正社員登用は嘘?正しい情報を見抜く方法や契約社員との違いを解説

正社員登用は嘘?正しい情報を見抜く方法や契約社員との違いを解説の画像

この記事のまとめ

  • 「正社員登用あり」と記載しながら、実際に行っていない嘘の求人票が稀にある
  • 正社員登用が嘘かどうかを判断するには、求職者側の洞察力が重要
  • 正社員は契約社員と比べると、収入や福利厚生、昇進などの点で優遇されている
  • 契約社員はワークライフバランスなど自分の状況に合わせた働き方ができる
  • 嘘の正社員登用に惑わされないためにも、最初から正社員の求人を探すのがおすすめ

「正社員登用あり」が嘘だと聞いたことはありませんか?これは、正社員を目指す方にとって不安を感じるでしょう。契約社員として働きながら正社員を目指しても、実際に採用される割合は少ないのが現実のようです。
このコラムでは、企業が正社員登用をする理由や嘘を見抜く方法をご紹介します。また、正社員と契約社員の違いも解説するので、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

「正社員登用あり」は嘘なのか?

結論からいうと、「正社員登用あり」のすべてが嘘というわけではありません。しかし、求人票には「正社員登用あり」と書かれていたとしても、実際には正社員登用を行っていないという企業も存在するようです。
その理由は、正社員として無期限で働くよりも、契約社員として有期限で働いてもらう方が契約を切りやすく、コストも抑えることができるため。正社員登用が本当に行われるのかどうかは、面接で聞き出してみたり、企業に対する口コミを探してみたりと、求職者側の洞察力や判断力などが重要になるといえるでしょう。

契約社員から正社員になれる?

求人募集で見かける「正社員登用あり」とは、パートや契約社員から就職し経験を積んだあと、企業側の判断で正社員となれる可能性があるという意味です。「上司からの推薦がある」「一定期間以上継続勤務した」場合に正社員になれる場合が一般的とされています。
入社時、「正社員を前提に契約社員として雇用する」という契約になっている場合は、ほぼ確実に正社員になれますが、企業によっては優秀な働きをしても正社員になれない場合があるようです。
そのため、求人に応募する際は「企業に正社員登用があるのか」「実際に正社員として登用した例は何件か」など、契約内容や登用実績について詳しく調べると良いでしょう。

法律上勤続年数5年で正社員登用する必要がある

契約社員とは正社員と異なり、雇用期間が契約で設定されています。正社員であれば、雇用期間は設定されていないので、安心して長く働き続けることが可能です。しかし、契約社員はいつ雇用を止められてしまうのかという不安を持って働くことになります。これは、企業側が圧倒的に有利な立場に立っていると捉えられても仕方ない状況ともいえるでしょう。
法律では、このような観点から雇用としての公平性を保つため、ルールを設けています。企業側だけが有利な雇用形態をとるのではなく、労働者にとっても同等の利益を得られるようにしているのです。

無期雇用転換ルール

無期転換ルールとは、平成24年8月に成立した「改正労働契約法」によって設けられた有期契約雇用者(契約社員)に対するルールを指します。これは、5年間を契約期間として働いたあと雇用者が使用可能となる権利です。
また、一定の条件を満たしたうえで、5年間勤務後に該当雇用者が無期雇用に転換したいという希望があるのならば、その希望を企業側に出せるという法律になります。そのため、契約社員にとって非常に魅力的なルールといえるでしょう。
契約社員は、雇用期間が設けられているため、長期キャリアを築けることは大きな安心につながります。しかし、適用条件が細かいため、自分に適用できる法律であるかどうかを事前に確認しておきましょう。
無期雇用転換ルールの適用条件は以下のとおりです。

・同一の契約企業である事
・5年連続して勤務している事
・1回以上の契約更新がある事
・満60歳以上である事

また、働いた期間が5年に到達していない場合は適用外なので、注意しましょう。

参照元
e-Gov法令検索
改正労働契約法

企業が契約社員から正社員登用をする理由

企業が正社員登用を実施する理由は、契約社員として自社で勤務経験のある人を正社員にするほうが、新しく正社員を雇うよりも有益であるためです。しかし、ただ単に5年間働き続ければ誰にでもチャンスがあるというわけではありません。働くなかで、特別なスキルや経験を持っていたり、勤続年数が長かったりと、仕事の実力や結果を出していることが重要になります。そのため、仕事面・人間面双方できちんと評価をされる人は有利であるといえるでしょう。
契約社員から正社員になる方法とは?登用してもらう秘訣も公開」でも、契約社員から正社員に登用されることについて解説しています。あわせてご覧ください。

