転職のありがち失敗例と成功する人のポイントとは

転職のありがち失敗例と成功する人のポイントとはの画像

【このページのまとめ】

  • ・転職の失敗例は「話で聞いた待遇と違っていた」「社風が合わなかった」など
  • ・転職してから前の職場の良さに気付いたというケースも失敗例として多い
  • ・明確な目的がない、キャリアプランを考えていない転職は失敗例になりやすい

 

転職の失敗例として多い理由には、どのようなものがあるのでしょうか。給与や待遇が思っていたより良くなかった、人間関係が悪化したといったもののほかにも、さまざまな転職の失敗例が存在します。このコラムでは、転職に失敗してしまう人がやりがちな間違いや、成功させるためのポイントなどを紹介。転職に失敗したくない方は、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

転職の失敗例

ここでは、「失敗だった!」と思ってしまった転職についてどんな事例があるのか紹介していきます。転職活動を行い内定が出ればそれがゴール…そんな風に考えてはいないでしょうか。転職後に新しい環境で働きだすと、思いもよらない不満点が見つかり「転職したのは失敗だった」と思ってしまうケースがあるようです。

給与や待遇が面接で説明を受けたものと違った

面接で説明を受けた給与や待遇が、実際に入社したら全然違っていたというパターンは、転職の失敗例として多いようです。また、仕事内容や配属された部署も説明と違ってがっかりしたという人も。完璧にイメージ通りだったというケースは少ないですが、あまりに差がありすぎると転職に失敗したと感じてしまいます。

前職の経験やスキルがまったく活かせない職場だった

新しい仕事にチャレンジしたいという人に多い失敗例で、前職のスキルや知識がまったく活かせない職場に転職してしまったというケースです。前職とはまったく勝手が違う会社で、今までの経験を仕事に活かすことができない場合も転職を後悔する人に多く挙げられます。

好条件だったが社風が合わなかった

給与や休日の多さなどの条件で転職先を選んでしまい、社風の合わない会社を選んでしまうという失敗例です。どれだけ条件が良くても、働きづらい職場で仕事をしていれば徐々に辛くなってしまいます。「条件だけを見ずにもっと真剣に転職先を選べばよかった」と後悔してしまうケースが多いでしょう。

残業や休日出勤が当たり前で体力がもたなくなった

求人情報に掲載されていた平均残業時間を毎月のように超過している、休日出勤が多いなどの理由から、体力がもたなくなってしまう人もいます。会社全体の残業時間は少なく見えても、実際は部署によって忙しさが異なるものです。残業や休日出勤の多い部署に配属されてしまうと、想像していたより体力的にきつい職場だったというミスマッチに繋がってしまうでしょう。

パワハラやセクハラを対処してくれない会社だった

上司や先輩からのハラスメントがあり、それを対処してくれない会社に転職してしまったというケースです。パワハラやセクハラの被害を報告しても「仕事はできる人だから我慢してほしい」と黙認されてしまったり、形だけの注意喚起で状況が改善しなかったりといった会社への転職は失敗といえるでしょう。

未経験の仕事に就いたが向いていないと分かった

「未経験の仕事に挑戦したい」と考えたものの、適性がないことに転職後気がついたという人もいるようです。転職をする前に希望職種に関する資格の勉強をする、実際にその職種に就いている人の話を聞いてみるなど、就業後のミスマッチが起こらないよう、できることをやっておくことが大切といえるでしょう。

上司や同僚と合わず人間関係が辛くなった

上司や同僚と合わず、前職よりも人間関係が辛くなってしまったという失敗例は多いようです。単純に職場の社員と性格が合わないというほか、社風や考え方の違いから業務上の意見が通りづらいことも問題に入ります。ただし、人間関係の問題は自身の態度や考え方を変化させることで解決できる場合もあるので、早々に転職に失敗したと思う前に改善策を考えてみましょう。

仕事の成果が正当に評価されなかった

頑張って成果を出しても反映されなかったり、反対に自分よりも成績の低かった社員が手柄を取ってしまう形で評価されたりするような会社へ転職してしまったケースも、転職の失敗例のひとつです。会社の制度や評価のシステムが曖昧で、上司に気に入られている社員が出世しやすいという場合に多い問題であるといえます。

転職してから前の職場の良さがわかった

働いていたときには不満を感じていたものの、別の環境に行くことで前の職場の良さに気がつくという失敗例です。会社の良さは、実際に働いているときには実感しづらいもの。転職することで条件や環境が悪化しないかどうか、行動に移す前によく考える必要があるでしょう。そのほか、転職の失敗例については「準備不足?企業選択ミス?転職の失敗例」もあわせてご覧ください。

こんな転職は失敗する!

転職に失敗したという人には、さまざまな共通点があります。以下に代表的なものを挙げるので、もし自分に当てはまる部分がある場合は注意してみましょう。

目的を持たず転職しようとしている

現職で何か嫌なことがあり、そこから逃げたいという気持ちだけで目的を持たず転職を決めてしまうと、後悔する場合が多いようです。現在の環境が嫌だから辞めるという考えだけではなく、新しい環境で何をしたいのかという前向きな動機を考えてから行動へ移すようにしましょう。

イメージで企業を選んでいる

転職時の仕事選びは業種や任せられるポジション、労働条件などを総合的に考えてより良い企業を選ぶべきですが、「なんとなく有名な企業だから」というように、イメージを優先して会社選びをしてしまうと失敗する可能性が高いです。イメージによる転職先の選び方では、就業後にギャップを感じて「想像していた働き方と違う」と思うことになり、転職を失敗したと後悔することになりやすいでしょう。

今の職場でできることをしていない

今の職場でできることをせず、不満があるとすぐ転職するというやり方では、どの会社に行っても満足はできないでしょう。まずは現在の環境でできることをやりきってから、転職活動を開始するべきです。仕事にやりがいがないと思っている人は、思い切って上司や先輩に相談してみるというのも良いでしょう。

長期的なキャリアを考えていない

長期的なキャリアを考えず転職を繰り返してしまうと、将来的にはどんどん仕事が見つかりづらくなってしまいます。キャリアアップが期待できる転職であれば問題ありませんが、何も考えずに転職していると給与や待遇などの条件が下がってしまったり、どんどん採用されづらくなってしまったりという問題点も。転職活動は自分の将来について考えたうえで行うようにしましょう。

自分の人材価値を客観的に分かっていない

自分の人材価値を理解せずに転職活動をしてしまい、後悔するという人も多いようです。自分を過大評価して「今の会社で自分は本来の実力より低く評価されている」と思い込んでいたり、反対に謙虚になりすぎて不当な条件も受け入れてしまったりということもあります。こういった失敗を防ぐためには、客観的な意見を取り入れることが大切です。転職に失敗しやすい人の特徴については「転職がうまくいかない人の12の特徴!企業が実際に重視する点や対処法も」でも紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。

転職に成功する人がしていること

前項では転職に失敗する人の特徴をまとめましたが、逆に、成功する人はどんなことをしているのでしょうか。転職を成功させるためのポイントをいくつか紹介します。

退職理由と転職の目的を明確にしている

まずはしっかりと自己分析を行い、退職理由と転職の動機を明確にしましょう。「今の会社がなんとなく嫌だから」「向いている仕事が他にある気がするから」というような曖昧な気持ちでは、転職活動はなかなかうまくいきません。たとえば、「現職では◯◯な点に不満を感じている。◯◯は△△すれば解決するので、△△な働き方ができる企業に転職したい」というように、順を追って目的を考えます。「なぜ今の会社を辞めたいのか」「どうすれば不満点は解消できるのか」「条件に当てはまる企業はどこなのか」をはっきりさせることで、転職先の目標も明確になるでしょう。それに沿って行動すれば、目的がブレずに転職活動を行うことができます。

転職先に求める条件と優先順位を決めている

転職先に求める理想の条件はいろいろあると思いますが、そのすべてを叶えられるような仕事はなかなか見つかるものではありません。ただ求める条件を考えるだけではなく、優先順位をつけ、妥協できる点も決めておくというのが大きなポイントです。譲れない条件ばかりでは応募できる求人数は少なくなってしまいますが、妥協点を決めておけば挑戦できる求人の幅は広がります。

入社後のミスマッチを防ぐ努力をしている

転職を成功させている人は、入社後のミスマッチを防ぐための努力をしています。たとえば、業界や企業研究をして転職希望先が自分に合っているのか調べる、入社前に契約内容について確認する、疑問点は放置せずに調べて解消する、といったことができるでしょう。こういった行動をしておくと、転職に失敗する可能性を低くすることができます。

在職中に転職活動する

転職活動は余裕をもって、在職中に行っておくのがおすすめです。仕事を辞めた後に転職活動を始めればいいと考える人もいるかもしれませんが、それはリスクの高い選択であることを知っておきましょう。退職後の転職活動では収入が途絶え、経済的に不安定になってしまいます。また、退職後のブランクが長引くと採用時に悪印象を与えやすくなってしまうほか、焦って妥協した転職先への就職を決めてしまう可能性も高くなります。転職を成功させるためには、事前の準備と余裕をもったスケジュールを組んで、失敗のない転職を行いましょう。

1人で転職するのは不安、どうすれば自分に合った仕事が見つかるのか分からない、本当に転職のタイミングは今なのか…。このような不安を抱えている人は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、20代を中心とした若年層向けの転職エージェントです。プロの転職アドバイザーが一人ひとりに丁寧なカウンセリングを行い、転職の成功をお手伝い。面接対策や書類作成のアドバイスなど、選考に関するサポートも手厚く行っています。サービスはすべて無料なので、転職活動に不安を抱えている方はお気軽にご利用ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION