面接で内定を獲得しやすい人の特徴とは?基本の質問内容や合格フラグも解説!

面接で内定を獲得しやすい人の特徴とは?基本の質問内容や合格フラグも解説!の画像

この記事のまとめ

  • 内定を得やすい人の特徴は、面接で求められることを把握している
  • 内定獲得を目指すなら、面接の基本的なマナーをしっかりと押さえる
  • 面接でよくある質問は、自己紹介や退職理由、志望動機やスキルの確認など
  • 他社の選考状況や内定獲得数を聞かれたら、不信感を与えないよう正直に回答する
  • 面接で良い結果を出すためには、事前準備を徹底しよう

「内定を得やすい面接のポイントが知りたい!」とお考えの方はいませんか?面接では、ビジネスマナーや人柄などが直接見られるため、企業側は書類では把握できない部分を評価し、内定可否の判断をすることが多いようです。
このコラムでは、内定を獲得しやすい人の特徴や、面接中の合格フラグについて解説。面接の基本マナーや内定保留の連絡方法も紹介するので、ぜひ参考にして希望する企業への内定を獲得しましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

面接で内定を獲得しやすい人の特徴とは?

内定を勝ち取っている人のなかには、面接で求められることをしっかりと把握しています。「学歴や職務経歴に自信があるから」と面接の事前準備を怠ってしまうと、いつまでも内定をもらえない恐れも。
就活や転職で負の連鎖に陥らないためにも、内定を得やすい人の特徴を押さえましょう。

面接でのビジネスマナーができている

ビジネスマナーができている人は、内定を獲得しやすいといえます。面接の立ち居振る舞いとしてチェックされるのが、身だしなみや受付マナー、入退室マナーなどです。実際に対面でしか伝えられない部分のマナーがしっかりとできている人は、面接官や従業員にとっても好印象を持たれやすくなります。

企業研究ができている

企業研究は、内定獲得のために重要なポイントです。面接の質問で、志望先企業の取り組みや将来のビジョンなどをしっかりと把握した回答ができると、面接官に働く意欲が伝わるでしょう。

質疑応答にきちんと答えられる

面接官の質問の意図をよく考えて回答できる人は、内定を得やすいでしょう。自分自身の答えを冷静に伝えられることは、頭の回転が良いと判断してもらえます。ほかにも、臨機応変に対応できる力や、コミュニケーション力があると評価されることもあるようです。

即戦力として活躍できるスキルや経験がある

転職の場合は、即戦力として活躍できるスキルや経験がある人も内定を獲得しやすくなります。
中途採用を行っている企業は、入社後すぐに活躍できる人材を募集するためです。志望先の企業が求めているスキルや経験がある人は、自分が即戦力として会社に貢献できることをアピールするのが効果的でしょう。

人柄やコミュニケーション能力を重視している企業も多い

面接では、人柄を重視している企業が多い傾向にあります。たとえば、ビジネスマナーやコミュニケーション力、誠実さなどが伝わると、高い評価につながることが多いようです。会社での人間関係などを含め、職場環境に良い影響をもたらしてくれそうな人は、内定をもらいやすい人の特徴といえるでしょう。
内定がもらえる人の特徴を詳しく知りたい方は「内定もらえる人はどんな人?特徴や性格は?」で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

内定を目指す基本の面接マナー

面接で良い結果を出すには、基本的なマナーを知っておくことがポイントです。ここでは、一般的な面接の流れとそれぞれのマナーについて解説します。事前準備をしっかり行い、内定獲得を目指しましょう。

日程調整のメール

面接の日程調整メールは早めに返信しましょう。遅くとも、メール到着から24時間以内に返信するのがベターです。メールの内容は冗長にならないよう、簡潔な文面で伝えるようにしてください。
企業への返信メールのマナーや例文などについて知りたい方は、「企業メールへの返信マナーを解説!時間や日程調整を伝える際の例文も紹介」のコラムもあわせてご覧ください。

身だしなみ

面接では、TPOをわきまえた身だしなみを心掛けましょう。転職の場合、一定の社会経験があることをアピールできるので、男女ともにリクルートスーツは避けるのが無難です。派手なアクセサリーやメイクなどは控え、シンプルな出で立ちで挑みましょう。また、肌や髪などを清潔に保つだけでなく、臭いのチェックもしておくのがおすすめ。面接官に好感をもってもらえるような身だしなみを意識することも、内定獲得への近道です。

面接会場の到着時間

面接会場に到着する時間の目安は、受付を済ませておく時間から逆算するのがスマートな振る舞いといえます。受付は、基本的に面接が始まる5〜10分前に済ませるのが理想。そのため、この時間を基準に、最寄り駅から面接会場までの到着時間を調整しましょう。
面接会場には、遅刻はもちろん、早すぎる時間に到着することもビジネスマナーとしては違反です。予定時間に配慮しつつ、適度な余裕をもって向かうようにしてください。
また、急な体調不良や交通状況によるやむを得ない遅刻やキャンセルについては、早めに担当者へ電話連絡を入れるようにしましょう。

受付や控室

面接会場では、受付や控室での行動もしっかり見られていることが多いようです。気を抜きすぎず、社会人として落ち着いた振る舞いを意識します。また、スマートフォンばかり見ているのも印象が悪くなる恐れがあるので控えましょう。確実に内定へ近づくためには、面接以外の場でもきちんとした行動をとることが重要です。
面接の受付から退室までの流れやマナーについては、「知っておきたい面接での受付から退室までの基本マナー」もあわせて参考にしてみてください。

面接中

面接中は、話の内容だけではなく、そのときの態度や表情なども見られています。「相手の話をしっかり聞き取れているか」「「コミュニケーションがとれているか」「正しい言葉遣いができているか」など、事前に面接対策を行っておきましょう。家族や友人などに頼んで、面接練習をするのもおすすめです。

内定獲得に備える!面接でよくある質問

就職や転職の面接で聞かれる可能性が高い質問をまとめて紹介します。面接で内定を獲得するため、ここで解説している質問には最低限答えられるようになっておきましょう。

自分に関する質問

面接の最初は、経歴や自己紹介などから始まることがほとんどです。これは、その人の雰囲気や会話から読み取れる印象などを見るためといえます。あまり長くなりすぎないよう、自分がこれまで行ってきたことや経歴を端的にまとめて話しましょう。相手の目を見てハキハキと話せば、面接官に好印象を与えられます。

退職理由

転職の場合、前職の退職理由を聞かれることがほとんどです。特に早期離職をした方は、採用担当者から「採用してもすぐに辞めてしまうのでは?」と思われがち。そのため、退職理由はできるだけポジティブに変換して伝えるようにしましょう。また、企業の志望動機につながるような内容にすると、より内定に近づける可能性があります。
面接での適切な退職理由の伝え方は、「面接で好印象な退職理由の例文を紹介!考え方のコツや言い換え方法も解説」にて、例文つきで紹介しています。ぜひご一読ください。

志望動機

志望動機は、「どれだけ自社を志望しているのか」「長期的に働いてくれるか」「自社に対してどんな貢献をしてくれるのか」などを見ます。働く意欲を伝えるためにも、どこの企業でも通用するような内容は避けましょう。「この企業でなければならない理由」を提示することが、内定獲得にもつながります。
志望動機の作り方が分からない方は、「志望動機の作り方を解説!作成時のポイントや例文も紹介」でも解説しているので、参考にしてみてください。

実績やスキルなどの確認

実績やスキル等の確認も面接で行われます。特に、転職の場合は即戦力として活躍できるのかどうかが重要になるため、より具体的な内容を質問されることもあるでしょう。
面接で実績やスキルを聞かれたら、定量的に判断できるよう、数字を用いて話すと伝わりやすくなります。例えば「前職では営業をしており、△△の売上を作った」など、実際の数字を用いて話すのがおすすめです。

内定獲得フラグ?合格が期待できる面接の質問内容

面接では、面接官が内定を視野に入れた際にする質問があります。ここで回答に失敗してしまうと、落とされてしまうことも少なくありません。そのため、正確な内容を伝えてください。
ここでは、内定獲得が期待できる質問内容と、その回答方法についてまとめました。

他社の選考状況を聞かれる質問

他社との選考状況は正直に答えましょう。これは、他社との面接予定日が重なってしまったり、複数の内定が獲得できたりした場合、調整する期間を設けられるようにするためです。また、受け答えのなかで面接官に不信感をもたれないためにも、選考過程の詳しい状況や内定獲得数などは偽らず、正直に答えるようにしましょう。

応募先の職種や業種に統一感をもたせよう

職種や業界がバラバラだと企業選びの軸に統一感がなく、面接官から「内定をもらえればどこでも良いのでは?」と思われる可能性があります。この場合、受けた企業すべてを答える必要はないので、一貫した企業選びをしていることが伝えられるようにしましょう。

他社の内定状況を伺う質問

内定の獲得状況も正直に回答しましょう。多くの企業では、他社の内定状況を伺うことで内定の参考にすることがあります。また、他社で内定を獲得している場合、他社で評価されている有能な人材であると好感をもたれるようです。
また、第一志望ですか?」と意思確認をされた場合、「御社が第一志望なので、内定をいただいたら就職活動を終えたい」といった入社への意欲が示せれば、より内定率がアップするでしょう。

「一人で進める就活で内定がもらえるか不安…」「面接の事前準備は何をすればいい?」とお悩みの方は、就職エージェントの活用がおすすめです。
若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブでは、あなたの希望や理想の働き方などをしっかりと考慮したうえで、求人を紹介!面接対策はもちろん、履歴書や職務経歴書といった書類準備もおまかせください。専任アドバイザーによるサポートで、一人ひとりに合ったバックアップを行います。サービスの登録・利用料は無料です。まずはお気軽にご相談ください。

面接での内定に関するQ&A

面接で内定を獲得するためにはどうすれば良いか、さまざまな疑問やお悩みについてQ&A方式で解決していきます。

面接で内定が出るフラグはありますか?

面接で内定が出るフラグはあります。具体的には、入社時期を伺う質問や他社の選考状況を聞かれるような質問です。しかし、まだ内定が出ると決まったわけではないので、油断は禁物。最後まで気を抜かず、丁寧な対応を心がけましょう。「読むと結果が変わる!内定に近づく面接対策コラム」にて、効果的な面接対策の方法を解説しているので、参考にしてください。

面接で内定辞退をするのはダメですか?

結論から言うと、内定を辞退するならできるだけ早めに行いましょう。採用担当者は多くの求職者の選考に関わっており、それぞれ選考スケジュールを組んでいます。採用担当者の負担を減らすためにも、内定辞退することが分かったタイミングで伝えましょう。内定辞退の方法は「内定の断り方やマナーとは?辞退を伝える電話やメールの例文をご紹介!」にて解説しています。

複数企業の選考結果を待ちたい場合はどうする?

内定の返信については、多くの企業が返答を待ってくれるようです。その旨を申し入れる場合、通常は2〜3日間と捉えておきましょう。ただし、企業の状況によって待機してもらえる期間は異なります。また、あまりにも遅くなると内定取り消しとなる恐れもあるため、なるべく早めに対応するのが無難です。

この記事に関連するタグ