就職試験の作文が書けなかった...とならないために!注意点やコツを紹介

就職試験の作文が書けなかった...とならないために!注意点やコツを紹介の画像

この記事のまとめ

  • 就職試験の作文では、企業が出題したテーマの意図を読み取ることが大切
  • 結論から述べて、具体的なエピソードを入れる書き方がおすすめ
  • 就職試験の作文では、指定された文字数の8割程度を埋める
  • 就職試験の作文では、誤字脱字や丁寧な文字を気をつける

就職試験で作文を出題されて書けなかった、と悩む方も多くいるでしょう。作文では指定の文字数に加えて、内容のある中身にしなければなりません。普段書きなれていないと、どうしても難しく感じるでしょう。このコラムでは、就職試験で出題される作文の作成方法を解説します。作文から企業が知りたいことや構成の作り方を知れば、高評価を得られる文章が書けるはずです。事前に対策を取り、万全の体制で就職試験に挑みましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

企業は就職試験の作文から何を見ているのか

企業側は、就職試験の作文のテーマから、応募者について何を知りたいのかを読み取れます。作文のテーマで多いのは「仕事」や「自身の経験」に関すること。このテーマから以下のような資質を見極めようとしています。

仕事への姿勢

就職試験の作文で仕事に関連するテーマを出題し「仕事への意欲」「将来のビジョン」を知ろうとしています。具体的な例として「入社後に実現したいこと」「働くとは何か」「将来成し遂げたいこと」などです。企業の理念とマッチしている人材か判断しやすく、入社後のミスマッチを避けられます。ほかの志願者と似通う可能性のあるテーマのため、企業の意図を理解し、自分なりの仕事に対する熱意を表しましょう

人柄

就職試験で過去の経験に関するテーマを作文で出題し「性格」「価値観」を知ろうとしています。「困難を乗り切った方法」や「これまでで一番感動した経験」などです。人間性や価値観を知ることで、社風に合うか見極めようとしています。さまざまな経験を交えて書くと文字数を超えてしまうことがあるので、伝えたい内容を絞ることがおすすめです。

企業の価値観とマッチするか

前述した「仕事」「人柄」に関するテーマから、企業は仕事への意欲や人柄などを見極めています。就職試験の作文でこのテーマを出す背景には、入社後のミスマッチを避けるという目的があるようです。企業について入念に研究しておくことで、回答のヒントになるでしょう。企業研究について「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」でまとめています。参考にしてください。

就職試験の作文の書き出しで必要な4つの要素

なぜその企業は就職試験に作文を取り入れているのか、意図を考えながら書き出すと良いでしょう。作文を書き出すときに注意したいことをご紹介します。

1.指定文字数の8割以上を埋める

解答欄へは、指定された文字数の8割程度を埋めましょう。就職試験の作文では、300字程度や400字以内など文字数が指定されていることがあります。たくさん書いた方が印象が良くなると思う方もいるかもしれません。しかし、企業が知りたいのは指定した文字数で伝わる内容です。また、少ない文字数を指定する企業は「結論のみ伝えて欲しい」という思いがあるでしょう。企業の意図を読み取り、端的に伝えます。

2.企業がなぜそのテーマを出題するのか考える

就職試験の作文テーマには、企業が知りたいことが含まれています。どのような人物を求める企業なのか、自分なりに想定してみましょう。協調性を持って働ける人やこつこつと物事を進めていける人など、企業が求める人材はさまざまです。企業研究をおこない、その企業で活躍している人の特徴や企業の文化を理解しておくと書き出しに困らないでしょう。自身がその会社で活躍しているイメージを持ってもらえることが大切です。

3.企業の意図に合った回答をする

企業の知りたいことを端的にまとめましょう。前述したように、就職試験の作文テーマには企業の意図があります。たとえば「これまで困難だったことと、それを乗り切った方法」を聞かれた場合。企業側は、困難だった内容より、その経験から何を学び、成長できたのかに注目しているはずです。

4.結論から書く

就職試験の作文の際には、結論から述べるようにしましょう。はじめに内容を明確化することで、伝えたいことが分かりやすくなります。また、結論に対してその理由やエピソードを添えましょう。根拠があることで説得力のある作文となります。

就職試験の作文は構成が重要

就職試験で作文を書くときに大切なのは、序文・本文・結論の3つの構成を念頭に置くことです。4つの構成からなる起承転結を取り入れるよりも、効率的に書き進められます。

序文

就職試験の作文の冒頭で核心に触れることが大切です。読み手の関心を引く効果があります。これから何を話すのか最初に明かしておくと、その後のストーリーも頭に入りやすいでしょう。

本文

序文で挙げた事柄を、詳しく掘り下げます。就職試験の作文で出題されたテーマについて、一番言いたいことを書いていきましょう。具体的なエピソードを交えることがおすすめです。

結論

本文で書いたエピソードをまとめて、仕事に対する姿勢につなげます。序文でも結論を書きましたが、再度提示することで文章がまとまりやすくなります。

就職試験の作文では、この3つの構成を踏まえておくと、作文の出来に差がつくはずです。

就職試験の作文の書き方で注意すべき5つのポイント

就職試験の作文では、内容以外に文章の基本的なルールが守られているかも重要になってきます。頑張って書いた作文がさらに良い評価を受けられるように、以下で文章のルールをご紹介します。

1.タイトルと内容が合っているか確認する

就職試験の作文ではタイトルと本文に一貫性を持たせましょう。内容に相違があると何を伝えたいのかわからなくなってしまいます。タイトルとのミスマッチを防ぐ方法として、本文を書き終えたあとにタイトルを考えるとよいでしょう。

2.文体を統一する

敬体と常体を混在させないように、注意して書きましょう。就職試験の作文でどちらを用いるべきかは、はっきりとした決まりはありません。しかし、応募先の企業に敬意を表すためにも、文末は「~です。」「~ます。」などを用いるのが無難だといえます。

3.誤字脱字がないよう丁寧に書く

就職試験の作文を書き終えたら、見直しを徹底しましょう。誤字脱字はマイナスポイントにつながりかねません。ミスが多いという悪い印象を持たれてしまう可能性があるので、必ず見直すことをおすすめします。
また、字は相手の読みやすさを考えて丁寧に書きましょう。字が上手でなくても丁寧に書くことで、印象アップが図れます。雑な字だと「いい加減な人」という印象を与えかねないので注意してください。

4.漢字の多用を避ける

就職試験の作文では、読みやすく柔らかい印象にするために、文章中には漢字を多用しないように心がけましょう。「及び」「~の様に」「更に」「様々」「又」などは、すべてひらがな表記にします。

5.一文に情報を入れ過ぎない

就職試験の作文では、読みやすさが大切です。一文が長いと内容がわかりにくく、伝えたいことがうまく伝わらないでしょう。長くなりそうなときは、文を2つに分けるよう工夫することをおすすめします。

就職試験の作文でよく出題されるテーマ

就職試験の作文では、仕事やこれまでの経験をテーマにすることが多いようです。自分の考えを明確にし、結論から述べるのがポイントです。以下で良く出題されるテーマについて解説していきます。

仕事に関するテーマ

就職試験の作文から、仕事についての考え方を判断するために出題されます。仕事への意欲や人物像が見えてくるので、企業で活躍できる人か判断しているのでしょう。
たとえば、働く意味を問うテーマだった場合。「アルバイトの接客経験から感謝されることに喜びを感じ、周囲の人に貢献したい」と回答したとします。この場合、社会貢献性が高い企業や接客業務がある企業などで、価値観が合うと判断されやすいでしょう。
将来の夢を就職面接で聞かれたら?質問意図を理解した回答を用意しよう」「働く意義とは何?面接での回答例文や働きがいのある会社の見つけ方を解説!」で仕事に関するテーマで出題が予想されるものを解説しています。例文を考える参考にしてみてください。

