就活しながらバイトするのは無理?上手に両立させる方法を解説!

就活しながらバイトするのは無理?上手に両立させる方法を解説!の画像

この記事のまとめ

  • 就活しながらバイトをすることでメリットとデメリットが発生する
  • 就活しながらバイトする場合うまく時間を使えるように優先順位を明確にしておこう
  • 就活しながらバイトするなら、支障が出ない仕事を探そう

就活しながらバイトを続けられるか不安に思う方は多いでしょう。バイトしながらだと就活に専念できなくなる恐れがあるものの、「収入源が確保できる」「アピール材料を得られる」といったメリットもあります。このコラムでは、就活しながらバイトを続ける方法をご紹介。就活とバイトのどちらも成功させるための参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 仕事を始めても続かない・・・
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • どうすれば見つけられるんだろう?
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

就活しながらバイトを続けるメリット・デメリット

就活しながらバイトをすることは可能です。とはいえ、就活中にバイトを続けることにはメリットとデメリットの両方があります。以下で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

メリット

就活しながらバイトをするメリットは、以下の通りです。

・就活で必要な出費をカバーできる
・バイトが就活の息抜きになる
・バイトでの経験が就活でのアピール材料になる

就活には何かと出費がつきもの。バイトをしていると、掛かった費用をカバーできるので、金銭面で困ることはないでしょう。また、就活ばかりに打ち込んでいると息が詰まることも。合間にバイトをすることで、リフレッシュ効果が期待できます。さらに、バイトで得たスキルや努力したエピソードなどがあれば、就活でのアピール材料として役立つでしょう。

大学生がバイトをしながら就活するメリットは?

大学生は社会人経験がないため、バイトでの経験を就活でアピールできるというメリットがあります。バイト経験を通して、将来やりたい仕事が明確になることもあるでしょう。大学生の場合、春休みや夏休みなどの長期休暇を利用して、集中的に働くことも可能です。詳しくは、「大学生のバイト事情!仕事内容や給料平均は?アルバイトをするメリットとは」のコラムをご覧ください。

デメリット

就活しながらバイトをするデメリットは、以下の通りです。

・説明会や面接の予定を入れにくい
・就活に費やす時間が減る
・体力を消耗しやすい

就活だけでなくバイトにも労力を使わなければならないことがデメリットとして挙げられます。就活の準備に時間を掛けたいと思っていても、バイトが入っているとなかなか集中できないことも。就活とバイトの時間帯がかぶった場合、日程や時間の調整を煩わしく感じる人もいるでしょう。加えて就活とバイトを同時にこなすと体力を使うので、疲れて就活への意欲が湧かなくなってしまう恐れがあります。バイトを続けることで金銭的に余裕が出るメリットはありますが、就活に集中できなくなると本末転倒です。

就活しながらバイトを続けるメリットとデメリットは、「就活中のバイトはいつまでにやめるべき?有利になる職種や両立のコツを解説」のコラムでも解説しているので、ご一読ください。

未経験OK多数!求人を見てみる

バイトしながら正社員の仕事を探す方法

この項では、就活とバイトをうまく両立するためのポイントをいくつかご紹介します。

バイト先の先輩にアドバイスをもらう

バイト先の先輩で同じような経験をした人がいたら、相談してみましょう。バイトをしながら就活を成功させた人の体験談やコツは、自分自身の就活にも活かせるはずです。自分では思いつかないような方法を教えてもらうことで、悩みが解決するかもしれません。

店長に事情をしっかり話す

バイト先の店長に就活中であることをしっかりと話しておくことも大切です。状況を理解してくれる味方を作りましょう。面接とバイトが重なったときも、シフト変更を申し出やすくなります。

優先順位をはっきりさせる

バイトと就活の優先順位は、はっきりさせておきましょう。「面接前日はシフトを入れず、準備に集中する」というように、バイトと就活のバランスを保つことが大切です。就活が多忙な時期は、シフトを減らすなどして調整しましょう。

早朝や夜の時間にシフトを入れる

就活中の場合、バイトのシフトは日中を避けて入れましょう。日中は、面接が入る可能性が高いからです。面接日程が決まってからではバイトのシフト変更が難しいことがあるため、早朝や夜間の時間帯をあらかじめ選んでおくと良いでしょう。

土日にシフトを入れる

説明会や面接は平日に行われることが多いため、バイトのシフトは土日に入れるという手もあります。平日は就活、土日はバイトというように決めておくと、メリハリのある生活を送れるでしょう。

就活しながら続けるのにおすすめのバイトとは?

