入社3年未満で転職しても良い!仕事を変えても良い理由と成功の秘訣

入社3年未満で転職しても良い!仕事を変えても良い理由と成功の秘訣の画像

【このページのまとめ】

  • ・勤続年数を重視しない企業なら入社後3年未満でも転職できる
  • ・転職の目的が明確でない段階では転職しない方が良い
  • ・新卒入社後3年以内であれば、第二新卒として転職活動ができる
  • ・入社後3年以内の転職を成功させるには、企業研究やスキルの棚卸しが大切
  • ・入社してすぐの転職では、素直に反省して前向きな意欲を伝えよう

入社後3年以内の転職を迷う方に向けて、転職のタイミングによって不利になることがあるのかを解説します。入社後すぐに転職しない方が良いパターン、転職した方が良いパターンの両方をお伝えするので、転職時期を考える参考にしてください。
また、短期で離職する方が知っておきたい選考でのアピール方法や、退職理由の説明の仕方も紹介。3年以内の転職を不利にしないコツを知り、前向きに転職活動を開始しましょう。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

入社3年未満の転職は難しい?

入社後3年未満での転職は可能です
転職に関して、「3年未満での転職はスキルが身についていなくて不利なのでは」と思う人は多く、職務経験を重視する企業では経験年数を条件にしている場合もあります。
その一方で、採用を行う企業が必ずしも勤続年数を重視しているとは限りません。なぜなら、企業によっては、「経験が少なくても若い人材が欲しい」「年数ではなく実績を評価する」と考えている場合もあるからです。
特に若手が欲しい企業は年齢を重視しているので、早めの転職が有利になることも十分考えられるでしょう

次の項目からは、3年未満で転職しない方が良いパターンと、3年を待たずに転職しても良い理由を紹介していきます。「今の職場を辞めたいけどタイミングを迷っている」という方は、ぜひ参考にしてください。

3年未満で転職しない方が良いパターン

まずは、入社後3年未満で転職しない方が良いパターンを紹介します。

転職の目的が明確ではない

「友達が転職しているので何となく」「今の職場をとにかく辞めたい」という理由で転職を考えている場合は注意が必要。転職で実現したいことが明確でないと、転職先でミスマッチを起こしてしまうリスクが高いからです
何となく転職を考えている場合、今の職場から逃げる気持ちが強い場合は、自分が転職を通して何を実現したいのかを改めて考えましょう。

今の会社でやりたいことが実現できる

業務内容や上司に対する不満は、部署異動で解決できる場合があります。特に、今の会社の方針や社風に満足している場合は、すぐに転職するのではなく、他部署にも目を向けてみましょう。上司や人事への相談、公募制度などで希望する部署への異動が叶いそうな場合は、今の職場でもう少し頑張るという選択肢も出てきます。

転職の目的を考え直したうえで、今の職場で努力しても求めているものが満たされない場合は、転職に踏み切るのがおすすめです。

転職は入社後3年を待つ必要がない6つの理由

転職をする場合、3年以上は働いた方が良いといわれることがありますが、3年という数字には明確な根拠はありません。
ここでは、入社後3年未満で転職しても良い理由を紹介するので、転職を迷う方は参考にしてください。

1.年数にこだわる必要はないから

転職を通して実現したいことがあるなら、早く転職した方が目標を達成する時期が早められるでしょう。
ほかにやりたい仕事ができた、労働環境を変えたいなど、転職の目的や理由が明確にあれば、年数にこだわって同じ職場で働き続ける必要はありません

2.転職は早めの方が良いから

新卒採用で入社している人は、入社3年未満で転職を決断すれば、第二新卒の枠で転職活動ができます
企業からのニーズが高い第二新卒として転職活動を行うことで、一般の中途採用より転職先が見つけやすくなる場合があるでしょう。
第二新卒のための転職成功の秘訣」では、第二新卒が転職を成功させるための方法を紹介しています。

3.人間関係の問題は解決が難しいこともある

職場の人間関係は転職の定番理由の1つです。人間関係のトラブルにはパワハラやセクハラ、モラハラなど解決が難しい場合もあります。
無理に我慢して仕事を続けるよりも、身を守ることを優先して早く転職を決断し、環境も気持ちも切り替える方が良いこともあるでしょう

4.合わない仕事を続けるのはストレスが大きいから

職場の人間関係や仕事内容れ、社風などは入社しないと分からない部分も大きいため、入社後にミスマッチが生じる可能性があります。
今の職場が合わないと分かっていながら仕事を続けることは、ストレスが溜まる原因です。ミスマッチの原因が自分の力で解決できない場合、新しい環境を求めて転職するのが賢明でしょう

