1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 新卒入社から半年…転職成功は叶う?求職活動のポイント

新卒入社から半年…転職成功は叶う?求職活動のポイント

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・新卒入社して半年で転職活動をしても、再就職は十分可能
    ・新卒入社後、半年で転職する場合は第二新卒として扱われる
    ・第二新卒の転職活動では、新卒時に比べ選択肢が狭まる傾向がある
    ・半年という前職の期間は、3年以内の他の期間と扱われ方に大きな差はない

新卒入社から半年…転職成功は叶う?求職活動のポイントの画像


新卒として入社してから半年、「退職したいけど、再就職は可能なのか」と不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。第二新卒は、新卒のときの就職活動とやや事情が異なりますが、企業のニーズもあり、再就職は十分に可能です。転職を成功させるには、第二新卒に求められるものを理解したうえで、自身の退職理由と志望動機をうまく結びつけるのがポイント。自分に合った転職方法を見つけ、内定への一歩を踏み出しましょう。

監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!

 

新卒入社して半年…転職は可能?

結論から述べると、新卒入社後、半年しか経っていなくても転職は可能です。
入社半年では早期離職となるので、不利であると考えられがちですが、転職理由をうまく説明できるかどうかがポイントといえるでしょう。
初めに、新卒入社後に半年で転職する場合、転職市場ではどのように判断されるかについて解説します。
 

半年でも「第二新卒」として需要がある

第二新卒とは、「一度新卒として企業に入社したのち、3年以内に離職している人」を指します。
3年以内に離職しているため、前職でのスキルはついていないと判断されてしまう場合もありますが、その若さが一番の武器といえるでしょう。そのため、今の仕事がどうしても続けられないと思ったら、早めに見切りをつけて転職活動を選ぶのもおすすめです。
 

企業が第二新卒を採用する3つのメリット

「短期間での離職」という懸念点があっても、企業が第二新卒を採用するのには、順応性の高さなどいくつかのメリットがあります。以下、順にご紹介します。
 

1.教育コストの節約

第二新卒は、新卒で入社した企業で、ビジネスマナーや基礎研修など、基本的な社会人マナーの教育を受けています。そのぶん教育コストを減らせるので、採用を行う企業側にとっても大きなメリットがあるといえるでしょう。
 

2.高い情熱と意欲

第二新卒は社会人経験があるため、新卒よりも仕事の厳しさをある程度理解していると考えられます。過去の業務経験から将来の展望を持っている第二新卒は、企業にとって魅力のある存在。社会人としての経験やスキルが少ないぶん、これからの成長を感じさせるアピール方法を考えましょう。
 

3.順応性の高さ

新卒入社して半年で退職した人材は、在籍期間が短く業務経験が少ないため、まだ前職の企業のやり方に染まっていないといえます。そのため、第二新卒は企業風土になじみやすく、仕事のやり方も柔軟に対応できる存在としてとらえられる傾向があります。
 

入社半年での退職は一概に不利とはいえない

上記で述べたように、第二新卒の採用は企業側にも大いにメリットがあります。よって、入社半年ででの退職は一概に不利とはいえない面も。しかし、新卒を採用したいと考えている企業も多いので、新卒のときと比べて選択肢が狭まる可能性があります。「第二新卒歓迎」と書かれてある求人を探してみると、より効率の良い転職活動ができるでしょう。
 

半年で転職する場合の問題点

新卒入社後、半年で転職する際には、早期退職を懸念される、アピール材料が少ないなどの問題点もあります。以下、詳しく説明します。
 

応募先企業に早期退職を懸念される可能性がある

企業が第二新卒を採用する際の懸念は、前職と同じように早期退職してしまうのではないかという点です。場合によっては、早期退職のリスクを恐れて採用を躊躇することも。
そのため、採用担当者が納得して採用を検討できるような、説得力のある退職理由や志望動機が求められるでしょう。
 

実務経験がなくアピール材料が少なめ

第二新卒は早期退職しているため、実務経験があるとはみなされにくい傾向があります。そのぶん、転職者としてはアピール材料が少ないのが問題点。実務経験が不足しているぶん、若さを活かしたやる気や熱意、そのポテンシャルが主なアピールポイントとなるでしょう。
 

