1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就活では第二新卒や既卒も新卒扱いされる?

就活では第二新卒や既卒も新卒扱いされる?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・現在は既卒や第二新卒者も新卒として扱われることが多い
  • ・とはいえ、新卒と比較すると内定獲得は難しい傾向
  • ・若い人材を求めている企業も増えているので、そういった会社の求人を探すのがポイント
  • ・マッチングした求人を探すには転職エージェントを活用してみては

就活では第二新卒や既卒も新卒扱いされる?の画像

第二新卒も新卒扱いに

新卒とは、文字通りその年に新たに学校を卒業した者を意味しますが、就職活動においては、就職後早期に退職してしまった第二新卒や大学卒業後フリーター生活を送っている既卒者でも新卒扱いされる場合があります。

これは、2011年に「卒業から3年以内の既卒者は新卒として扱うように」という要請が国から企業に出されたためです。

 第二新卒、既卒とは

第二新卒は、新卒入社後大体3年以内に退職した人のことを指す言葉。既卒とよく似ていますが、既卒は就職経験のない人を指しています。

どちらも、20代半ばまでの若い人材であることが特徴です。


第二新卒や既卒が新卒募集に応募することは可能ですが、だからといって新卒採用で内定を獲ることは簡単ではありません。

同じ条件であれば新卒のほうが良い…と考えている企業はまだまだ多い傾向にありますし、早期に仕事を辞めてしまった第二新卒や、内定が得られなかった既卒にネガティブな印象を抱いていることも少なくないからです。 

増加傾向にある新卒枠による第二新卒・既卒者の採用

増加傾向にある新卒枠による第二新卒・既卒者の採用の画像

同じ新卒枠でも、第二新卒や既卒者は本当の意味での新卒に比べて採用される可能性が低いのは確かです。
それでは、新卒枠を広げた試みが無意味だったかというと、そういうわけでもありません。

近年では若い人材を欲している企業は増加傾向にあり、新卒だけではなく既卒や第二新卒者を積極的に採用したいと考えている企業も増えています。

特に、社会人としてのビジネスマナーや知識を身につけていることが多い第二新卒者は、入社時の研修などが最低限で済むため貴重な人材とされていることも。
そのように、若い人材を積極的に採用したいと考えている企業を選ぶことが第二新卒や既卒の就職活動を成功させるポイントといえるでしょう。

第二新卒・既卒のアピールポイント

新卒扱いで採用試験を受けるとしても、新卒と比較すると不利な部分があることは否めないのが第二新卒や既卒の応募者。

では、どのようにアピールすればマイナスポイントを払拭できるのでしょうか。それぞれ解説します。


第二新卒の場合

第二新卒の最大の強みは、社会人経験があること。

社会で働く上での最低限の知識やマナーが身についていることは、即戦力を求める企業では特に評価されやすいポイントです。

第二新卒のマイナス面は「またすぐに辞めてしまうのではないか」というイメージ。そのため、前職を辞めた理由をはっきりさせ、次はその反省を活かして長く続けたいとアピールすることが大切です。


既卒

既卒の強みは、若さと他の会社の色に染まっていない育てやすさにあります。

また、卒業後にアルバイトや派遣社員などの経験がある場合はそれが評価されることも。特に同業種や職種で正社員を目指す場合には、新卒よりも経験をアピールすることができます。

既卒のマイナス面は、「なぜ新卒で就職しなかったのか」と思われてしまうところ。

理由がある場合はそれを述べ、就職活動の他に取り組んでいたことや努力していたことを併せて述べると懸念を取り去ることができるのではないでしょうか。


既卒者を採用する気のある企業を見極めるには

既卒者を採用する気のある企業を見極めるにはの画像

既卒者が求人募集に応募する際に重要なのは、本当にその企業が既卒者を求めているか否かの見極めです。

いくら新卒枠で応募が可能だとしても、本当に既卒者が求められているかどうかまでは分かりません。

そこで、おすすめしたいのが、転職エージェントの利用です。

転職エージェントは、人材を求めている企業と、その条件にフィットする求職者のマッチングを行う橋渡しのような存在。既卒や第二新卒枠の正社員求人に強い転職エージェントを利用するなら、就職活動をスムーズに進める上で心強い味方となってくれることでしょう。 


ただ、転職エージェントでも正社員経験者への求人紹介を中心に行っているエージェントも多いです。
大切なのは、第二新卒や既卒者を中心とした求人紹介を行っているサービスを選ぶことです。


ハタラクティブを利用したい第二新卒のためのQ&A

転職エージェントの利用を考えている第二新卒のために、第二新卒の基礎知識とハタラクティブのサービスをまとめました。


新卒と第二新卒の違いは何ですか?

両者の大きな違いは、正社員経験の有無。.新卒は就活中の学生を指す一方で、第二新卒は新卒入社した会社で正社員として働き、転職を考えている人を指しています。
一般的に第二新卒として扱われるのは、入社後1~2年以内に求職活動をする人。4年制大学を卒業している場合、年齢は25歳前後になります。
新卒と第二新卒の詳しい違いは、「第二新卒と新卒の違いってなに?」をご覧ください。

第二新卒は転職に適した時期でしょうか?

第二新卒は若手人材を求める企業のニーズが高く、転職に適した時期といえます。採用する企業にとって、第二新卒は1社目で基礎的なビジネススキルを身につけているのも魅力。教育コストが省け、なおかつ若く柔軟性が高い点がメリットとなります。
第二新卒のニーズの高さについては、「第二新卒はなぜ積極採用される?その人気の秘密とは」で詳しい理由をまとめました。

ハタラクティブでは第二新卒のサポートもしていますか?

ハタラクティブでは、第二新卒などの若年層に特化した転職サポートを行っています。人柄重視の求人を豊富に扱っているため、「未経験業種にチャレンジしたい」という方もぜひご利用ください。
もちろん、自分に向いている業界・企業が分からない場合は、アドバイザーがその方に合ったアドバイスをご提供。必要があれば自己分析のお手伝いにも対応いたします。

ハタラクティブではどんなサービスを提供していますか?

ハタラクティブでは、カウンセリングや求人提案、企業ごとの選考対策、面接日程の調整や企業との条件交渉などを行っています。サービスはすべて無料で、「まずは相談だけしてみたい」という方のご利用も歓迎。必要な方には、現在の職場を退職するためのアドバイスもいたします。

ハタラクティブでは、20代を中心とした既卒者や未経験者に紹介できる求人を数多くご用意しています。
一般の求人広告には掲載されていない非公開案件も多数ありますので、興味のある方はお気軽にご連絡ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる