入社半年だけど仕事を辞めたい…よくある退職理由とは

入社半年だけど仕事を辞めたい…よくある退職理由とはの画像

この記事のまとめ

  • 入社半年で退職する理由は、仕事内容の相違、労働環境の不満、人間関係が多い
  • 半年で退職する場合、ネガティブ思考にならずにポジティブに捉えることが大切
  • 面接で退職理由を聞かれたら、自信を持って前向きな言葉で話すのがポイント

半年で退職した場合、退職理由はどうやって答える?このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。半年で退職したときの理由は、できるだけポジティブに答えるのがポイントです。このコラムでは、半年で退職したことがマイナスにならないような退職理由の答え方を解説します。半年で退職した理由で悩んでいる方は、ぜひこのコラムを参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

入社半年で辞めたいと思った理由は何?

入社半年で退職を決めるのはさまざまな理由が考えられますが、具体的にどのような理由があるのでしょうか。下記で詳しく見ていきましょう。

入社して半年で辞める理由

・面接で話した業務内容と違う
・やりたい仕事との方向性の違いに気づいた
・仕事ができなくて周りに迷惑をかけているから
・人間関係がうまくいかない
・就業規則と異なる(残業が多い、休みが少ない、給与額の差違など)
・通勤ラッシュがつらい
・体調不良で続けるのが厳しい

辞めたい理由は人それぞれ異なるでしょう。
しかし、何かしらの理由があるから退職を考える、という点ではみんな同じです。その中でも上位3つに上がる退職理由は、「社風・評価・業務内容の相違」「労働環境への不満」「人間関係のトラブル」といわれています。

では、正直に話して退職するべきなのか、それとも誰かに相談をしてもう少しだけ様子を見たほうがいいのか…。様子を見る余裕もない!という人は、実際に半年で退職したときを仮想して、行動に移してみると上手くいくかもしれません。「新入社員が辞めた理由と離職率の傾向」も参考にしてください。

入社半年で退職したら…実際はどうなる?

半年で会社を辞めてしまうことに不安を抱える人は多いでしょう。
早く辞めたいと思っていても、「履歴書にキズがついてしまう」「面接で退職理由を話しづらい」「次の転職先でも辞めたくなったらどうしよう」といった悩みや不安を抱えてしまいがちです。
悩みにも不安にも打ち勝って退職を実現させるためには、どのようなことを実行するとよいのか見ていきたいと思います。

履歴書にキズはついてしまう?

半年で退社した、という事実は決して消えません。また、転職時の面接でも必ず退職理由は聞かれることが多い項目です。しかし、履歴書にキズがつくのではなく、学歴同様に、職歴もあなたの歴史の一つになると捉えるのがポイント。
わずか半年で退職したという経歴を見て、「採用してもすぐに辞めてしまうのでは?」という懸念材料になることも実際には多いでしょう。しかし、理由を聞いてどう受け止めるのかは、転職先の採用担当者次第だともいえます。
履歴書にキズがつくことを恐れて退職を先延ばしにするよりも、早めに行動に移して社会人生活をリセットする方が、心にも身体にもよい場合もあるでしょう。

面接で退職理由を話すときのポイント

実際に半年で退職をした場合、どのように退職理由を話すのがベストなのでしょうか。
たとえネガティブな理由で退職したとしても、ありのままの気持ちを話すことは避けた方が無難です。退職理由を伝えるときは、以下のような点に注意をすることがポイントです。

・退職理由を聞く意図を考える
・前向きな退職であることを伝える
・転職への意欲を語る
・退職理由から志望動機に繋げる

また、触れない方が無難な内容は、以下のようなことが挙げられます。

・退職した会社の悪口を言わない
・給与額や福利厚生についての不満を口にしない
・応募企業にも起こり得る退職理由には触れない
・退職理由で嘘はつかない

退職理由を話すときに、小声になったり、自信のなさそうな答え方をしたりする人もいます。自分では意識していなくても自然と気持ちが沈んで行動に現れてしまう場合もあるため、退職理由を述べるときには自信を持って堂々と話すことが大切です。ハキハキと答えることによって、面接官への印象も良く、早期退職に対するネガティブ感を拭うことができるでしょう。転職成功への鍵は、ポジティブになることです。
また、半年で退職してしまうと、再就職が難しくなるのでは?と、お悩みの方は「新卒入社で半年以内に辞めても転職可能?第二新卒の就職成功のコツを解説!」で詳しく解説しています。ぜひ、参考にしてください。

転職先での心がまえ

どんな理由で退職をしたとしても、ネガティブ思考になるのではなく、理由をポジティブに受け止めることが大切です。
労働環境や人間関係など、退職した会社と転職先が同じ状況だとは限りません。早めに行動に移したことをプラスと捉え、前を向いて先に進むことが何よりも明るい未来へのスタートだといえます。

転職先では前職と同じような状況に陥らないように、経験を糧にして行動することが重要。仕事へのやりがいとプライベートの充実を手に入れて、新たな職場で楽しいビジネスライフを過ごしましょう。また、早期退職してしまったときの面接対策や、理由の答え方をもっと詳しく知りたい方は「早期退職の理由を聞かれたら?面接での伝え方や回答例9つを紹介!」をご覧ください。

半年で退職してからスムーズな転職を叶える方法とは?

就活支援サービスを提供している就職エージェント。
一人で悩む時間を誰かと共有して、新しい毎日をスタートするためのサポートを担っているのが就職支援を行っているアドバイザーの存在です。

ハタラクティブにも、就活の相談、企業の紹介、適職診断、面接対策、企業研究など、就活に関するあらゆる支援を行う就活アドバイザーが在籍しています。
多くの就活生をサポートしている経験を活かして、プロの目線から就活に関する気になることをサポート。納得のいく就職を叶えたい人に最適なサービスです。
就活支援サービスは何度でも無料で受けることができますので、お気軽にご相談ください。