第二新卒として就活する際に聞かれること

採用担当者が第二新卒に聞くのは、前職の退職理由や転職の目的が主な内容です。以下、詳しく解説していきます。
 

前職の退職理由

退職理由は必ずしもポジティブなものでない場合が多いですが、仕事への不満などネガティブな内容は避けましょう。前職の退職理由がネガティブなものだった場合、採用担当者は、自社でも同じような理由で早期退職してしまうのではと考えるからです。
退職理由は、応募者が自社に合った人材かどうかを採用担当者が見極める大切なポイント。応募先企業への志望理由と整合性が取れるような、前向きな内容が望ましいでしょう。
 

転職の目的

求職者の転職目的は、採用担当者にとって、自社が求める人材かどうかを判断するポイント。採用目的や自社の傾向と合わない場合、せっかく応募者を採用しても早期離職されてしまう危険性があるからです。
ここでは、説得力のある転職目的を説明するためのポイントについて押さえておきましょう。
 

転職によって何を実現したいのか

転職によって何を実現したいのかは、言い換えると「この転職によって自分は何を得られるのか」。ここで注意すべきポイントは、仮に給与のような待遇面だったとしても、それにそのまま触れるのは避けることです。あくまで「求職者の仕事に関する考え方を見たい」という目的があるので、内容が待遇面だと「待遇が良ければどこでも良いのか」と捉えられる危険性があります。
転職理由としては、待遇面に触れないほうが無難だといえるでしょう。
 

応募先企業でどんなことをしたいのか

応募先企業でやってみたい仕事については、具体的な仕事内容について触れるのがコツ。
具体的な仕事内容に触れるためには、企業についてよく調べておくのが不可欠です。企業研究は念入りに行いましょう。
 

退職理由と志望動機をリンクさせることが重要

前職の退職理由と志望動機をつなげるのがポイントです。
「やりたかった仕事が前職では叶えられなかったので、自分の長所やスキルを活かし、応募先企業でこのような仕事がしたい」という流れで説明すると良いでしょう。
 

第二新卒として転職活動する際の3つのポイント

第二新卒の転職活動は、新卒の就活との違いをはっきり認識する、幅広い視点で求人を探すなどのおポイントがあります。以下で詳しくご説明するので、ぜひ参考にしてみてください。
 

1.新卒の就活と第二新卒の転職活動は別物として考える

書類選考が比較的通りやすかった新卒時に比べ、第二新卒では書類選考の通過率がぐっと下がる傾向があるといわれています。
原因は、応募者の短期離職への懸念と、どうしても新卒のほうが有利に働く就職市場の状況が考えられるでしょう。そのため、第二新卒として転職する場合には、新卒のときよりも選択肢が少なくなるといえます。その点を考慮して転職活動にあたるのが重要です。
 

2.業種でなく職種で探す

新卒の際の就職活動では、新卒用のサイトからいくつかエントリーをするといったような、決まったやり方をしていた方も多いでしょう。しかし、第二新卒は、自分で地道に求人を探す必要があります。その際、仕事を探す方法で迷ってしまう方もいます。
もし、仕事探しの方法に迷ったら、業界からではなく職種から求人を探してみるのも一つの手です。
たとえば、多くの業界に存在する職種でもある営業職。営業に興味のある人は、業界を限定せずに求人を探すと、自分にぴったりの仕事が見つかる可能性があります。
また、年齢の若い第二新卒は、未経験の業界に転職できる可能性が比較的高い傾向が。仕事探しの時点で自分の可能性を狭めてしまわないよう、広い視野で求人を見ることが大切です。
 

3.やる気をアピールする

業務経験の少ない第二新卒は、若さとやる気をアピールするのが基本となります。
たとえば、向上心をテーマにアピールしたければ、「上を目指す姿勢」「前進したい欲求」「現状を打破したい気持ち」などが主な要素として考えられるでしょう。
一歩でも前に進みたい!という前向きな気持ちを伝えることが大切です。
また、なぜ現状に満足できないのか、といった理由を述べることで、より説得力が増します。現状を変えたいと思うきっかけとなったエピソードを添えるのも良いでしょう。
 

第二新卒の転職活動の方法

第二新卒が転職活動をするには、転職サイトやスカウトサービス、転職エージェントなどを活用すると良いでしょう。以下、転職活動の方法についてご紹介していきます。
 

転職サイト

転職サイトとは、登録した求人を紹介しているサイトです。日々更新され、どんどん新しい求人が入ってきます。転職サイトの強みは、大量の求人を一度に見られること。また、自分でいつでも応募できるのがメリットといえるでしょう。直接応募できるシステムに魅力を感じる人は、転職サイトの利用がおすすめです。
また、求人を自分のペースで探したり、複数の求人を比較したりできるのも良い点です。希望する企業の求人が出るまで待つこともできます。
デメリットは、自分一人で判断するので偏った判断になる可能性がある、情報集めや日程調整、面接対策などすべてを一人で行わなければいけないといったことが挙げられるでしょう。
市場価値においても自身で判断しなければならないため、人によって向き不向きがあるといえます。
 

スカウトサービス

スカウトサービスとは、自分から応募するのではなく、企業や提携先のエージェントからオファーが来るシステムです。
サイトに自分の経歴を登録すると、それを見た企業からオファーやスカウトが来ます。
一般層向けからハイキャリア層向けまで対象者も幅広く、利用者は、自身の市場価値を知る目的で使用する場合もあるようです。
その他、知人を通じた紹介や企業サイトへ直接応募するといった方法もあります。自分に合った転職方法を見つけるとよいでしょう。

新卒時の就職活動と、第二新卒の転職活動では、仕事探しのポイントや面接対策の方法が異なります。初めての転職活動に不安のある人は、転職支援サービスの利用がおすすめです。
 

転職エージェント

転職エージェントは、民間企業の運営する人材紹介サービスです。主に、キャリアアドバイザーによるカウンセリングや各サポートを受けつつ、エージェントの保有する求人を紹介するシステムです。
総合的に求人を取り扱っているところ、専門職種に特化しているところなど、各社によってその特色が異なります。
「手厚いサポートを受けられる」「ほとんどのケースで利用が無料である」「非公開求人の紹介がある」などといった特徴のほか、個人で活動するよりも多くの情報を手に入れられる可能性が高いのがメリットです。
就職のプロにアドバイスをもらいつつ効率的に転職活動をしたい人は、就職エージェントの利用がおすすめといえるでしょう。
 

転職エージェントで転職成功率をアップさせよう

前項で転職エージェントについてご紹介しましたが、このサービスの利用によって転職成功率を上げられる可能性があるといえるでしょう。
転職エージェントは事前に企業に取材を行っており、どんな人材が欲しいのかを事前に把握しています。エージェントのキャリアアドバイザーは企業内の様子やニーズ、就活のプロとしての経験をもとに、求職者にアドバイスや求人紹介を行うため、マッチングに長けているといえるからです。
自分がどんな仕事が向いているのか分からない方、自分でどう転職活動を進めたら良いのか分からない方に向いているといえます。

職歴の浅い状況での転職活動に不安を抱える方、第二新卒を歓迎してくれる企業と出会いたい方は、ハタラクティブにご相談してはいかがでしょうか。
ハタラクティブは若年層向けの転職エージェントです。若く、ポテンシャルのある人材を求めている企業の求人を多数取り揃えており、業務経験が浅い方でも意欲的に転職活動に取り組めます。
専任のキャリアアドバイザーが、マンツーマンであなたのお悩みを丁寧にヒアリング。転職活動の進め方からキャリアの方向性まで、転職活動のお悩みに包括的にご対応いたします。
企業への応募や、面接日程などの大変なスケジュール調整もアドバイザーがすべて代行いたしますので、応募書類作成や面接の練習など、採用対策に集中できるのも大きなメリット。
初めての転職活動で採用対策に不安を感じる方も、アドバイザーがプロの視点からアドバイスいたしますので安心です。
これらのサービスはすべて無料でご提供していますので、お気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる