志望動機の作り方を解説!作成時のポイントや例文も紹介

【このページのまとめ】

  • ・志望動機の作り方は就活を成功させる大きなポイントになる
  • ・志望動機の作り方は応募企業によって変えることが大事
  • ・自身のスキルや経験を活かして志望動機の作り方を考えよう
  • ・志望動機を給与や福利厚生の良さだけにするのはNG
  • ・志望動機の作り方が分からないときは転職エージェントに相談しよう

「志望動機の作り方が分からない…」という方も多いのではないでしょうか?効果的な志望動機を作るためには、5つのポイントを知ることが大切です。また、自己分析・企業研究も重要になります。
このコラムでは、志望動機の作り方や自己分析・企業研究のコツを解説。また、志望動機の例文も紹介しています。
正しい志望動機の作り方を知り、内定に近づきましょう。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

志望動機の作り方の5つのポイント

ここでは、志望動機の作り方のポイントを5つ紹介します。
企業が志望動機を聞く理由は、応募者がどんな人か知りたいからです。ポイントを押さえて志望動機を作成し、効果的なアピールをしましょう。

1.入社への熱意を伝える

採用を大きく左右する志望動機には、熱意が込められているかが志望動機の作り方の大きなポイントとなります。企業が求める熱意とは、大変なことがあっても辞めずにいられる忍耐力で、頑張れる力があるかどうかが重要です。
高いスキルや豊富な知識をもっていても、「この人はすぐに辞めてしまうそう」という印象を与えてしまうと、採用される可能性を下げてしまいます。

特に新卒採用や未経験者の採用などにおいてはその点を重視する傾向にあり、活躍する前に退職されれば会社にとっては金銭的にも大きなダメージです。
熱意を感じてもらうためには、企業のことにどのくらい興味があって、共感をもっているかが志望動機を通して測れる一番の要素となります。

2.志望動機は応募企業によって変える

応募企業によって志望動機を変えることは、志望動機の作り方のポイントの一つです。企業に熱意を伝えるためには、特定の企業に対して興味があって、共感をもっていることを伝えなければなりません。
企業のことをろくに調べもしないで、当たり障りのない志望動機を伝えれば、たくさんの面接を行っている採用担当者にはすぐに適当なことを言っていると見破られてしまうでしょう。

3.企業が求める人材像を事前に知る

採用担当者に響く志望動機を作成するには、企業が求める人材像をあらかじめ知っておく必要があります。
どれだけキャリアを積んでいて、たくさんの資格やスキルや知識を身につけていても、企業が求める人材とマッチしなければ採用される確率は低いです。
反対に、資格は1つしかもっていなくてもそれが企業に役立つものであるなら、採用の確率をアップさせることができます。

4.志望動機に自身のスキル・経験を盛り込む

新卒でも中途採用でも、自身がもっているスキルや資格や経験が入社後に活かせるなら、かなり大きなアピールになります。そのためには、事前に企業研究をして自分に合った業種や職場を見つけることも重要です。
企業にマッチしたスキル・経験があれば、志望動機に積極的に盛り込みましょう。

5.企業情報を徹底的に調べる

志望動機の作り方の大きなポイントの一つが、応募企業のことをよく調べることです。
受ける企業が関わっている全ての商品を調べたり、会社のWebサイト以外にも業界誌などを見たりして、できるかぎり多くの情報を得ましょう。これまで思い浮かばなかった志望動機が自然に見つかる場合があります。
また、直接社員などから話を聞くことができれば、企業に対する理解がより増して、有効な志望動機が見つかる可能性がより高まるようです。

志望動機の作り方についてもっと詳しく知りたい方は、企業に響く志望動機の作り方などを紹介しているコラム「志望動機の考え方と作り方が知りたい!面接での効果的な答え方も紹介します」がおすすめです。
また、志望動機の例文やポイントなどが書かれているコラム「志望動機の作り方決定版!例文から作成のコツを掴もう」もチェックしてみてください。

志望動機の例文

ここでは、先述したポイントを押さえて作成した例文を紹介します。

(例)営業職の志望動機
貴社ではデザイン性の高さとアイデアで、他社にはない商品をいくつも生み出していることから、私も長年貴社の商品を愛用しています。今回営業職を募集されていると知り、ぜひ私も貴社の一員として働き、貴社商品をさらに広く知ってもらいたいと考え応募させていただきました。
学生時代には4年間同じ店舗で接客のアルバイトをしており、コミュニケーション能力と体力には自信があります。また、過去に来店された方が再度来店した際には、前回の会話の内容を織り交ぜつつ接客することで、その後も来店していただけるように努力し、常連獲得に貢献しました。
この経験を活かし、営業職として新たな顧客獲得に貢献し、さらに貴社製品を広めていきたいと考えております。

志望動機の長さは履歴書の志望動機欄に合わせましょう。企業から文字数の指定がある場合は指示に従ってください。

採用担当者に興味を持ってもらえる志望動機の作り方について知りたい方には、避けておくべき志望動機なども紹介しているコラム「採用担当者が惹かれる志望動機。そのポイントとは」がおすすめです。
また、履歴書にブランクがある方が履歴書に書くべき志望動機を知りたい方は、履歴書作成で注意すべきことも書かれているコラム「履歴書にブランクがある場合は?書き方や志望動機の例をご紹介!」をチェックしてみてください。

志望動機を作るには企業研究と自己分析が大切

志望動機は企業にその人が欲しいと思ってもらえるものでなければいけないため、企業を理解することが正しい志望動機を作る第一歩となります。
ただし、どれだけ企業情報を集めて会社に対する理解を深めても、自分自身の特徴やキャリアプランを明確にしなければ、良い志望動機にはなりません。

つまり、正しい志望動機を作るためには、企業理解と自己理解を上手に組み合わせなくてはいけません。
ここでは、良い志望動機を作るために必要な、「企業研究」と「自己分析」それぞれのコツを紹介します。

企業研究のコツ

就活を成功させるための企業研究のコツとは、事業の特徴と未来に向けた戦略を理解し、会社が求める人物像を見極めることにあります。
応募企業についてしっかりと理解することが企業研究のやり方ですが、Web上だけの情報からではその全てを得られないケースが多いのも現実です。

大手企業なら、Web以外にも多くの書籍や情報誌などから情報を集めることができますが、それができない場合でも、先輩や同期や現役社員などから知りたい情報を得ることは可能です。
企業が求める人材像は、会社の採用サイトやハローワークや就活・転職サイトなどから集めることもできます。

応募企業の現在の事業内容だけではなく、未来に求めているものを理解できれば、企業が目指しているビジョンや目標に自分の能力を役立てられることをアピールできます。
新卒や未経験者で具体的に活かせる能力がない場合でも、自分の性格が会社の未来に貢献できることを伝えることは可能です。

自己分析のコツ

自己分析のコツとは、客観的に自身の性格や特徴を知り、目指したい未来に向けてキャリアプランを描くことです。
企業に対する理解ができたら、これまでのキャリアも含めて、自分自身の特徴や性格を志望動機に盛り込む作業を行いましょう。

自分を客観的にみることは難しいことですが、家族や親しい友人などにも協力してもらい、できるだけ正確に分析することがポイントです。
自分の強みだけではなく、弱みも知ることにより、どの企業に応募すべきかも見えてきます。

家族などに協力してもらう以外にも、自分のこれまでの成功体験と失敗体験を思い浮かべてみることでも、自分の性格や特徴を見出すことができます。
成功体験と失敗体験には、なぜそうなったかの理由が隠されています。

転職に向けて自己分析をする場合は、職務上での経験を振り返り、自己分析に活かしてください。
新卒で、仕事に関するキャリアがない場合でも、自分が未来に目指したいプランを思い浮かべまとめてみましょう。未来の目的を定めることにより、今後何をすればいいかを明確にできる可能性が高いです。
そのためにはどんな経験を積んで、どのようなスキルや資格を身につけるべきかが見えてきます。

徹底した企業研究と自己分析をして、企業が求める人材像にマッチした志望動機を作れば、就活を有利に進められる確率が高まり、夢に一歩近づくことができるでしょう。

転職活動で志望動機の作り方が分からなくて困っている方は、その原因などが詳しく書かれているコラム「転職活動で志望動機が思いつかない方へ!作成方法や例文を紹介」を参考にしてみてください。
また、適切な志望動機を書くための方法などを紹介しているコラム「志望動機が書けない理由を解説!書き方のポイントと例文を紹介」もおすすめです。

おすすめできない志望動機の作り方

志望動機の作成が苦手だからと、他人の志望動機を真似した流用したりするのは絶対にやめましょう。また、志望動機に待遇や勤務環境を書くのも、仕事に対して熱意がないと判断されるので避けるべきです。

他人の志望動機を流用する

ネットで検索すれば、就活で成功した志望動機の例文を容易に見つけることができますが、それをそのまま利用することはおすすめできません。
その理由は、たとえ書類選考をパスしても、面接になると志望動機については高い確率で突っ込まれることになるからです。自分で志望動機を作成しなかった場合、面接での回答に詰まって答えられないこともあるでしょう。
成功した志望動機を参考にすることは悪いことではありませんが、必ず企業研究と自己分析をして、オリジナルのものを作成してください。

待遇面のみを志望動機に書く

給与や福利厚生が良いことだけを志望動機に挙げることは推奨しません。
なぜなら、高収入を得ることができる企業はほかにもあり、志望動機として弱いからです。また、福利厚生の良さを目的に入社を希望することを話し手も、「企業側がその人を採用するメリット」が伝わりません。内定の可能性を高めることは難しいでしょう。
福利厚生などの待遇面について触れること自体は問題ありませんが、ほかの志望動機を中心に伝えるのがおすすめです。

「志望動機の作り方が分からない」「志望動機を添削してほしい」という方は、ぜひ転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
若年層の就活・転職をサポートしているハタラクティブでは、あなたのキャリアやスキルなどから適性を見出して、理想の就職先を紹介します。
企業研究や自己分析も、経験豊富なキャリアドバイザーがお手伝い。面接の対策にも対応可能です。
就活のフルサポートをするハタラクティブを利用するのに一切の費用はかかりません。どうぞお気軽にお問い合わせください。

多田健二

監修者:多田健二

就活アドバイザー

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A