就職活動を始めるタイミングってどれくらいがベスト?

フリーターですが、最近就職のために退職するスタッフが多く、取り残されそうで不安です。「自分も正社員を目指すべきか…?」と考えてみましたが、すぐに就職できる自信はありません。 就職活動を始めるのに良いタイミングはあるのでしょうか?

就職したい月の2ヶ月前くらいから始めるのがベターです。 「正社員を目指すため退職を検討しています」と一言会社に言ってから就職活動を始めると良いでしょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

就職活動を始める前の注意点

就職活動を始めるタイミングってどれくらいがベスト?

これから就職活動をはじめる場合は、退職時期に注意しましょう。アルバイトの場合も勤めている企業の就業規則に則る必要があるため、退職申告の時期について定められていないか必ず確認してください。もし規定がない場合は、最低でも1ヶ月前に退職意思を伝えるのが原則です。

退職意思を伝えれば即日辞められるわけではなく、業務の引き継ぎや各種手続きにかかる時間を考慮して退職日・最終出勤日を決定する、ということを踏まえて就活をしましょう。

フリーターの就職活動は2ヶ月を目安にしよう

一般的に、就職活動の期間は2週間~3ヶ月程度とされています。長い人では半年ほどかかることもあるようです。比較的就活に時間を割きやすいフリーターの場合、就職したい月の2ヶ月前から就活を始めるのが無難とされています。近年、就活経験のないフリーターの方も正社員への就職ができるよう支援するサービスもあり、安心して就活を始めることができるでしょう。

ただし、フリーターが早期就職できるかは、「仕事選びの軸が定まっているか」「志望企業が未経験者を歓迎しているか」がポイントです。軸がないと、企業選びに時間がかかる、有効な志望動機を作れず選考に通過しない、など無駄な時間をかけてしまうこともあります。

また、中途採用枠での応募となるため、ライバルは業界経験者であることも。即戦力を求めている企業では不利になることも考えられるので、あらかじめ「未経験歓迎」とされている企業に応募した方が、内定をもらえる可能性は高くなるでしょう。

中途採用は求人の入れ替わりが激しい

中途採用枠は、「人手不足解消」「即戦力」などを求めて用意されるケースが多いようです。つまり、「すぐに人が欲しい」という状態なので、選考ペースも新卒と比べてかなり早め。

良い求人を見つけても、数日で枠が埋まってしまうこともあります。少しでも気になる求人があったら、すぐに応募できるよう準備しておきましょう。

求人の数は変動する

求人が多くなる時期は3~4月、9~10月といわれていますが、企業や業界、職種によって異なります。タイミングを図って就活したい人は、志望業界や職種が求人を展開する時期を調べておきましょう。

早めに就職したいなら未経験者歓迎の枠を狙おう

フリーターから正社員を目指す場合は「未経験可」「未経験者歓迎」の求人がおすすめです。未経験者歓迎の求人は研修体制が整っていたり、経験がない前提で仕事を割り振ってもらえたりする可能性が高いでしょう。

未経験可の求人は年齢によって狙い方を変えよう

一口に未経験の求人と言っても、自分の年齢によって求められるものが異なります。20代前半で未経験の求人に応募する場合は「仕事に対する前向きな気持ち」「自ら仕事を覚えようとする言動」をアピールすると良いでしょう。しかし、20代後半から30代になると熱意だけでなく業界外のスキルを求められます。

具体的には、これまで働くなかで培ってきたスキルを示します。たとえば、「飲食店のリーダーとしてその時間帯の人の管理をしていた」「販売数量を確認し、社員に代わり発注を担当させてもらっていた」など、どの業界でも活かせそうなスキルをアピールできると、未経験可の求人で採用を目指せる可能性が高まります。

未経験者も働ける仕事

未経験可や未経験歓迎の求人は、IT業界や飲食業界、福祉業界に多く見られるでしょう。IT業界は今後も需要が高まるものの人材不足が課題になっており、未経験から将来活躍できる人材育成を行う企業が見られます。

また、飲食業界においても未経験からできる求人が多くあります。さらに、高齢化が進むことから福祉業界も狙い目です。福祉業界においては未経験から入社し、実務経験を積みながら介護福祉士の資格をとるキャリアプランも多く見られるため、長く働ける仕事を探す場合に良いでしょう。

