高校生向けの就職支援サービスには何がある?ハタラクティブで就活をしよう

高校生向けの就職支援サービスには何がある?ハタラクティブで就活をしようの画像

この記事のまとめ

  • 高校生が受けられる就職支援には、学校の推薦や家族からの紹介などがある
  • 卒業後就職する高校生向けの求人サイトも就職支援サービスの一つ
  • 就職支援を受けることで、就職活動で直面しやすい悩みを解決しやすくなる
  • 就職失敗を避けるためにも、高校生は積極的に就職支援を受けよう

高卒からの就職活動では、興味を持って長く続けられる仕事を探すことが大切です。自分に合った仕事が見つかれば、長期的に働くことでキャリアアップも叶うでしょう。しかし、一人で就活をしていると、企業や業種の選び方に不安を感じることもあるのではないでしょうか。このコラムでは、高校生向けの就職支援について解説します。また、就活をする高校生がチェックすべき職種やおすすめの資格もご紹介するので、ぜひご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

高校生が受けられる就職支援とは?

高校生が受けられる就職支援とは?の画像

ここでは、高校生が受けられる就職支援を紹介します。高校生は、学校を通さないで仕事を自分で探すことも可能です。就職活動に行き詰まっている高校生の方は、ぜひ参考にしてみてください。

学校からの推薦

在学中の高校生が受けられる就職支援は、学校からの推薦が一般的です。学校推薦の就職活動は比較的採用の可能性が高く、比較的安定して働ける企業が多いのもメリット。ただし、1人でいっぺんに何社も応募はできず、企業に推薦できる生徒も成績や出席率を考慮して優先順位が決められるため、大学生が行う就職活動より不便に感じることがあるでしょう。

ハローワークを利用するときは学校経由の応募になる

公共職業安定所であるハローワークは高校生も利用できますが、求人への応募は原則的に学校を経由する必要があります。企業が新卒高卒者を募集する求人をハローワークに登録する際は、審査の通過が必要です。審査を通った企業の求人票が高校に送られるため、ハローワークを利用したい場合はまず学校に相談してみましょう。「ハローワークは高校生の就活に有効?求人の特徴や利用のメリットを紹介」でも解説しているので、こちらもあわせてご覧ください。

家族や知人からの紹介

就職先を紹介してくれる家族や知人がいる高校生は、ツテでその企業に就職するという進路選択もあります。しかし、家族や知人からの紹介で就職した会社は何か問題があっても辞めづらく、先輩社員からはコネ入社と思われて印象が悪くなる可能性も。家族や知人から就職支援を受けようとする場合、プレッシャーを感じやすい高校生は注意が必要です。

高校生向けの求人サイト

求人サイトには高校生向けの種類もあるため、就職支援サービスの一つとして調べてみるのもおすすめ。高校生向けの求人サイトには高卒者を対象にした求人が多く掲載されており、大学生向け・社会人経験のある転職者向けのものは少ないので、検索もしやすく効率の良い就職活動ができるでしょう。

高卒向けの就職エージェント

高校卒業までに就職が決まらなかった場合は、高卒の方向けの就職エージェントを利用してみましょう。多くの就職エージェントは無料で登録・利用でき、就職に詳しいアドバイザーが一人ひとりについて求人を紹介してくれます。面接対策や書類の書き方などもアドバイスしてもらえるため、スムーズな流れで就職活動が進められるでしょう。

高校生が就職活動でチェックすべき職種

高校生が就職活動でチェックすべき職種の画像

ここでは、高校生が就職活動でチェックすべき職種をご紹介します。以下の職種は高卒から応募できる求人も多いため、仕事選びに悩んでいる高校生にもおすすめです。

スキルがなくても始められる!販売職や接客業

販売職や接客業は特別なスキルや資格が必要なく、高卒向けの求人も多いのが特徴。高校生が卒業後に就職しやすい職種の一つです。コミュニケーション能力に自信がある、将来のキャリアのために経験を積みたいという方などに向いているでしょう。

元気と笑顔が一番!営業職

営業職も特殊な技術が必要ないことから、学歴不問の求人が多い職種です。人と話すことが好きで、フットワークの軽い高校生に向いています。自社の商品やサービスをアピールする仕事なので、幅広い業界で仕事があることも魅力の一つです。

パソコンが得意な人に!事務職やIT系

事務職やIT系の企業は、学歴をそれほど重視しない傾向があります。そのため、高卒でも応募できる求人が見つかりやすいジャンルです。IT系の職種ではプログラミングの技術を学ぶ必要がありますが、未経験でも意欲があれば採用するという企業は少なくありません。これから学んでいくという強い気持ちがあり、パソコン作業が得意な高校生におすすめです。事務職もパソコンスキルがある方に向いており、事務職ではオフィス系のソフトが使えればOKという求人が多く見られます。

就職しやすくキャリアアップも目指せる!介護職

学歴・経験不問で募集する求人が多い介護職も、高校生が就職しやすい仕事としておすすめ。未経験からでも資格を取って、スキルアップやキャリアアップを目指せます。資格を取得し経験を積むことで、介護福祉士やケアマネージャーといった専門性の高い職種に転職することも可能です。

体力に自信があるなら!現場系

体力に自信のある高校生には、現場系の仕事が向いているでしょう。工事現場や建設現場などでは職人として活躍できるほか、運転免許があればドライバーにもなれます。将来大型免許を取得すれば、長距離トラックやバスのドライバーも目指せるでしょう。

高卒でも目指せる!公務員

試験に合格できれば、公務員は高校生でも目指せる仕事です。公務員=公立学校の教職員や自治体の職員というイメージを持つ方もいますが、公務員は税務署職員や郵便局員、消防士、警察官などさまざまな職種があります。給与や雇用が安定しているので、生活のためにも将来の選択肢として公務員はおすすめです。上記のほかにも公務員に仕事はあるので、自身が興味のある仕事があれば調べてみましょう。

高校生の就職活動で有利に働く資格

ここでは、高校生の就職活動で有利に働く資格について解説します。就職活動を有利に進めたい方は、参考にしてみてください。

普通自動車免許

就職希望の高校生が応募できる求人には、普通自動車免許があると有利な仕事もあります。もちろんドライバー系の仕事に就きたい場合は免許が必須なので、夏休みや春休みなどの長期休暇を利用して教習所への通学や合宿免許を検討する必要があるでしょう。ただし、普通自動車免許を取得できるのは18歳からなので、自分の誕生日も考えて予定を組む必要があります。また、学校で教習所に通い始めて良い時期や条件が決められていることもあるので、校則の確認も大切です。

ITパスポート

ITパスポートは、情報処理技術者試験の中でも初級者向けの資格です。略して「iパス」と呼ばれることもあります。IT系の知識が幅広く身につくので、これからIT系の仕事に就職したいと考えている高校生におすすめです。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は、WordやExcel、PowerPointなどのソフトを使うスキルを証明する資格です。事務系の仕事に就きたい高校生は、取得しておくと選考でのアピールポイントになるでしょう。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護系の入門ともいえる資格です。資格がなくても介護職に就くことは可能ですが、資格を持っていると給料がアップする事業所もあります。介護業界に就職したい方は、介護職員初任者研修からチャレンジしてみるのが良いでしょう。

公務員試験

公務員について「高校生が就職活動でチェックすべき職種」でも触れましたが、公務員試験は細かく分類分けされていて、高卒で受験できるものも多くあります。まずは希望する仕事を決め、自分に受験資格があるか確認してみましょう。市役所の窓口で働きたいなら「地方公務員初級」、郵便局員になりたいなら「日本郵政公社職員」、警察官を目指すなら「警察官3類」など、いずれも高卒で受験できるものばかりです。
なお、難易度が「高卒程度」とされている試験には年齢制限があり、一般的には20代前半までとされています。年齢制限から外れると大卒と同程度の試験を受けなければならず、試験の難易度が上がってしまうので、公務員を希望するなら高校生の早い段階で就職を考えるのがおすすめです。
高卒で取得できる資格については「高卒で取れる資格を紹介!就職や高収入につながる?」でも解説しているので、あわせてご覧ください。

