内定がもらえない...就職が決まらない人の特徴とは

内定がもらえない...就職が決まらない人の特徴とはの画像

【このページのまとめ】

  • ・内定がもらえない主な理由は、志望動機が弱い、第一印象が良くない、企業選びが間違っているなど
    ・本やネットに載っているマニュアルやノウハウを意識しすぎると、本来の自分の魅力を伝えられない
    ・解決策としては、自己分析のやり直しや徹底した企業研究などが挙げられる
    ・緊張しやすい人は事前に面接練習を何度も行っておく
    ・面接の際は身だしなみに気を付け、表情や声の大きさも意識する

同じ時期に就職活動を始めても、すぐに就職が決まる人とそうでない人がいます。
両者の違いはどこにあるのでしょうか?

今回のコラムでは、内定をもらえない人の特徴を示し、改善できる点をご紹介します。
就活がうまくいかず悩んでいるという方はもちろん、就職活動をこれから始めるという方も、スムーズな内定獲得のためにぜひご一読ください。

◆内定が決まらない人の特徴

内定が決まらない人は、以下のような問題点があるのではないかと考えられます。

【志望動機が弱い】

企業側は熱意や志望度の高い人材を求めているため、志望動機が弱いと不採用になってしまう可能性が高くなります。
志望動機が弱い理由としては、企業研究がしっかりできていないか、自分が何をしたいのかわかっていないケースが多いです。
自分がなぜその企業に入りたいのか、またそこで何をしたいのかを明確にしましょう。

【印象が良くない】

乱れた髪やシワのあるスーツ、汚れた靴などはもちろんのこと、ガチガチにセットされた髪型や華美なメイクも相手に良くない印象を与えます。
髪型やメイクなどにこだわりがあっても、面接の場でそれを主張するのは控えましょう。

【面接の際に緊張して話せなくなる】

適度な緊張感は必要ですが、まともに話すことができないくらい緊張してしまう人はコミュニケーション力不足と判断され、面接突破が難しくなってしまいます。

【業界や企業を絞りすぎている】

「この業界(企業)でしか働きたくない」と思っていても、実はその仕事が自分の適性ではないという可能性があります。
行き詰まったと感じたら、業界や企業を少し広げてみましょう。

【人気企業ばかりを受けている】

人気のある企業には、十数名の採用枠に何百もの応募が殺到します。
倍率の高い企業ばかり狙っていては、なかなか就職が決まらないのは当然かもしれません。

【マニュアル通りの回答をしている】

就活の参考書やインターネットに書かれた回答例をそのまま使用していませんか?
面接官はこれまで多くの応募者を見てきているため、自分の考えた内容でない答えはすぐに見抜かれてしまいます。

【就活ノウハウにとらわれすぎている】

就活に関するノウハウを意識しすぎるあまり、不自然な印象になっているのかもしれません。
ノウハウは参考程度と考え、自分の魅力を最大限に伝えることに意識を集中させましょう。

【そもそも就職活動を十分にしていない】

もし自己分析や企業研究などを行っていないようなら、まだスタートラインにも立てていません。
就職すると決めたなら、まずはやる気を出しましょう。


◆今から就活を挽回しよう!

次に、解決策として考えられるものをご紹介します。就活がうまくいかない人は参考にしてみてください。

【企業研究の仕方がわからない人】

その企業の理念や歴史、事業内容、制度、採用情報はもちろん、同業界での位置付け、他社との違いなども調べてみましょう。
会社説明会があれば、積極的に足を運んでみてください。
また、その企業の魅力に感じる点、気になる点を挙げて、自分と企業の方向性が合致しているかも確認しておくと、企業選びでの失敗を減らせます。

【自分に合う企業がわからない人】

改めて自己分析をやり直し、自分のできることや楽しかったことから視野を広げ、新たな可能性を考えてみましょう。
気になる業界や企業があれば、本やインターネットで詳しく調べてみるほか、実際にその企業の商品やサービスに触れてみると、より興味を持てるはずです。
そこから、エントリーする企業を増やして挑戦していきましょう。

【相手に与える印象を良くしたい人】

就活では、第一印象が非常に重要です。髪型や服装など、身だしなみを整えることはもちろん、話し方や表情、目線、声の大きさ、態度、姿勢などにも気を配ると良いでしょう。
また、業界や企業によって好まれる雰囲気が異なるため、企業研究をしっかり行った上で面接に臨むのがベストです。

【緊張し過ぎてしまう人】

面接で緊張し過ぎてしまう場合は、ハローワークや転職エージェント、大学の就職課などを使って模擬面接を何度も行い、面接に慣れておくことが大切です。
面接前に緊張していると感じたら、深呼吸やストレッチでガチガチの体をほぐし、笑顔を意識しましょう。また、「多少失敗しても大丈夫」くらいの心持ちのほうがうまくいくかもしれません。

【人気企業ばかり受けていた人】

大企業、有名企業ばかり受けていた人は、中小企業やベンチャーにも目を向けてみましょう。
ターゲットを変えるだけで、案外簡単に内定がもらえるかもしれません。
大企業や有名企業は福利厚生が整っており、安定性もありますが、その大きな魅力を求めて応募者が殺到し、倍率が高くなる上、求められるスキルや経験も高度な内容になるというデメリットがあります。企業の規模によるメリット・デメリットを踏まえて、自分の適正に合った企業選びをしましょう。

【マニュアルやノウハウに頼りすぎていた人】

本やインターネットの情報は、誰もが簡単に入手できるため、独自性を付加しにくいです。
また、面接官に質問を深掘りされたとき、具体的な説明もできません。
企業側は応募者がどういう人物なのかを知りたいはずなので、「本当はどういう人なのか分からない」と思われないように、しっかりと自分の考えを伝えられるようにしましょう。

【書類で落ちる人】

書類選考が通過しない場合は、企業側が求める人物像に沿ったアピールになっているかをチェックしてみましょう。
また、空欄が多くないか、字が雑になっていないか、決められた書類が全て入っているかなど、基本的な部分の見直しも大切です。


◆時にはリフレッシュも大切

就職がなかなか決まらないと、ストレスがたまり、気持ちがネガティブになってしまいがちです。
毎日就活をして煮詰まっている人は、一旦趣味などでリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。
また、仲の良い友達と遊ぶのもおすすめです。何気ない会話から、就活に関する有益な情報が得られるかもしれません。ただし、他人と比べても何の意味もありませんから、「自分だけ内定がない」と卑屈にならないようにしましょう。

【一人での就活に限界を感じたら、ハタラクティブへ】

就活についての悩みは、若年層の就職・転職支援サービスを行うハタラクティブにご相談ください。
専任のアドバイザーによる丁寧なカウンセリングで、あなたの不安を解消します。また、同サービスでは希望条件に沿った求人のご案内のほか、書類作成のアドバイスや面接対策など実施。
ハタラクティブの主な利用者は、高卒、既卒、第二新卒、フリーターの方です。未経験可の求人も多数ご用意していますので、まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION