新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 新卒入社から半年で転職できる?早期退職のメリットやデメリットを知ろう

新卒入社から半年で転職できる?早期退職のメリットやデメリットを知ろう

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・新卒から半年での転職は「第二新卒」となり、企業側にも採用のメリットがある
  • ・未経験の仕事を始めやすく、若さが武器になるのが第二新卒のメリット
  • ・新卒が半年で転職する場合は新卒時よりも不利になる傾向がある
  • ・新卒から半年での転職では経験よりもやる気や前向きな姿勢をアピールする
  • ・自分に合った転職サービスを選ぶことが、新卒から半年での転職を成功させるポイント

監修者:吉田早江

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

新卒として入社してから半年、「退職したいけど、転職は難しそう…」と不安に思う方もいるのではないでしょうか。新卒入社から半年で退職した「第二新卒」は、若さや柔軟性を求める企業からのニーズもあり、再就職は十分に可能です。転職を成功させるためには、第二新卒に求められるものを理解したうえで、退職理由と志望動機をうまく結びつけるのがポイント。自分に合った転職方法を見つけ、内定への一歩を踏み出しましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

新卒入社してから半年で転職は可能?

新卒入社後半年しか経っていない場合でも転職は可能です。入社半年での退職は転職に不利であると考えられがちですが、捉え方次第では採用する企業側にもメリットがあります。新卒が半年で転職する場合、転職市場でどのように評価されるかを確認しておきましょう。

新卒から半年で退職した場合「第二新卒」となる

新卒入社から半年で退職した人は、転職市場では「第二新卒」として扱われます。第二新卒とは、新卒で入社した会社を3年以内に退職した人を指します。短期間で離職しているため、スキルや経験の面では評価が下がる可能性も。一方で、若さや柔軟性を評価されるという面もあるのが第二新卒のポイントです。

企業にも第二新卒を採用するメリットがある

企業が新卒から半年で転職活動を行う第二新卒を採用するのには、以下のようなメリットがあります。

1.教育コストの節約
第二新卒は新卒で入社した企業で、ビジネスマナーや基礎研修など基本的な社会人マナーの教育を受けています。そのぶん教育コストを減らせるので、採用を行う企業側にとって大きなメリットがあるといえるでしょう。

2.高い情熱と意欲
第二新卒は一度仕事を経験していることにより、新しい仕事に対する情熱が高まっているのが特徴です。また、将来への展望を持ち、学ぶことへの意欲が高いことも評価のポイント。社会人としての経験やスキルが少ない分、これからの成長を感じさせる人材としての活躍が期待されます。

3.順応性の高さ
新卒入社から半年で転職する場合、業務経験が少ないため前職でのやり方にこだわらない順応性の高さが期待できます。若い人材は企業風土になじみやすく、相手の意見を素直に聞ける、業務内容の変更に素早く順応できるなど、さまざまな状況に柔軟に対応できる能力があるといえるでしょう。

新卒にはない仕事への姿勢をアピール
新卒入社から半年で転職する場合、社会人としての経験があるため、働くことへの心構えがある存在といえます。前職で経験した仕事の厳しさや難しさを理解したうえで、より意欲的な社会人を目指しているという姿勢を見せましょう。第二新卒については「第二新卒とは?新卒・既卒との違いや分かりにくい定義を徹底解説!」でも解説しているので参考にしてください。

新卒社員が入社半年で転職したい理由と転職時の注意点

新卒で入社後半年で転職を考える理由は、「仕事内容が合わない」「職場の人間関係が悪い」などさまざまです。短期間で退職を考える場合のよくある理由と、転職で注意すべき点について解説します。

仕事内容が合わない

新卒で入社した会社の仕事内容が自分に合わないと感じたケースです。思っていた仕事と実際の業務が異なっていたことが原因で、転職を決める人も少なくありません。転職活動の際は、応募先企業の業務内容が自分の希望とマッチしているかどうかを慎重に見極める必要があります。企業が求める人物像や必要とされるスキル、具体的な仕事内容などを必ずチェックしましょう

残業や休日出勤が多い

残業や休日出勤による長時間労働で身心に負担がかかり転職を考えるパターンです。新卒入社から半年で転職を考える場合、あらかじめ明らかになっている勤務条件をよく確認し、納得できる範囲の仕事を選ぶことが重要になります。また、サービス残業や、急な休日出勤がどれくらい発生しているのかを事前に把握しておきましょう。

職場の人間関係が悪い

職場での人間関係に悩んで転職を考える人は少なくありません。しかし、どんな仕事であっても人間関係のトラブルを完全に防ぐことは難しいといえます。自分が周りの人とどんな人間関係を築きたいのか、そのためにどのような姿勢で関わる必要があるかを考えましょう
新卒入社から半年で転職を考えてしまうほど職場での人間関係が気になるときは、「職場の人間関係が辛いときの対処法とは?ストレスを感じる要因を知ろう」の内容も参考にしてください。

肉体労働で体力がもたない

重い荷物の運搬や長時間の立ち仕事など、肉体労働での負担が転職のきっかけとなるパターンです。体力面で仕事を続けることが難しいと感じた場合、病気や怪我に繋がる前に転職を検討することが大切。また、若いうちは我慢できても、10年、20年先を考えたときに体力的に厳しくなるケースもあります。目先のことだけでなく、長い目で見た転職活動が重要といえるでしょう

会社や社員を批判することは避ける
新卒での入社から半年で転職を考える場合、退職理由はネガティブな内容になりがちです。前向きな転職であることをアピールするためにも、履歴書や面接などで退職理由を伝える際は事実を説明するのみにとどめ、会社や社員を批判することは避けましょう。

新卒が半年で転職するメリット

新卒入社から半年で転職する場合、未経験の仕事を始めやすかったり、若さが武器になったりなど以下のようなメリットがあります。

環境がリセットされる

新卒から半年で転職することで、仕事の進め方や人間関係などの環境がすべてリセットされます。環境が変わることによりこれまで抱えていた悩みが解決し、仕事に対するモチベーションが上がることも少なくありません。また、同じ業務内容であっても環境次第で成長の度合いが異なることも。より自分に合う仕事ができる環境へ転職できれば、モチベーションが上がり、さらなるスキルアップも望めるでしょう。

未経験の仕事を始めやすい

一般的に未経験の仕事は経験よりも将来性が重視されるため、ポテンシャルの高い人材が採用される傾向にあります。新卒から半年での転職は、第二新卒の中でも特に伸びしろが大きい存在です。未経験の仕事にチャレンジしたい人は、できるだけ早く行動することが成功の鍵といえます。
未経験の仕事については「未経験でもできる仕事とは?正社員になれる職種や就活のポイントを解説」でも詳しくご紹介しています。

若さが武器になる

転職活動では、年齢が若いことそのものがプラス要素となる場合があります。新しいことに対する柔軟性や新鮮な感性は、成長を目指す企業にとって大きな魅力です。即戦力ではなく将来への可能性を求める第二新卒市場において、新卒から半年での転職はアピール次第で武器になるといえます

第二新卒のチャンスを最大限に活かす
新卒入社から半年での転職では、年齢も若くポテンシャルを最大限に活かした転職活動ができるのが大きなメリットです。第二新卒として将来性を評価してもらえる期間は限られています。若さや柔軟性を武器に、納得のいく転職活動を目指しましょう。

新卒が半年で転職するデメリット

新卒から半年で転職をする場合のデメリットについても理解しておきましょう。

応募先に早期退職を懸念される

新卒入社から半年で転職を考える際の大きなデメリットのひとつに、「前職と同じようにすぐに辞めてしまうのでは?」と懸念されてしまう点があります。短期間での退職のマイナスイメージを払拭するためにも、採用担当者が納得できるような説得力のある退職理由や志望動機が求められるでしょう。

新卒時よりも不利になる

第二新卒の場合、年齢が若くても中途採用としての扱いになるため、新卒時のように幅広い選択肢から仕事を選ぶことは難しいのが実情です。また、短期離職への懸念から書類選考の通過率も新卒時より低くなる傾向があります。新卒から半年での転職を成功させるためには、新卒時よりも念入りな対策が必要不可欠です。

実務経験が乏しいためアピールポイントが少ない

新卒から半年での転職では、実務経験があるとはみなされにくい傾向があります。そのため、実務経験以外での強みを積極的にアピールすることが重要です。仕事に対する熱意やスキルアップへの意欲のほかにも、業務に活かせる趣味や特技などがある場合は忘れずに伝えましょう。

退職の決断は慎重に
新卒から半年での転職にはメリットもデメリットもありますが、先を考えずに仕事を辞めてしまうことは後々への影響も大きく、同じことを繰り返してしまう恐れもあります。退職を決断する前に、「仕事を辞めたいと思ったときの対処法」を参考にしながら、今の状況を改善できないかどうかを考えてみることをおすすめします。

新卒が半年で転職する際のポイント

短期間での離職を乗り越えて転職を成功させるためには、デメリットをカバーしながら前向きな姿勢を示すことが重要です。新卒入社から半年で転職する際におさえておくべきポイントを解説します。

新卒から半年で退職した理由を前向きに答える

新卒から半年で退職した場合の転職活動では、多くの場合採用担当者から「なぜ半年で辞めたのか?」という質問をされます。その際に、仕事への不満や人間関係のトラブルなど、ネガティブな内容をそのまま伝えることは避けましょう。退職理由を答えるときは「前職では〇〇だったため実現できなかったが、御社で働くことで実現できると考えている」というように、ポジティブな志望理由とセットで話すのがポイントです。退職理由の伝え方については「第二新卒の退職理由はポジティブさが重要!面接を通過するためのコツを紹介」も参考にしてください。

スキルよりもやる気をアピールする

第二新卒の転職では、前職での経験やスキルよりも、これから仕事に取り組んでいく意欲や姿勢を評価されます。過去ではなく未来を意識し、企業にどのような形で貢献できるのかをアピールすることが大切です。「上を目指す姿勢」「前進したい欲求」「現状を打破したい気持ち」などを、具体的なエピソードとともに伝えると良いでしょう。

転職の目的をはっきりさせる

新卒から半年での転職を採用担当者に納得してもらうためには、なぜ応募先の企業でなければだめなのかをしっかりと伝えることが重要です。転職で実現したいことは何なのか、目的を明確にしておきましょう。また、応募先企業で取り組みたい仕事内容についてもよく調べておくことが大切です。企業研究は念入りに行いましょう。

第二新卒は新卒採用や中途採用と異なるので注意が必要
第二新卒の転職は、新卒の就活や一般の中途採用の転職とはチェックされるポイントが異なります。第二新卒の強みや弱みを把握し、的確にアピールすることが重要といえるでしょう。「何をアピールする?第二新卒の自己PRの書き方と例文」も参考にしながら、新卒から半年での転職を成功させましょう。

半年で退職した新卒が転職活動に利用すべきサービス

第二新卒が転職活動をするには、転職サイトやスカウトサービス、転職エージェントなどを活用するのがおすすめ。それぞれの特徴やメリットについて理解し、自分に合った方法で転職活動を進めましょう。

転職サイト

転職サイトとは、企業が登録した求人情報を紹介しているサイトです。日々更新される求人の中から自分の希望する条件に合ったものを探すことができます。転職サイトの強みは、大量の求人を一度に見られること。また、自分の好きなタイミングで応募できるのもメリットといえます。転職サイトは、複数の求人を比較検討し直接応募できるシステムに魅力を感じる人におすすめです
一方で、自分一人で判断するので偏った判断になる可能性がある、日程調整や面接対策などをすべて一人で行わなければいけない、といったデメリットもあります。新卒から半年で転職を考えている人は、できるだけ在職中から効率的に転職活動を進められるよう意識しましょう。

