第二新卒でIT業界への転職はできる?面接のコツや必要なスキルをご紹介

第二新卒でIT業界への転職はできる?面接のコツや必要なスキルをご紹介の画像

この記事のまとめ

  • IT業界は慢性的な人手不足で第二新卒歓迎の求人も多い
  • 第二新卒が転職すると年収や働き方などのメリットもある
  • IT業界はシステムエンジニアやITコンサルタントなど、職種の選択肢が広い
  • 転職活動成功のコツは転職理由を明確にして経験やスキルをアピールする
  • 第二新卒がIT業界へ転職するためには学ぶ姿勢やコミュニケーション能力が必要

第二新卒で将来性のあるIT企業に転職を検討する場合「未経験では内定が難しいのでは?」と躊躇する人もいるでしょう。市場が急成長しているIT業界は人材が足りておらず、未経験の第二新卒であっても転職に有利な業種です。

このコラムでは、IT業界における第二新卒歓迎の理由や転職するメリットについて解説します。面接を成功させるコツや必要なスキルも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

第二新卒で大手のIT業界への転職は難しい?

慢性的な人手不足に陥っているIT業界は、第二新卒以上であっても転職が可能な業種です。IT企業はスマートフォンやパソコンといった、情報技術の製品・サービスを提供する会社です。比較的新しい技術やサービスを扱っているため、若年層の従業員も活躍しています。

しかし、サービス業や専門的技術業など多くの業界でもIT化が進んでおり、需要に対して人材の供給が追いついていません。

経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果 IT人材の『不足規模』に関する推計結果」によると、今後IT業界で不足する人数は2030年で約59万人と予想されています。

IT業界はシステム構築やWebデザイナーなど、幅広い業務を担当する案件も多く、常にスキルアップが必要な分野です。伸びしろのある若い人材は需要が高く、第二新卒歓迎の求人も多く見られます。

また、第二新卒であれば熱意やポテンシャルが評価され、転職でも有利になる可能性があります。IT業界の人手不足については「人手不足はいつ終わるの?IT業界の現状」でも解説していますので、ぜひご覧ください。

参照元
経済産業省
IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

第二新卒っていつまで?

第二新卒に明確な定義はありませんが、一般的には「卒業後に就職した会社を1~3年以上で退職し、転職活動をする人」を指します。当てはまる年齢は最終学歴によって異なり、高卒では21~22歳、大卒では25~26歳くらいです。

独自の定義を設けている企業もあり、一般的な年齢以上であっても応募できる求人もあります。転職活動の際は、求人の応募条件を確認しましょう。
未経験OK多数!求人を見てみる

第二新卒が転職に有利な理由

IT業界は人手不足で求人も多く、特に第二新卒は企業からも歓迎されやすい傾向があります。第二新卒がIT業界への転職に有利な理由を3つ解説します。

1.社会人としてのマナーが身についていると判断されるため

第二新卒で1年以上正社員としての勤務経験がある場合「電話対応や名刺交換など最低限のビジネスマナーは知っている」と企業から評価されます。企業が一から第二新卒を教育する必要がないため、教育コストも削減されます。

たとえ短期間でも正社員として勤務した経験があれば、新卒や正社員経験のない既卒と比較すると有利になる可能性があるでしょう。

2.年齢の若さ

第二新卒者は社会人経験があるうえに新卒と同等の若さと意欲があるため、伸びしろも期待できます。社会人経験は30代以上の中途採用者と比べると浅いですが、仕事のやり方や考え方に対して柔軟性が高い強みがあります。

また、募集期間が決まっている新卒とは異なり、第二新卒は年間を通じて採用が可能です。新卒と同等のポテンシャルの人材を通年で採用できるのも、第二新卒歓迎をする求人が多い理由でしょう。

3.企業として教育コストを省けるため

教育コストを抑えて人材を確保できるのも、企業が第二新卒歓迎する理由の1つです。ほとんどの企業では新卒社員へ研修期間を設けており、社内や外部委託した研修員も必要です。第二新卒は新卒時に就職した会社で研修を終え社会人経験を積んでいるため、採用後は最低限の研修のみで対応できます。

第二新卒の就職・転職事情については「第二新卒の需要は高いって本当?強みを活かして転職を成功させよう!」もご一読ください。

第二新卒がIT企業へ転職するメリット

転職先にIT企業を選ぶと、今以上のメリットを得られる可能性があります。IT企業への勤務だからこそのメリットを詳しく解説します。

安定した収入が期待できる

深刻な人手不足に陥っているIT業界は、IT化が進むなか今後も需要が高い業種です。将来仕事がなくなる状況が避けられるため、安定した収入が期待できるでしょう。

また、比較的年収が高いIT企業に転職することで、第二新卒であっても今以上に年収アップする可能性もあります。平均年収は職種によって異なりますが、業務用システム以上の開発を行うシステムエンジニアの場合550万2,000万円ほどです。

国税庁が発表している「令和元年分 民間給与実態統計調査」によると、日本の給与所得者の平均年収は436万円であり、IT業界の年収は平均以上です。ただし、第二新卒の年収は新卒と同じである場合も多く、転職後すぐに上がるわけではないので注意しましょう。

参照元
厚生労働省 job tag(職業情報提供サイト)
システムエンジニア(業務用システム)の検索結果
国税庁
令和元年分 民間給与実態統計調査

厚生労働省が発表している「令和4年賃金構造基本統計調査結果の概要」によると、正社員の業種ごと賃金は以下のとおりです。

産業別男性女性
情報通信業40万2,200円31万4,500円
学術研究、専門・技術サービス業41万6,200円31万2,300円
運輸業・郵便業29万3,100円24万300円

引用:厚生労働省「第5表 産業、性、年齢階級別賃金及び対前年増減率

16分類された産業別でみると、IT業界である情報通信業と賃金が高い学術研究との差は男性で約1万4,000円です。一方、賃金が低めな運輸業・郵便業との差は約10万円です。

参照元
厚生労働省
令和4年賃金構造基本統計調査結果の概要

専門性の高いスキルを身につけられる

IT企業での研修や業務を通して、インターネットやプログラミングスキル以上の専門性の高いスキルを身につけられます。IT業界で必要とされる以上の高度なスキルを習得すると、今後も有名企業や大手への転職チャンスも掴みやすくなるでしょう。

働き方が選べる

IT業界に転職すると在宅業務ができるため、働き方や案件の幅が広がります。働く場所だけでなく勤務時間や案件を自分で調整できる会社もあり、IT企業は自由な働き方が選べる会社です。

ITエンジニアには、企業での勤務経験を積んでからフリーランスとして働く人も多くいます。フルリモートの案件を受注できれば出社する必要もなく、地方在住や子育て中であっても勤務しやすくなります。

ITエンジニアの種類

IT企業にはさまざまなITエンジニアが所属しており、案件を進める際はそれぞれが違う業務を担当します。ITエンジニアの種類を紹介しますので、IT業界への転職を考えている方は仕事内容の参考にしてください。

システムエンジニア

システムエンジニアはクライアントからヒアリングした要望をもとに、ITシステムの設計や構築を行います。担当する業務は主に、システム開発の上流工程です。

案件を受けたあとはクライアントの要望をまとめる要件定義から始まり、基本設計や詳細設計・テストなどを行います。業務範囲が広いため、一人のシステムエンジニアのみで進めずに企業内で分業化されます。

システムエンジニアはクライアントの要望を正確にシステムに落とし込む役割があり、ITの知識に加えてコミュニケーション能力や分析能力も必要です。

Webエンジニア

WebエンジニアはWebサイトやWebアプリケーションなどの開発に関わる業務を行います。業務内容ごとに、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアに分かれます。

Webエンジニアの種類業務内容具体的な案件
フロントエンジニアシステム利用者から見える部分の構築やカスタマイズレイアウトやデザイン
バックエンドエンジニアWebサービスを開発するインフラ整備データベースの構築

Webエンジニアにプログラミングスキルは必須であり、加えて対人スキルや分析力なども求められます。

データベースエンジニア

データベースエンジニアはデータベースの設計・構築・運用・保守などの案件を担当する技術者です。大量のデータを保存する大きな倉庫の役割をもつデータベースから、データを瞬時に取り出したり保存したりするシステムを構築します。

データベースエンジニアの業務で欠かせないスキルは、システム開発やセキュリティの知識です。また、案件でトラブルが発生したときに冷静に対処する力も必要です。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアはコンピューターネットワークの設計・構築・運用・保守を行います。ネットワークシステムの構築を担うため、ルータやメールシステム・ファイアウォールなどのデータ通信に関する技術に精通しておく必要があります。

