第二新卒にオススメの転職先

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 第二新卒転職先

学校を卒業してから3年以内は『第二新卒』と呼ばれます。正社員として就職した経験がある第二新卒は、既に社会的マナーの基本ができていると見なされるので、企業にとって採用すれば新卒よりも社員研修のコストを省けるというメリットがあります。しかしまだまだ社会に浸透した存在とは言えず、新卒か中途かで位置づけが難しいのが現状です。転職先によっては求人票の募集要項に『第二新卒OK』と記されていてもいきなり仕事で即戦力扱いされ、困惑してしまうこともあり得ます。そんな第二新卒にはどのような転職先が向いているのかチェックしてみましょう。オススメの転職先も併せてご紹介します。

第二新卒転職のよくある質問とお悩みQ&A

ここでは、よくある第二新卒の転職に関するお悩みやよくある質問をQ&A方式で解決していきます。

第二新卒と既卒の違いを教えてください。

第二新卒は、大学や専門学校を卒業して就職したものの、短期間で退職した人のことを指します。一方既卒は、一般的に大学や短大、専門学校などの卒業後に正社員として勤務した経験のない方を指します。詳しくは「第二新卒はいつまでを指す?既卒との違いは?」をご覧ください。

「高卒の第二新卒」とはどのような場合ですか?

高卒の第二新卒とは、高校を卒業してから、新卒で就職をした仕事先をおよそ3年以内に離職し、転職活動をしている方を指します。第二新卒の就活のコツを知りたい方は、「高卒の第二新卒とは?就活のコツは?」をご参考ください。

第二新卒で大手企業に就職することはできますか?

社会人の経験のある若い人材の需要が高まっている近年、第二新卒を積極的に採用する企業が増加傾向にあるようです。そのため、第二新卒で大手企業に就職できる可能性は、必ずしも低いとは言い切れません。企業が第二新卒を採用するメリットを詳しく知りたい方は、こちらのコラムをご覧ください。

第二新卒で学歴は重要ですか?

近年では学歴社会が崩れてきたといわれますが、それでも高学歴な方が就職しやすい風潮は否めません。そのため、第二新卒の場合も、有名な大学を卒業している場合、多少有利に働く可能性はあります。しかし、高学歴というだけで簡単に転職できるわけではありません。第二新卒の転職では、学歴以外にも重要なポイントがあるでしょう。学歴以外で企業が見ているポイントについて気になる方は、「第二新卒の転職で学歴は重要?」をチェックしてみてください。

大卒で入社して1年未満で、第二新卒として転職を考えています。収入面などを考えると、在職中に転職活動をしたほうが良いでしょうか?

確かに在職中の転職活動は、退職後に間を開けず転職先に勤務できるため、収入面で安心できる可能性が高いです。ただし、早く転職したいがゆえに焦ってしまい、転職先のレベルを落としてしまうリスクもあるでしょう。ハタラクティブでは、在職中の転職活動がスムーズにいくようにサポートしています。入念なヒアリングを重ね、あなたに合った転職先をご紹介します。そのほか、在職中にではなかなか難しい志望企業との面接日の調整なども代行。そのうえ、サービスはすべて無料となっています。現在の会社で働きながら転職したい方は、ぜひハタラクティブをご活用ください。

おすすめ記事

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