面接で内定をもらいやすい人の特徴まとめ

面接で内定をもらいやすい人の特徴まとめの画像

この記事のまとめ

  • 内定をもらいやすい人の特徴は、人柄やビジネスマナーをチェックできる面接に強い
  • いくら学力が高く、履歴書や職務経歴書に自信があっても面接で気を抜かない
  • 職場環境に良い影響をもたらしてくれそうな人は好印象
  • 内定を期待できる質問をされた場合、回答準備をしておくことが大切

いくら学歴が優れて頭の良い人でも、面接に落ちるということは珍しくありません。
内定を判断するきっかけとして挙げられるのが、就活や転職での通過点となる『面接』。
面接では、履歴書や職務経歴書などで把握できない『人柄』や『ビジネスマナー』など、書類で分からない部分を直接見ることができます。
ここで、企業側は内定を出すか否かの判断をすることが多数です。
あなたの周りに、『なぜか就活に強い』という方はいるでしょうか。
今回は『内定をもらいやすい人』に共通することとはどんなことか、解説します。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

内定が出やすい人の特徴とは?

内定を勝ち取る人はもしかすると『面接でのマナー』をしっかりと勉強しているのかもしれません。
「学歴や職務経歴に自信があるから」と言って、面接を油断してしまうと、いつまでも内定をもらえないという連鎖が続くことも考えられます。

就活や転職で負のループに陥らないためにも、内定を貰える人の特徴を押さえましょう。

面接でのビジネスマナーがバッチリ

面接の立ち居振る舞いとしてチェックされるのが、身だしなみや受付マナー、入退室マナーなど。言葉では伝えられない部分の立ち居振る舞いのマナーがしっかりとできている人は、面接官やそこで働く従業員にとっても好印象を持たれやすくなります。

企業研究をしてきている

面接での質疑応答で、企業について聞かれた際や志望動機などから、企業の取り組みや目標をしっかりと把握できている人は企業への熱意が伝わり、面接官は応募者の働く意欲を確認できます。

質疑応答にきちんと答えられる

面接官の質問の意図をよく考え、自分自身の答えを冷静に伝えることができる人は、頭の回転の良さや臨機応変に対応できる力、コミュニケーション力が優れていると、評価されることがあります。

面接では、人柄を重視している企業が多い傾向にあります。
ビジネスマナーやコミュニケーション力、誠実さが伝わると評価は高くなります。会社での人間関係などを含め、職場環境に良い影響をもたらしてくれそうな人が内定をもらいやすい人の特徴と言えるでしょう。

内定に近い質問とは

面接官が内定を視野に入れた時にする質問があります。
それはどんな質問でしょうか?
また、その答え方とは?

期待しても良い質問と回答アドバイス

入社可能時期を伺う質問
→現状や今後の予定をしっかりと考えた上で答えましょう。

他者の選考状況を聞かれる質問
→正直に答えるのが最もですが、職種や業界がバラバラだと企業選びの軸が分からず『内定をもらえればどこでも良いんだ』と思われるため、注意が必要です。
受けた企業全てを答える必要はありませんが、一貫した企業選びの軸を伝えられるような回答を行いましょう。

他者の内定状況を伺う質問
→正直に答えてOK。
他者の内定状況を伺うことで、内定の参考にすることがあるようです。
その際に「第一志望ですか?」と意思確認をされた場合「御社が第一志望なので、内定をいただいたら就職活動を終えたい」という風に入社への意欲を見せればより内定率もアップするでしょう。

面接で、内定を匂わせるような質問が来た際、うまく対応できるよう、事前に準備しておくことをおすすめします。

就活・転職ならハタラクティブ

履歴書や職務経歴書などの書類準備から、面接指導までトータルでサポートするハタラクティブにお任せ!

若年層に特化した就活エージェントです

ハタラクティブは20代を中心とした方の就活・転職に特化したサービスを提供しています。あなたの希望や理想の働き方などをしっかりと考慮した上で、求人を紹介!就活アドバイザーによるサポートで、あなたをバックアップします。まずはお気軽にご相談ください。


関連タグ

  • arrow