転職失敗後すぐの再転職は可能?リスクや再求職活動のコツを解説!

転職失敗後すぐの再転職は可能?リスクや再求職活動のコツを解説!の画像

この記事のまとめ

  • 転職失敗したと思い短期間で再転職するのは、採用担当者へマイナスの印象を与えやすい
  • 体調を崩すほどストレスを感じているなら、すぐに再転職するのも選択肢のひとつ
  • 再転職を成功させるには、転職失敗の理由を分析して根本的な原因を理解することが大切
  • キャリアプランを立て、再転職で何を実現したいかを明確にしよう
  • 転職失敗を繰り返さず再就職できるように、転職エージェントを活用しよう

「転職失敗だ…」と感じたら、すぐに再転職すべきかどうか気になる方もいるでしょう。転職後すぐに会社とのミスマッチを感じたら、まずは現職のまま改善できる方法を見つけることが優先です。勢いで再転職を決めてしまうと、次の会社でマイナス評価を受ける恐れがあります。このコラムでは、転職失敗のパターンや短期間で再転職をするリスクについて解説。転職成功につながるヒントもまとめたので、ぜひご覧ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 今の仕事がつらい・・・
  • 自分に向いてる仕事あるのかな?
  • 職場を変えても、結局同じかも・・・
どんな仕事が合うかからお伝えします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

転職失敗後すぐに再転職することは可能?

転職失敗後すぐに再転職することは可能?の画像

「転職に失敗した」と感じても、すぐに退職するのはおすすめできません。早期退職した経歴があると、再就職の際に「またすぐに辞めるのでは」と懸念されやすくなるためです。
「入社直後だけど退職したい…」と感じるのは、業務内容や職場の雰囲気にまだ慣れていないからという場合も。新しい業務をスムーズに進められるように自分で工夫してみたり、気軽に会話できるような人を作ったりすることで、「転職に失敗した」というネガティブな気持ちが軽減される可能性があります。
とはいえ、「業務量が膨大」「パワハラを受けた」といった理由で転職失敗と感じる場合は、心身へのストレスが強まる前に再就職を目指したほうが良いでしょう。我慢して働き続けると、体調を崩してしまう恐れもあります。まずは、自分がなぜ「転職に失敗した」と感じるのかを深掘りしてみることが大切です。

転職後すぐに退職しても良いかどうかの判断基準は、「転職後すぐ退職するのはあり?辞める際の判断基準や転職理由の伝え方を紹介」のコラムで解説しているので、ぜひご一読ください。

未経験OK多数!求人を見てみる

転職失敗と思ってもすぐに再転職を避けるべき5つの理由

転職失敗と思ってもすぐに再転職を避けるべき5つの理由の画像

「転職に失敗したかも…」と、転職後すぐに会社を辞めて再転職をするのは、一般的には避けたほうが無難です。短期間で辞めるのは多くのリスクを伴うため、辞める時期についてはよく考えたほうが良いでしょう。ここでは、短期間で再転職する際に考えられる5つのリスクについてまとめました。

転職失敗と思ってもすぐに再転職を避けるべき理由

  • 短期間での転職はマイナス評価になるから
  • 説得力の強い再転職の理由が求められるから
  • 仕事に慣れる前の退職は後悔しやすいから
  • 再転職を繰り返すと年収が減る恐れがあるから
  • 転職を繰り返すクセがついてしまうから

1.短期間での転職はマイナス評価になるから

短期間で退職した経験があると、再転職する際に「同じことを繰り返す可能性が高い」「忍耐力がない」など、マイナスの印象を持たれかねません。特に、転職から1ヶ月~3ヶ月での再転職など、在籍期間が短か過ぎる場合は要注意です。前の会社に問題があったとしても、「本人の問題」と見なされる恐れがあります。

1年?2年?再転職してもOKな勤続年数とは

1年未満での退職は短いと考える会社が多い傾向にあり、最低でも1年以上が目安といわれています。業務に慣れていくうちにやりがいを感じられるようになる可能性もあるため、失敗したと感じても慌てて退職せず、自分の気持ちを整理する時間も必要です。「半年は続ける」「△△ができるようになるまで頑張る」と目標を決めて、できる限り勤務を続けてみましょう。

