新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 中卒ニートでも就職できる?働くための4つの方法とおすすめの職種をご紹介

中卒ニートでも就職できる?働くための4つの方法とおすすめの職種をご紹介

【このページのまとめ】

  • ・中卒ニートとは、中学校を卒業したあとに進学や就職をしなかった人のこと
  • ・中卒ニートには、高校中退後に就職せず無職になった人も含む
  • ・中卒ニートに対する評価が厳しいため、就職しにくい傾向がある
  • ・中卒ニートから社会復帰するには、資格取得やアルバイトから始める
  • ・料理人や美容師など、中卒ニートには学歴を問わない職種がおすすめ

 

監修者:吉田早江

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

ニートの中には、最終学歴が中学校である、いわゆる「中卒ニート」の人も多いでしょう。人それぞれ事情は異なりますが、高卒や大卒の人と比較すると、社会的な評価が低く、就職に対する悩みも多いのではないでしょうか。
このコラムでは、中卒ニートから就職するための具体的な方法を紹介しています。自分の経歴に自信がない方や、ニート状態から抜け出したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

中卒ニートのタイプ 

一口にニートといっても、これまでの経歴や事情は人それぞれです。大学を卒業している「高学歴ニート」の方もいれば、最終学歴が中学校の「中卒ニート」の方もいるでしょう。「ニート」とは、仕事や通学、家事、職業訓練を行っていない若年層を指す言葉です。職歴の有無に関わらず、最終学歴が中学校で、現在ニート生活をしているのであれば、「中卒ニート」といえるでしょう。

1.中学校卒業後に何もしていない人

中卒ニートには、中学校卒業後、進学も就職もしていないパターンが挙げられます。しかし、文部科学省「令和2年度学校基本調査(確定値)の公表について(p6)」からも分かるとおり、近年では高校進学率が高くなっているので、このパターンの人は少数でしょう。

中卒ニートのタイプの画像

引用元:文部科学省「令和2年度学校基本調査(確定値)の公表について」図3 高等教育機関への進学率
 

2.中学卒業後に就職したものの退職した人

中卒ニートの中には、中学校卒業後に就職したものの、退職してそのまま無職を続けている人もいるでしょう。職歴の長さに関わらず、退職後に再就職せずに無職であれば中卒ニートになります。

3.高校を何らかの理由で退学した人

中学を卒業したあと高校に進学した人の中にも、中卒ニートがいます。高校進学後、何らかの理由で退学してしまい、仕事に就いていない人が、中卒ニートです。高校に進学していても、卒業していなければ、最終学歴は中卒となります。

中卒ニートは就職が難しいといわれている4つの理由

中卒ニートから正社員として就職することは、年々難しくなっているようです。近年の就職事情において、学歴は関係ないという声も耳にしたことがあるでしょう。実際のところは「大学全入時代」と呼ばれており、最終学歴が中卒で無職の「中卒ニート」が就職をするのは、難しいと言わざるを得ないのが現状です。そこで、中卒ニートは就職が難しいといわれている具体的な理由を4つ紹介します。理由を把握すれば、対策を取れるものもあるので、確認しておきましょう。

1.中卒で正社員として就職している人は少ない傾向にある

中卒ニートは就職が難しいといわれる理由の1つ目は、中卒で正社員として就職している人が少ない現状があるからでしょう。下記は、「平成30年若年者雇用実態調査の概況」で公表されている学歴別の就業形態とその割合のデータです。

最終学歴 正社員 正社員以外の労働者
中学卒 35.4% 64.0%
高校卒 56.5% 43.2%
大学卒 80.9% 19.1%
引用元:厚生労働省〔個人調査〕1 現在の就業状況 表 13 性、年齢階級・在学の有無・最終学歴、雇用・就業形態別若年労働者割合より抜粋


中卒は、高卒や大学卒に比べて正社員になりにくく、かつ、正社員以外の雇用形態で働いている人が多いことが明らかになっています。

2.学歴の低さに不信感を持たれてしまう

中卒ニートは就職が難しいといわれる理由の2つ目は、人間性に「何か問題があるのではないか」と、不信感を持たれてしまうからです。
現代人の学歴事情において最終学歴が中卒の人の割合はかなり低いことから、中卒というだけで不信感を持つ企業も少なくないといわれています。人間性をはじめ、学習意欲の低さなどを疑われてしまう傾向にあるため、中卒ニートの就職事情は厳しくなっているといわざるを得ません。

3.仕事のスキルが身についていない

中卒ニートは就職が難しいといわれる理由の3つ目は、職歴がないことです。働いた経験がないことは、仕事の基本的なスキルも身についていないと考えられるため、就職が難しくなってしまします。
「未経験OKの求人もある」「新卒も未経験なのでは?」と疑問に思う方もいるでしょう。「ニート=毎日何もしていなかった人」という印象があるため、戦力として考えてもらえない傾向にあります。過去にアルバイト経験があっても、辞めてからの期間が長ければその経験値も評価の対象にならない可能性が高いでしょう。

4.働く意欲が低いのではないかと思われる

中卒ニートは就職が難しいといわれる理由の4つ目は、働く意欲が低いのではないかと思われてしまうからです。
一般的に、世間はニートに対して、「だらしない」「怠け者」といったイメージをもっています。会社も例外ではなく、「働く意欲がない」「向上心がない」という先入観を持って見られることは、避けられないでしょう。
ニートだった事実を変えることはできないため、いかに前向きな姿勢をアピールするかが、就職成功へのポイントになります。

中卒ニートが働くための4つの方法

中卒ニートからの就職が厳しいという現実は避けられませんが、絶対に就職できないわけではありません。そこで、中卒ニートが働くためにすべき具体的な方法を4つご紹介していきます。

1.高卒の学歴取得を目指して高校認定試験を受ける

中卒ニートを抜け出して働くために取るべき行動の1つ目は、高等学校卒業程度認定試験を受けることです。
就職において最終学歴が中卒であることは大きなハンデとなります。応募できる求人の幅を広げるという意味でも、高等学校卒業者と同等以上の学力がある者として認定される、高等学校卒業程度認定試験を受けてみましょう。「高卒認定は就職に有利?高卒資格との違いや就活の注意点を解説!」で、高卒認定の詳細やメリットを解説しているので、参考にしてください。

2.正社員を目指してアルバイトから始める

中卒ニートを抜け出して働くために取るべき行動の2つ目は、アルバイトをするです。
ニート期間が長いと、いきなり正社員として働くことに、不安や抵抗を感じる人も多いでしょう。まずは、アルバイトとして勤務すると、働くことへの不安が軽減する可能性があります。中卒ニートから直接正社員を目指すより、アルバイトというステップを踏むほうが現実的でしょう。
アルバイトによっては、正社員登用をしてもらえる可能性もあります。仕事内容にも慣れた状態で働けるため、順序立ててステップアップできるでしょう。

3.就活に有利な資格を取る

中卒ニートを抜け出して働くために取るべき行動の3つ目は、就活でアピールできるような資格を取得することです。
ニートという状態自体が、低評価スタートになることは否めません。「仕事に役立つ資格を取得した」という事実があれば、採用担当者からの評価も高くなるでしょう。また、資格を取得すれば、「働く意欲がある」という評価につながる可能性があります。「ニート脱出のきっかけになる?就職に有利な資格まとめ」では、就職に役立つ資格を紹介しているので、参考にしてください。

4.学歴に関係なく活躍できる仕事を目指す

中卒ニートを抜け出して働くために取るべき行動の4つ目は、学歴を問わない仕事を目指すことです。
就職を考えるなかで、給料や職種などの条件が気になることもあるでしょう。待遇面も大切な要素ですが、就職先の選択肢を狭くする恐れもあります。条件を絞り過ぎると、なかなか就職が決まらずニート期間が長くなり、余計に低評価になる、という悪循環に陥ってしまうこともあるでしょう。そのため、学歴に関係なく採用されやすい仕事も視野に入れると、就職できる可能性が高まります

中卒ニートにおすすめ!学歴を問わない仕事5選

ここでは、中卒ニートからの就職におすすめな、学歴に関係なく活躍できる仕事を紹介します。

1. 料理人

料理人や調理師は、学歴を問わないケースが多いようです。
料理人や調理師として働くなら、国家資格の調理師免許の取得を目指します。受験資格に学歴は問われないので、中卒ニートにもおすすめです。
しかし、受検には「2年以上の調理業務経験」が求められるため、少なくとも2年は現場で経験を積む必要があります。飲食店や調理関係のアルバイトから、目指してみてもよいでしょう。詳しくは、「調理士は中卒からでも目指せる」でも解説しています。

2.美容師

美容師も、学歴不問で働けるため、中卒ニートにおすすめの職業の1つです。
美容師として働くには、国家資格である「美容師免許」の取得が必須となります。美容師免許の取得には、美容師養成施設(通称:美容学校)の卒業が条件です。美容学校の入所資格は高等学校卒業者(一部中卒者でも可能な場合もあり)とされています。高卒認定資格を取得するか、美容の高等専修学校に進学すると良いでしょう。

参照元
厚生労働省
理容師・美容師免許の取得まで

3.大工

とび職や建築などの仕事は、学歴が求められにくい傾向にあるので、中卒ニートでも挑戦しやすいでしょう。
特別な資格も必要ないため、見習いから始めて経験やスキルを積んでいくというケースが一般的です。経験次第では高収入を得ることも可能といわれています。建築関係の仕事は、大工だけではありません。詳しくは、「建設作業員の仕事内容とは?平均年収や求人の特徴も解説」で紹介しているので、興味がある人は読んでみてください。

4.第一次産業

第一次産業と呼ばれる農業、林業、水産業も、学歴不問なので、中卒ニートの社会復帰におすすめできる職業です。中には、実家が農家や漁業を行っているという人もいるでしょう。若年層の人手が足りていないことが多く、自治体が就労をサポートするケースもあるようです。

5.企業の営業職

企業の営業職も学歴や仕事のスキルの有無に関係なく、働く意欲や人柄に問題がなければ積極的に採用する傾向にある職種です。中卒ニートでも、可能性がある仕事といえるでしょう。
営業職では、頑張れば頑張るほど給料に反映されるインセンティブ手当てがつくことがあります。向上心が強いタイプの人にはやりがいのある仕事だといえるでしょう。

中卒ニートから抜け出す5つの方法

ニート期間が長ければ長いほど抜け出すのは難しくなるといわれています。中卒ニートとなると、ニート期間が長くなっている人も多いのではないでしょうか。また、就職するなら若ければ若いほど有利、というのも一般的な意見です。
そこで、ニート生活から卒業するために有効な方法を紹介します。

1. 運転免許を取得する

近年では運転免許を取得する若年層が減っているといわれています。しかし、業務で車を使用する仕事は多いようです。
運転免許は、中卒ニートでも比較的簡単に取得できます。必須資格として運転免許を掲げる求人も多く、運転免許を持っていれば応募できる仕事の幅も広がるでしょう。

2.生活リズムを見直す

通勤や通学を行っていない中卒ニートの方は、生活リズムが乱れていることが多いようです。特に、昼夜逆転している人が多いため、就職の前に生活リズムを整えましょう。日中に活動することで健康になったり、前向きな考えを持てるようになったりすることも期待できます。

3. 今後を見据える考えを持つこと

中卒ニートから大手企業や優良企業から内定をもらえる可能性は、限りなく低いのが現実です。
ただ、長期的な視点を持って今後を見据える考えを持つことにより、十分にニートから逆転生活を目指すことは可能でしょう。
たとえば、営業職に就いて成果をあげ続けて、実績とスキルが身についたあとに、優良企業へのキャリアアップを目指すことも可能です。長期的な視点を持って取り組むことが大切といえます。

