自己分析を行うメリットは?ポイントや注意点も解説!

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 自己分析を行うメリットは?ポイントや注意点も解説!

公開日:

最終更新日:

どのようなメリットがある?

自己分析は就職活動において非常に大切です。

自分のことを正確に把握しておくと、有利になることが多くあるからです。
正確に自分の背景を理解することによって、自分に合った業界や企業を見つけやすくなります。
そのため就職活動をスムーズにスタートさせられるでしょう。また、自分の適性を把握できるので、就職後に職種とのミスマッチに気づくことも避けられるでしょう。
企業へのアプローチにも自己分析は欠かせません。
企業の採用担当者は、応募してきた就職志望者について詳しく知りたがっています。 よく分からない人物だと見なされると、採用したいと思ってもらえません。
そのため、自分のことを説明する準備をしっかり行うことは非常に重要です。
エントリーシートや履歴書には強みや長所などの欄があります。 分析をしっかり行っていないと何を書けば良いか迷ってしまうことが多くあります。
面接における自己PRでも、採用担当者の印象に残るようなことは話せないでしょう。

企業の情報や固定観念に注意!

自己分析を正しく行えていない人もよく見受けられます。
その主な原因は、自分の過去の経験を、自分の都合の良いように解釈してしまうことです。

企業に応募するときはホームページなどを見て、その企業が求める人物像を推測するのが一般的です。 採用したい人物について詳しい記述をしている企業も珍しくありません。
先に企業の求める人物像を知ると、自分がそれに近いと思えるような分析の仕方をしてしまうことがあるのです。 そのような分析結果には意味がないため、企業側の情報に影響されないようにしましょう。

また固定観念を捨てることも大切なポイントです。
自己分析を行わなくても、ある程度は自己紹介をできる人は多いでしょう。しかし、その中には思い込みが含まれていることも少なくありません。
たとえば、子どもの頃に几帳面と言われることが多かった人は、大人になってからも自分は几帳面だと思っているケースがあります。
成長によって性格が変わることはよくあります。間違った固定観念をベースに分析しないように注意しましょう。

フラットな精神状態で行おう!

就職活動を行ううえで不安を感じている人は多くいます。不安が大きすぎると、自分に自信を持てなくなってしまいます。
そのような状態で自己分析を行うのはよくありません。自分を見つめ直したときに、失敗した事例ばかりを思い出してしまうからです。
その結果、就職活動が成功するイメージを持てなくなることもあります。ますます自信がなくなり、今後の就職活動に支障が出てしまう恐れもあるでしょう。
過去の失敗を整理することも大切ですが、それは今後に向けての教訓にするためです。 自己分析はフラットな精神状態で行いましょう。
過去については、成功と失敗の事例を偏りなく分析することが重要です。成功の事例を分析して長所を認識すれば、自信を取り戻すきっかけになることもあります。
自己分析を行うときは、気分転換をして気持ちをリセットした方が良いでしょう。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