1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 第二新卒就職先
  6. >
  7. 第二新卒から公務員になれる?種類や採用試験について解説

第二新卒から公務員になれる?種類や採用試験について解説

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

「第二新卒から公務員を目指すのは不利になるのでは…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。第二新卒から公務員になるには、職種や業務内容を理解し、なりたい理由を明確にしたうえで準備を始めることが大切です。このコラムでは、公務員の種類や採用試験について解説。また、公務員試験を受験する際の注意点やコツもご紹介します。公務員を目指すか悩んでいる方はぜひ、参考にしてください。

【このページのまとめ】
・新卒と同じ内容の試験を受けるため、第二新卒から公務員を目指しても不利にならない
・公務員の種類は「国家公務員」「地方公務員」「公安系公務員」がある
・受験する公務員の職種や自治体によって試験内容が異なる
・公務員の種類によって応募資格が異なるため、受験前に確認しておくべき
・第二新卒から公務員を目指すためには、計画を立てて勉強する必要がある

第二新卒から公務員を目指すのは不利?

新卒の人と同じ内容の試験を受けるため、第二新卒だからといって不利にはなりません。試験対策を行い、筆記・面接を通過できれば第二新卒の人も公務員になれます。ここでは、公務員になるメリットや向いている人の特徴をご紹介。公務員を目指すか悩んでいる人は、参考にしてください。

公務員になるメリット


公務員のメリットは、雇用が安定していて福利厚生が充実していることです。公務員はよほどのことがない限り解雇されることがなく、仕事を失うリスクがありません。給与も安定しているため将来設計もしやすいでしょう。産休や育休、病気によって休職をすることになったとしても、復職するまで手厚いサポートが受けられます。また、公務員は社会的信頼度が高く、車や家を購入する際のローン審査が通りやすいのもメリットの一つです。

公務員に向いている人


公務員は「国民のため」に働くことにやりがい感じる人や責任をもって働ける人が向いています。公共施設での対応など、地域住民と直接関わる機会が多いため、コミュニケーション能力が高い人も向いているでしょう。また、公務員の業務には、周りの人と共同で進めていくことが多く、協調性も欠かせません。

▼関連記事
条件はあるの?高卒ニートで公務員を目指すには

大学中退から公務員になる方法

公務員の種類

公務員の種類は「国家公務員」「地方公務員」「公安系公務員」があり、勤務地や担当する業務も異なります。以下では3つの種類の特徴をご紹介。まずは、自分がなりたい公務員の種類を決めましょう。

国家公務員


国家公務員は国全体に関わる業務を行い、国の政策や外交、防衛など幅広い分野で活躍しています。
配属先は、1府12省や地方労働局、地方運輸局、入国管理局など。また、「総合職」「一般職」「専門職」にわかれています。

・総合職
総合職は、政策の企画立案や法律作成のための資料収集や整理などの業務を行います。仕事内容は専門的で難しいものが多め。また、内閣府や外務省、財務省などの1府12省の幹部候補として働きます。

・一般職
一般職は、事務作業を中心に担当し、総合職の人たちが考えた政策や法令などを、実施していく業務を担います。主に中央官庁や出先機関で政策立案をサポート。また、一般職は1つの省庁で特定分野の経験を積み、専門知識をもったスペシャリストとして働きます。

・専門職
専門的な知識や技能が求められる業務を行う公務員です。専門職は、国税専門官や航空管制官など。たとえば、国税専門官は税務署に勤務します。申告が適正に行われれいるか調査と指導をする国税調査官や国税徴収官として業務を担当。国民が正しく納税できるために働きかけています。

地方公務員


地方公務員は都道府県や市区町村に配属され、おもに地域住民のための公務を担当します。仕事の種類は市役所の事務職員や教員など。地方公務員の職種の幅は広く、事務を行う「行政職」や公立施設の教員や看護師など行政が発行する資格や免許が必要な「資格・免許職」、建築や農業など専門分野の仕事に携わる「技術職」があります。また、知事や市町村長、議員などは「特別職」に当てはまります。

公安系公務員


公安系公務員は、警察官や消防士、自衛官など社会の平和と安全を守る仕事です。警察官は各地方自治体の警察署に勤務し、配属された課の捜査などを行います。警察署のほか、交番勤務や運転免許センターで勤務する場合も。消防士は、地方都市の消防署に勤務し、火災現場で消火業務を行います。また、防災教育や災害発生時の救助活動なども大切な業務です。自衛官は陸上自衛隊や海上自衛隊、航空自衛隊に所属。第二新卒で受験する場合、一般曹候補生や自衛官候補生の試験、幹部候補生試験を受ける方法があります。


▼関連記事
公務員に転職したい方必見!応募条件や成功のポイントを解説

公務員試験とは?

