中卒で目指す警備の正社員

中卒の方にオススメの就職先の1つに警備員が挙げられます。
求人誌でよく募集を見かける職種ですが、正社員だけでなくアルバイトや契約社員も多く募集されている職種で、学歴・年齢を問わず多くの方にチャンスがあります。

では就職するとどのような現場で仕事をするのか、職種の特徴は何か、
役立つ資格はあるか、向いているのはどのような人かなどをご存知でしょうか。

実際の就活に役立てられる情報をまとめました。

警備員の職場

警備員の仕事の現場は交通整備というイメージが広く持たれているでしょうが、実際の警備の職場の種類は幅広くあります。

施設警備は1号警備と呼ばれています。
ショッピングセンターやテーマパークなどが主な現場で、災害や不審者から施設内のお客さまを守ります。

交通誘導警備と雑踏警備は2号警備と呼ばれています。
工事現場付近の歩行者を安全に通行させたりお祭りやイベントなど多くの人で混雑している場所で人々を誘導したりします。

他には現金や核燃料などハイリスクなものを輸送している車を警備する3号警備、依頼者のボディガードをする4号警備などがあります。
現場によって内容は異なりますが、いずれも人を守る重要な仕事です。

中卒で正社員になれるだけでなく様々な現場で責任ある仕事ができるという魅力があります。

またどのような警備会社に就職するかによっても仕事は違うので、まずは求人の募集内容をしっかり確認することをオススメします。

警備員の特徴

警備員の求人の募集条件は学歴・年齢が不問であることがほとんどなので、中卒で正社員として就職しやすい職種として有名です。

しかし就活で志望動機を述べるにはあらかじめどのような仕事内容かを把握しておく必要があります。

よく見かける警備員のような立ち仕事が基本です。
1日の拘束時間は基本的に長めで場合によっては深夜の仕事もあるので、ある程度の体力が必要です。
仕事内容は警備だけでなく案内や誘導もあるので人とコミュニケーションを取る場面が多くあります。

なお現代社会ではIT化が進んでいて無人の警備システムがオフィスやショッピング施設などだけでなく一般住宅にも広まっていますが、システムの故障時に頼れる警備員は今後も不可欠な存在です。

セキュリティシステムに詳しい人材はキャリアアップを目指せるでしょう。

仕事に使える資格

警備会社の正社員求人の募集条件で必須と記載されている資格は特にありませんが、取得しておくと将来キャリアアップに繋げられる資格はたくさんあります。

では警備の業界ではどのような資格があるとより活躍できるようになるのでしょうか。

1号警備には施設警備検定、2号検定には交通誘導検定、3号検定には貴重品運搬検定などが挙げられます。
これらはほとんどが受験時に経験や年齢を問われない資格なので、中卒でも受験可能です。

就活を始める前に取得しておくと選考で採用担当者に就職へのモチベーションをPRできるでしょう。
有資格者は10人体制の現場で最低でも1人は必要とされているので、ゆくゆくは現場責任者、管理職として活躍することが期待されます。

向いている人のタイプ

中卒で就職を目指せる職種は力仕事の求人が多くを占めますが、元々体力に自信がある方でもあらかじめ自分に適性があるかどうかを就活前に慎重に見極めることが重要です。

警備の正社員に向いているタイプは、やはり心身ともに健康な方でしょう。
ほぼ1日中立ち仕事であることがほとんどで拘束時間も長くて深夜の仕事もあるので、体調管理をしっかりする必要があります。

ほとんどの現場で多くの人と接する仕事なので時には面と向かってクレームを言われることがありますが、滅多にくよくよしない精神力も求められるでしょう。


また周りの状況を瞬時に判断する能力も必要です。
例えば交通誘導では車と歩行者をそれぞれ誘導するタイミングを見誤ると事故に繋がる恐れがあるので、常に空気を読んで仕事をこなさなければなりません。

もう1つ必要なのは責任感の強さです。
多くの人の命を預かっているという自覚を持って仕事ができる方は警備員に向いています。

警備員は経歴や年齢などを問わず幅広く募集されているので中卒の方でも正社員になりやすい職種です。

しかし求人が常に多く出ているためにどの警備会社が自分に合っているか、どのような資格を取得すれば良いかなど悩むことがあるでしょう。

就活の疑問点はハタラクティブのコンサルタントにご相談ください。

おすすめ記事

▼ご相談はこちらから▼

  • 現在の状況とご希望条件をご選択ください
    • ステップ1
    • ステップ2
    • ステップ3
    現在のご状況必須

    離職中・フリーター
    (契約・派遣含む)

    正社員

    在学中
    (卒業予定)

    在学中
    (中退予定)

    在学中
    (中退を検討中)

    就職開始可能時期必須

    できるだけ早く

    1~2ヶ月先

    3ヶ月以上先

    まだ本当に活動するか決めていない

    最終学歴の卒業年必須

    ←戻る
    次へ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