中卒で目指せる公務員への道

中卒でも正社員として就職したいと考えたとき、安定した公務員を志す人は多いのではないでしょうか。

しかし中卒では他の正社員求人と同様に公務員試験を受験する資格がないのではないかと悩むこともあるでしょう。

中卒で目指せる公務員の職種は何があるか、合格するためにどのような勉強が必要か、また高卒認定資格を取ると具体的にどのようなメリットがあるかなど公務員就職を応援する情報をまとめました。

中卒で受験資格がある公務員の職種

公務員就職試験は、他の正社員求人と同様に、最低でも高卒でなければ受験できないものが多くあります。

中卒で応募できるのは、自衛官就職を目指す高等工科学校の入学試験や国家一般職などの受験です。
自衛官の学校は将来の就職先に直結した専門的な仕事の教育が受けられるので、体力と根性に自信がある方にオススメです。

ただし高等工科学校は15~17歳未満の男性しか受験できず、中卒でも募集がある他の職種はほとんど全てが、実際の試験では高卒レベルの学力を求められる職種なので、中卒の学力のままで公務員になるというのはあまり現実的な方法ではありません。

高卒認定資格を取得すれば、高卒レベルの試験問題が理解できるようになり、将来公務員として就職できる可能性が一気に広がることが期待できます。

公務員として就職することを考えるなら、まず高卒認定試験を受験する必要があるでしょう。

中卒でなれる公務員職種

企業の正社員の募集条件同様、公務員でも中卒で就職を目指せるのは警備や防衛など体力的にハードな仕事が多いです。

求人の募集要項で中卒でも受験可能と記されている公務員試験はいずれも実際は高卒の学力を求められるので高卒認定試験を受験しなければ、現実的な就職はなかなか難しいかもしれません。

高卒認定資格を取得すれば、国家公務員一般職や税務職員などへの就職が望めます。
試験合格後、職業訓練の学校に入学してから就職できる場合が多いですが、警察官はもちろん陸上・海上・航空自衛官、消防官、看護師など幅広い職種を目指せます。

どの職種に就職するにしても、体力だけでなく学習意欲があり、忍耐力もある方に向いている仕事ばかりです。

また中卒でも元々勉強に苦手意識がなく、高卒認定試験を受験しなくても独学で公務員試験を突破できる自信があれば、高卒認定資格なしで応募しても良いかもしれません。

公務員になるためのスキルを伸ばす

中卒から公務員になるためには、相応のスキルが必要です。どのスキルを伸ばせば良いか見ていきましょう。

・警察官
警察官の仕事は多岐に渡ります。警察官は柔道や剣道などを習っていた人が多く活躍しています。
警察官になってから自分の身を守るために、そういった武道の経験があると重宝されるでしょう。ボクシングや合気道なども良いですね。
中学時代に習っていた経験はもちろん、独学でもスキルを活かすことができます。
これから警察官になって公務員デビューをしたいと考えている人は、肉体的な強化を図ってみてはいかがでしょうか。

・消防官
消防官は比較的ハードな職業です。そのため、体力が求められます。日頃からランニングや筋トレなどに励み、鍛錬を怠らないようにしましょう。
また、消防官には判断力も必要です。一瞬の判断が命取りになることもあり、的確かつ迅速に判断できる能力があると良いでしょう。

・自衛官
自衛官は国内だけではなく、海外に赴き任務を果たすことがあります。そのため、英語など国際的な語学スキルを身につけておくと、プラスに働きます。
英語は勉強すれば勉強するだけ伸びるスキルです。基礎的なことから始めて、徐々に語学力を高めていきましょう。

中卒公務員のメリットデメリット

公務員就職のメリットといえば、やはり真っ先に挙がるのは雇用の安定でしょう。

民間企業の正社員とは違って、犯罪行為をして懲戒免職にならない限りはリストラされる可能性がないのが誰もが憧れる公務員の最大の魅力ではないでしょうか。

また中卒や高卒、フリーターでも募集がある職種は警察学校や自衛官の大学校などに通って仕事の実用的な資格や技術を身につけてから就職するものが多いのも長所の1つです。

一方、公務員就職のデメリットは、まず民間企業のように高収入にはなりにくいことでしょう。
民間企業の正社員であれば仕事で成果を出した分だけ給料は上がりますが、公務員は安定してはいても国の景気によって収入は左右されるので、個人の頑張りはなかなか反映されづらいものです。


また中卒で就職する公務員に多いのは、体を張ったり緊急の出勤要請が出たりして、体力が激しく消耗される仕事なので、日頃から体を鍛えておく必要があります。

中卒で公務員試験を突破の秘訣

公務員の募集で合格して就職するにはほとんどの仕事で高卒以上の学力が必要とされますが、中卒で合格するにはどうすれば良いのでしょうか。

就職で最も近道とされているのは、高卒認定資格を取得することです。
就職の選択肢が広がるだけでなく、高校の勉強をして公務員試験の問題が理解できるようになります。
高卒の知識を得たら、他の民間の正社員就職と同様に、自己分析が必要です。


自分の長所は何か、どのような仕事に就職したら活かせるかなどをじっくり考えてイメージを固めておくと、面接でも自己PRができます。
自分の理想の就職がイメージできたら、気になる公務員職種を調査しましょう。
自分が想像ていた仕事内容と合っているか、自分に適性があるかなど就職した後の自分をイメージします。

そして中卒のフリーターの場合、就職する場合に最も必要なことは、勉強する習慣でしょう。
毎日コツコツ学習するように心がければ、試験合格・就職も望めます。

ハタラクティブは、正社員就職をサポートするサービスです。
公務員が気になっているけど他の選択肢も知っておきたい、公務員試験をがんばっているけどもしかしたらの時のために他も見ておきたい。という方はぜひご相談ください。

おすすめ記事

▼ご相談はこちらから▼

  • 現在の状況とご希望条件をご選択ください
    • ステップ1
    • ステップ2
    • ステップ3
    現在のご状況必須

    離職中・フリーター
    (契約・派遣含む)

    正社員

    在学中
    (卒業予定)

    在学中
    (中退予定)

    在学中
    (中退を検討中)

    就職開始可能時期必須

    できるだけ早く

    1~2ヶ月先

    3ヶ月以上先

    まだ本当に活動するか決めていない

    最終学歴の卒業年必須

    ←戻る
    次へ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