第二新卒で公務員になる方法

第二新卒で公務員就職を目指す場合、どのようにアプローチしていけば良いか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
今回は第二新卒から公務員に就職するためのポイントをご紹介します。

目指せる仕事の選択肢の中で多く見られる特徴は何か、公務員になるメリットは何か、試験勉強や面接を突破するための対策はどうすれば良いか、
前職が民間企業の正社員かフリーターかで公務員試験にどのような影響が出るかなど公務員になるために役立つ情報が盛りだくさんです。

一般的な公務員の種類

公務員は、国家公務員と地方公務員に分かれており、それぞれの区分の中でも細分化されています。

国家公務員の場合は総合職と一般職に分かれ、総合職は国家の政策に携わることが多いです。総合職試験に合格すると中央省庁に配属されます。
一般職の場合は、一般事務や技術系の業務が多く、1府12省以外にも配属先があります。地方労働局や地方運輸局、入国管理局などに配属されることもあるようです。技術系の場合は、土木職や農学職、化学職などの職種があり、技術面で地域環境を支えています。

地方公務員の場合は、都道府県庁や政令指定都市、東京都特別区などに配属されて業務を行います。地域に密着しながら、包括的に住民を支えていくのが、地方公務員の役割です。

公安系の公務員の種類

国家公務員と地方公務員の他には、公安系の公務員の募集があります。
公安系の公務員といえば、警察官や自衛官、消防士などが挙げられます。
公安系の公務員は体力が必要なものが多く、年齢によっては体力的にキツい可能性もありますが、第二新卒からなる場合はまだ間に合います。

責任感を持って国家を支えたい方は公安系の公務員になることをおすすめします。
警察官や自衛官、消防士は年齢制限があるため、民間企業から公安系の公務員になろうと考えている方は早めに決断したほうが良いでしょう。
もちろん現場に出て活躍する人もいれば、事業所の中で事務処理にまわる人もいます。

公務員になるメリット

第二新卒から公務員になるメリットはいくつかあります。
まず、公務員は公共の機関で業務を行うので、安定感のある環境で働けます。民間企業だと業績によって給与が変わることもありますが、公務員の場合はそれがありません。
また、年齢に準じて昇給する制度が整っているため、長く働けば働くほど給与が上がっていきます。長期雇用を考えている方にはぴったりです。

さらに、公務員は残業が少なく、時間通りに退勤できるのが特徴です。
仕事をしながらプライベートの時間も確保できます。その他にも一般の企業と異なるのは、退職金がもらえることです。
民間の場合は貰える場合と貰えない場合がありますが、公務員の場合は確実に貰えます。公務員から転職する際や定年退職したときも安心できますね。

第二新卒で公務員になるポイント

4年制大学の第二新卒である場合、就職を目指せる公務員の求人は幅広い選択肢があります。

国税専門官や地方上級公務員、教員免許があれば教師、警察官でもキャリア組を目指せます。
試験は正社員の場合、論文や面接での自己PRがより重視される社会人採用枠で応募すればフリーターや高卒、大学中退の正社員よりも職歴をPRしやすいため、公務員就職を決めるには有利でしょう。

フリーターの場合は新卒の受験者と同様に学力重視の一般枠で受験したほうが合格の可能性が高くなります。
大卒レベルの試験は難易度が高いため、独学よりも予備校に通ったり通信教育を受けたりしたほうが良いでしょう。

面接では、正社員は前職の仕事内容をPRすれば問題ありませんが、フリーターはこれまでの経歴よりも自分の将来の展望を中心にPRすることをオススメします。

公務員試験対策・注意点について

公務員になるには公務員試験を受けなければなりません。
公務員試験には対策があります。対策をしっかりすれば、第二新卒から公務員になることは難しくないでしょう。

公務員試験は公平性が保たれているのが特徴です。
試験の科目は、教養試験と専門試験に別れており、幅広い知識が求められます。
しかし、勉強時間を確保し反復すれば、合格に必要な知識は身について行くでしょう。

第二新卒の場合は、会社を退職すると決めた日から、試験日までを逆算して考えると勉強の予定などが立てやすくなります。
公務員試験は、筆記試験の他に面接試験も必須です。就職活動の時に面接に慣れているという方も、対策は怠らないようにしましょう。
公務員試験を受ける際の注意点は、年齢制限です。高卒程度の試験は大卒程度試験よりも簡単ですが、高校卒業後3年位内の人しか試験を受けられないので、大学を卒業した第二新卒の人は試験を受けることができません。

公務員のような民間企業

公務員試験は難しい傾向にあるので、公務員という肩書に拘らないのであれば、公務員のような働き方ができる元国有の企業がおすすめです。元国有企業には、JR、JT、日本郵便などが挙げられます。元国有の企業は、民営化されてはいるものの、公共事業に関わる事業を展開していることが多く、公務員気質のようなものがあります。長い時間の残業を強いることがないのも公務員に似ています。給与は安定しており、待遇などの条件も他の民間企業と比較しても優れています。もちろん公務員試験のような選考過程ではなく、一般的な企業と同じように選考が行われます。公務員試対策が間に合わなかった方は、元国有の民間企業を視野にいれるのも良いのではないでしょうか。

ハタラクティブは、正社員就職をサポートするサービスです。
公務員が気になっているけど他の選択肢も知っておきたい、公務員試験をがんばっているけどもしかしたらの時のために他も見ておきたい。という方はぜひご相談ください。

おすすめ記事

▼ご相談はこちらから▼

  • 現在の状況とご希望条件をご選択ください
    • ステップ1
    • ステップ2
    • ステップ3
    現在のご状況必須

    離職中・フリーター
    (契約・派遣含む)

    正社員

    在学中
    (卒業予定)

    在学中
    (中退予定)

    在学中
    (中退を検討中)

    就職開始可能時期必須

    できるだけ早く

    1~2ヶ月先

    3ヶ月以上先

    まだ本当に活動するか決めていない

    最終学歴の卒業年必須

    ←戻る
    次へ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