1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 学歴なしでも就職できる?中卒ニートの特徴と就活方法

学歴なしでも就職できる?中卒ニートの特徴と就活方法

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・中学卒業後に進学や就職をしていない人や就職後に離職した人、高校を中退した現在無職の人を「中卒ニート」と呼ぶ
    ・近年では大学全入時代を迎えているため、最終学歴が中学校の場合は就職するのは厳しいのが現実
    ・しかし、料理人や美容師、大工など学歴に関係なく働ける職種もある
    ・高卒と同等の学力が認められる「高卒認定」を取得して、大学に進学したり就職の幅を広げたりするのもおすすめ

学歴なしでも就職できる?中卒ニートの特徴と就活方法の画像

大学を卒業してるニートを表す「高学歴ニート」という言葉がありますが、ニート生活を送っている人の中には最終学歴が中学校という「中卒ニート」の方もいると思います。
中卒ニートは、ほかのニートとはどのような違いがあるのでしょうか。
また、多くの方が就職の際に懸念する学歴ですが、中卒の場合はどのような職業に就くことができるか知っていますか?
当コラムは、中卒ニートが就職するための方法を紹介しています。
ニートから抜け出したいと考えている方は参考にしてください。


中卒ニートのタイプ

一口にニートと言っても、大学を卒業している「高学歴ニート」の方もいれば、最終学歴が中学校の「中卒ニート」の方もいるでしょう。
中卒ニートには、どのようなタイプがあるのでしょうか。


【中学校卒業後に何もしていない人】

まず、中卒という言葉どおり、中学校を卒業したあと進学も就職もしていない人が挙げられます。
しかし、近年では高校進学が当たり前となっているため、このパターンの人は少数と考えられるでしょう。


【中学卒業後に就職したものの退職した人】

中学校卒業後に就職したものの、退職してそのまま無職を続けている人も。
職歴の長さに関わらず、退職後に再就職せずに無職であれば中卒ニートになります。


【高校を何らかの理由で退学した人】

中学を卒業したあと高校に進学したものの、何らかの理由で退学してしまい、仕事に就いていない人も中卒ニートに当てはまります。


職歴の有無に関わらず、最終学歴が中学校であれば「中卒」になり、現在仕事や通学、家事、職業訓練を行っていなければ「ニート」に分類されます。
現在の日本では高校に進むのが一般的なため、中卒ニートの方の多くは「高校を中退してニートになった人」ではないでしょうか。


学歴は就職に影響する?

家庭の事情や人間関係など、さまざまな理由から中卒になった人もいると思います。
学歴は就職に影響するのでしょうか。


日本は昔から「学歴社会」と言われており、学歴が高いほど評価される風潮が強め。
また、近年は少子化や大学数の増加によって、希望者全員が大学に入学できる「大学全入時代」と呼ばれています。
希望すれば誰でも大学に入れる時代では、「大卒が学歴の基本」「就職するには大卒が当たり前」という考えの企業が多いのが現状でしょう。


高校や大学に進学するのが一般的と言われている中で、中卒という学歴はかなり厳しいのが現状です。
就職できたとしても、昇格や昇給しづらい可能性があるほか、周囲と給与面で差が出ることも考えられます。
企業側も、「学力や基本的な能力が備わっているか」「周囲とのコミュニケーションは取れるか」といった点から採用を躊躇することがあるようです。


学歴に関係なく活躍できる仕事

一般的に中卒は就職が厳しいと言われていますが、学歴に関係なく活躍できる仕事はあるのでしょうか。
代表的なものを以下にまとめたので、参考にしてください。


【料理人】

料理人や調理師は、学歴を問わないケースがほとんど。
取得しておきたい調理師免許は国家資格ですが、学歴不問で受検することが可能です。
しかし、受検には「2年以上の調理業務経験」が求められるため、少なくとも2年は現場で経験を積む必要があります。


【美容師】

美容師も、学歴不問で働ける職業の1つです。
しかし、料理人のように無資格では就業できず、国家資格である「美容師免許」の取得が必須。
美容師免許を取得するには美容学校への入学が一般的ですが、多くの美容学校では高卒以上の学歴が求められます。
そのため中卒者は、美容の高等専修学校に進学するか、通信課程で学ぶ必要があるでしょう。


【大工】

とび職や建築などの仕事は、学歴不問で挑戦できることが多いようです。
特別な資格も必要ないため、見習いから始めて経験やスキルを積んでいく…というケースが一般的。
経験次第では高収入を得ることも可能と言われています。


【第一次産業】

第一次産業と呼ばれる農業、林業、水産業も、学歴不問で中卒からスタートできる職業です。
中には、実家が農家や漁業を行っているという人もいるかもしれません。
若年層の人手が足りていないことが多く、自治体が就労をサポートするケースもあるようです。


上記は一例ですが、「中卒で目指せる職業は思っていたより多い」と感じた人もいるのではないでしょうか。
しかし、ご紹介したのは一般的に「手に職がつく」と言われる職業が多く、いずれも仕事として極めるには努力と時間を要するもの。
仕事として成り立つ前に挫折してしまう人も多く、これらの職業に就くにはある程度の覚悟が必要と言えるでしょう。


中卒で勝負するか、高卒認定を目指すか

手に職をつけて専門的な仕事に就くのもニートを卒業する方法の1つですが、中卒ニートの方の中には「本当は進学したかった」という人もいると思います。
そのような方は、「中卒でも就職できる仕事」というくくりにこだわらずに、自分がやりたい仕事をしっかりと頑張るのが向いているのではないでしょうか。