就活しながら続けるのにおすすめのバイトとは?の画像

就活しながらバイトを続けるには、自分が続けやすい勤務時間や働き方を選ぶことが大切です。就活と両立しやすいバイトの特徴としては、以下が挙げられます。

・短時間勤務OKのバイト
・時間の融通が利きやすいバイト
・短時間でも稼ぎやすいバイト
・就活の予定がない日だけできる派遣のバイト
・在宅でできるバイト
・日雇いのバイト

就活との両立を目指す場合、時間の融通が利きやすいコンビニや、時給が比較的高めなことが多い家庭教師などのバイトがおすすめです。また、採点やデータ入力といった在宅でできるバイトを選べば、就活の準備に注力しやすくなるでしょう。
「就活中に新しくバイトを始めるべき?」「就活中はバイトしないほうが良いのでは…」とお悩みの方は、「就職にバイト経験は活かせる?志望動機や面接でのアピール方法を解説!」のコラムも参考にしてみてください。

もっと効率良く就活に励みたいなら…

バイトと両立させながら就活に集中するのは、容易なことではありません。そこで、より効率的に動いて就活に取り組めるよう、第三者にスケジュールを管理してもらうのも一つの手です。
就活しながらバイトをしたいと考えている方には、就職・転職エージェントの利用がおすすめ。就職・転職エージェントを利用すれば、求人紹介や企業とのやり取りの代行、面接対策といったサポートを受けられます。担当者にマンツーマンでサポートしてもらえるので、就活に不慣れな方も安心して取り組めるでしょう。

「バイトと就活を両立させたい」とお考えの方は、ぜひハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブは、第二新卒やフリーターといった若年層に特化した就職・転職エージェントです。専任の就活アドバイザーがあなたの就活をしっかりサポートするので、「一人でスケジュール管理するのは苦手…」という方も安心です。準備段階から面接までのスケジュール管理はもちろん、就職先への入社日まで徹底したケアを行います。一人では不安だと感じたら、ハタラクティブまでご相談ください。

就活しながらバイトしたい人のお悩みQ&A

バイトと就活を両立したいと考えている人は多いのではないでしょうか?ここでは、就活しながらバイトしたい人のお悩みをQ&A方式で解決していきます。

就活しながらバイトはできますか?

就活しながらバイトすることは可能です。ただし、バイトと就活のスケジュール管理をきちんとしておかないと、どちらかに支障を来してしまう恐れがあるので、注意しましょう。就活しながらのバイトについては、「バイトで時間がなくても就活はできる?」のコラムをご一読ください。

就活しながらバイトするメリットを教えてください

就活しながらバイトするメリットは、「自己PRや志望動機などの題材になる」「一定の収入を確保できる」などです。就活は交通費や食費など、何かと費用が掛かります。バイトをして収入を得ていれば、金銭面はカバーできるでしょう。また、バイトの経験が履歴書や面接のアピールになる可能性があります。詳しくは、このコラムの「就活しながらバイトを続けるメリット・デメリット」をご覧ください。

就活しながらバイトするデメリットを教えてください

就活しながらバイトするデメリットは、スケジュール管理が難しいことや、体力的につらいことなどです。バイトに時間を使い過ぎてしまうと、就活が疎かになってしまう恐れがあります。また、バイトと就活を同時にこなさなければならないため、肉体的にも精神的にも疲れてしまうことがあるでしょう。

就活とバイトを両立するにはどうすれば良いですか?

バイトと就活の両立を目指すなら、直属の上司に事情を説明しておく、バイトのシフトを調整するといった対策をとる必要があります。バイトが就活の時間と重ならないよう、早朝・深夜や土日にシフトを入れるのがおすすめです。バイトと就活を両立する方法については、このコラムの「バイトしながら正社員の仕事を探す方法」で詳しく解説しています。また、就活をしながらバイトするのが不安な方は、就職エージェントに相談するのも一つの手。ハタラクティブでは、アドバイザーがあなたの希望に沿って面接や入社日などのスケジュール管理を代行し、スムーズな就活をサポートします。

この記事に関連するタグ