試験は「大卒程度」「高卒程度」に分かれていて、学歴関係なく受験することが可能です。高卒程度には年齢制限があるため、第二新卒の人は大卒程度の一般枠で受験することになります。社会人採用枠もありますが、実務経験が3~5年以上必要であるため基本的に第二新卒は受験できません。
公務員試験には一次試験(筆記)、二次試験(面接)があります。試験内容は、職種や自治体によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

一次試験


一次試験は、マークシート方式による択一式問題が出題されます。試験の内容は、専門試験と教養試験です。受験する職種によっては論文試験があります。公務員試験は出題科目が多く、試験範囲が幅広いため知識と対策が必要です。

・専門試験
専門試験は、行政学・法学・経済学に関する設問が出題されます。
法律系は憲法や民法、刑法などすべての法律からまんべんなく出題され、問題数が多いです。

・教養試験
複数の分野からなる筆記試験です。人文科学・社会科学・自然科学・文章理解・数的処理・時事問題から出題されます。出題範囲が広いため勉強するには時間が必要です。

・論文試験
論文試験は、60分から90分の時間で800~1,000字前後で、論文を作成します。題材は少子高齢化対策や地球温暖化対策、地域活性化などその時に行政が取り組んでいるテーマが多いため、入念に新聞を読むなどの対策が必要です。

二次試験(面接)


面接では、履歴書に記載した志望動機や自己PRなどの内容に沿って質問されます。第二新卒から公務員を目指している方は、前職の退職理由を聞かれる場合も。退職理由は、ポジティブな表現に言い換えて面接官に好印象を与えられるようにしましょう。二次試験の面接の形式は、受験する職種や自治体によって異なり、個別や集団面接、集団討論があります。

・個別面接
個別面接はオーソドックスな面接形式で、受験者1人に対して面接官が3~5名態勢で事前に記入した履歴書をもとに行われます。面接時間は1人あたり15~30分程度です。志望動機や自己PR、採用後に取り組みたい仕事などについて質問されます。個別面接では、面接官の質問に対して自分の考えをわかりやすく伝えることが大切です。

・集団面接
集団面接は、受験者3~6人程度に対して面接官は3~5名態勢で行います。質問に対して、面接官に指名されるか挙手によって回答。集団面接では個別面接と同様、志望動機や自己PRなどを聞かれることが多いです。1人あたりにかけられる時間が短いため、簡潔に回答する必要があります。

・集団討論
集団討論は4~10人ほどの受験者が1つのグループとなって、与えられた社会問題や環境問題などの課題について議論し、対策案を考えます。グループ内での話し合いから結論を出すまでの過程を見られていて、コミュニケーション能力やリーダーシップ、社会性などが判定ポイントです。集団討論では、与えられた課題についての知識がないと積極的に討論に参加できないため、社会問題や環境問題、政策などの知識を身に付けておく必要があります。

▼関連記事
公務員は学歴がないと厳しい?採用試験の内容とメリット

公務員試験を受ける際の注意点

ここでは、第二新卒の人が公務員試験を受ける際の注意点を解説します。応募資格だけでなく、試験日や申込み期間も事前に確認しておきましょう。

応募資格があるか確認


公務員試験には、受験する種類によって年齢制限があります。21歳までや30歳までなど公務員の種類によって年齢の上限はさまざまです。また、警察官や消防官、入国警備官などは体格や身体能力が一定の水準以上であることが受験資格になります。上体起こしや腕立て伏せなどの体力測定が行われる場合も。公務員の種類によって応募資格は異なるので、受験前に確認しておきましょう。

試験勉強に費やす時間が必要


公務員試験を受験するには、勉強時間の確保が必要です。出題範囲が広く、文系理系を問わず出題されるため、すべての範囲の対策をするには時間がかかります。そのため試験勉強をする際は、予備校に通ったり、書店で販売されている過去問を活用したりするのが効果的です。質問できる環境がほしいという方は、費用はかかってしまいますが公務員試験の予備校や通信講座がおすすめ。自分に合った勉強法で効率よく進めましょう。

第二新卒が公務員になるためのコツ

ここでは、第二新卒の人が公務員になるためのコツをご紹介。第二新卒から公務員を目指している方は参考にしてみてください。

公務員になりたい理由を明確にする


公務員を目指す方は、自分が公務員になりたい理由を明確にしましょう。「安定している企業で働きたい」「残業が少なそう」などなんとなくの理由では、「思っていたのと違う」「前職の方が良かった」と入職後のミスマッチに繋がる場合があります。「地域の安全を守りたい」「国民の生活をより良くしたい」など、公務員でなければやりたい仕事が実現できないかを考えてみましょう。また、前述したとおり、試験勉強には多くの時間が必要なため、モチベーションを保つためには強い意思や決意が必要です。

説得力のある志望動機を作成する


第二新卒から公務員になるためには、志望する公務員の業務内容を把握し説得力のある志望動機を作成しましょう。業務内容を把握したうえで、どんなところに魅力を感じたのかなど、具体的な志望動機を作成することが重要です。地域のリサイクル活動などに参加し、実際に経験してみるのも良いでしょう。また、市報をチェックしたり実際に公務員として働いている方に話を聞いたりするのもおすすめです。国や地域のために働きたい熱意をアピールできるように志望動機を作成しましょう。

計画を立てて試験勉強を行う


公務員試験は、出題科目が多く、範囲が広いため事前に計画を立てて勉強しましょう。まずは、申し込み期間と試験日を確認し、科目ごとに必要な勉強時間を概算し割り振ります。苦手科目に重点をおくなど、自分に合ったスケジュールを考えましょう。計画を立てていても、勉強時間が確保できないなど修正する作業が必要になる場合も。そのため、余裕を持って計画を立てることが大切です。予備校や通信講座を受講する方も復習できる時間を確保するなど、試験日に合わせて計画しましょう。

「公務員を目指すか迷っている」「安定した企業で働きたい」と考えている方は、ハタラクティブにご相談ください。第二新卒やフリーターなど若年層に特化した転職支援を行うハタラクティブでは、あなたに合ったお仕事をご紹介。また、専任のアドバイザーがマンツーマンで応募書類の添削や面接対策など転職活動をサポートします。サービスのご利用は、すべて無料です。「公務員と民間企業で迷っている」という方も、まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる