「貴社に貢献」で人事の心を掴む!伝わる志望動機のつくり方

「貴社に貢献」で人事の心を掴む!伝わる志望動機のつくり方の画像

この記事のまとめ

  • 志望動機で「貢献」という言葉は使っても良い
  • 「貴社に貢献したい」と述べる場合は、貢献できることを裏付ける強みや実績を伝えると効果的
  • 企業研究を行い、応募先で活かせる能力をアピールしよう
  • 志望動機は、「その企業だからこそ」の理由を述べると良い

面接で志望動機を聞かれる機会は多いでしょう。企業は、応募者が仕事で「どのような活躍できるか」という点に着目しています。
こちらのコラムでは、評価される志望動機の書き方や、「貢献したい」と述べる際のポイントを紹介しています。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

◆志望動機に「貢献」の言葉を使っていい?

「貢献」という言葉は、志望動機で伝えても良いでしょう。
企業は選考の上で、応募者が「どのようなことを貢献してくれるのか」という点を重視しています。
「貢献できること」を効果的にアピールできると、応募先企業への熱意を伝えられるでしょう。そのためには、自分が会社で何ができるのかを、説得力のある内容で伝えることが重要です。
例えば、「○○という自分の強みを活かし、○○という業務を通じて貴社に貢献したいと考えています」と書くと、入社後の働く姿や、仕事での活躍が想像できるでしょう。
その際、スキルや強みを裏付ける実績や過去のエピソードを盛り込むと、「貢献」という言葉の具体性が増します。
自己分析と企業研究を行い、社風や求めている人物像を理解した上で、応募先で活かせる能力をアピールしましょう。

◆評価される志望動機のつくり方

企業が重視するポイントは、「なぜ他社ではなく自社を選んだのか」「なぜこの業界なのか」という点です。
なので、他社でも使い回せる内容は避け、「この企業だからこそ」と熱意が伝わる理由を伝えましょう。
効果的な書き方は、結論から述べることです。志望する経緯を先に持ってきてしまうと、伝えたい内容の要点が分かりづらくなります。
冒頭に「仕事を通じて○○をしたい」というビジョンや目標を入れることで、仕事への意欲をアピールできます。
その後に、根拠となる具体的なエピソードや実績などから得た自分の強みを述べましょう。
ここで注意したい点は、単純に自分の意見を押し付けないことです。
応募先の事業内容や、強み、業界内のポジションなどを深く理解し、その上で「○○をすることで貢献したい」と述べましょう。
志望動機は、会社へのへの理解度の深さ、自分の意見を持っているか、問題解決に取り組めるかが判断ポイントにもなるのです。

◆志望動機の例文

この項目では、「貢献」という言葉を使った志望動機例を紹介しているので、参考にしてみてください。

【事務職から営業職への志望動機】

私は、顧客とのコミュニケーションを大切にして、貴社に貢献したいと考えています。前職では人材派遣業の営業事務をしていました。
取引先とのやり取りでは、分かりやすい説明、必要に応じてメールではなく電話で直接話すなど、丁寧で密接なコミュニケーションを心がけていました。
担当の顧客から感謝の言葉をかけてもらえた時に仕事のやりがいを感じ、実際の現場の声を聞ける営業職に就きたいと思いました。
貴社の「顧客のニーズを一番に考える」という理念に共感し、事務職で培った経験を活かしたいと思います。

【同業種への志望動機】

私は前職で培ったマネジメントスキルを活かして、貴社に貢献したいと思っています。
前職では4年間、保険会社の業務系システムの開発に携わり、エンジニアとしてのキャリアを積みました。2年目からはリーダーとして作業管理を任され、システムの開発だけではなく、作業現場のマネジメントスキルを上げる努力をしました。貴社は大規模な案件が多く、意欲のあるエンジニアが基本設計から開発まで担当できる環境だと思い志望しました。

応募先にアピールできる志望動機例を挙げましたが、実際に面接や履歴書で伝えようとしても、スムーズにできないこともあるでしょう。
ハタラクティブでは、専任の転職アドバイザーが一人ひとりのお悩みに沿ってきめ細やかにヒアリング。
プロの視点から履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などを行っています。
効率的に転職活動を進めたい、という方はお気軽にご相談ください。

関連タグ