「そうは言っても学歴がないから…」と悩んでいるなら、高卒認定を受けるのがおすすめ。
高卒認定とは、正式名称を「高卒認定試験」と言い、高校卒業者と同等またはそれ以上の学力を示す資格です。
何らかの事情で高校の進学や卒業ができなかった人に向けて実施されているもので、国家資格なので取得すれば「高卒」と同等の扱いを受けることが可能。
これにより、応募できる求人の幅が広がるだけでなく、大学や専門学校などの高等教育機関の受験資格を得ることができます。
前項で紹介した美容学校や看護学校などの受験ができるようになるので、進路の選択肢が増えるでしょう。


ただし、高卒認定は「高卒資格」ではないため、大学などに進学しない限り学歴は中卒のまま。
「高卒以上必須」の求人などは企業側に確認することをおすすめします。


選択肢が広がる一方、資格なので取得までには時間がかかることも。
試験を受ける気がなかったり、時間がもったいないと感じる人は就職を優先して考えたほうが良いでしょう。


ニートから抜け出すためには?

ニート期間が長ければ長いほど抜け出すのは難しくなると言われています。
また、就職するなら若ければ若いほど有利、というのも一般的な意見。
ニート生活から卒業するために有効な方法はあるのでしょうか。


【運転免許を取得する】

近年では免許を取得する若年層が減っていると言われていますが、業務で車を使用する仕事は多くあります。
必須資格として免許を掲げる求人も多く、比較的簡単に取得できる運転免許を持っていれば応募できる仕事の幅も広がるでしょう。


【生活リズムを見直す】

通勤や通学を行っていないニートの方は、生活リズムが乱れていることが多いようです。
特に昼夜逆転している人が多いため、就職の前に生活リズムを整えることが大切。
日中に活動することで健康になったり、前向きな考えを持てるようになったりすることも期待できます。


【公的な就職支援機関を利用する】

1人で仕事を探したりニートから脱却するのが難しいと感じたら、プロの手を借りるのもおすすめ。
ハローワークやジョブカフェといった公的な支援機関を活用してもいいでしょう。
支援機関では求人の紹介だけでなく、就職相談やセミナーなども開催しています。
また、自治体によっては「東京わかものハローワーク」のように若者の就職支援に特化した機関を設けていることもあるので、積極的に利用してみると有益な情報を得られるかもしれません。


「ハローワークって暗いイメージ」「ちょっと相談しにくい…」と感じるなら、もっと気軽に相談できる民間の就職エージェントを活用してみてはいかがですか?
若年層の就職支援に特化しているハタラクティブは、明るくきれいなオフィスでカウンセリングを行っています。
就職アドバイザーは専任のため、気兼ねなく相談できるのも魅力の1つ。
未経験者歓迎の企業が多いので、職歴がなくて不安…という方でも紹介できる求人を多数用意しています。
「将来こんなことをやってみたい」「長く働ける仕事を探している」などの相談もOK!
書類作成や面接練習などもしっかりと行い、就職後も定期的にサポート。
学歴に自信がない人、未経験から正社員になりたい人はぜひご相談ください。


中卒でも就職はできる?中卒ニートの就活に関するお悩みQ&A

学歴がなくても就職できるのか不安な人もいるでしょう。ここでは、中卒ニートの就活に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。


高校認定試験を受ける意味はある?

高卒認定試験は国家資格なので、取得すれば高卒と同等の扱いを受けることができ、応募できる求人の幅が広がります。学歴がない人にとってはメリットが多いでしょう。「中卒の人は高卒認定試験を受けた方がいいの?」では、高卒認定試験について詳しく紹介しています。


中卒で公務員になることはできますか?

中卒でも公務員になることは可能です。
しかし、公務員試験は高卒の学力を求められるので、ある程度の学力がないと公務員になるのは難しいことも。勉強に苦手意識のある人は高卒認定資格を取得してみるのも良いでしょう。「中卒で目指せる公務員への道」では、中卒で公務員を目指す人に向けた対策を紹介していますので、参考にしてみてください。


就職しないとダメですか?

家庭やその人の事情によって状況は変わるため、一概には言えませんが、就職はした方が良いでしょう。
一般的に就職活動は若い人の方が有利です。職務経験もなく年齢の高い人は、内定の確率も下がる傾向に。「早めの脱出が吉。ニートの末路って……」では、ニートを続けるうえでのリスクについて解説しているので、一度目を通してみることをおすすめします。


就職したいけど何から始めれば良いか分からない…

1人で仕事を探すことが難しいと感じたら、プロの手を借りるのもおすすめです。
ハローワークやジョブカフェ、就職エージェントといった支援機関を活用してみましょう。就職エージェントのハタラクティブでは、未経験歓迎の求人も多く用意しており、就職に関する悩みや相談にも対応しています。就職アドバイザーが新たな一歩を踏み出すためのお手伝いをしますので、1人で悩まず、お気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    バイトを始めたい!中卒ニートが面接で注意すべき点とは

  • image

    中卒ニートから正社員になる方法

  • image

    早めの脱出が吉。ニートの末路って……

  • image

    10代でも転職先はある?高卒でも成功するコツをご紹介!

  • image

    ニートを卒業したい人へ!派遣社員になる方法

  • image

    中卒者のメリットを活かす就職活動

  • image

    中卒の人は高卒認定試験を受けた方がいいの?

  • image

    中卒の履歴書のコツ

  • image

    中卒で結婚を考える人の就活方法

  • image

    中卒でも行ける専門学校がある!進学・就職への3つの選択肢

  • image

    ニート人口はどれくらい?ニートについての疑問を解説

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる