転職するときの心構えとは?面接のポイントや年齢別の注意点もご紹介!

転職するときの心構えとは?面接のポイントや年齢別の注意点もご紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・転職成功に必要な心構えには、「人の反応を気にしない」「視野を広く持つ」などがある
  • ・転職の心構えは年代によって異なるので、自分の年齢に合った準備が必要
  • ・転職面接で大事な心構えには「過去より未来をアピール」「積極的に振舞う」などがある
  • ・転職先では、「新しい職場のやり方に従う」「自分から進んで動く」などを心がけよう

転職を考えたとき、前より良い職場に移れるかどうか不安になる方は多いでしょう。
転職成功には念入りな選考対策のほか、就職活動するにあたって必要な心構えがあります。
このコラムでは、転職活動や転職後の心構えを紹介。また、年代別の転職の心構えも解説しています転職に関する不安をなくし、前向きな活動で内定を勝ち取りたい方は、ぜひご参照ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

転職を成功させたい!必要な4つの心構え

転職を成功させるには、次の4つの心構えが必要といえるでしょう。以下、それぞれ解説します。

1. 「人からどう見られるか」を考えない

仕事選びでは、人の目を気にしないことが大事です。
転職を考えるとき、人は周囲の反応をつい考えてしまうことがあります。「人が聞いたときにすごいと思うような企業に入りたい」「かっこいい職業に就いたと思われたい」といった見栄があると、自分に本当に合った仕事を選ぶことができません。
転職先を選ぶ際にはほかの人の反応を考えず、自分に合った仕事をじっくり考えてみましょう。

2. 原因はネガティブでも転職を前向きにとらえる

どんな事情で退職に至ったとしても、より良い仕事を求めて転職に励むのが大切です。
人間関係などやむを得ない状況で仕事を辞めざるを得なかったときは、転職に対して前向きになれないことがあるでしょう。しかし、ずっと前職を引きずっていては、仕事探しもうまくいきません。転職活動は、希望を持って意欲的に取り組みましょう。

3. 自分の視野を広く持つ

転職活動では、多くの可能性を考えるのが成功率を上げるコツです。
自分の知っている仕事は、そんなに多くないもの。「自分にはこういう仕事が合っている」と思い込んでしまうと、転職先の選択肢が狭まってしまいます。
転職の際は一旦自分の思い込みをリセットすることも有効です。まっさらな視点で多くの仕事を検討してみることで、気づかなかった自分の適性を発見できる可能性があります。

4. 今の企業を退職まで精一杯勤め上げる

退職が決まっていたとしても、今自分に与えられている仕事を真剣に取り組むのが大事です。
退職する理由がどんなものであれ、今の企業はこれまで自分がお世話になったところ。「もう退職するから適当にこなせばいい」という気持ちでなく、今までの感謝を込めて、最後まで自分にできる限りの仕事をしましょう。

転職成功のコツについては「転職のありがち失敗例と成功する人のポイントとは」のコラムで詳しく解説していますので、併せてご参照ください。

世代別!転職するときの心構えを解説

転職するときに押さえておきたいポイントは、世代によって違います。
ここでは、転職にあたっての心構えを世代別にご紹介。転職活動の参考にしてみてください。

第二新卒の転職

第二新卒で転職をする場合、まずは新卒入社した企業で不満な点を明らかにしてください。
客観的に判断して転職したほうが良いと思ったら、すぐに転職活動を始めましょう。第二新卒はあまり企業の色に染まっていないので、歓迎されやすいといえます。

20代後半の転職

20代後半では、「自分のやりたい仕事」という観点で、熱意を持って転職に臨むのがおすすめです。
20代後半は、数年の社会人経験を経て仕事に対する取り組み方が確立してくる時期。企業のほうもそのことに期待を寄せているので、比較的内定が出やすい時期でもあるようです。

30代前半からの転職

30代前半からは、自分の望む収入や働き方と、持っている経験やスキルとの兼ね合いを冷静に見極めるのが大事です。
30代前半は一般的にライフイベントが起きやすい時期といわれています。そのため、収入アップや労働時間を調整できるような働き方を望んで、転職を選ぶ人が多数いるようです。
年齢的にも即戦力としての立場を求められることが多いので、職選びは慎重に行いましょう。