価値観に関するテーマ

就職試験の作文から、価値観や人間性を判断しています。社風を大切にしている企業では採用のために重視されるテーマとなるでしょう。テーマはこれまでの経験や価値観を問う内容です。経験したことを書けるので比較的書きやすいテーマですが、価値観が合わないと企業に感じさせないよう、企業研究しておくことが大切でしょう。「学生時代に力を入れたこと」や「過去の成功体験・失敗経験」などを問われることがあるでしょう。
履歴書の「学生時代に力を注いだこと」の例文をご紹介!書き方のコツも解説」「面接で聞かれる成功体験。好印象を与える答え方とは?」で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

就職試験の作文力をつけるには

就職試験の作文でよく出るテーマを、事前にいくつか練習しておくと良いでしょう。企業によってお題は異なりますが、大まかなテーマは前述した「仕事」や「これまでの経験」についてです。いくつか練習しておくと、就職試験で参考にできるでしょう。そのほか、文章を書く力を身につける方法を以下でご紹介します。また、「面接に繋がる作文を書くために。文章力を高める方法」でも文章力の付け方を紹介しているので、参考にしてください。

本や新聞を読む

本や新聞をたくさん読むことで、文章表現や語彙力を増やせます。この力は作文に活かせるでしょう。また、就職試験で社会問題について触れる企業もあります。ニュースを聞くのも良いですが、新聞を自ら読むことで記憶に残りやすいでしょう。社会問題について自分なりの意見をまとめておくと役立ちます。

書く練習をする

文章力をつけるには、多くの文章を書くことが大切です。過去の出題例をもとに書いてみましょう。企業の過去問を確認することで、その企業が求める人材が見えてくるはずです。就職試験の作文でなにを伝えるべきか判断し、伝わりやすい文章を心がけてみると良いでしょう。

第三者に読んでもらう

友人や就職エージェントなど、第三者に添削してもらうことをおすすめします。自分ひとりでは、誤字脱字や表現のおかしなところに気が付けないものです。第三者に読んでもらうことで、気が付かなかった改善点を教えてもらえるでしょう。的確なアドバイスが欲しい場合は、就職エージェントに相談するのがおすすめです。

若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブでは、すべてのサービスを無料でご利用いただけます。一人ひとりに専任のアドバイザーが付くので、細かな疑問でも気兼ねなく質問可能。また、就職のプロなので、就職試験の作文で好印象を与える文章を考えるための手助けになるでしょう。少しでも不安を解消して就職活動に挑みたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

就職試験の作文に関するFAQ

就職試験で作文の課題があると、書き出しや内容に悩むことがあるでしょう。ここで、想定される疑問にお答えしていきます。

就職試験の作文の書き方のコツは?

企業がなぜそのテーマを出題したのか考え、結論から書き出すことが就職試験の作文を書くときのコツです。また、書き出すまでに構成を考えておくと筋のとおった文章を書けるのでおすすめ。詳しくはこのコラム「就職試験の作文の書き出しで必要な4つの要素」と「就職試験の作文は構成が重要」をご覧ください。

就職試験の作文に注意点はある?

第三者が読むという意識を持ち、読みやすい文章を心掛けることが大切です。具体的には、誤字脱字や文字の丁寧さに気をつけること。また、タイトルと内容に整合性をもたせます。詳しくはこのコラム「就職試験の作文の書き方で注意すべき5つのポイント」をご覧ください。

就職試験の作文でよく出るテーマは?

「仕事について」や「これまでの経験」に関するテーマが多く出題されます。これらの回答から、企業理念に合うかや入社後に活躍できる人材かを見極めているのでしょう。そのため、企業研究をしっかりと行い自分の言葉で書くことが大切です。企業について理解してから就職活動を進めたいという方はハタラクティブへお問い合わせください。

この記事に関連するタグ