高校生が「高卒」で就職するメリット

「大卒の方が学歴があるし、高卒で就職するメリットはないのだろうか」と考えるのは早計です。ここでは、高卒で就職したときに感じられるメリットを挙げてみました。

若さが武器になる

高校生が進学ではなく就職を選ぶうえで、若さは「体力がある」「吸収力がある」という利点になります。新人のうちに仕事に打ち込んで新しいことを覚えていくには、若いというポイントが大きなアドバンテージになるでしょう。大卒の22歳もまだまだ若いといえますが、高卒の18歳という若さはより体力や吸収力を感じさせるでしょう。高卒で就職できる企業は、若さが持つメリットの部分を重視して採用していると考えられます。

大卒者より早く社会人経験を積める

高卒で働き始める予定の高校生は、進学して大卒予定のクラスメイトよりも4年早く社会人経験を積めるのもメリットの一つです。大卒が就職する22歳のころには、中堅社員といっていいキャリアを積んでいることになります。年齢から想定した以上に仕事ができると、一目置かれる場面も出てくるでしょう。
また、大卒よりも早く収入を手にできるという点も大きなメリット。生活費のやりくりや貯金をうまくできれば、人より早い年齢で車や家を購入することもできます。

進学に伴う学費を払う必要がない

進学に伴う学費を払う必要がないことも、高校生が高卒で就職するメリットです。日本政策金融公庫の「教育費に関する調査結果」によると、子ども1人当たりにかかる1年間の大学の在学費用は149.9万円でした。単純計算すると、4年間で約600万円の費用がかかることになります。経済的に余裕のある家庭なら問題ありませんが、教育費を十分にかけられない環境であれば、この金額を支払っていくのは簡単なことではありません。大学生が学費をアルバイトで賄おうとすれば、体への負担や授業に追いつけなくなるリスクもあります。授業の遅れのために留年してしまうと進級への意欲を維持することが難しく、休学や中途退学という事態にもなりかねません。
また、奨学金で学費を支払っていく場合は、卒業後長い時間をかけて返済していくことになります。将来の資金計画にも大きく関わってくるでしょう。

参照元
日本政策金融公庫
教育費に関する調査結果

高校生が「高卒」で就職するデメリット

前項で解説したように、高卒で働くことには多くのメリットがあります。しかし、同時に以下のようなデメリットもあることも認識しておきましょう。

大卒よりも給与が低い

高卒は大卒に比べて、給与が低い場合が多いことがデメリットの一つです。厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給」によると、2020年の初任給の平均は大卒者が21万200円、高卒者は16万7,400円で、4万円前後の差があります。学歴によって昇給の幅に違いがある企業では、大卒者と高卒者の給与差は徐々に開いていくでしょう。
前項では高卒なら大学の学費を払う必要がないというメリットを挙げましたが、給与の面では大卒の方が勝っています。どちらを選ぶのが良いかは一概にいえませんが、給与面のデメリットはしっかり認識しておく必要があるでしょう。

求人の幅が狭まる

大卒以上の学歴を持つ人材を募集する企業もあるため、高卒は求人の幅が狭まるのもデメリットといえるでしょう。その違いは求人の数だけではなく、職種や業種にも現れています。
たとえば、銀行や信用金庫などの金融業界の求人は、応募に必要な学歴の多くが大卒です。大企業でも、企画職や研究職など企業の主幹に関わる職種は大卒を募集することが多いでしょう。就職したい企業や職種によっては、求人に応募できない可能性があります。

高卒・大卒の就職率と離職率

ここでは、高卒・大卒それぞれの就職率と離職率について解説します。高校生と大学生では、就職活動でや早期離職の割合に違いはあるのでしょうか。

就職率

文部科学省の「令和4年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況(令和3年12月末現在)に関する調査について」「令和3年度大学等卒業予定者の就職状況調査」によると、2021年の就職率は高卒者が91.4%、大卒者が95.8%でした。大卒者に比べて高卒者がわずかに下回っているものの、どちらも就職率は90%を超えています。
なお、同じく文部科学省の「令和3年度学校基本調査(確定値)の公表について」によると、同年の大学進学率は54.9%となっており、高校生の約2人に1人就職ではなく進学の道を選んでいることが分かります。