5.心身に負担を抱えてまで働く必要はないから

パワハラやセクハラ、いじめなどで心や身体に悪影響を及ぼしているとき、または及ぼしかねないときは早急に転職を考えましょう。長時間残業やサービス残業が当たり前になっている職場も自分で環境を改善するのが難しいため、転職で働き方を変えるのがおすすめです

6.将来の目標が明確にある場合

たとえ第一志望の会社に入社したとしても、入社後にほかにやりたいことができることもあるでしょう。
明確な将来のビジョンや熱意があるのなら、異業界への転職は柔軟性が評価される若いうちが有利といえます

上記に該当しない場合でも、自分の中で転職したい理由がはっきりしている場合は転職を検討すると良いでしょう。
社会人経験が浅い場合は、年齢の若さが有利に働く場面も多いです。年齢と転職の関係については、「転職の○歳限界説は本当?年齢は関係あるの?」の情報を参考にしてください。

入社3年以内の転職を成功させる4つの方法

入社3年以内で転職する際に、転職先とのミスマッチを防ぐ方法や、企業に説得力のあるアピールをする方法を紹介します。

1.企業研究をしっかりする

転職する際には、応募する企業について入念に企業研究をする必要があります。企業研究が不十分だと、ミスマッチを起こして転職の目的を達成できない可能性があるからです。
企業の社風や仕事内容をよく理解したうえで転職先を決めることで、入社後のミスマッチを予防できます

2.今までの経験が次の仕事に活かせるか考える

入社3年未満では、十分なスキルや経験が身についていない場合があります。しかし、十分ではなくても、3年の仕事によって身につけた経験は転職活動でのアピールポイントになります。
特に年齢が若いうちは、基本的なビジネススキル・マナーが身についていることが評価の対象となることも。パソコンスキルや仕事をするうえでの心がけも含めて、自分のスキルを棚卸しすると良いでしょう。

3.なぜその仕事がしたいのかを明確にする

転職先を選ぶ際には、なぜ転職が必要なのか、なぜその企業や職種を選ぶのかなど、転職理由や目的を事前に明確にしておくことが必要です。
転職の動機が明確だと、面接でよく聞かれる志望動機の質問にも的確な回答ができるでしょう。志望する業界の中でも、特に応募企業を選んだ理由を説明することで、入社意欲が伝わります

4.憧れだけでなく仕事の苦労や大変さも理解しておく

やりたい事が見つかったことで転職を決断する人もいます。そのような人は新しい仕事に対して期待や希望を持っているため、企業研究をした際に良い部分しか目に入らなくなってしまう場合があります。
十分に企業研究ができていないことはミスマッチの原因となるため、やりたい仕事であっても、苦労や大変さなどのデメリットも把握するようにしましょう

入社3年以内の転職を迷いやすいパターン

入社後3年以内の転職が不利になるわけではありません。ただ、あまりにも勤続期間が短かかったり、すでに転職経験があったりする場合は心配になる人もいるでしょう。ここでは、パターン別の転職のポイントを紹介するので、参考にしてください。

過去に転職経験のある人が転職する場合

転職を繰り返しす人に対して、採用担当者は「自分の会社もすぐに辞められるのではないか」と懸念を抱きます。担当者の不安を払拭するには、転職の軸に一貫性があることを示すのがポイントです。転職回数が多くても、説得力のある前向きな理由を示したり、その時々で身につけたスキルをアピールしたりすることで、採用の可能性が高まるでしょう。

入社してすぐに転職する場合

入社してすぐに転職すると「忍耐力がない」「飽きっぽい」というマイナス印象になる可能性が高いです。ただし、給与の未払いやパワハラといった正当な退職理由がある場合は、事情を伝えたうえで応募企業への前向きな入社意欲をアピールしましょう。
入社後のミスマッチが原因で転職する場合は、退職理由を聞かれたときに職場のせいにする言い方にならないように注意が必要。「入社前の下調べが足りなかった」など、原因はあくまで自分にあると謙虚に反省する姿勢を示すのが好印象です
退職理由の答え方は、「早期退職の理由を聞かれたら?面接での伝え方や回答例9つを紹介!」で解説しているのでぜひ参考にしてください。

入社後すぐに転職したいと思ったら、先輩に相談するのもおすすめです。先輩の新入社員時代の話がヒントになって、問題が解決することもあるでしょう。

入社後3年前後の転職に迷っている方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは経験豊富なアドバイザーが一人ひとりの状況をヒアリングし、その方に合ったアドバイスを提供します。
転職した方が良いと判断した場合は、適性や経験、ご希望に合った求人を紹介。応募企業が決まった後の面接対策や企業との交渉もサポートしていくので、転職が初めての方もご安心ください。
「とりあえず相談だけしてみたい」という方のご利用も歓迎していますので、まずは登録をしてみませんか?

室谷彩依

監修者:室谷彩依

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A