2.説得力の強い再転職の理由が求められるから

短期間で再転職をする場合、説得力のある退職理由を面接で答えられなければ、採用担当者に不信感を与える恐れがあります。前述の通り、自分の都合で「思っていた会社と違った」と伝えても、採用担当者に納得してもらうのはなかなか難しいのが現実です。
短期間で再転職する場合は、「実際の仕事内容が契約内容と大きく異なっていた」「タイムカードを押した後に残業するよう指導された」など、本人の努力で解決できない退職理由が必要といえます。

3.仕事に慣れる前の退職は後悔しやすいから

入社してすぐに勢いで退職してしまうと、「もう少し頑張れば仕事に慣れたかもしれない」と後悔する場合があります。仕事についていけないことで転職失敗と感じたものの、慣れれば解決できる問題だった可能性もあるでしょう。
仕事に慣れないうちは、「転職しないほうが良かったのかも…」「前職のほうが良かったのかな…」と不安になっても不思議ではありません。業務に慣れることで仕事のやりがいが分かってくる場合もあるので、転職後しばらくは様子を見るのがおすすめです。

4.再転職を繰り返すと年収が減る恐れがあるから

経験や実績を積まずに再転職する場合、採用されても未経験者同然の人材として入社することになるため、年収が減る恐れがあります。転職者の給料は、前職の経験やスキルをもとに決定するのが一般的だからです。「経験が浅い=未経験者と同じ」と判断された場合、前職よりも条件が悪くなってしまい「また転職に失敗したかもしれない…」と後悔する可能性があるでしょう。

5.転職を繰り返すクセがついてしまうから

転職失敗後すぐに再転職…という行動を繰り返すことで、「辞めてもなんとかなる」と認識してしまう人もいるようです。転職は悪いことではありませんが、何度も繰り返すと、自身の経歴や職歴に傷をつける原因になってしまいます。
再転職をするときは、安易な行動を取らずにリスクにも目を向けましょう。会社をすぐに辞めるリスクについては、「新卒ですぐ転職したい!入社1年目で会社を辞めるリスクとは?」でまとめているので、チェックしてみてください。

30代後半以降の再転職は難易度が上がっていく

年齢が若いうちはポテンシャル採用が多いため、転職回数が多くても再転職しやすい傾向があります。しかし、実力が重視される30代後半になると、「転職しているわりに求めるスキル水準に達していない」と、転職回数が好評価につながらなくなる可能性も。転職失敗後に再転職を繰り返すと、年齢を重ねるごとに求人探しが難航しかねないでしょう。

転職失敗と感じて再転職をしてしまう5つのパターン

転職失敗と感じて再転職をしてしまうパターン

  • 思っていた仕事内容と違った
  • 求人票に書かれていた労働条件と違う
  • 前職の良さに気づいた
  • 転職先の仕事にやりがいを見いだせなかった
  • 社風が合わなかった

転職失敗だと感じる理由は、その人の考え方や状況などによってさまざまです。ここでは、転職失敗の主なパターンを5つご紹介します。

1.思っていた仕事内容と違った

「仕事内容が思っていた内容ではなかった」というのが、転職失敗パターンによく見られる理由の一つ。特に、同じ業界・職種で再転職する場合、前職と同じだろうと思い込み、企業研究を怠ったために転職失敗となるケースがあるようです。
また、「事務と聞いていたけど、営業に回された」「求人票に記載のないノルマがあった」など、企業との間にギャップや不信感が生まれてしまうこともあるでしょう。事前に聞いていた仕事や条件と異なれば、働くためのモチベーションが低下してしまい、再転職を考えるようになるのも無理はありません。転職失敗にならないためには、仕事内容や働き方などを面接でしっかりと確認するのが大切です。

2.求人票に書かれていた労働条件と違う

「正社員の募集だったのに、実際は契約社員だった」「完全週休二日制と書いていたのに土曜出勤がある」など、求人票に記載されていた労働条件と違うことも転職失敗と感じるケースの一つです。
しかし、求人票に記載の労働条件はあくまでも見込みであり、実際に違っても違法性はありません。企業側の事情が変わったといわれれば、受け入れるしかないこともあります。

短期間での再転職を避けるためには、雇用形態や給与などの労働条件は、雇用契約書や労働条件通知書で確認するのがポイントです。応募者が書類を求めても提出してくれない場合は、転職失敗となりかねないので入社を避けたほうが無難といえます。

状況が改善しなければ在職中に再転職を進めよう

入社後に労働条件の違いに気づき、職場と相談したものの改善されなかった場合や、転職失敗の原因を解決できないと思った場合は、再転職の準備を進めましょう。ただし、前述したように転職後すぐの再就職にはリスクが伴うため、いきなり退職するのは避けたほうが無難です。無職期間を作らないためにも、仕事を続けながら転職活動を始めてみてください。

3.前職の良さに気づいた

「実際に働いてみたら前の会社のほうが良かった」という後悔も、よくある転職失敗パターンといえます。前の会社に不満があり、急いで転職した場合に起こりやすいようです。
たとえば、前の会社で「残業が多い」という不満があった場合、残業の少なさばかりに着目して転職先を探してしまうことがあります。その結果、「残業代がなくなり生活がギリギリになってしまった」「もう少し仕事がしたいのにみんな帰ってしまう」など、入社後にデメリットを感じる場合もあるでしょう。
前の会社の不満解消はできたとしても、総じてデメリットのほうが大きいと感じてしまうと働くモチベーションが下がる原因になります。また、転職後に前職の良さに気づき、「前職のままのほうが年収が安定していた」「前の企業に再転職できないだろうか」など、以前の職場へ出戻りしたい気持ちが増していく人もいるようです。

4.転職先の仕事にやりがいを見いだせなかった

転職先の仕事にやりがいを見いだせない場合も、転職失敗を感じやすいでしょう。前職で身につけたスキルを活かして活躍したいと考えていたものの、転職先では別のスキルが必要な場合もあります。「仕事を頑張りたい」「何かを成し遂げたい」と思っている人ほど、前職に比べて活躍できないことでやりがいを見失ってしまうようです。
求人票や面接だけでは必要なスキルを把握しきれないことも多いため、企業研究での情報収集が重要になります。やりがいの有無は仕事のモチベーションに大きく影響するので、転職前に入社後のイメージを具体的にしておきましょう。

5.社風が合わなかった

社風が合わないと感じる会社に転職してしまうのも再転職に至る原因です。社風とは、保守的・実力主義・チームワーク重視など、会社の特徴や雰囲気を指します。職場の雰囲気は求人票や面接からは把握しづらく、実際に働くまで分からない部分が多いものです。また、どのような社風が働きやすいのかは人によって異なるので、事前にしっかりと自己分析・企業研究ができていないと陥りやすい転職失敗のパターンといえます。
1日の大半を過ごす職場でのストレスは、健康状態に影響する恐れも。いくら仕事が楽しくて条件が良かったとしても、人間関係が悪かったり常にギスギスしている職場では、すぐに再転職を検討することになるでしょう。

転職失敗と感じてすぐに再転職しても良いケース

転職失敗と感じてすぐに再転職しても良いケースの画像

転職後すぐの再転職は一般的にマイナスであると認識されるものの、絶対にしてはいけないわけではありません。ここでは、再転職しても良いケースについて詳しく解説します。

職場のストレスで体調を崩してしまった

体調を崩すほど職場でストレスを感じるなら、再転職したほうが良いでしょう。転職失敗と感じる原因が過度な長時間労働やパワハラの場合、我慢して仕事を続けているとストレスから体調を崩す可能性もゼロではありません。合わない職場で無理に働かなくてよくなれば、心身の健康状態が安定して働きやすくなるでしょう。
転職失敗と感じる今の状況を改善したいなら、自分に向いている仕事を探して納得いく転職をすることが大切です。自分に向いている仕事の見つけ方は、「適職の見つけ方を解説!好きなことだけでなく得意なことを探そう」をチェックしてみてください。

失業保険の受給手続きを忘れずに!

すぐに再転職が決まらなそうな場合は、失業保険の手続きをしておきましょう。短期離職でも、雇用保険の加入期間は前の会社と合算が可能なため、失業保険が支給される可能性があります。ただし、失業保険は「すぐに働く意思があること」が条件のため、療養する場合は受給できません。「失業保険の受け取り方のステップとは?支給額のルールと注意点も紹介」のコラムや「失業保険の受給条件は?給付日数やもらい方などもあわせて紹介!」で受給条件を紹介していますので、ご覧ください。

前職の企業へ出戻りができる

前職を円満に退職し、出戻りができるのであれば早期退職を検討するのも良いでしょう。出戻りに良くない印象を持つ方もいますが、「ジョブリターン」などと表現し、積極的に過去の退職者を採用する企業や、新しい人材を雇うよりも自社の経験者を再雇用するほうがメリットがあると考える企業もあります。
ただし、出戻りするためには「ほかの企業に応募するより楽だから」といったネガティブな理由ではなく、「転職失敗の経験から前職の良さに気づいた」「前職が自分に合っていることを実感した」などポジティブな理由が必要です。もう一度、過去に勤めていた会社で働きたいと思う説得力のある理由と熱意をアピールすれば、出戻りできるチャンスを掴めるでしょう。

転職失敗から再転職する前にやるべき4つのこと

転職失敗から再転職する前にやるべきこと

  • 転職失敗と感じる現状の原因を洗い出す
  • 今の仕事で成果を出す努力をする
  • キャリアプランを考える
  • 転職市場で求められるスキル・経験を確認する

転職失敗で悩んでいる方は、再転職を決断する前に今一度冷静に考えてみましょう。ここでは、転職に失敗したと感じたときにやるべきことを4つ紹介します。

1.転職失敗と感じる現状の原因を洗い出す

まずは、転職失敗と感じる現状について冷静に分析しましょう。なぜ転職失敗と感じているのかを客観的に把握することで、改善点が見つかる可能性があります。ここで大切なのは、自分が何にどれくらい不満を持っているのかを明確にすること。その不満を、以下の4つのポイントから分析してみましょう。

  • ・その不満は自分の許容範囲に収まっているのか
  • ・その不満を解決するために現在の会社で努力をしたか
  • ・その不満は再転職しなければ解決できないことなのか
  • ・その不満が再転職によって解決される可能性と短期離職のリスクはどちらのほうが大きいか

このように段階を踏みながら分析すると、自分の抱えている不満を明確にできます。自分の考えや状況を整理することで、今すぐ再転職すべきなのかを冷静に考えられるでしょう。

2.今の仕事で成果を出す努力をする

前述したやり方で「不満を解決するための努力をしていない」という答えが出た人は、まずは今の仕事で成果を出すことを目標にしましょう。仕事で成果を出すと、周りから評価されたり、仕事の面白さを実感したりして、再転職を考えなくなる場合もあります。
また、成果を出せていないのは、まだ仕事に慣れていないのが原因という可能性もあるでしょう。「転職失敗と思ってもすぐに再転職を避けるべき5つの理由」で紹介したように、仕事に慣れることで不満が解消されるケースもあります。「転職直後は不満があったけど、2〜3ヶ月働いてみたらそうでもなくなった」という人は少なくないので、まずは今の仕事に全力を尽くしてみましょう。

3.キャリアプランを考える

再転職を決める前に、今の仕事でどのようなキャリアが積めるかを考えてみるのも有効です。明確なキャリアプランを持っていたほうが先々の行動を計画的に行えるため、将来的にキャリアアップが目的の転職も成功しやすくなるでしょう。「将来はどのようになりたいのか」「将来像に対して、今の職場でどのようなキャリアを積めるか」のように考えてみると、再転職の必要性が見えてくるはずです。

再転職して何を実現したいのかを明確にしよう

再び転職失敗に陥らないために、「3年後には△△のスキルを身につける」「5年後には年収△△円を目指す」など、再転職して実現したいことを明確にしましょう。転職後の目的が曖昧だと、「やりたい仕事じゃなかった」「ミスマッチだった」と後悔する確率が高くなってしまいます。キャリアプランを立てて将来の理想像を決め、それが実現できるような企業を選べば転職失敗を避けられるでしょう。

4.転職市場で求められるスキル・経験を確認する

再転職に踏み切る前に、今の自分のスキル・経験が転職市場で需要があるのかを確認しましょう。そのためには、求人サイトで希望条件を入力し検索してみるのがおすすめです。実際の応募条件を見て「5年以上の経験必須」「経験者優遇」といった求人が多いなら、今すぐの再転職は厳しいと分かるでしょう。また、希望の転職を叶えるために何をすべきかも明確になります。
そのほか、転職サイトのスカウト機能も転職市場における自分の価値を知る方法の一つです。オファーの有無や、企業側が提示する条件によって自分のレベルを確認できます。1人で判断するのが難しい場合は、転職エージェントに相談しましょう。

転職失敗から再転職を成功させる6つのポイント

転職失敗から再転職を成功させる6つのポイントの画像

転職失敗後すぐの再転職はマイナス評価につながりやすく、転職市場で不利になることも考えられます。ここでは、不利な状況でも採用されやすくなるポイントを6つ紹介するので、不安な方はぜひ参考にしてみてください。

転職失敗から再転職を成功させるポイント

  • 転職失敗の事実を受け止める
  • 応募する前にしっかり情報収集を行う
  • 面接で前職の悪口は避ける
  • 自分のスキルや経験を効果的にアピールする
  • 長期的に働く意欲があることを示す
  • 転職エージェントを使って再転職を試みる

1.転職失敗の事実を受け止める

転職に失敗したという事実を、まずは受け止めることが大事です。もちろん、「採用時に提示された条件と実際の待遇が違う」「労働基準法に違反していた」など、明らかに企業側に責任がある場合もあるでしょう。ただ、現状を把握しないまま「前職の会社が100%悪い」といった考え方でいると、再転職に失敗してしまう可能性があります。
企業とのミスマッチが転職失敗の原因であれば、「転職先との相性をしっかり確認する」といった改善点を見つけ、同じ間違いが起きないように努めましょう。

2.応募する前にしっかり情報収集を行う

転職失敗を防ぐためにも、応募先企業の情報収集はしっかり行いましょう。情報収集をするには、企業のWebサイトや広報誌を確認するのはもちろん、競合他社との比較検討も重要です。また、OB・OG訪問や職場見学なども活用し、できるだけ実態を知るのもミスマッチ回避に役立ちます。
不明点や懸念点は、面接の逆質問として聞くのがおすすめ。ただし、待遇面に関することはストレートに聞くと採用担当者に「企業研究を行っていない」とマイナスイメージを抱かせてしまうので控えるのが無難です。「企業研究は転職でも必ず行おう!情報の集め方と活用のポイント」では、企業研究における情報の集め方について解説しているので、こちらの記事もご一読ください。

口コミサイトもチェックしよう

どれだけ情報収集をしても、職場の雰囲気や社風は分かりにくい点があります。そこで、口コミサイトに掲載されている社員や退職者のコメントも参考にしてみましょう。ただし、匿名のコメントはどこまで事実なのか不明確な側面もあるため、あくまでも参考意見の一つとして捉えてください。どうしても気になる点がある場合は、転職エージェントへの相談を検討してみましょう。「転職エージェントの賢い使い方を解説!基本の流れと使い倒すコツ」のコラムで、転職エージェントの利用方法を紹介していますので、参考にしてみてください。

3.面接で前職の悪口は避ける

採用面接時には、前職の企業の悪口やマイナスな発言は避けるのが無難です。転職失敗の理由は人それぞれで、企業側に責任があるケースもあるでしょう。しかし、前職の悪口は応募者の印象も悪くしてしまい、「ネガティブな人」「ストレス耐性がない」と思われるリスクがあります。そのため、前職の退職理由を聞かれた際は、「自身のキャリアプランと前職の業務内容が異なったため」のように、できるだけポジティブな表現で伝えましょう。

4.自分のスキルや経験を効果的にアピールする

再転職の面接では、自分のスキルや経験を効果的にアピールできるようにしておきましょう。短期間での再転職は一般的にネガティブに見られやすいため、それを補うだけの強みが必要です。
特に、20代後半以降の中途採用では、即戦力となるスキルが期待されます。そのため、自分の持っているスキルや知識について、数字やデータを用いて定量的にアピールできるよう準備しておくのがポイントです。抽象的に「××ができます」よりも「営業で△%の売上アップという結果を残しました」と具体的に伝えたほうが、説得力のあるアピールになるでしょう。

再転職によって経験値が上がっている場合もある

短期間での再転職により、経験値が上がって次の転職に活かされる場合もあります。たとえば、新しい環境への適応力、転職活動を続けることへの精神力などが強くなる人もいるでしょう。転職失敗と思っても、その職場での経験やスキルは、将来的に思わぬ形で活きる可能性もあります。再転職だからこそアピールできる強みがあれば、面接で印象に残りやすいでしょう。

5.長期的に働く意欲があることを示す

再転職を希望する企業で長期的に働く意思・意欲があることを示すため、自分のやる気をしっかりアピールしましょう。早期退職はデメリットが多く、採用担当者は「またすぐに辞めてしまうのでは?」という懸念を抱きがちです。早期退職の事実だけで不採用になることはないものの、不信感があれば好印象は与えられません。仕事への熱意・やる気を人一倍伝えて懸念点を払拭させましょう。

6.転職エージェントを使って再転職を試みる

転職失敗を繰り返さないためにも、転職エージェントでプロの手を借りながら転職活動するのもおすすめです。転職失敗と感じるのは、今までの転職活動のやり方や求人の探し方に問題があった可能性も考えられます。1人では、なかなか希望条件の取捨選択や優先順位の決定は難しいもの。転職エージェントのアドバイザーに、自己分析や企業研究、求人選びのノウハウを教えてもらうことで、再転職の成功率は格段に上がるでしょう。

転職失敗からの再転職を成功させたいなら、若年層向けの転職エージェントであるハタラクティブにお任せください。専任のキャリアアドバイザーがカウンセリングを行い、将来のビジョンやスキル、経験などを基に、あなたにマッチした求人を紹介します。また、応募先企業で働くメリット・デメリットなどの情報を提供できるため、入社後のミスマッチが起きにくいのが特徴です。履歴書や職務経歴書の添削、面接対策なども可能なので、効果的に転職活動を進められます。再転職をご検討の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

転職失敗後の再転職に関するお悩みQ&A

ここでは、転職失敗後の再転職に関する疑問を、Q&A方式で解決していきます。

転職が失敗してしまう理由は?

転職で失敗してしまう理由として大きいのは、企業研究不足が挙げられます。企業について深く理解せず、イメージや大まかな情報だけで判断してしまうと、「思っていた仕事と違う」「イメージしていた社風ではない」などミスマッチを起こす可能性が高く、転職しても失敗と感じやすいでしょう。

転職失敗後、前の職場に戻ることはできる?

企業の方針によります。転職後すぐの再転職は、「またすぐに辞めるのではないか?」と、元の職場からあまり良い印象を持たれない可能性もあるでしょう。円満退職をしているならまだしも、勤務していたころの信頼関係や仕事に対する姿勢が良くなければ、再転職は難しいといえます。
詳しくは「出戻り社員を目指すなら早いほうが良い!採用につながるポイントを解説」のコラムをご覧ください。

入社して半年や1年での再転職はダメですか?

一般的に入社して3年以内で退職した人は早期離職者という扱いになります。そのため、転職先の採用担当者に「前職同様にまたすぐ辞めてしまうのではないか?」と懸念される恐れも。とはいえ「早期離職者は決して転職ができない」というわけではありません。再転職を成功させるためにも、丁寧な対策を行いましょう。
早期離職のデメリットは、「新卒入社から半年で転職できる?早期退職の強みや退職理由の伝え方を解説」のコラムで詳しく解説しています。

転職失敗したのが苦しく退職したいです…

転職したばかりだからといって、辛い気持ちを我慢して働き続ける必要はありません。改善が見込めないときは、潔く転職を視野に入れることも必要です。ストレスを溜めたまま働き続けてしまうと、身体だけでなく心のバランスを崩してしまう恐れがあります。転職失敗であまりにも苦しい場合は、健康に支障をきたす前に求職活動を始めると良いでしょう。
働くことに苦しさを感じている人は、「仕事が辛い!辞めたい!理由と対処法を解説します」のコラムを参考にしてみてください。

転職に失敗しないためにはどうすれば良い?

同じことを繰り返さないためにも、転職失敗の原因を明確にしたうえで、再転職に挑みましょう。企業とのミスマッチを防ぐためには、採用条件や待遇などをよく確認しておくのが大切です。前回よりも丁寧な企業研究を行い、応募先企業の雰囲気や社風を知ることが転職成功のポイントとなるでしょう。
何から始めたら良いか分からない方は、転職エージェントのハタラクティブまでご相談ください。あなたの転職活動を手厚くサポートいたします。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