4.公的な就職支援機関を利用する

1人で仕事を探すことや、中卒ニートから脱却するのが難しいと感じたら、プロの手を借りるのもおすすめです。
ハローワークやジョブカフェといった公的な支援機関を活用しても良いでしょう。支援機関では求人の紹介だけでなく、就職相談やセミナーなども開催しています。
また、自治体によっては若者の就職支援に特化した機関を設けていることもあるでしょう。東京都であれば、「東京わかものハローワーク」という機関があります。積極的に利用してみると、有益な情報を得られる可能性もあるでしょう。

5.実績を残せる会社選びをする

ニートからの就活では、将来的なキャリアアップを見据えて、実績を残すための会社選びをすることも大切です。
ニート生活が長いと大手企業や有名企業で働くイメージが湧かない人は多いでしょう。中卒ニートからいきなりそのような企業で働くことは難しいですが、実績を残すための企業を選ぶことで、転職できる可能性が生まれます。
就職→仕事に励む→実績を残す→優良企業へ転職、というイメージを持って、会社選びをしてみましょう。

中卒ニートで上手く就職できるか分からず不安を感じている人は、周りの力も借りながら仕事を見つけるという意識を持つことも大切です。
1人で仕事を探すことが難しいと感じているなら、プロの手を借りて、悩みを共有しながら進めていくことで、自分に合った最適な仕事を見つけることができるでしょう。
就活のサポート、そのあとのアフターフォローを求めている人は、ハタラクティブへご相談ください。

中卒でも就職はできる?中卒ニートの就活に関するお悩みQ&A

学歴がなくても就職できるのか不安な人もいるでしょう。ここでは、中卒ニートの就活に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

高校認定試験を受ける意味はある?

高卒認定試験は国家資格なので、取得すれば高卒と同等の扱いを受けることができ、応募できる求人の幅が広がります。学歴がない人にとってはメリットが多いでしょう。「中卒の人は高卒認定試験を受けた方がいいの?」では、高卒認定試験について詳しく紹介しています。

中卒で公務員になることはできますか?

中卒でも公務員になることは可能です。 しかし、公務員試験は高卒の学力を求められるので、ある程度の学力がないと公務員になるのは難しいことも。勉強に苦手意識のある人は高卒認定資格を取得してみるのも良いでしょう。「中卒から公務員を目指そう!職種や試験について解説」では、中卒で公務員を目指す人に向けた対策を紹介していますので、参考にしてみてください。

就職しないとダメですか?

家庭やその人の事情によって状況は変わるため、一概には言えませんが、就職はした方が良いでしょう。 一般的に就職活動は若い人の方が有利です。職務経験もなく年齢の高い人は、内定の確率も下がる傾向に。「早めの脱出が吉。ニートの末路って……」では、ニートを続けるうえでのリスクについて解説しているので、一度目を通してみることをおすすめします。

ニート歴が長いのですが、就職できますか?

やる気や能力で採用してくれる会社も多くあるので、ニート期間の長さを気にする必要はありません。まずは、アルバイトで働くことに慣れるのも手です。1人で就職活動をすることが不安なら、ハローワークや就職支援サービスを活用する方法もあります。無料で利用できるので、まずは相談してみましょう。

就職したいけど何から始めれば良いか分からない…

1人で仕事を探すことが難しいと感じたら、プロの手を借りるのもおすすめです。 ハローワークやジョブカフェ、就職エージェントといった支援機関を活用してみましょう。就職エージェントのハタラクティブでは、未経験歓迎の求人も多く用意しており、就職に関する悩みや相談にも対応しています。就職アドバイザーが新たな一歩を踏み出すためのお手伝いをしますので、1人で悩まず、お気軽にご相談ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    みんなの就職エピソード

    中卒から正社員へ 体験談 一覧

    関連記事

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    • arrow
    • youtubeIcon

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ

    特集

    COLLECTION