中卒向けの就職先とは?選ぶときのポイントや探し方を紹介!

中卒向けの就職先とは?選ぶときのポイントや探し方を紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 就職先に悩む中卒者には、「公務員」「営業職」「施工管理職」などの職種がおすすめ
  • 中卒者は就職先を決める前に自己分析や企業分析、キャリアプランの設定をしよう
  • 就職先を選ぶときは学歴不問の求人に注目したり、教育制度の有無を確認したりしよう
  • 中卒者の就職先選びには、ハローワークや就職エージェントなどのサービスが役立つ

中卒者のなかには、就職先に悩んでいる方もいるでしょう。中卒者には、営業職や販売・接客スタッフ、施工管理職といった職種がおすすめです。これらの職種は基本的に資格が不要で、学歴・経験不問の求人を出している企業も多いため、採用のチャンスがあります。このコラムでは、中卒者が就職先を選ぶときのポイントや、活用すべきサービスなども紹介しているので、参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

就職先に悩む中卒者におすすめの10職種

就職先に悩む中卒者におすすめの10職種の画像

就職先に悩んでいる中卒者には、公務員や営業職、警備員、調理スタッフなどの職種がおすすめです。それぞれの職種の特徴やおすすめの理由を以下で解説します。

1.公務員

公務員とは、国や地方公共団体の職員として、非営利目的で社会に貢献する職種を指します。就職先は、国家公務員が中央官庁やその出先機関、地方公務員が各都道府県庁や市役所・区役所です。公務員になるための「公務員試験」は基本的に学歴不問なので、試験や選考に通過すれば中卒から公務員になれます。ただし、試験によっては年齢制限があるので、自分が受験対象となっているかよく確認しましょう。また、受験時には問題なくても、採用時に年齢制限に引っ掛かってしまう場合もあるので注意が必要です。公務員に興味がある方は、「中卒から公務員を目指そう!職種や試験について解説」も確認しておきましょう。

2.営業職

営業職とは、会社の商品やサービスを顧客にPRして、契約に結びつける職種です。営業職は学歴よりも若さやポテンシャル、コミュニケーション能力などが評価されやすいので、中卒から挑戦しやすい職種といえます。インセンティブ制度を導入している会社もあるため、高収入を目指したい方は、就職先を選ぶ際に制度の有無も確認してみてください。営業職の概要は「中卒からでも営業の仕事はできる?おすすめの業界や資格を紹介」でも詳しく解説しているので、あわせてご参照ください。

正社員

営業職

  • 360万円 ~ 576万円

  • 年末年始休暇,夏季休暇,有給休暇,慶弔休暇

3.警備員

警備員は、施設やヒト、モノなどの警備を行います。主な就職先は、大手警備会社や中小警備会社です。警備員は基本的に学歴や経歴、年齢などが問われないため、中卒の方も応募しやすいでしょう。就職に必須の資格もありませんが、就職後に「警備業務検定」や「警備員指導教育責任者」といった資格を取れば、警備員としてステップアップすることが可能です。「中卒でも正社員になれる警備員の仕事|フリーター就職支援のハタラクティブ」のコラムでは、警備員の特徴や役立つ資格、向いている人のタイプなどを紹介しているので、チェックしてみてください。

正社員

警備職

  • 287万円 ~ 444万円

  • 有給休暇,慶弔休暇

4.調理スタッフ

調理スタッフとは、食材の下処理や調理、盛り付けなどを行う人を指します。就職先は、レストランやカフェ、学校、ホテル、病院などです。「資格不要」とする求人もあるので、未経験の中卒の方もチャレンジしやすいでしょう。実務経験を積んだあとに、調理師の資格を取ってキャリアアップを目指すこともできます。「就活アドバイザーが教える!調理スタッフのお仕事」では、調理スタッフの仕事内容だけでなく、平均年齢や年間休日なども紹介しているので、あわせて要チェックです。

5.販売・接客スタッフ

販売・接客スタッフとは、お客さまに商品を販売したり、サービスを提供したりする人のことです。販売・接客スタッフになるのに特別な資格は必要なく、未経験歓迎の求人も多いため、中卒から目指しやすい仕事といえます。就職先は、飲食店やアパレルショップ、百貨店、コンビニエンスストア、アミューズメント施設などさまざまです。販売・接客スタッフになりたい方は、「中卒でなれる販売の正社員」のコラムで向いている人の特徴も確認してみてください。

販売・接客の仕事に興味がある方向けの

求人一覧はこちらから

6.介護職

介護職とは、介護サービスを利用している方の生活をサポートする仕事です。就職先としては、介護老人福祉施設や介護老人保健施設、デイサービスセンターなどが挙げられます。介護業界は、少子高齢化の影響による人手不足が問題になっており、採用の間口を広げている施設が多いようです。なかには、就職後の資格取得を支援する制度を導入している施設もあるため、着実なステップアップを目指す中卒者は、制度の有無もチェックしましょう。
中卒から介護職は目指せる?就職するメリットや資格を解説」では、介護職に就く方法や向いているタイプを紹介しているので、就職の際の参考にしてみてください。

正社員

介護職

  • 244万円 ~ 289万円

  • 慶弔休暇,産前産後休暇,介護休暇,育児休暇,有給休暇

7.IT関連の職種

IT関連の職種とは、システムエンジニアやプログラマー、Webデザイナーなど、IT業界に関わる仕事を指します。就職先は職種によって異なり、システムエンジニアやプログラマーの場合はシステム開発会社や各種メーカー、Webデザイナーの場合は広告代理店やWeb制作会社などが一般的です。近年の急速なIT技術の発展によって採用を拡大している企業は多いので、「未経験歓迎」「学歴不問」の求人に注目すれば、中卒からの就職も十分に可能といえます。IT関連の職種に就きたい方には、「IT企業とは?その意味や含まれる職種を分かりやすく解説!」のコラムもおすすめです。

IT関連の仕事に興味がある方向けの

求人一覧はこちらから

8.工場作業員

工場作業員とは、工場内でライン作業やピッキング、検品などを行う人を指します。作業品質を保つためにマニュアルを完備している工場が多く、未経験者もチャレンジしやすいのが特徴です。就職先によって扱う製品は異なるので、自分が興味のある分野を選んでみましょう。「工場に就職するメリットを紹介!仕事内容と向いている人の特徴も解説」のコラムでは、工場勤務のメリット・デメリットや「どんな人が向いているか」を紹介しています。工場作業員としての就職を検討している中卒者は、ぜひご一読ください。

正社員

製造職

  • 432万円 ~ 550万円

  • 有給休暇,GW休暇,夏季休暇,年末年始休暇

9.施工管理職

施工管理職とは、工事現場における指揮監督や施工のスケジュール管理などを行う仕事です。建設業界は、人材の高齢化が問題となっているため、中卒者は若さやポテンシャルを武器に就職活動を進めるのが効果的といえます。施工管理職に就くのに資格は不要ですが、より仕事の幅を広げたい方は、施工管理技士の資格取得を検討してみてください。就職先によっては、資格手当がつく場合もあります。「施工管理の仕事」のコラムを読むと、施工管理職の具体的な仕事内容や給与、将来性などが分かるので、ぜひ就活にお役立てください。

正社員

施工管理職

  • 317万円 ~ 490万円

  • 年末年始休暇,有給休暇,慶弔休暇,GW休暇,介護休暇

10.ドライバー

ドライバーとは、人や物を目的地まで安全に送り届ける仕事です。運送会社や宅配業者などが主な就職先となります。ドライバーと一口にいっても、バスドライバーやタクシードライバー、ルート配送ドライバーなど種類はさまざまなので、自分に合った分野を選びましょう。ドライバーの種類ごとの特徴は「正社員ドライバーになるためには?仕事内容や転職成功のポイントを解説!」で解説しているので、ご参照ください。

運転免許は何歳からとれる?

警視庁の「受験資格」によると、第一種普通自動車免許は18歳以上で取得が可能です。また、大型・中型免許や二種免許は、「19歳以上」「一定の教習を修了」「普通免許等を受けていた期間が1年以上」の条件がそろっていれば受験できるとの記載があるので、当てはまる中卒者は受験を検討してみてください。

中卒の就職におすすめの職業9選」では、上記以外のおすすめ職種も紹介しているので、より選択肢を広げたい方はチェックしてみましょう。

参照元
警視庁
警視庁ホームページ

分野別!中卒者の就職先選びに役立つ職種一覧

この項では、中卒者向けの職種を分野別に紹介します。ぜひ、就職先選びにお役立てください。

分野 職種
医療系 医療事務
ドラッグストア店員
歯科助手
介護・福祉系 ホームヘルパー
介護職員
介護事務
生活支援員
美容・ファッション系 エステティシャン
美容部員
アパレル店員
飲食系 ホールスタッフ
調理スタッフ
音楽系 コンサートスタッフ
オフィス系 不動産営業
カスタマーサポート
一般事務

上記の職種は、無資格・未経験者も応募可能な求人があるので、中卒から挑戦しやすいといえます。ただし、就職先によっては応募の段階で資格が必要だったり、資格保有者を優遇していたりする場合もあるため、募集要項をよく確認しましょう。

中卒者が就職先を決める前にやるべきこと

中卒者が就職先を決める前にやるべきことの画像

中卒者は、就職先を決める前に自己分析や企業分析、キャリアプランの設定などを行いましょう。就活の軸や将来の展望をある程度固めておけば、自分に合った就職先を見つけやすくなります。

自己分析と企業分析

中卒者は、就職先を決める前に自己分析と企業分析を行いましょう。自己分析とは、これまでの人生を振り返って、自分の得手不得手や好き・嫌いなどを明確にすることを指します。企業分析は、Webサイトや会社説明会、インターンシップなどによって企業の特徴や他社との違い、求める人物像などを理解する作業です。自己分析によって明確になった自分の強みを、就職先でどう活かすかを伝えれば、採用のメリットを感じてもらいやすくなります。また、就職後に「こんなはずじゃなかった…」というギャップを感じづらくなるのも自己分析・企業分析のメリットです。

将来について考える

キャリアプランを考えるのも、中卒者が就職先を決めるのに役立ちます。キャリアプランとは、理想の生活や将来像を設定し、それを実現するための計画を立てることです。目指すべきゴールがあれば、今何をすべきなのか・どの会社でどのような経験を積めば良いかが明確になります
また、面接でキャリアプランを聞かれることもあるため、考えておいて損はないといえるでしょう。キャリアプランの立て方や立てるメリット、面接で伝える際のポイントなどは「明確なキャリアプランで転職成功へ!立て方・伝え方のポイントと回答例」でまとめているので、参考にしてみてください。

中卒者が就職先を選ぶときの3つのポイント

中卒者が就職先を選ぶ際のポイントは、「学歴不問の求人に注目する」「教育制度が整っているかチェックする」「ブラック企業を選ばないように注意する」などが挙げられるでしょう。

1.学歴不問の求人に注目する

中卒者は、「学歴不問」の文言を意識しながら就職先を選びましょう。学歴不問とは、文字どおり「学歴を問わない」という意味を持つので、学歴に自信がなくても応募できます。ただし、学歴不問の求人のなかには、学歴ではなく経歴を重視する会社もあるので注意が必要です。「学歴不問だから」とすぐ応募するのではなく、未経験者を積極的に採用しているのか、即戦力を求めているのかをよく確認しましょう。

学歴不問の求人を探している方向けの

求人一覧はこちらから

2.教育制度が整っているか確認する

教育制度が整っているかどうかを確認するのも、中卒者が就職先を選ぶ際のポイントです。教育制度が整っている会社は、入社後に人材を育成する前提で採用活動をする傾向にあります。そのため、学歴や経験を重視しない場合も多いようです。入社後に業務手順やマナーなどを一から丁寧に学びたい方は、研修内容や期間、教育方針などを事前によく確認しておきましょう。

3.ブラック企業に注意する

中卒者は、ブラック企業に注意して就職先を選びましょう。ブラック企業に明確な定義はありませんが、一般的には「労働時間が異様に長い」「残業が当たり前」「残業代が出ない」「労働に見合った給与が支払われない」といった特徴がある企業を指します。ブラック企業のなかには、求人に虚偽の情報を載せて人材を集める会社もあるので、注意が必要です。見極め方は「ブラック企業の特徴とは?入社前に見極める方法と対処法を解説」でご確認ください。

中卒者の就職先選びに役立つサービス

中卒者の就職先選びに役立つサービスの画像

中卒者が就職先を探すときに活用できるのは、主に「ハローワーク」「就活サイト」「就職・転職エージェント」の3つです。それぞれの特徴は、以下をご覧ください。

ハローワーク

ハローワークは、厚生労働省管轄の就職支援機関です。職業紹介や就職活動のサポートだけでなく、雇用保険の手続きなども行っています。47都道府県に設置されており、地元の就職に強いのが特徴です。求人数の多さも魅力ですが、無料で求人掲載できるがゆえに、ブラック企業が紛れ込みやすいのが難点といえます。利用方法は「ハローワークの使い方は?利用の流れとポイントを徹底解説」で詳しく解説しているので、ハローワークの利用を検討している中卒者は、ぜひ確認してみてください。

就活サイト

就活サイトとは、就活に役立つ情報が掲載されたWebサイトです。掲載されている求人に応募したり、企業のセミナーや説明会の参加申し込みをしたりすることができます。スマートフォンやタブレット端末などから簡単に登録ができ、どこからでも気軽に求人を閲覧できるのが特徴です。ただし、就職活動の日程調整や企業とのやり取りなどは自分で行う必要があるので、中卒者のなかでもスケジュール管理が苦手な人はストレスを感じる場合があります。

就職・転職エージェント

就職・転職エージェントとは、就職先を探す求職者と人材を求める企業のマッチングを行っている、民間の就職支援機関です。求人紹介や応募書類の添削、面接対策、企業とのやり取り代行、入社後のフォローなど、求職者の就職活動を一貫してサポートしてくれます。自分に合うサービスやアドバイザーを見つけるのに苦労する場合があるため、複数のエージェントに登録して利用するサービスを見極めるのがおすすめです。

「一人で就職活動を進める自信がない」「自分に合う就職先が分からない」と悩んでいる中卒者は、ぜひ就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、既卒や第二新卒、フリーターなど若年層に特化した就職支援サービスです。アドバイザーがマンツーマンでサポートするので、就職活動が初めての方も安心してご利用いただけます。サービスはすべて無料なので、お気軽にご連絡ください。

就職先を探す中卒者に関するQ&A

この項では、就職先を探す中卒者の悩みをQ&A方式で解消します。「中卒は就職できない?」「中卒におすすめの職種は?」といった疑問を持っている方は、ぜひ解決にお役立てください。

中卒は就職できない?

中卒者が就職することは可能です。ただし、就職率が高卒や大卒に比べて低いのも事実なので、「学歴不問や未経験歓迎の求人を選ぶ」「教育制度が整った会社を選ぶ」「人手不足の業界を狙う」というように、就職先の選び方を工夫する必要はあります。中卒者の就職が難しいとされる理由は、「なぜ中卒は就職できないといわれるの?」で詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

就職しなかった中卒の末路は?

中卒者が就職しなかった場合、「正社員との収入差が開く」「年齢を重ねるにつれてアルバイトの面接にも通過しづらくなる」といったデメリットが生じることがあります。20代までは若さやポテンシャルを評価してもらいやすいですが、年を重ねるにつれて即戦力が求められるように。そのため、将来的に就職を考えている方は早めに行動を起こすのが得策でしょう。将来に不安がある方は、「中卒フリーターの末路は?正社員への就職を成功させるコツをご紹介」も要チェックです。

中卒におすすめの職種は?

中卒者には、販売・接客スタッフや介護職、警備員、施工管理職といった職種がおすすめです。これらの職種は基本的に資格が不要で、学歴や経験を問わない求人も多いため、採用のチャンスが十分にあります。このコラムの「就職先に悩む中卒者におすすめの10職種」では、それぞれの職種の特徴を詳しく解説しているので、就職先選びの参考にしてみてください。自分に合う職種が分からない方は、就職・転職エージェントのハタラクティブを利用するのも一つの手です。

中卒で住み込みの仕事はできる?

中卒で住み込みの仕事に就くことは可能です。住み込みの仕事は、通勤時間を削減できたり貯金しやすかったりするメリットがあるので、就職先に悩んでいる方は、ぜひ選択肢に入れてみてください。ただし、滞在先の施設環境が悪かったり、人間関係に問題があった場合に逃げ場がなかったりするデメリットも考慮しておく必要があります。住み込みの仕事に興味がある方には、「住み込みの仕事はきつい?おすすめの職種や選ぶときのポイントを解説!」のコラムもおすすめです。

この記事に関連するタグ