正社員登用が嘘なのかを見抜く方法

ここでは、志望する企業が正社員登用を行う会社であるかどうかを見抜く方法を解説します。「入社前」「入社後」でそれぞれまとめたので、ぜひ参考にしてください。

会社に入社する前

正社員登用の有無が分からない場合は、面接時に「正社員登用制度はどのようになっているのか」「正社員登用制度を利用して正社員になった人はどれだけいるのか」など、気になる点を直接質問してみましょう。
ほとんどの面接では、最後に逆質問の時間が設けられます。その際、近年の正社員登用の実績や評価の基準などを聞いてみてください。また、企業側から不信感をもたれないよう、「将来を見据えて働きたい」とポジティブに聞けば、好印象のまま回答してくれるはずです。このとき、返答されたものに実績がほとんどなかったり、不透明な回答だったりする場合には、正社員登用の実用を考えていない可能性も。過度な期待はしない方が良いでしょう。

会社に入社したあと

入社して実際に働いている場合には、人事や先輩に正社員登用の実績を確認してみましょう。入社後は身内ですので、面接の際よりも実情を聞くことができます。実際に正社員登用された人材がいるのであれば、どのような流れや基準で正社員になったのかなど、具体的な情報収集ができるはずです。
働き方について悩んでいる方は、「正社員になるべきか?雇用形態を比較して自分に合った働き方を見つけよう!」もあわせてチェックしてみてください。

契約社員のメリットやデメリットとは?

正社員と契約社員では、賃金や待遇などさまざまな面において正社員が優遇されるのが実情です。しかし、人によっては契約社員の働き方が合う場合もあるでしょう。
ここでは、契約社員のメリットとデメリットをまとめました。

契約社員のメリット

契約社員として働くことは、人生の基盤を趣味などに置くワークライフバランス重視の人にとっては有利といえます。これは、重要な仕事を任されることや転勤などを心配する必要がないからです。
雇用期間が短いため、人間関係や労働条件に多少満足できない場合でも、雇用期間が満了すれば職場を変更できるという利点もあります。
また、採用側としてはスキルや経験を問わない場合もあり、未経験の業種でもチャレンジしやすいでしょう。

契約社員のデメリット

先述したように、正社員と比べると契約社員は賃金面や福利厚生に不利な面があり、収入や待遇面で不満が出る場合が多いでしょう。また、契約更新ができない場合は慌てて転職活動を始めなければならず、常に生活の不安と背中合わせというストレスもあります。
ほかにも、契約社員は一定期間の雇用であることから、社会的信用という面においても低く見られがちです。正社員と比べて住宅や車のローン審査などで安定性がないと見なされやすく、審査に通らない場合もあります。
正社員と契約社員の違いについては、「契約社員と正社員、どんな違いがある?」でも詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

正社員求人に応募してみよう!

安定して働きたいのなら正社員として働くのが最善といえます。正社員を目指すなら、最初から正社員求人に応募するのが効率的でしょう。転職活動は、年齢が高くなるにつれて採用側からスキルや経験が求められるため、ポテンシャル採用される若いうちが就職には有利です。

現在、契約社員として働いていて正社員登用への道が難しい…という方は、エージェントの利用を検討してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブでは20代を中心とした若年層をターゲットに就活をサポート。IT・通信関係、メーカー、建築・不動産など、多様な業種の中からあなたに合う求人を紹介します。また、書類作成のアドバイスや面接対策なども手厚くカバー!登録者の半数以上が上場企業に就職している実績もあるため、安心して就活を進められるのが特長です。
サービスの登録・利用料はすべて無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

「正社員登用あり」に関するQ&A

求人を探す際、正社員登用が嘘なのかどうか気になる方もいるでしょう。ここでは、正社員登用についてのさまざまな疑問やお悩みに、Q&A方式で解決していきます。

正社員登用は嘘が多いのでしょうか?

正社員登用のすべてが嘘ではありません。しかし、企業のなかには人材を確保するためにあえて「正社員登用あり」と記載するところもあるようです。「「正社員登用あり」は嘘なのか?」でも述べたように、正社員を目指すためには、企業側の意図を見抜ける力が必要といえるでしょう。

契約社員から正社員になるのは難しいですか?

正社員登用の基準は企業によって異なるため、一概には言えないのも事実です。しかし、正社員登用の対象として評価されるためには、仕事で実績があったりスキルが身についていたりすることが重要です。そのため、日頃から努力を怠らないようにしましょう。

アルバイトから正社員登用されることはある?

企業側が正社員登用を設けているのであれば、可能性は十分にあります。しかし、企業によって正社員登用に対する条件を提示している場合もあるので、事前の確認が必要です。また、アルバイトの場合でも実績やスキルの有無をはじめ、「正社員に値する人材であるかどうか」が企業側の判断ポイントになるでしょう。詳しくは、「アルバイトから正社員として登用される可能性は?採用される人の特徴とは」もご覧ください。

正社員として転職がしたいです!

正社員登用を目指すなら、最初から正社員を募集している企業への転職を検討してみましょう。一人で上手く転職活動ができるか不安な方は、ハタラクティブにおまかせください。専任アドバイザーからのマンツーマン対応で、あなたにぴったりの求人をご紹介します!

この記事に関連するタグ