転職先を今すぐ辞めたい!考えられるリスクや対処法を解説

転職先を今すぐ辞めたい!考えられるリスクや対処法を解説の画像

この記事のまとめ

  • 転職先を辞めたいと思う理由には、理想と現実のギャップや人間関係などがある
  • 転職先をすぐに辞めてしまうと、転職活動が不利になったり辞め癖がついたりする
  • 聞いていた待遇と大きく違ったり、将来性を感じなかったりするなら辞めてもよい
  • 転職先を辞める前に、自分なりに状況を改善するための対策を試してみよう
  • 転職をするなら自己の振り返りをしたり待遇の確認をしたりしよう

「転職先を辞めたい…」とお悩みの方もいるのではないでしょうか?
転職先を辞めたいと思う理由は、会社の人と合わない、理想とのギャップがあったなどさまざまでしょう。辞めたいと思ったときは一度改善できないか考えてみるのがおすすめです。
このコラムでは、転職先をすぐに辞めるリスクや、辞めたいと思ったときの対処法を紹介。また、転職をしたほうが賢明なケースや、次の転職先選びを成功させる方法についても解説します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職先を辞めたいけど本当に辞められる?

結論から言えば、たとえ転職したばかりであったとしても仕事を辞めることは可能です。日本では憲法で職業選択の自由が認められており、転職先をすぐに辞めたとしても問題ありません。
さらに、民法では14日前までに退職届を提出すれば仕事を辞めることができると定められています。会社は仕事を辞めたい従業員の願いを拒否することはできません。
さらに、転職したばかりで辞めるのだから給料を支払わない、研修費を出させるなどの扱いを会社がした場合には違法となります。

円満退職のためには会社の就業規則に従って手続きを行うことが重要です。
就業規則では何日前に退職の意思を伝えるべきか、退職前に有給休暇を消化する場合にはどのような手続きが必要かなどが細かく定められています。
転職先をすぐ辞めたいとしても、雇用されているかぎりは就業規則に従って手続きを行うよう努めましょう。

退職することに不安がある方は、ありがちなトラブルや相談窓口などを紹介しているコラム「退職トラブルの相談窓口とは?種類や利用方法について解説!」もあわせてご覧ください。未然にトラブルを防ぎましょう。

転職先をすぐ辞めたいと思う4つの理由

ここでは、転職先をすぐに辞めたいと思う理由として考えられる4つをご紹介します。

1.理想と現実が異なる

転職先をすぐ辞めたいと思う理由の一つが、理想と現実のギャップを感じたからです。
前の職場に勤務していた時は、転職した後の仕事がやりがいのある仕事に見え、もし転職に成功したら一生懸命働こうと思っていたかもしれません。しかし実際に転職してみたら、思い描いていた業務内容と違っていたり、やりたいと思っていた仕事と違う仕事を任されたりすることがあります。
さらに、自分は即戦力のつもりで転職したのに、それほど重要でないと思える仕事ばかり任されると、「自分は期待されていないのではないか」と感じてやる気を失ってしまうでしょう。

2.仕事量が多く疲弊してしまう

仕事量が多すぎると、転職してすぐに辞めたいと思うことがあります。
仕事量が想定外に多く、疲れ切ってしまうことがあるでしょう。また、仕事の内容が複雑すぎたり、いきなり責任ある立場に就かされたりすると、ストレスが大きくなり体調を崩してしまうこともあり得ます。
もし、残業などを減らして自分の時間が欲しいと思って転職した場合、仕事量が多すぎると自分の時間が取れず仕事を辞めたいと思うことでしょう。

3.仕事になかなか慣れることができない

転職先を辞めたい場合、仕事になかなか慣れることができないのが原因かもしれません。
転職したては業務内容はもちろん、同僚や上司の名前、取引先の名前、会社のルールなど、覚えることも非常に多くあります。なかなか仕事に慣れることができないと、自信を失って再び転職したいと思うでしょう。
また、同僚や上司の名前がなかなか覚えられないことは、コミュニケーションが取りにくくなる要因に。仕事を辞めたいと思うきっかけになる恐れがあります。

4.人間関係や職場の雰囲気が自分に合わないと感じる

転職してもすぐに辞めたいと思う理由に、職場の人間関係や雰囲気が自分に合わないことが挙げられます。
人間関係は仕事のやりやすさを左右する大きな要素です。職場の人間関係や雰囲気が自分に合わないと感じると、仕事自体のやりがいも薄れていってしまいます。さらに、怒鳴る人や嫌味を言う人、コミュニケーションが取りにくい人などが多い職場の場合には、すぐに辞めたいと感じるのも無理はありません。

