1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 高卒で工場勤務は出世できる?年収は?メリットや転職方法もご紹介

高卒で工場勤務は出世できる?年収は?メリットや転職方法もご紹介

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・工場勤務は高卒でも役職に就くことで、出世や昇給が可能
    ・工場勤務は高卒でももらえる手当が充実しているため、高収入を得られる可能性もある
    ・高卒は大卒に比べて工場勤務の経験が長くなる分、早く出世できる可能性が高い
    ・工場勤務から転職をしたい高卒の人には、事務職や技術職がおすすめ

高卒で工場勤務は出世できる?年収は?メリットや転職方法もご紹介の画像

「高卒で工場勤務は稼げない」と悲観的になっていませんか?工場勤務は年収が低いと思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。このコラムでは、高卒で工場勤務した場合の年収やメリット・デメリットを詳しく解説します。工場勤務から転職する方法も解説しているので、就職を検討している方だけでなく、現職の方も参考にしてみてください。

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

工場勤務の高卒は出世できるのか?

工場勤務は学歴が問われないことが多いためか、"稼げない"というイメージを抱いている人も多いようです。しかし、工場勤務は必ずしも給料が低いというわけではありません。また、高卒でも正社員になれる可能性が十分あり、頑張り次第では出世も可能です。


役職に就けることもある

役職制を導入している工場であれば、高卒でも課長や部長に昇進できる可能性があります。役職に就くと基本的には手当が支給されるので、給与もアップ。製造業における最高平均年収は500万円ほどですが、就業先や役職によってはそれ以上の年収を目指すこともできるでしょう。

工場勤務の年収は?

ここでは、工場勤務をした場合の年収について詳しく解説します。工場によって夜勤の有無や昇給制度が異なるので、一概にはいえませんが年収の目安を知りたい方は参考にしてみてください。


工場勤務の平均年収は約320万円

厚生労働省の調査結果を見ると、高卒の平均年収は292.9万円であることに対し、製造業の平均年収は319.5万円とやや高めです。さほど差がないように感じるかもしれませんが、これはあくまでも平均の値。勤め先によっては、これ以上の給料がもらえる場合もあります。


役職次第で給料アップも見込める

入社時の給料が低い場合でも、役職者に任命されることで給料の大幅アップが見込めます。中小企業では、高卒の人でも工場長になれることも。大企業であっても、班長や主任などの役職を任されることがあり、立場に応じた手当をもらうことで安定した生活を送れるでしょう。


手当が重要

労働基準法では、工場勤務の人に限らず残業や夜勤をした人に対し、基本給の25%を手当として支給するよう定められています。24時間体制で稼働している工場も多く、働く時間によっては高卒の人でも、月収30万円以上稼げるでしょう。


参照元
厚生労働省
令和元年賃金構造基本統計調査

工場勤務の主な仕事内容

一言で工場勤務といっても、その仕事内容は多岐にわたります。少しでも長く勤めるためには、自身に合った仕事内容を選ぶことがポイント。以下を参考にしながら、工場内で自分に向いている仕事は何か考えてみてください。


ライン作業

ライン作業とは、ベルトコンベアの上を流れてくる製品に対して、決められた業務を行う仕事を指します。目視で検品をする仕事から実際に部品の組み立てを行うものまで、さまざまな作業があります。ライン作業は、基本的に同じ動作を繰り返すので、未経験者でも業務を覚えやすいのが特徴です。


ピッキング

ピッキングとは、注文に沿って倉庫内の商品を集める仕事。あらかじめ注文ごとに梱包されているものを集めるシングルピッキングと、複数商品をリストに沿って集めるトータルピッキングに分けられます。ライン作業よりもスピードが求められることが多いですが、未経験者でも十分こなせる業務です。


生産・工程管理

工場全体のスケジュールを組み立てる仕事は、生産・工程管理と呼ばれます。生産・工程管理は、資材の調達からスタッフの人数調整まで幅広い業務があるのが特徴です。工場内設備のメンテナンスや伝票の確認を行うこともあります。工場内全体の状況を確認しながら動く必要があるため、問題解決能力が高い人はやりがいを感じながら働けるでしょう。

高卒で工場勤務する4つのメリット

高卒で工場勤務をするメリットについて解説します。マイナスな印象を抱く人も多いようですが、工場勤務は若い人でも活躍しやすい職場です。工場に就職するメリットを詳しく見ていきましょう。


1.若いうちから高い給料を得られる可能性がある

先述のとおり、手当によっては若い人でも高い給料をもらえることがあります。夜勤手当など、就業時間に対する賃金は、年齢やスキルに関係なく受け取れるもの。一通りの業務がこなせるようになれば、同年代よりも高い給料をもらえる可能性が高いでしょう。


2.未経験者でも仕事が覚えやすい

同じ作業を繰り返す業務が多く、未経験者でも仕事が覚えやすいのも工場勤務のメリットの一つです。評価やノルマがモチベーションになる人にとっては退屈に感じるかもしれませんが、プレッシャーが苦手な人には働きやすい環境といえます。


3.長い時間をかけてスキルを身につけられる

高校卒業後、すぐに働き始める場合は大卒の同年代よりも多くの経験が積めるのもポイント。工場では、溶接など資格取得が必要な業務もあります。早いうちから現場に立つことで、多くの経験を積んで、高いスキルを身につけられるでしょう。


4.大卒者より早く役職に就いて出世できることもある

高卒の人は大卒よりも現場経験が長い分、早く役職に就ける可能性があります。先述のとおり、役職者には基本的に手当が支給されるので、大卒者よりも高い給料が稼げることも。社会人経験が長いことで、対応力なども高まるでしょう。


高卒で工場勤務する3つのデメリット

高卒で工場勤務するメリットについて解説しましたが、人によってはデメリットに感じやすい部分もあります。以下で解説するデメリットも踏まえたうえで、工場勤務は続けられそうか考えてみてください。


1.体力面の不安

工場での作業は単純なものが多いですが、扱う製品やポジションによっては体力が求められます。衣料品や雑貨など、扱う商品自体は軽くても、工場内を1日中歩き回ったり、立ちっぱなしで作業をしたりすることも。重い製品を扱う場合は、筋力も求められるでしょう。
「ラクそう」というイメージを抱いている人は、やや注意が必要です。


2.土日出勤の友人と疎遠に

24時間365日稼働している工場も珍しくないため、工場勤務の場合、土日・祝日に関係なくシフトを組まれることが多く、友人や家族と予定が合いにくくなり、疎遠になることも。業務に慣れるまでは、時間の使い方に戸惑う人もいるでしょう。


3.人脈が広がりづらい

工場では担当業務をひたすらこなしていくので、他部署との関わりなどは少なめ。自然と新たな交友関係を広げられる大学への進学者や、ほかの部署と協働することが多い一般業務の仕事とは、人脈の広さに差が出ることがあります。人脈を広げたいと考える人は、自ら積極的に動く必要があるでしょう。

工場勤務に向いている人

工場勤務に向いている人の特徴をご紹介します。工場勤務は人によって向き・不向きが分かれる仕事であり、向いていない人は「つまらない」「辞めたい」と感じることも。以下の適性と自身の性格を照らし合わせてみましょう。


同じ作業を続けられる人

工場では単純な作業を繰り返す仕事がほとんどなので、毎日コツコツと同じ仕事に取り組める人に向いているでしょう。工場勤務は未経験の人でも覚えやすい仕事である反面、変化を好む人によっては「退屈だ」と感じやすいものでもあります。
「できるだけプレッシャーを感じたくない」「臨機応変な対応が苦手」という人は、工場勤務で有意義な仕事ができるでしょう。


黙々と作業をしたい人

工場での作業は基本的に1人で行うものが多め。周りとコミュニケーションをとりながら進めることが少ないため、黙々と作業に打ち込みたい人にはおすすめです。
反対に、「周りと協力して目標を達成したい」「コミュニケーション能力を活かしたい」という人は、理想の働き方とのギャップを感じる可能性があります。


ものづくりに携わりたい人

物を作る工程に興味がある人にとって、工場勤務は適職といえるでしょう。ポジションによっては、材料の調達から出荷まで、ものづくりにおける全ての工程に関わることができます。製造工程を間近で見られることで、ものづくりへの探究心がより強くなるでしょう。

高卒で工場勤務以外の他業種に転職したい場合

「高卒で工場へ就職したけれど、別の仕事に転職をしたい」と考える方のために、スムーズな転職方法をご紹介します。工場勤務から転職を視野に入れている人は参考にしてみてください。


事務系・技術系がおすすめ

工場勤務の人は、事務系や技術系の仕事に転職するのがおすすめ。仕事内容は異なりますが、今までの経験やスキルを活かせる場面が多く、転職活動をスムーズに進められるでしょう。


生産・工程管理のスキルを活かして事務職へ

工場内の生産・工程管理に携わった経験がある人は、事務職への転職がおすすめです。今まで工場内の管理に関わっていた人は、PC操作や伝票の処理など、事務職に欠かせないスキルが備わっていることも多く、転職がしやすいでしょう。
ただし、事務職はあらかじめ取得すべき資格が指定されていることがあるので応募条件をよく確認してください。


ものづくりの知識を活かして技術職へ

「工場勤務から転職をしたいけれど、ものづくりは好き」という人は、技術職への転職を考えてみましょう。ライン作業などは"技能職"と呼ばれ、技術職が設計した体制に従って作業を進める仕事です。一方、技術職は生産コストの削減や製品の品質向上を目指し、設計を担当する仕事。
一見、今まででの仕事と変わらないように思えますが、技術職は総合職でもあるため営業などを行うこともあります。
より専門性を高めたいという人は、技術職を目指してみても良いでしょう。学歴や資格を求められることが多い業界ですが、高卒・未経験から挑戦できる会社もあります。


転職エージェントを活用して自分に合った仕事選び

「別の業種へ転職したいけれど、適職が分からない」「転職活動が不安」という人は、転職エージェントを活用してみるのも良いでしょう。転職エージェントではカウンセリングを通して、あなたの適性を踏まえた応募先を紹介してくれます。


ハタラクティブは、20代の若年層を対象とした転職エージェントです。
最終学歴が高卒の方の転職活動も全力でサポートしており、カウンセリングだけでなく応募書類の添削や面接対策まで行っているのが特徴です!企業側とのスケジュール調整も代行しているので、働きながらでもスムーズに転職活動を進められます。
「工場勤務に興味がある」という方はもちろん、「工場勤務から転職したい」という方もお気軽にご相談ください。サービスは全て無料で提供していますので、安心してご利用いただけます。


高卒で工場勤務をすることに関するFAQ

高卒で工場勤務をする際に抱く疑問は人それぞれですが、想定されるお悩みについてFAQ方式で解決していきます。


工場勤務は女性には不向き?

女性も工場勤務は十分に可能です。
スマホや衣料品の検品、食品の箱詰めなど女性の活躍が目立つ工場も多くあります。立ちっぱなしの場合はやや体力が求められますが、工場勤務が必ずしも重いものを運ぶ仕事というわけではありません。詳細については、「検品の仕事」で紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。

工場はブラック企業が多いイメージがある…

製造業は全体的に人手不足であることが多いため、福利厚生の充実を図っている会社が増えてきています。
昔は「キツイ・汚い・危険」といわれることもあったようですが、現在は勤務環境や労働条件が改善されている工場が多く、昔に比べて格段に働きやすくなっているようです。注意すべき会社の特徴について知りたい方は「ブラック企業の特徴は?こんな会社には注意!」もご覧ください。

工場勤務は転勤がない?

基本的に転勤はないとされています。
ただし、雇用条件に「転勤あり」と記載がある場合や、工場の閉鎖・倒産に伴う異動が発生する可能性はあるでしょう。また、管理職に就いた場合は業務の関係で転勤の必要が出てくる場合も。転勤を望まない方や、家庭の事情で転勤が難しい方は、採用面接の際に有無をしっかり聞いておきましょう。転勤を避けたいという方は「転勤したくないときは拒否できる?対処法とは」も参考にしてください。

工場に入ったばかりで転職すると転職活動に響く?

面接で前向きな退職・転職理由を答えられれば問題ありません。
前職の退職理由を聞くのは、自社での早期退職のリスクをできる限り減らすため。採用担当者が納得できるような理由を答えられれば、工場勤務の期間が短くても転職は十分可能です。転職理由の答え方については「転職理由と退職理由!好印象を残すアピール方法とは」を参考にするほか、ハタラクティブでもご相談を受け付けております。

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    工場に就職するメリットや具体的な業務とは?向いている人の特徴もご紹介!

  • image

    高卒で軽作業の正社員になるには?

  • image

    ニートの就職先に工場がおすすめな理由

  • image

    高卒者が大企業に就職するコツは?おすすめの職種大卒との給料の差を解説

  • image

    高卒だと初任給はどのくらい貰えるの?

  • image

    高卒ニートが不利な理由と、就職を成功させる方法!

  • image

    就職したいニートに向いてる?住み込みの仕事とは

  • image

    29歳の転職事情は?2回目や3回目だと難しい?女性ならではのお悩みとは

  • image

    高卒ニート3タイプ別!社会復帰への扉

  • image

    大学中退から軽作業の正社員へ

  • image

    高卒で正社員の塾講師になれるか?

  • image

    高卒でも高収入は可能?おすすめの職業や資格をご紹介!

  • image

    高卒に人気の就職先と仕事内容

  • image

    正社員で人と関わらない仕事の求人探し

  • image

    高卒女性は就職に不利って本当?実際の就職状況とおすすめの仕事をチェック

  • image

    高卒で転職を成功させるコツとおすすめの業界をご紹介!

  • image

    高卒向けキャリアを築ける求人とは

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?