実際に転職を考えたときに「今しても良いかどうか」で悩む人は多いです。その判断には、転職したら今の悩みが解決されるかどうかがカギとなります。「転職の目的は明確?理由や背景を整理する方法を解説!」では、転職の目的を明確化するやり方を詳しくご紹介していますので、こちらも併せて参考になるでしょう。

初めての転職…面接で大事な6つの心構え

最初の転職に臨むとき、面接で必要な心構えは以下の6つです。
初めての転職では、面接は特に緊張するもの。事前に押さえて、自信を持って面接に臨んでみてください。

1. 過去のアピールより今後どうしたいかを主張する

自己PRの際は、これまでの経験より「志望先企業でこれからどうしたいか」の説明に重きを置きましょう。
面接では、自分を強くアピールしようとするあまり、過去のことを延々と話してしまう場合があります。しかし、あまり過去のことばかりを話しすぎるのは要注意。「結局、この企業ではそれをどう活かすのだろう…」と、肝心のところが面接官によく伝わらないからです。
これからどうしたいのかを中心に話したほうが、やる気を感じさせるうえ、面接官にとっても話を広げやすいでしょう。

2. 積極的な様子を面接官に印象づける

たとえ、どんなに緊張していたとしても、面接では積極的な様子を見せてください。
企業が求めているのは、明るく、自主的に業務に取り組んでくれそうな人材です。見るからに自信がなさそうだったり、暗い様子だったりすると、面接官に「一緒に働きたい」とは思ってもらえないでしょう。
積極的な様子は声のトーンだけでなく、身振り手振りにも現れます。元気に、はっきりとした受け答えをしましょう。

3. 緊張していても面接官の目をしっかり見る

面接官に話しかけられているときには、意識的に相手の目を見るのを心がけてください。
緊張しているからといって下を向いていると、「ちゃんと聞いているのかな」という懸念を相手に与えるうえ、積極的な様子に見られないからです。
あまりきょろきょろと目線を動かすのはおかしいですが、目だけをじっと見続けているのも、相手にプレッシャーを与えるものです。ときおり面接官と視線を合わせながら、目より少し下くらいの位置を見ているのがちょうど良いでしょう。

4. スマートさより一生懸命さを意識する

面接の受け答えでは、スマートさを演出するより、少したどたどしくても誠実に伝えましょう。
面接でスマートに話せると有能な印象を与えますが、緊張などで難しければ無理にそうしようとする必要はありません。自分の意見を何とか相手に伝えようとするほうが、熱意が感じられて好印象を与えるということもあります。

5. 知らないことは素直に分からないと言う

面接官に振られた話で知らないことがあれば、素直に分からないと伝えましょう。
知らないと伝えるのは勇気がいりますが、そのまま話を進めようとしても知らないのが分かってしまう可能性が高いです。知ったかぶりをして取り繕おうとするよりも、素直なほうが面接では好印象を与えることがあります。

6. 聞かれたことだけを明確に答える

面接では、面接官の質問に当てはまる内容だけを答えるように気をつけてください。
面接官は、応募者の回答を想定しながら次に質問することを決めているからです。次に聞かれることがなんとなく分かったとしても、先にペラペラと答えないほうが無難。面接官のペースを乱さないよう、スムーズなやり取りを意識しましょう。

転職決定後に押さえよう!新しい職場での5つの心構え

転職が決まったら、以下のような心構えをしておくのがおすすめです。
新しい職場では、最初の印象が大事。知らずしらずのうちに印象を下げるようなふるまいをしないよう、注意しましょう。

1. 明るく自己紹介する

自己紹介を求められたら、明るくはきはきと答えてください。
最初の印象は、自己紹介でほとんど決まるものです。暗かったりそっけなかったりすると、ずっとそのような印象を抱かれてしまう可能性が高いので、気をつけましょう。

2. 分からないことがあればすぐに聞く

仕事を進めるうえで、分からないことがあれば遠慮せずにすぐ聞きましょう。
分からないと言うのが恥ずかしい、忙しい人に聞くのは申し訳ないと考えるより、すぐに聞いたほうが解決が早いです。どんなに優秀な人でも、職場に慣れるまでは分からないことがあるもの。慣れるまでは、遠慮せずにどんどん人に聞いてください。

3. 仕事の進め方は新しい職場のやり方に従う

たとえ前にしていて慣れている仕事であっても、新しい職場のやり方に従ってください。
自分は知っているからと、勝手に前職のやり方で業務を進めるのはNG。違うやり方では他の人が困ってしまううえに、致命的なミスにつながる可能性があるからです。
また、何でも前の職場のやり方を持ち出す人は「今の職場に馴染もうとしない人」と煙たがられます。どんなことでも、今の職場に従うようにしましょう。

4. 自主的に仕事を学ぼうとする

新しい仕事を覚える際、教えられるのを待つだけでなく自分から学ぼうとする姿勢が大事です。
新しい職場の製品について学んだり、周囲の人に分からないことを積極的に聞いたりと、積極的な態度で業務に取り組みましょう。また、聞くときにはメモを忘れずに取ってください。

5. 自分にできることはないか聞いて進んで動く

入社したばかりで何も分からなくても、社会人として指示待ちの状態は避けたほうが無難。
最初はできる仕事が少ないので、勤務時間に比して仕事量が足りなくなることも少なくありません。しかし、だからといってぼんやりしていると、仕事に対して受け身な印象を周囲に与えます。
たとえ本当に仕事がなかったとしても、自分にできることはないか積極的に聞く姿勢は、周囲に好印象を与えるものです。周りに気を配りながら、さりげなく自分に手伝えることはないか探してみると良いでしょう。

「自分らしく働ける転職先を見つけたい」という方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは20代の若年層の方を対象に、ポテンシャルや人柄を重視する企業の求人を多数ご紹介しております。専任の就活アドバイザーが、その面倒見の良さとサポート力で、お仕事探しを強力にバックアップ。転職に不安を覚える方に対し、アドバイザーが必要な心構えを丁寧にアドバイスいたします。
ご登録、ご利用はすべて無料。お気軽にお問い合わせください。

転職の心構えに関するQ&A

ここでは、転職に必要な心構えに関して、よくある質問と回答についてまとめました。

転職を成功させるための心構えは?

「人の目を気にしない」「ネガティブな転職理由でも前向きに取り組む」といったことが挙げられるでしょう。詳しくは、このコラムの「転職を成功させたい!必要な4つの心構え」をご覧ください。また、「転職活動の心構え!最終面接のポイントとは」のコラムでは、採否が決まる最終面接について詳しく解説していますので、併せてご覧ください。
 

転職に不安を感じて心構えが整いません…

転職の不安を解消するには「今の悩みが転職によって解消できるかどうか」がポイントとなるでしょう。「仕事を辞めたいけど転職できるか不安…気がかりの解消法を紹介」のコラムでは、転職に関する不安の解消法を理由別に解説しているので、ご参照ください。
 

転職成功後、新しい職場での心構えは?

新しい職場では、「新しい職場のやり方に従う」「分からないことはすぐに聞く」といったことを心がけると良いでしょう。詳しくはこのコラムの「転職決定後に押さえよう!新しい職場での5つの心構え」をご覧ください。また、「仕事で緊張する!心を解きほぐす対処法と予防法をご紹介」では、新しい職場で緊張してしまったときの対応策について解説しています。併せて参考にしてみてください。
 

転職のコツや心構えなどの選考対策を希望しています。

選考対策を希望する場合は、ハローワークや転職エージェントなどの就職支援サービスを利用してみると良いでしょう。カウンセリングを通じて求人を探してくれるだけでなく、書類添削や模擬面接などの選考対策を無料で行ってくれるのが特徴です。アドバイザーは就活のプロなので、転職のコツや心構えに精通しています。ハタラクティブでは、スキルや経験に不安を持つ方の転職をサポートしているので、ぜひ一度ご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION