就職活動における選考の意味を考えてみませんか?

就職活動における選考の意味を考えてみませんか?の画像

この記事のまとめ

  • 就職活動における選考とは、企業と応募者の相性を確認する機会として考えられている
  • 就職活動の選考では、採用担当者が企業にとってメリットのある人材を選ぶ
  • 書類選考である履歴書では、文字の丁寧さや写真の表情・身だしなみにも気を配ると良い
  • 職務経歴書では企業が求める人物像を分析し、要点を簡潔にまとめると読みやすい

就職活動において、選考とは企業と応募者の相性を確認する機会として考えられています。このコラムでは選考を実施することの意味ついて解説。選考を通過するために、採用担当者がどのような人物を求めているのかを考察しています。また、書類選考のうえで重要な履歴書と職務経歴書のポイントについてもまとめているので、就職・転職活動の参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

就職活動における選考とは?

就職活動や転職活動において、選考は企業と応募者がお互いのことを知り、相性を確認する場として設けられています。選考を行うことで、お互いの将来をより良い結果に繋げるためと考えられるでしょう。

しかし、選考を受ける応募者の中には「選考は優秀な人が通過する」「企業側が優位なもの」と考えている人もいます。求人数と応募者数の関係や、経済情勢によって売り手市場・買い手市場となる場合がありますが、それは全体的な傾向に過ぎません。就活における選考という場では、応募者側にも辞退する権利があるので、企業と応募者は平等な立場であると言えるでしょう。

また、採用担当者は選考において、企業の変化のきっかけとなる人物や良い方向へ導いてくれそうな人物を求めています。採用には時間や経費がかかるため、企業にとってメリットを感じる人材を採用することは、ごく自然な流れといえます。そのため、企業との相性の良さをアピールすることで、選考を通過する可能性を高めることができるでしょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

書類選考における履歴書のポイント

書類選考において履歴書は学歴・経歴・趣味など、基本情報を伝える役割を担っています。履歴書で押さえたいポイントについてまとめていきます。

写真

清潔感や明るさを感じられる、ビジネスに相応しい証明写真を使用しましょう。スピード写真でも良いですが、写真館で撮影をすると、表情や姿勢についてアドバイスがもらえるうえに、肌荒れや顔色の修正をしてもらえます。また、最近はスマートフォンの写真アプリを使って自撮りをする方法も。詳細は「履歴書の写真のサイズは?アプリで撮影できる?好印象を与える服装や髪型」のコラムをお読みください。ほかにも、履歴書の写真のルールや撮影の際の注意点について解説してあります。

文字

採用担当者が読みやすい字を書きましょう。文字の大きさ・色の濃さ・とめ・はね・はらいに注意しながら、一文字ずつ丁寧に書くことが大切です。また、どのようなボールペンで文字を書くかも重要になります。詳しくは「読みやすい履歴書はボールペン選びから」をチェックしてみてください。インクの種類や、それぞれのメリット・デメリットがまとめてあります。

正式名称

資格・学校名・会社名などは略称を使用せず、正式名称で記載しましょう。

誤字・脱字

修正箇所が出た場合は、修正ペンや修正テープなどを使用せず、始めから書き直します。

書類選考における職務経歴書のポイント

続いて、職務経歴書のポイントについてまとめていきます。職務経歴書は知識・スキル・経験など、職務について説明する役割を担っています。企業が求める人材像を分析したうえで、自己アピールをしていくことが重要であると考えられるでしょう。職務経歴書と履歴書の違いについては、「履歴書と何が違う?職務経歴書の書き方」で分かりやすく解説してありますので、併せてご覧になってください。

企業の求める人材に添ったアピールをする

たとえば、企業がコミュニケーション能力がある人材を求めている場合は、コミュニケーション能力を活かした経験談を記載しましょう。企業が求める人材像に寄り添うことで、採用担当者の印象に残りやすくなります。

要点を簡潔にまとめる

応募者が多いほど、採用担当者は多忙になります。読みづらい文章や分かりづらい文章は相手の読む意欲を削いでしまう可能性があるため、できるだけ簡潔な文章でまとめましょう。

数字を使う

結果や実績などは具体的な数値を表記することで、どのような経験をしてきたのかイメージしやすくなります。採用担当者に具体的なイメージを持ってもらえることで、選考を通過する可能性が高まるでしょう。

もし「書類選考が通らなくて悩んでいる」「自分が作った書類のアドバイスが欲しい」という方がいましたら、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、若年層に特化した転職エージェントです。アドバイザーが書類作成から面接、入社後のフォローまで、就職活動をしっかりサポートしています。サービスはすべて無料です。転職・就職活動における選考や履歴書の作成でお悩みの方は、ぜひハタラクティブにご相談ください!

この記事に関連するタグ