スカウトサービス

スカウトサービスとは、自分の経歴を登録すると、それを見た企業や提携先のエージェントからオファーが来るシステムです。自分のスキルや経験に興味を持った企業の中から応募先を選べるので、企業が求めている人材へのミスマッチが起こりにくい点がメリットといえます
新卒から半年で転職活動を行う場合、自分の市場価値について客観的に理解できない人も少なくありません。スカウトサービスを利用することで市場価値を知ることもできるため、スキルや経歴を客観的に分析したい人におすすめです。

転職エージェント

転職エージェントとは、民間企業が運営する人材紹介サービスです。キャリアアドバイザーによるカウンセリングやサポートを受けることができ、非公開求人も多く取り扱っています。企業が必要としている人材とのマッチングを重視しているため、自分にどんな仕事が向いているのか分からない人や、転職活動をどのように進めたら良いのか分からない人におすすめのサービスといえます。転職のプロにアドバイスをもらいつつ効率的に転職活動をしたい人は、就職エージェントを活用してみましょう。
転職エージェントのハタラクティブでは、若くポテンシャルのある人材を求めている企業の求人を多数取り揃えており、新卒入社から半年で転職を考えている人でも意欲的に転職活動に取り組めます。専任のキャリアアドバイザーが、マンツーマンであなたのお悩みを丁寧にヒアリング。転職活動の進め方からキャリアの方向性まで、転職活動のお悩みに包括的にご対応いたします。
企業への応募や、面接日程などの大変なスケジュール調整もアドバイザーがすべて代行いたしますので、応募書類作成や面接の練習など、採用対策に集中できるのも大きなメリット。サービスはすべて無料でご提供していますので、新卒入社から半年で転職をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

新卒入社での早期退職に関する疑問Q&A

新卒入社したものの半年程度で転職を考えている方に向け、早期退職に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

新卒入社後、半年で転職することはできる?

新卒入社間もなくても、転職することは可能です。特に新卒入社後3年間は第二新卒として扱われるためチャンスも多いといえるでしょう。しかし、面接では早期退職の理由を問われますし、長期間勤め上げた中途入社希望者と比べられやすいのは事実。「新卒入社から3ヶ月で退職したら転職は不利?その後の影響や対策を解説!」で転職成功のコツを解説していますのでご覧ください。

面接ではどう退職理由を伝えるべき?

志望動機に結びつく理由を伝えるのが良いでしょう。ただし、嘘はつかないようにしてください。質問を深堀りされた際にうまく答えられなかったり、入社後のミスマッチの原因になりやすかったりするためです。「早期退職の理由を聞かれたら?面接での伝え方や回答例9つを紹介!」で回答例を紹介していますので、参考にしてください。

面接で伝えないほうが良い内容を教えてください。

事実であっても、直接的な表現で「会社への不満」のみを述べるのは避けましょう。「人間関係が悪い」は「チームワークの良い職場で働きたい」というように、ネガティブな退職理由は、ポジティブな内容に変換するのがおすすめです。「入社半年だけど仕事を辞めたい…よくある退職理由とは」でも、触れないほうが良い内容を詳しく紹介しています。

早期退職は今後の就職活動にどう影響する?

1~2回程度であれば問題視されなくても、短期間での転職を繰り返すと「忍耐力がない」「不満を抱きやすい」といったネガティブな印象を与え、選考に影響を及ぼします。「入社後短期間で転職…面接で不利にならない条件とは」では早期退職のリスクを紹介しているので、参考にしてください。ハタラクティブではあなたにぴったりの仕事をご紹介し、長く勤められるよう就職後もサポート。就活でお悩みの方はぜひご利用ください!

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