこもりにくく、応募しても選考で落とされやすいのが特徴。自分の本当の気持ちに気づかなければ求人に応募しても選考落ちを繰り返してしまい、就活が長引くようになるでしょう。

仕事が見つからないとお悩みの方は「仕事が見つからない!実践したい解決策」のコラムもご参照ください。

仕事が見つからない時に取るべき3つの対策

仕事が見つからない時には希望条件に改めて優先順位をつけたり、自分が働くうえで一番大事な要素は何かを考えたりすることが有効です。以下、それぞれ解説します。

1.希望条件に優先順位をつける

希望条件が多すぎて求人が見つからない人は、希望に優先順位をつけるのをおすすめします。順位がついたら上位3つまでに絞って仕事を探してみると、思ったより多くの求人が該当するのに気づくはずです。

2.ある程度希望を満たす求人をピックアップする

ある程度自分の希望を満たしている求人を応募候補として考えてみると良いでしょう。自分はどんな仕事を希望しているのか、傾向を把握するためにもおすすめです。
また、求人を複数並べて見てみると、そのなかで応募してみようと思うものが見つかる可能性があります。

3.自分は何の要素を優先すべきか考える

どんな仕事を選べば良いのか分からない人や希望条件の多い人は、最も優先したいことは何かを考えるのがおすすめ。これだけは外せないという内容が見つかれば、そのほかの要素はいったん置いておきましょう。そうすると、求人選びの軸が見えてきます。

仕事が見つからない時には自己分析のやり直しも有効

仕事が見つからない時は、自分の企業選びの軸が定まっていない可能性もあります。その際、自己分析をやり直すことで求人の絞り方が分かってくるでしょう。以下、自己分析で考えるべき内容を解説します。

自分の得意不得意を書き出す

まず、自分の得意なことと不得意なことを思うままに書き出してみましょう。出し終わったら、得意なことを発揮できる仕事にはどんなものがあるのかを調べてみてください。そのなかで不得意なことをに当てはまるものを除くと、応募候補の求人が見えてきます。

周囲の人の仕事で気になった点を書き出す

自分がどんな仕事に応募したら良いのか分からないときは、周囲の人の仕事に着目してみるのも一つの手です。知人の仕事内容で良いと思った点を思いつくまま挙げてみてください。その作業を何人か繰り返して、挙げた点が「自分が仕事に求める要素」になるでしょう。

就職が叶ったあとのキャリアビジョンを考える

就職が決まったあとのキャリアビジョンを思い描いておくのも有効です。仕事が見つからない時には就職を決めることばかりを考えてしまいがちですが、その先の未来を見据えることで就活へのやる気が戻ってきます。また、選考で志望動機を伝える際にも役に立つでしょう。

自分の適性について周囲にアドバイスをもらう

仕事が見つからない時には、自分の適性について周囲に聞いてみるのもおすすめ。自分では適性に合った仕事に応募していると思っていても、客観的に見るとそうでない場合があるからです。また、第三者の目線から見た自分を知ると、自分では分からなかった新たな適性を発見できる可能性があるでしょう。

近い将来自分はどうなっていたいかを考える

近々、自分はどうなっていたいのかを考えてみるのも良い方法です。仕事に関することでなく、どんな生活を送りたいかという内容でも構いません。仕事が見つからないと焦りから目の前のことしか見えず視野が狭くなりがちですが、少し先のことを考えるとこれからの道筋が見えてきます。

就活がうまくいかないとお悩みの方は「就活がうまくいかない…やる気を取り戻すためには?」のコラムも併せて参考にしてみてください。

仕事が見つからない焦りを落ち着かせる4つの方法

仕事が見つからず焦ってしまうようなら、リフレッシュを図ったり周囲に話を聞いてもらったりすると気持ちが徐々に落ち着いてくるでしょう。以下、気持ちが落ち着く方法について解説します。

1.少し休んでリフレッシュを図る

どうしても仕事が見つからないなら、少し休んで疲れを癒してみてください。早く決めなくてはと急いて行動しても、思ったほどうまくいかないものです。就活は自分をPRする場なので、休んで一度自分のペースを取り戻したほうが本来の魅力をうまく伝えられるでしょう。

2.周囲に不安を打ち明けてみる

仕事が見つからない不安を周囲に話してみるのも一つの方法です。不安を一人で抱え込むと焦りばかりが募り、活動がうまく行かない原因になります。気持ちを人と共有することで不安が少し和らぐうえ、焦りから抜け出すきっかけになるようなアドバイスをもらえる可能性があるでしょう。

3.短期の仕事を入れてみる

しばらく仕事が見つからないようであれば、短期の仕事を入れてみるのもおすすめ。就活がうまくいかないと、自分にできる仕事はないのではという気持ちや金銭的な不安を抱くものです。短期の仕事に取り組むと働いている実感や給料が得られるので、仕事が決まらないという焦りから解放されやすくなります。

4.スキルアップのための勉強をしてみる

仕事が見つからないなら、就活の合間にスキルアップのための勉強をするのも良いでしょう。就活が進まないと状況が進展せず閉塞感を感じるもの。その際、すき間時間でスキルアップのための勉強に取り組むことで、少しでも前進しているという実感を得られるでしょう。また、面接の際の自己PRにもなります。

スキル不足を実感するなら職業訓練も検討しよう

職業訓練は、ハローワークが実施している就職に活用できるスキルを身につける機会。「求職者支援制度」で説明しているように、失業保険の受給資格があると、給付を受けながら職業訓練に通うこともできます。職業訓練については「ハローワークの職業訓練を受けるには?コースの種類や申し込みの流れを解説」でご確認ください。

なかなか仕事が見つからない時に求人を探す3つの方法

なかなか仕事が見つからないと悩むときには、求人探しを工夫してみてください。以下、求人探しの際におすすめの工夫について解説します。

気になった求人に点数付けをする

気になった求人をピックアップしたあと、いくつかの項目に分けて点数をつける方法があります。主な項目は「業務内容」「収入」「将来性」「時間外労働」「専門性」といったものが挙げられるでしょう。大まかであれば5点、細かくつけるなら10点満点にして点数をつけてみてください。
そうすると項目ごとに企業が比較でき、違いが一目で分かります。求人を絞る際、有効な資料となるでしょう。

20代であれば興味のある仕事内容を優先して探す

転職では年代ごとに重視すべき点が異なりますが、20代の人は仕事内容に興味が持てるかどうかで判断するのがおすすめ。20代のうちはポテンシャルで採用してもらえるので、未経験の仕事でも就職が決まりやすいからです。よって、仕事選びに迷ったら興味があるかどうかで選ぶと就活がスムーズに進みやすいでしょう。

30代以上であれば前職の経験を活かせる求人を探す

30代以上はまったく未経験の仕事に飛び込むより、それまでの経験を活かせる求人から検討するほうが転職がおすすめといえます。30代以上の人材にはスキルや経験、管理能力などが求められる傾向があるためです。もし経験のない仕事を希望するなら、これまでの業務経験で活かせそうなスキルをもとにアピールすると良いでしょう。

仕事の探し方が分からないという方には「仕事の探し方がわからない人へ!フリーター・新卒・転職など状況別に解説!」のコラムも参考になります。

仕事が見つからない時に頼れる経済支援

なかなか仕事が見つからず、長引く就活でお金に困ったら自治体に相談するのも手です。ここでは、自治体で受けられる経済支援をご紹介します。

住居確保給付金支給事業

住居確保給付金支給事業とは、各自治体が定める生活保護と同じ住宅扶助額を上限に家賃額を支給してくれる制度のこと。「失業してから2年以内の主たる生計者」や「本人の都合に拠らず実収入が失業状態と同程度に減っている人」を対象とした事業です。一定の要件を満たすと実際の家賃と同じ額を原則3カ月間支給してくれるうえ、2回まで延長できます。

給付金を受けられる要件は、以下のとおりです。

・主たる生計者で失業してから2年以内であること、または本人の都合に拠らず実収入が失業状態と同程度に減っていること
・直近のひと月の世帯収入が、基準額(市区町村民税を均等に割って非課税となる額の12分の1)と家賃の合計額を超えていないこと
・ハローワークへ求職申込みをしたうえで真面目に求職活動を行うこと

以上の要件をすべて満たした場合に給付金が受給できます。

参照元
厚生労働省
生活支援特設ホームページ 住居確保給付金 制度概要

総合支援基金

総合支援基金とは、失業状態にある人が生活再建に必要な生活費などを自治体が貸してくれる制度で、政府の「生活福祉資金貸付制度」の一つ。生活費のほかに住宅入居費、一時生活再建費といったものも貸付されます。対象者は以下の要件すべてに当てはまり、貸付によって自立可能と判断される人です。

・失業や収入の減少により生活に困っている市町村民税非課税世帯であること
・本人確認できる公的書類を所持していること
・現在住居がある、または住居確保給付金の申請で住居を得られる予定であること
・自立相談支援事業や社会福祉協議会、ハローワークからの支援を継続的に受けること
・基金の貸付で自立でき、返済も可能であると見込まれること
・他の公的な給付、貸付を受けられず生活費がまかなえないこと

以上の要件をすべて満たした場合にのみ、貸付が決定されます。

総合支援基金への申込み方法と必要書類

総合支援基金へ申し込むには、まずハローワークでの求職申込みと職業相談が必要です。次に、市区町村の社会福祉協議会の窓口で制度の説明と申込用紙の交付を受け、申請用紙と必要書類を添付して提出してください。審査後貸付が決定すると住宅入居費は家主、生活費は本人の口座に振り込まれます。
総合支援基金への申込に必要な書類は、以下のとおりです。

1.総合支援基金借入申込書
2.住民票、健康保険証の写し
3.連帯保証人の資力が分かる書類
4.世帯状況が分かる書類
5.自立に向けた取り組みに関する計画書
6.他の公的給付・貸付を受けている場合はその状況が分かる書類
7.個人情報提供の同意書
8.住宅入居費の借り入れに必要な資料(「不動産賃貸契約書」「入居予定住宅に関する状況通知書」
の写しと住居確保給付金支給対象者証明書)
9.総合支援基金の借用書
10.他に社会福祉協議会が必要と判断した書類

これらの書類のうち、窓口で指定されたものを用意しましょう。

参照元
厚生労働省
生活福祉基金の特例貸付 総合支援基金について
総合支援基金の申込・相談窓口
政府広報オンライン
暮らしに役立つ情報ー失業して生活にお困りの方など、一時的に生活資金などが必要な方を支援するための「生活福祉資金貸付制度」があります。

母子父子寡婦福祉資金貸付制度

母子父子寡婦福祉資金貸付制度とは、20歳未満の子どもを扶養している配偶者のいない女性や男性、寡婦の人に対し事業資金や子どもの就学資金、生活資金などを貸付する制度のこと。申請先は地方自治体の福祉担当窓口です。

参照元
内閣府 男女共同参画局
配偶者からの暴力防止にかかわる関連法令・制度の概要

求職者支援制度

求職者支援制度とは生活支援金として月額10万円の給付を受けながら職業訓練を無料で受講できる制度で、転職やスキルアップを目指す人が対象。
退職後に雇用保険を受給できない人や、在職者でも収入が一定額を下回る人が主な受給対象者です。

参照元
厚生労働省
求職者支援制度のご案内

どうしても仕事が見つからないなら就職支援を検討する

しばらく就活を続けていても仕事が見つからないようなら、就職支援サービスの利用がおすすめです。就職支援サービスには厚生労働省の管轄するハローワークと、一般企業が運営する就職エージェントがあります。それぞれ特徴があるので、自分に合ったサービスを選ぶと良いでしょう。

ハローワーク

ハローワークの特徴はその求人数の多さや支援対象の幅広さです。また、管轄地域の求人を多く扱っているので就職したい地域が決まっている人に向いています。求人紹介だけでなく、就職セミナーや就職相談を無料で受けられるのもメリットです。

就職エージェント

就職エージェントでは運営企業ごとに扱う業界や支援対象者が異なるのが特徴です。就職エージェントのメリットは扱う業界や支援対象者が限定されているぶん、その分野の求人に強いこと。よって、自分に合った就職エージェントを選べば、希望の求人に出会える可能性が高まるでしょう。

一人の就活でなかなか仕事が見つからないときにはハローワークや就職エージェントといった就職支援サービスを利用することで、自分では見つけられなかった求人に出会えます。また、就活のプロである職員や就活アドバイザーからの助言で選考通過率が上がる可能性が高いというメリットも。一人で悩んでいる人は、就職支援サービスを積極的に利用すると良いでしょう。

仕事が見つからないとお悩みの方は、20代向け就職エージェントのハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブはスキルや経験が少なく就活に不安をお持ちの方に向けて、ポテンシャル採用を積極的に行っている企業の求人をご紹介しています。自分に合った仕事が分からないという方も、専任の就活アドバイザーがカウンセリングをもとに丁寧にアドバイスしますので安心です。ご利用、ご登録はすべて無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

こんなときどうする?仕事が見つからない人のためのお悩みQ&A

仕事が見つからない原因は、人それぞれ違うでしょう。ここでは、想定される仕事が見つからないときのお悩みをQ&A方式で解決していきます。

求職活動をしているのに仕事が見つからないのはなぜ?

仕事が見つからないのは、「自分のやりたいことが分かっていない」「条件にこだわり過ぎて視野が狭くなっている」などの原因が挙げられます。そのまま求職活動を続けていると、仕事が見つかっても入社後にミスマッチを起こしてしまう恐れも。仕事が見つからないとお悩みの方には「仕事が見つからない時に考えてほしいポイント」のコラムも参考になるでしょう。

なかなか仕事が見つからないため経済的に苦しいです

長引く就活で経済的に苦しいという方は、自治体の経済支援について調べてみるのがおすすめ。一定の要件を満たしたうえで真面目に求職活動を行う人であれば、生活に必要なお金を給付または貸与してもらえる制度です。用途別に多くの支援があるので、最寄りの市区町村の社会福祉協議会に問い合わせてみるのも良いでしょう。求職者支援制度については「職業訓練受講給付金って何?受給するための要件を詳しく解説!」のコラムでも詳しく解説しています。

仕事が見つからないときの対処法を教えてください。

仕事が見つからないときは、希望条件の中から妥協点を見つけたり、自分の好きなことや強みを基にしたりして、広い範囲で仕事を探すといった対処法を取りましょう。すべてが自分の希望どおりという企業に巡り会うことは難しいため、希望条件に優先順位をつけて絞り込んでみてください。どうしても仕事が見つからないときは就職・転職エージェントを活用するのもおすすめ。ハタラクティブではプロのアドバイザーが丁寧なカウンセリングをもとに求人をご紹介します。実際に企業に取材しており、事前に職場の様子が分かるので安心です。

仕事が見つからないときのストレス解消法を教えてください。

仕事が見つからないことでストレスが溜まっているときは、「身近な家族や友人に相談する」「期間を決めて求職活動を休む」といった対処法がおすすめです。ストレスを溜めたままだと心身ともに疲れてしまうため、ときには休息を取って自分を労ってあげましょう。就活がつらいと感じる方は「就活がつらいときはどうすればいい?対処法をご紹介」の記事もご参照ください。

この記事に関連するタグ