就活中はバイトを休む?やめる?両立する方法や注意点を紹介

就活中はバイトを休む?やめる?両立する方法や注意点を紹介の画像

この記事のまとめ

  • バイトを続ければ、就活費用をまかなえるメリットがある
  • バイトを続けると心身ともに負担が掛かり、就活に影響する可能性もある
  • バイト先と相談して、無理のない範囲で就活と両立することが大切

就活を始める際、バイトを休んだりやめたりするべきかお悩みの方も多いでしょう。就活は面接や準備などで忙しくなるため、バイトとの両立は大変になります。しかし、収入が維持できたり、気分転換になったりするなどのメリットもあり、多くの求職者はバイトを続けているのが実態です。このコラムでは、就活とバイトを両立するコツや、就活にバイト経験を活かすポイントを紹介しているので、参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

バイトをしている就活生は多い

バイトをしている就活生は多いの画像

バイトで生計を立てているフリーターは、就活中もバイトを続ける人が多いのが実態です。長く勤務しているバイト先なら、シフトの融通も効きやすく続けやすいでしょう。とはいえ、就活中にバイトをしていた人のなかには、勤務時間を減らしている人や、就活に合わせてシフトが少ないバイトに変える人もいるようです。就活とバイトを両立するのは一定の大変さがあることがうかがえます。

バイトはいつまでにやめるべき?

フリーターが就活のためにバイトをやめる場合は、退職予定日の1~3ヶ月前にはバイト先へ伝えましょう。雇用主が次の人を探したり、仕事の引き継ぎを行ったりする必要があるので、早めに伝えるのがベターです。バイトのやめ方については、「どんな言い方で伝えるべき?バイトを辞める時のマナー」を参考にしてください。

就活中にバイトを続ける3つのメリット

就活中にバイトを続ける3つのメリットの画像

ここでは、就活中にバイトを続けるメリットを3つ紹介します。忙しくなるにも関わらず、多くのフリーターがバイトを続けながら就活をしている実態には、下記のような理由があるためです。

1.バイト代があるので金銭面に余裕ができる

就活とバイトを両立する場合、金銭面で余裕ができることが大きなメリット。就活は、何かとお金が掛かります。バイトを続けて少しでも収入があれば、就活のための出費を心配せずに生活ができるでしょう。

就活中に掛かる費用

就活中は、履歴書やスーツを買うお金や交通費などが掛かります。以下で詳しく確認しておきましょう。

・スーツや靴、かばん
・履歴書代
・交通費
・飲食費
・書籍(筆記試験対策本、業界研究、就活ノウハウ本など)
・証明写真撮影費
・通信費

地元から離れた地域の会社に応募する場合は、面接の度に交通費がかさみます。「就活には10万円以上かかる?今から始めよう就活貯金!」のコラムで紹介しているとおり、新卒就活の場合の費用は約10万~16万円程度。既卒やフリーターの場合、スーツやかばんなどを持っていれば、そこまで費用が掛からない可能性もあるでしょう。しかし、既卒やフリーターは新卒のように入社時期が決まっていないため、就活が長期化すれば、交通費や通信費などかかる費用も増えていきます。

2.バイトが就活の気分転換になる

就活中にバイトを継続することは、気分転換につながります。就活中は、思うように選考が進まず、気分が落ち込んでしまうこともあるでしょう。場合によっては、スランプに陥ってしまう可能性も。しかし、就活のことを考えずバイトに集中する時間は、良い気分転換になるでしょう。
また、バイトによって規則正しい生活ができる場合、継続したほうが生活リズムを保てるというメリットもあります。就活前後で生活スタイルを変え過ぎないことで、落ち着いて就活に取り組めるでしょう。

3.バイトの経験を就活に活かせる

就活中に必須となる自己PRや志望動機、学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)などでは、バイトの経験が役に立ちます。そのため、履歴書に記入する内容や面接で話す内容がなく困っている人は、バイトの経験を深堀りしてみるのがおすすめ。以下では、バイトを続けることで就活が有利になるスキルや素質を解説します。バイトの経験を就活に活かしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

続けられる力

一つのバイトで長く勤めている場合、物事を続けられる力をアピールできます。仕事をコツコツ進められたり、何かあっても粘り強く頑張れたりする人材は、応募先の企業で重宝されやすいでしょう。「仕事を覚えるうえでどのような工夫をしたか」「大変だったことをどう乗り越えたか」といった経験を具体的に説明できると、効果的なアピールになります。

意欲的な姿勢

バイトでも、仕事に対して意欲的な姿勢をアピールできれば、面接官に好印象を与えられます。「お客さまの満足度を高めるにはどうすべきか」「業務を効率良くするには何をしたら良いか」などの経験や実績があれば、向上心を持ってバイトをしてきたことが伝わるでしょう。

就活しながらバイトするデメリット

就活しながらバイトするデメリットは以下のとおりです。

・時間に余裕がない
・日程の調整が大変
・休息できない

履歴書作成や面接で忙しいなか、バイトにも行かなければならず、スケジュール調整が難しいのが主なデメリットといえます。また、バイトと就活のスケジュールをうまく調整できても休める時間がなく、「心身ともにきつい」と感じることもあるでしょう。

就活中にバイトを続ける注意点

就活中にバイトを続ける場合、「面接の時間が取れない」「忙しくて体調を崩した」といった事態に陥ってしまう恐れも。ここでは、就活しながらバイトをする際の注意点を紹介します。

体調の管理

就活しながらバイトをすると、多忙により体調を崩しやすくなります。万全な状態で就活ができないと、採用のチャンスを逃す恐れも。ゆっくり休める日を作ったり、自分が無理しない程度のスケジュールを組んだりするなど工夫をしましょう。

日程の管理

就活中にバイトをしていると、「面接が入ったのにバイトを代わってもらえない」といった事態も考えられます。会社の面接は平日が多いため、就活中は土日や祝日を中心にシフトを組むと良いでしょう。

就活とバイトを両立させる方法とは?

就活とバイトを両立させる方法とは?の画像

ここでは、就活とバイトを両立させる方法を解説します。就活中のバイトに不安がある方は、チェックしておきましょう。

1.バイトの日数や時間を減らす

就活とバイトを両立するなら、出勤日数や時間を減らすのがおすすめです。身体的な負担が軽くなるので、就活と両立しやすくなります。
就活の面接は、平日の日中に行われることが一般的。土日休みでない接客や飲食関係の応募先でも、繁忙時期を避けて、平日に面接を行う場合が多いでしょう。そのため、バイトは土日に集中させ、平日はスケジュールに余裕をもたせておくと、就活への影響を最小限に抑えられます。

2.単発のバイトに切り替える

現在のバイトでシフトを調整することが難しければ、単発のバイトに切り替えるのも一つの手。単発であれば、「明日暇になった」といった急な予定変更でもできる仕事があります。
基本的には就活を優先させ、時間ができたときに単発のバイトを入れていけば、体の負担も少ないでしょう。長期のバイトに比べて、一ヶ月分の給料は減る可能性が高いですが、バイトを全くしないよりは安定した生活が送れます。「就活とバイトの両立ってできるの?その方法とは?」では、就活中にバイトを始める場合のバイト選びについて解説。これからバイトを探そうと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

3.休む場合はなるべく早く伝える

就活とバイトを両立する場合は、なるべく早めに、バイトの責任者に就活を始めることを相談しましょう。シフトの調整を依頼しやすくなり、バイト先に迷惑を掛けづらくなります。また、責任者が「どのようにバイトと両立するか」の相談に乗ってくれることもあるでしょう。早めの行動を心掛けることで、バイト先と良好な関係を築けます。

4.就活支援サービスを利用する

就活をするときには、公共のサービスであるハローワークや、民間の就職エージェントといった就活支援サービスを利用するのもおすすめです。どちらの就活支援サービスでも、希望や経歴を聞いたうえで求人の紹介をしてもらえて、応募書類の添削や面接練習も受けられます。
就職エージェントの場合、応募先企業とのやり取りや連絡をエージェントに一任できるので、効率良く就活できるでしょう。就職支援を受けたいと考えている方は「フリーター・ニートは就職支援を活用しよう!おすすめのサービスを紹介」を参考にしてください。

就職・転職エージェントのハタラクティブでは、20代や30代の若年層に向けて就職支援を行っています。専任の就活アドバイザーが、一人ひとりのお悩みを丁寧にヒアリングし、求人を厳選してご紹介。応募先企業とのやり取りは、アドバイザーがすべて代行しますので、バイトと就活で忙しい毎日を送る方でもゆとりを持って就活できます。面接の練習や選考書類の添削も可能なので、企業の選考対策に不安がある方も安心です。すべて無料のサービスですので、お気軽にご連絡ください。

就活中のバイトに関するQ&A

ここでは、就活中のバイトに関するお悩みや疑問をQ&A方式で解決します。「バイトをやめようか迷っている」「就活中にバイトをするメリットが知りたい」という方はぜひ参考にしてください。

就活しながらバイトをした方が良い?

バイトを続ければ金銭的に余裕が持てて、バイトをやめれば就活だけに注力できるといったメリットがあります。金銭的な余裕がなかったり、ほど良い気分転換が欲しかったりする人は、就活中もバイトを続けるのがおすすめです。収入がなくても通常どおり生活が送れる環境であれば、バイトをやめて就活に集中するのも良いでしょう。詳しくはこのコラムの「就活中にバイトを続ける3つのメリット」をご覧ください。

就活とバイトを両立させるには?

就活とバイトを両立させるには、「勤務日数や時間を減らす」「単発のバイトに切り替える」といった方法があります。今のバイトを続けたい場合は、バイト先の上司に相談してみましょう。また、実際に求人へ応募し、就活がどのように進むか経験しておくと、スケジュールを調整しやすくなります。就活とバイトを両立させる方法は「就活しながらバイトは可能?上手な両立方法のあれこれ」でも紹介しています。

就活でバイトの経験をアピールしたい!

就活に必須な自己PRや自分の長所などでは、バイトの経験を活かせます。「バイトで工夫したことは何か」「なぜそのバイトを選んだのか」など、できるだけ具体的に伝え、自分の強みに繋げましょう。バイトの経験を活かして自己PRを作成したい方は「フリーターの自己PRの書き方!書けない場合の対処法を例文つきでご紹介」を参考にしてください。

就活のためにバイトをやめるならいつから?

退職予定日の1~3ヶ月前にはバイト先へ伝えるのがベターです。新しい人材の確保や仕事の引継ぎなどが必要な場合もあるため、「就活を始めてみて両立がきついからすぐにやめたい」というのは、あまり良くありません。「就活とバイトを両立できそうにない」と感じているなら、求人に応募して就活を始める前にバイト先へ伝えましょう。一人での就活に不安がある方は、就職支援サービスのハタラクティブへご相談ください。

関連タグ