参照元
文部科学省
令和4年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況(令和3年12月末現在)に関する調査について
令和3年度大学等卒業予定者の就職状況調査
令和3年度学校基本調査(確定値)の公表について

離職率

文部科学省の「新規学卒就職者の離職状況を公表します」によると、2020年における新卒者の就職後3年以内の離職率は、高卒者が36.9%、大卒者が31.2%でした。高校生は大学生と比較してアルバイト経験のある人が少なく、あまり社会と触れ合う機会がありません。そのため、卒業時にはまだ働く自覚を強く持てない高校生もいると考えられます。そうなると、仕事選びがうまくいかず就職に失敗したり、早期に離職してフリーターになったりすることもあるでしょう。
どのような学歴であっても、早期離職からの仕事探しは新卒時より難易度が高めです。加えて求人の中には大卒以上の学歴がなければ応募できない企業もあるため、早期に退職した高卒者は同じ状況の大卒者よりも再就職が厳しくなる可能性があります。

参照元
厚生労働省
新規学校卒業就職者の在職期間別離職状況

高校生の就職事情の変化

ここでは、高校生の就職事情の変化について解説します。高校生をはじめとする若年層の就職を取り巻く環境は、年々変化しています。高卒で就職する人に関わる話題から、「18歳成人」と「キャリア教育」について見ていきましょう。

「18歳成人」で高校生の就職はどう変わる?

2018年の民法改正で、2022年4月に成人年齢が20歳から18歳へ引き下げられました。つまり、高校生が卒業して就職するときは、法的には大人ということです。
企業によっては、これまで20歳以下の未成年を雇用するときに保護者の同意を必要とする場合もありました。しかし、成人年齢の引き下げを受け、現在は法律上本人の意思だけで労働契約を結ぶことが可能になっています。労働契約後のトラブルや賠償などが発生した際は本人だけの責任になるため、保護者の制約なしに自由に仕事を選べる反面、責任は大きくなるでしょう。

「キャリア教育」と高卒での就職

成人年齢の引き下げに伴い、高卒時点での権利を拡大するとともに、近年では子どもたちに向けて社会人としての職業観や進路を選択する能力を育てる「キャリア教育」が進んでいます。具体的な活動としては、働く人を学校に招いて講座を開いたり、企業や地域と連携して職業体験を行なったりといったものがあるようです。キャリア教育は、コミュニケーション能力の向上や自己の特性の理解を図り、「生きる力」を磨いて就職支援につなげることが目的とされています。
ただし、キャリア教育への取り組みには地域や学校によって差があり、高校生が在学中にキャリアについて学びたいと思ってもその環境が整っているとは限りません。キャリア教育が充実するまでは、「学校で教えてもらえなかった」という考え方ではなく、働くことへの意識を自ら育てていく必要があるといえます。

高校生で就職失敗を避けるためにも就職支援を受けよう

高校生で就職失敗を避けるためにも、「高校生が受けられる就職支援とは?」でご紹介した就職支援は積極的に受けましょう。現在の就職事情は、新卒であることが重視される傾向。新卒で一度就職したがすぐに辞めてしまった、就職活動をせずに卒業してしまった、という人が正社員の仕事に就くのは、新卒時より難しくなります。キャリアに傷を付けないためにも、利用できる就職支援は積極的に使っていきましょう。

就職支援を受けて解決できる悩み

就職支援を受けることで、高校生の就職活動で直面しやすい「企業研究の方法や求人票の見方が分からない」「自分に向いている仕事はどうやって探せばいい?」などの悩みを解決しやすくなります。就職活動がよりスムーズに進められるでしょう。

就職支援サービスはハタラクティブがおすすめ!

就職支援サービスはハタラクティブがおすすめ!の画像

ここでは、高卒の方をはじめとする若年層の求職者におすすめの就職支援サービス「ハタラクティブ」についてご紹介します。

若年層に特化

ハタラクティブの特徴は、若年層の就職支援に特化していること。また、学歴不問の求人も多数ご用意しているため、高卒の方のユーザーが多く、サポート実績も豊富です。「高卒で正社員未経験でも採用してくれる企業はあるのか?」「就職活動ってどうすればいいの?」などの不安やお悩みは、ハタラクティブで解決しましょう。

履歴書の書き方や面接対策などのサポートを実施

ハタラクティブでは面接対策や書類の添削などのサポートを実施しているため、「面接が苦手…」「志望動機がうまく書けない…」という方にもおすすめ。就職活動の悩みを解決して、自信を持って選考に臨めるでしょう。

非公開求人多数で気になる企業や仕事を見つけやすい

非公開求人の紹介を受けられるのは、ハタラクティブを利用するメリットのひとつ。求人サイトには載っていない非公開求人を多数ご用意しています。高卒・未経験で応募できる企業も多いため、気になる企業や仕事を見つけやすいでしょう。

サービスはすべて無料

ハタラクティブの就職支援サービスは、すべて無料でご利用いただけます。応募件数や採用の合否に関わらず、利用料金は一切発生しません。費用を気にせず就職活動に集中できるのは大きなメリット。ハタラクティブは、高卒からの就職活動における強い味方です。

ご利用の流れ

ご利用の流れの画像

ハタラクティブに登録後は、まず専任のアドバイザーとカウンセリングを行います。カウンセリングで希望職種や就職先に求めるものなどを洗い出してから、条件に合った求人をご紹介。応募したい求人が決まり次第、一つ一つの企業に合わせた面接対策や書類添削などを行っていきます。選考後、内定をもらえれば就職決定、不採用だった場合でも、合否を分けたポイントや次の面接に活かせるアドバイスをもらえるのでご安心ください。また、就職決定後は職場でのお悩みも相談可能で、アフターケアも万全です。ハタラクティブは、あなたの就職を最後までサポートします。

若年層特化の就職エージェント・ハタラクティブには、高卒からの就職活動に大切なポイントを熟知した就活アドバイザーが在籍。丁寧なカウンセリングで、一人ひとりの適性をしっかり分析していきます。高校を卒業してからブランクがある方、正社員就職の経験がない方も心配ありません。まずは、お気軽にご相談ください。

高校卒業後の就職支援に関するお悩みQ&A

ここでは、高校卒業後に利用できる就職支援に関するお悩みを、Q&A方式で解決していきます。

高校卒業後すぐに就職することは可能ですか?

高校卒業後すぐに就活を始めることで、比較的早めに就職できる可能性があります。高校の在校生の場合、学校が就職活動をサポートしてくれるため、それを利用することで内定を獲得しやすくなる傾向があるようです。詳しくは、「正社員になるにはどうすれば良い?高卒フリーターでも就職できる?」でまとめているので、参考にしてみてください。

高卒者が就職しやすい業界を知りたいです。

高卒者が就職しやすい業界は、建設業や介護福祉などです。これらの業界は学歴を重視しない傾向があり、高卒者が狙いやすい業界でもあります。高卒者が就職しやすい業界については、「求人が多い業界とは?高卒でも応募しやすい仕事」でも詳しくご紹介しているので、一度目を通してみてください。

高校卒業後に内定を獲得するには?

高卒で内定を獲得するには、応募書類がカギとなります。自己PRや志望動機などの項目で、自分をしっかりアピールできる内容に仕上げられれば、企業側に好印象を与えられ、内定獲得に近づけるはずです。「高卒でも就職のチャンスはある!おすすめの就職先や就活成功のコツを紹介」でも、高卒から正社員になるためのポイントをまとめています。

普通科の高校生は就職に不利ですか?

普通科の高校の出身者であっても十分就職は可能です。普通科の高校生は工業科や商業科に比べ、不利と考える人もいますが、会社によっては、履修学科を問わずに採用活動を行っているので、前向きに就活を進めましょう。

高卒者におすすめの就職サービスはありますか?

高校卒業後に就職を目指すのであれば、ハローワークや就職エージェントの活用がおすすめです。自分に合った仕事を探せるだけでなく、若年層に向けたサポートを受けられることもあるため、効率良く就活を進められます。就職エージェントのハタラクティブでは、若年層の就活をサポート。未経験OKの求人も多数取り扱っているので、まずはお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