人手不足が目立つ業界や職種は、未経験者も歓迎される特徴があります。未経験だからといって不安になる必要はありませんよ。

未経験からできる仕事をお探しの方は、「未経験から就職できる仕事の特徴は?求人の見極め方やおすすめ業種を紹介」もあわせてご覧ください。

正社員を目指すための準備

フリーターから正社員を目指そうと決意しても、「どうやって就活を進めたら良いんだろう」と悩み、前に進めないこともあるでしょう。ここでは、就活を始める前にトライしたい準備についてまとめました。

辞めるタイミングを決める

まずは、辞めるタイミングを自分のなかで決めましょう。たとえば、「これから3ヶ月間で内定を取るから、来月にはバイト先に辞める意志を伝えよう」と明確な時期を設定します。辞めるまでの期間が決まると逆算して準備を進められるため、ゴールを決めることが大切なのです。

ただし、辞めるタイミングは先述のとおり「最低1ヶ月前」が重要です。長く勤めている場合は辞めると企業側の負担も大きいため、できる限り早めに伝えましょう。

自己分析で方法性を決める

正社員を目指す場合に気にしたいのが「長く無理なく働ける職場選び」です。自分に適した企業選びには、自己分析が欠かせません。これまでの経歴や持つスキルを洗い出して自分の得意不得意を把握しましょう。自己分析が難しいと感じた場合は専門家のアドバイスを受けると効果的です。

なお、自己分析について理解を深めたい場合は「フリーターが自己分析するのは何のため?やり方が分からない方へのヒント集」こちらもご覧ください。

おすすめな就活方法

一人で就活を進めていると、「これで合っているのかな」と不安になることもありますよね。就職活動の進め方に悩んだ場合は、以下の2つの方法を試してみましょう。

ハローワークを活用する

ハローワークは国が運営する公共職業安定所です。各自治体に開設されており、就活を一貫してサポートしてもらえます。また、職業訓練の申込みや雇用保険の手続きを行う場合もハローワークを利用します。

ハローワークについてさらに知りたい方は「ハローワークとはどんなところ?サービス内容と利用の流れを解説!」をご覧ください。

転職エージェントを利用する

ハローワーク同様に就活を一貫してサポートできる転職エージェントもおすすめです。転職エージェントはオンラインで登録でき、求人を自由に閲覧できたり担当者に相談しやすかったりするメリットがあります。

転職エージェントは数が多く特色もそれぞれ異なるため、自分に合ったものを選択しやすい特徴もあります。未経験からサポートしてもらえるところや、特定の業界に特化したエージェントなどさまざまです。

求人を探すところから履歴書の添削、面接対策までキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、就活を効率的に進められるでしょう。

仕事の探し方のポイントは「仕事の探し方がわからない人へ!フリーター・20代・新卒など状況別に解説」でも解説しています。こちらもあわせてご参照ください。

正社員を目指したいものの、どのように進めれば良いか分からない方はハタラクティブにご相談ください。

ハタラクティブは、一人ひとりのペースや条件に合わせて就職活動をサポートいたします。学歴や職歴に関係なく、「こんな働き方をしたい」に寄り添い、成功のお手伝いをします。フリーターから正社員を目指すタイミングや方法が分からない場合はぜひご相談ください。

就職のタイミングに関するQ&A

ここからは就職のタイミングに関する質問に回答します。不安要素をなくして、新しい職場探しを行いましょう。

フリーター経験しかなくても正社員は目指せますか?

可能です。ただし、自己分析や求人の適切な選び方などポイントを押さえる必要があるため、入念に準備を行いましょう。

フリーターのままで居続けると良くない点は?

フリーターのままだと、「収入が安定しない」「イレギュラーに備えられない」「周囲から新倍される」といったデメリットがあります。自分も家族も安心して毎日を過ごしたいと考える場合は、正社員になるのがおすすめです。

転職エージェントがたくさんあってどれを選べば良いか分かりません

自分の希望に合わせて選ぶのがおすすめです。IT系の仕事を目指す場合はIT転職に特化したエージェントを選んだり、福祉業界の場合は福祉専門のエージェントを選んだりするのが良いでしょう。

転職エージェントの選び方や賢い使い方については「転職エージェントの賢い使い方を解説!基本の流れと使い倒すコツ」で解説しています。転職エージェントの利用を検討している方は、ぜひご一読ください。

この記事に関連するタグ