転職先をすぐに辞めたいと思う理由について詳しく知りたい方は、「【後悔のない転職を!】仕事を辞めたい理由は明確?」のコラムもご覧ください。

転職先をすぐに辞めたいときに考えるべき4つのリスク

転職先をすぐに辞めたいと思っても、実行に移す前にリスクを考慮することが必要です。
ここでは、転職先をすぐに辞めたいと思ったときに考えるべき4つのリスクをご紹介します。

1.次の転職活動に支障が出る

転職先をすぐに辞める大きなリスクの一つは、「次の転職活動への不利益」です。
今の職場を辞めて転職先を探す場合、必ず短期離職の履歴が残ってしまいます。今の職場で働きながら転職活動を行う場合も同様に、短期で転職を考えていることは知られてしまうでしょう。
転職自体は悪いことではないものの、日本では短期離職に良いイメージを持たない人はたくさんいます。何度も転職を繰り返す人に対して不安を覚える人事担当者は少なくありません。
短期間で転職先を辞めてしまうと、「自社で雇用してもすぐに転職されてしまうのではないか」と思われて、書類選考にさえ通らないことも考えられます。

2.逃げ癖がついてしまう

短期間で転職先を辞めると、逃げ癖がついてしまう恐れがあります。
逃げ癖や辞め癖がついてしまうと、ちょっとした挫折や困難でもすぐに辞めたいと感じてしまうように。何度も短期間での転職を繰り返すことにもなりかねません。
短期間での転職を繰り返すことによって、ますます転職活動が不利になっていきます。正社員として雇用してくれる会社が見つかりづらくなってしまうでしょう。

3.スキルアップできなくなる

転職先をすぐに辞めてしまうと、自分のスキルアップができなくなってしまいます。
どのような業種や職種でも、ある程度の期間は働き続けないとスキルを身につけることはできません。あまりに短期間で転職先を辞めてしまうと、何のスキルも獲得せずに次の仕事を探すことになります。
転職活動でどのようなスキルを身につけているのか尋ねられても、何も答えられなくなってしまうでしょう。この点も、人事担当者からすればマイナスポイントとなります。

4.優良企業を見逃す

転職先をすぐに辞めてしまった場合、本当に優良な企業を見逃してしまう恐れがあります。
転職して数ヶ月は、仕事に慣れることができなかったり業務内容を覚えるのが難しかったりして、辞めたいと思うかもしれません。しかし仕事に慣れてくると、やりがいを感じられる仕事であることや良好な人間関係が構築できる職場であることに気づく場合もあります。すぐに転職先を辞めてしまうと、その会社の本当に良いところに気づかないかもしれません。

会社をすぐに辞めてしまった場合、転職先の面接で短期で辞めてしまった理由を聞かれることがほとんどです。もし短い期間で離職するのであれば、「短期退職の言い訳はどうする?よくある理由と伝え方を解説!」のコラムを読んで面接対策をしましょう。

転職先を辞めてもよい3つのケース

転職先をすぐに辞めることにはいくつかのリスクがありますが、仕事を辞めた方がよいケースもあります。
ここでは、転職先を辞めた方がよい3つのケースをご紹介します。

1.聞いていた待遇と現実が大きく異なる

転職前に聞いていた待遇と現実が大きく異なる場合には、再び転職した方がよいかもしれません。
たとえば、残業があまりに多い、残業代が出ない、面接時と異なる部署に異動になった、入社前に聞いていた給与額と異なるなどのケースでは、仕事やモチベーションに支障が出ることがあります。上司に相談してみて、変化が期待できないのであれば辞めることを検討しましょう。

2.人間関係が非常に悪い

どのような職場でも人間関係のトラブルはつきものですが、過度にストレスがかかる環境であれば転職するのがおすすめです。
パワハラが横行していたり、毎日怒鳴り声を聞かなければならなかったりするような職場では、心を病んでしまう恐れがあります。職場環境の改善がされないようであれば、辞めるのが得策です。
心身ともに病んでしまう前に、より良い職場を探しましょう。

3.会社に将来性を感じない

転職する前は将来性のある会社だと思ったのに、実情があまりにもひどいと感じる場合も辞めた方が良いケースです。
転職前にしっかり転職先の企業について調べても、本当の姿は入社してみないとわかりません。仕事の進め方が前時代的であったり、業界自体が収益を上げにくかったりすることが入社後に分かる場合もあります。
そのようなケースでは、早めに転職してより将来性のある就職先を探すのが良いかもしれません。

転職先をすぐに辞めたい人がすべき4つのこと

「転職先をすぐに辞めたい!」と思ったときは、一度冷静になって転職するべき職場なのかを見極めてみましょう。
転職先をすぐに辞めたい人がすべき4つのことをご紹介します。

1.3ヶ月だけがんばってみる

転職先を今すぐに辞めたいと思っても、3ヶ月だけ踏ん張ってみましょう。3ヶ月働いてみると、仕事を覚えられてやりがいを感じたり、人間関係が構築できて働きやすくなったりすることもあります。
3ヶ月経ってもやはり転職の意思が変わらないのであれば、仕事を辞めることを再度検討しましょう。

2.周りと積極的にコミュニケーションを取る

転職先を辞めたいと思った場合、周りとのコミュニケーションを密に取ってみましょう。人間関係やコミュニケーションが円滑になると仕事がやりやすくなり、「辞めたい」という気持ちが薄らいでいく可能性があります。
明るく挨拶をすること、仕事で分からないことがあれば積極的に質問や相談をすること、笑顔でほかの人に接することなどを心掛けると、職場が働きやすい場所に変化するかもしれません。
転職したばかりの時は知り合いがまったくおらず、孤独を感じることもあります。そんな時こそ積極的にコミュニケーションを取り、自分から溶け込むよう努力してみましょう。

3.今の会社の良い点を考える

転職先を辞めたいと思っている時には、今の会社の悪い部分に目が行きがちになります。一度先入観を取り去って、今の会社の良い点を考えてみましょう。
転職する前、今の転職先に大きな魅力を感じていたはずです。前職を辞めてでも入りたいと思った理由を思い出してみましょう。また、働きはじめて感じた良い点も考えてください。
そのほか、今の職場で得られるスキルや資格についても考えるのもおすすめです。今の職場で頑張ることで得られるスキルや資格があるのならば、仕事を続けるモチベーションになることでしょう。

4.会社の環境について問題提起をする

もし職場環境に大きな問題があるために辞めたいと思っているのであれば、上司に尋ねるのも一つの方法です。
たとえば、「残業がないと聞いていたのに実際には残業がある」「パワハラと思える行為が見られる」などの状況がある場合は、問題だと感じていることについて上司に相談してみましょう。もし改善策が講じられて職場環境が良くなれば、辞めたいと思う理由がなくなります。

転職先を辞めたいと思った場合に試せる対処法についてさらに知りたい方は「仕事を辞めたいと思ったときの対処法」のコラムもご覧ください。

次の転職を成功させるための2つの方法

転職先をすぐに辞める場合、次の転職を成功させる方法について知っておくことは非常に重要です。
ここでは、次の転職を成功させるための2つの方法をご紹介します。

1.自分が直すべき点に注目する

まず考えるべきなのは、「自分に何か問題や改善点はないか」を考えることです。
転職先を辞めたいと思った場合、多くの人は待遇や人間関係が原因であると考えます。もちろん、そういうケースも多いですが、短期間での転職が続いている場合には、自分にも何かの原因があるかもしれません。
もし自分にも欠点や改善点があるのであれば、そこに気づいて修正することは重要です。自分の改善点に気づいて修正する努力は、面接時に自分の短所や欠点について聞かれた時にも役立ちます。
自分が直すべき点に注目すると、次の転職先を選ぶ際の見方が変わったり、一つの職場で長く働きやすくなったりするかもしれません。

2.待遇は事前にしっかり確認する

転職先を辞めたいと思った理由が待遇面にあるならば、次の転職はどのような待遇なのかをしっかり確認することが重要です。
与や残業の有無、福利厚生などについて、面接時や入社前に確認しておきましょう。あらかじめ確認しておけば、入社後にギャップを感じにくくなります。
待遇について事前に詳しく尋ねるのは勇気がいりますが、早期退職を避けるためにもしっかり確認しましょう。

「次の転職先選びは失敗したくない…」「事前に企業情報を詳しく知りたい!」という方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、20代のフリーターや第二新卒、高卒などの若年層向けの就職・転職サービスです。専任のアドバイザーが、仕事探しから内定まで一貫したサポートを提供します。
豊富な求人を取り揃えておりますので、あなたに合った企業をご紹介します。また、企業に対して質問がある場合はアドバイザーが代わってやりとりをしますので、事前に情報を得られやすいのも強みです。
サービスはすべて無料です。まずはお気軽にご連絡ください。

この記事に関連するタグ