案件を受ける際にはシステムエンジニア同様にヒアリングするため、コミュニケーション能力も不可欠です。

プログラマー

プログラマーはシステムエンジニアが作成した設計図をもとに機能を実装する仕事です。システムエンジニアが担当するのが上流工程なのに対し、プログラマーはプログラミングやコーディングなど下流工程の案件を担当します。

理系に限らず、文系出身の人も多く活躍している職種です。ただし、プログラマーとしてIT企業で勤務するためには、プログラミング言語やプログラミングスキルを身につける必要があります。

セールスエンジニア

エンジニアの知識を持ちながら営業も行うのがセールスエンジニアです。主な業務は製品の導入をクライアントに提案・販売したり、導入や運用におけるサポートを行ったりします。技術に関する専門性の高い知識はもちろん、技術用語を知らない担当者にもわかりやすく説明する能力が必要な職種です。

セキュリティエンジニア

ITエンジニアでも、情報セキュリティを専門にしているのがセキュリティエンジニアです。主な業務はサイバー攻撃への対策であり、システムにおけるセキュリティの設計や運用管理などを担当します。

近年ではサイバー攻撃による被害が増えており、企業にとって情報セキュリティ対策は不可欠です。セキュリティに関する専門知識をもつ人材は重要視されており、これからも需要が高いエンジニアといえます。

ITコンサルタント

ITコンサルタントはITにおける企業の悩みを解決する専門家であり、課題をヒアリングして具体的な解決方法を提案します。ITコンサルタントが導入するシステムや導入時期、費用・運用方法などを企業に説明しながら、課題解決のアドバイスをします。提案が承認された後に開発を進めるのが、システムエンジニアです。

つまり、ITコンサルタントはシステムエンジニア以上の上流工程を担当する職種といえます。ITコンサルタントには、クライアントの悩みを把握する理解力や課題解決につながる論理的思考力などが必要です。

サポートエンジニア

サポートエンジニアは製品を利用しているユーザーのサポートを専門に行います。主な業務は開発や運用ではなく、顧客対応です。

問い合わせの窓口はサポートデスクやヘルプデスク・テクニカルサポートなどと呼ばれることもあります。ITの基礎知識を前提とし、製品やサービスに関する知識や問題解決能力も求められる職種です。

Webデザイナー

Webデザイナーはクライアントから受注したWebサイトのデザインを担当します。主な仕事はWebページにおける全体的なレイアウトやロゴ・バナーなどの素材作成です。

クライアントと相談しながら案件を進めるため、IT企業のWebデザイナーにはコミュニケーション能力が必須です。なかには、コーディングまで担当する案件もあり、プログラミングの知識があるWebデザイナーは重宝されます。

IT企業とは?その意味や含まれる職種を分かりやすく解説!」でIT企業の職種や業務について紹介していますので、あわせてご覧ください。

IT業界の求人動向

民間企業でも積極的にITへ投資する動きがあることから市場規模も拡大しており、IT業界では採用意欲が高い傾向にあります。

IT業界は有事の際も採用が活発になるため、「需要の高い業界に就職したい、不景気に強い仕事をしたい」と考えている方は、注目してみても良いでしょう。人手不足が続いているIT業界では、未経験の採用も積極的に行っています。特に、第二新卒はポテンシャルが評価されやすくなります。

第二新卒がIT業界への転職を成功させる11のコツ

転職を成功させるには、しっかりとした準備が必要です。第二新卒がIT業界への転職を成功させるために押さえておきたい、11個のコツを解説します。

1.転職理由をはっきりさせる

まずは、転職を決めた理由を明確にしておく必要があります。第二新卒は企業に「新卒入社して短期間で仕事を辞めた人」と受け取られる可能性もあります。企業が不安に感じないように、なぜIT業界へ転職したいのかを明確にし、転職理由を説明できるようにしておきましょう。

2.IT業界に向いているか再確認する

求人に応募する前には転職して長く勤める可能性を考え、あなたがIT業界に向いているのか再確認してください。「将来性がありそう、人と話さなくて良さそう」という浅い理由でIT業界を目指すと、長続きしない可能性があります。就職してから後悔しないためにも、仕事内容を把握して自分に向いているか判断することが大切です。

3.IT業界の情報収集を行う

第二新卒が転職を成功させるには、日々アップデートしているIT業界の情報を収集する必要があります。WebやネットワークなどITに関する情報を効率よく収集するには、IT関連の研修会や勉強会への参加がおすすめです。最新の情報を把握すると面接で戸惑うことなく返答でき、転職で有利になります。

4.需要が高いプログラミング言語を習得する

第二新卒がIT業界でプログラマーやシステムエンジニアを目指すなら、需要が高いプログラミング言語を習得しておきましょう。プログラミング言語にはJavaやPythonなどさまざまな種類があり、特徴や利用できる分野が異なります。

まずは、頻度の高いプログラミング言語から学んでみてください。需要の高いプログラミング言語は時代に合わせて移り変わる可能性があるため、常にトレンドを確認することが大切です。

5.業界や企業の研究を行う

IT業界への転職を成功させるために、業界や企業を研究する方法も効果的です。IT企業にはWeb業界や通信業界・情報処理サービス業界などがあります。また、職種もITコンサルタントやWebエンジニア・プログラマーなど多岐に渡ります。

それぞれの職種で「どのような業務を担当するのか、必要なスキルは何なのか、自分が勤務したときの将来的なイメージができるか」など、具体的に理解して判断しましょう。

6.未経験や第二新卒歓迎の求人を探す

業界の特徴を把握した後は、IT企業が出している未経験・第二新卒歓迎の求人を探してみましょう。若いながらも社会人経験がある第二新卒は、ポテンシャルも評価されやすいため積極的にアピールしてください。

また、第二新卒歓迎の求人であれば入社後のサポートも期待できます。未経験からIT業界へ転職する場合は、研修制度もチェックするのがおすすめです。

7.企業のニーズにマッチする経験やスキルを身につける

企業が決まっている場合、ニーズにマッチする経験を積んだりスキルを身につけたりすると転職に有利になります。実績やスキルを面接で話すことで「未経験でも仕事に活かせる」と評価されるでしょう。

これまでの職種がIT業界の仕事内容とはまったく違っても、ITの職種に活かせるポイントがあるかもしれません。たとえば、前職が営業職であれば培ったコミュニケーション能力を、納期管理ならばスケジュール管理能力をアピールしてみてください。

8.応募書類の作成や面接対策を入念に行う

応募書類の作成や面接対策は入念に行いましょう。転職活動で必要な履歴書や職務経歴書などを書く際は、内容のほか誤字脱字などのケアレスミスも評価に関わります。丁寧に書き、間違えたときは書き直すようにしてください。

また、面接では入退室のマナーや服装・言葉遣いなどが見られています。面接官に好印象を与えられるように、基本的な面接マナーは事前に確認しておき、明るい印象を与えられるように練習しておくのがおすすめです。

9.「現在どのような勉強をしているか」をアピールする

面接では「自分が現在どのような勉強をしているか」をアピールすると、採用担当者から評価される可能性があります。第二新卒がIT業界へ転職を決めたときは、自主的に学習や資格試験の受験を行う積極性が有利に働く場合もあります。意欲をアピールするとともに、技術を高められるよう努力しましょう。

10.第二新卒としてのポテンシャルをアピールする

面接の際には第二新卒の社会人としてのポテンシャルをアピールしましょう。第二新卒は社会人として働いていた経験が強みとなります。仕事に対する意欲やビジネスマナーをしっかりとアピールできるように準備しておきましょう。

11.退職の意思表示をしっかりとする

第二新卒がIT業界へスムーズに転職するためには、いつから勤務できるのかを考えて、退職の意思表示をできる状態を目指しましょう。転職で新しい会社が決まった後は退職の手続きが必要ですが、引き留めで交渉が難航したり、引き継ぎが上手くいかず長引いたりする可能性もあります。

円満退職のためには、手続きに必要な書類などの事前準備も必要です。第二新卒からIT業界を目指す方法は「未経験の第二新卒もSEを目指せる?必要なスキルや転職活動のコツを紹介!」のコラムも参考にしてください。

第二新卒がIT業界で活躍するために必要なスキル

第二新卒で未経験からIT企業へ転職するには、研修や業務を通して特別なスキルを学ぶ必要があります。しかし、前提としてある程度のビジネススキルがあることも重要です。ここでは、IT業界に転職するために求められる必要なスキルを解説します。

1.学ぶ姿勢

応募者には「入社して学びたい、業務を通して勉強していきたい」と答える人もいますが、面接官は「自ら動いて学ぶ人材」を求める傾向があります。

専門用語が多く情報も常に変わっていくIT業界は、自らも進んで学びアップデートしていく姿勢が大切です。「教えてもらう」といった受け身の姿勢は採用されない可能性があるため、注意してください。

2.コミュニケーション能力

ITエンジニアはチームを組んで業務を進めることが多いため、コミュニケーション能力が欠かせません。案件によっては、クライアントとの打ち合わせに出席することもあります。特に、コミュニケーション能力の高いエンジニアはクライアントとの信頼関係を築きやすくなり、重宝されます。

3.基本的なパソコンスキル

IT業界に転職するには、基本的なパソコンスキルが必須です。パソコンをある程度使いこなせないとどの案件も担当できないため、IT業界での勤務が難しくなります。未経験OKや第二新卒歓迎の求人であっても、最低限のパソコンスキルは習得しておきましょう。

4.論理的思考力

近年では、論理的思考力(ロジカルシンキング)がビジネススキルの1つといわれており、IT業界でも重視されています。論理的思考力とは道筋を立てて物事を考え、相手に分かりやすく説明できる能力のことです。専門的な知識のない顧客に対してITを説明するときに役立つほか、問題解決能力も向上します。

未経験の第二新卒がIT業界へ効率的に転職する方法

現在の職場で勤務しながらの転職活動は、スムーズに進まないことも多いでしょう。第二新卒は転職活動の経験も乏しく、疑問点や悩みも溜まりやすくなります。第二新卒が未経験からIT業界へ効率的に転職できる方法を紹介します。

転職支援のあるプログラミングスクールに通う

プログラミングスクールには、転職支援を受けられるところもあります。転職支援のあるスクールであれば、プログラミングを学びながら面接対策や履歴書・ポートフォリオの作成などをサポートしてもらえます。

また、非公開求人の紹介や企業への推薦といった、転職先の斡旋を受けることも可能です。期間は短期集中型や長期などさまざまであるため、転職のタイミングを考慮して選ぶのがおすすめです。

転職エージェントを利用する

転職活動に不安がある方は、転職エージェントを利用してみてください。転職のプロであるエージェントは転職活動全般をサポートし、第二新卒の方も安心して行動できます。

転職エージェントは第二新卒歓迎の求人紹介や応募書類の作成サポート・面接対策など、多くのサービスを無料で受けられます。また、IT業界に詳しいアドバイザーが相談にのってくれるため、現在の会社に勤務しながら不安なく効率的に転職活動が可能です。なかでも、IT業界に強い会社や第二新卒・若年層に特化した会社を選びましょう。

転職エージェントのハタラクティブでは、ITの求人も多数ご用意しています。小さなことでも親身に相談できるアドバイザーが、履歴書や職務経歴書などの書き方や面接のコツなど、マンツーマンでサポートいたします。

担当アドバイザーは多くの方をサポートしてきた経験を持つ就職・転職のプロです。業界ごとの特徴も把握しているため、あなたに合った業種や職種の提案も可能です。「自分に合う業界で働きたい」「やりたいことが分からない」という方は、ぜひご相談ください。

第二新卒 ITに関するFAQ

第二新卒やITに関するよくある質問をまとめました。

第二新卒で未経験なのですが、大手のIT企業に転職するのは難しいですか?

未経験の第二新卒者であっても、大手のIT企業に転職できる可能性は十分にあります。IT業界では人手不足が続いており、第二新卒歓迎の求人も多くあります。伸びしろのある若さをもちながらも1年以上正社員として勤務した経験のある第二新卒は、転職活動でも有利になるでしょう。

まずは、転職理由を明確にしてIT業界の情報収集や転職先企業の研究などに力を入れてみてください。転職活動の具体的な方法については、このコラムの「第二新卒がIT業界への転職を成功させる11のコツ」でも紹介しています。

未経験OKのIT企業にはパソコンのスキルがなくても入れますか?

未経験を積極的に採用しているIT企業であっても、WordやExcelなどの基本的なパソコンスキルは身につけておきましょう。IT業界で仕事をするには、最低限のパソコンスキルが必須です。加えて、学ぶ意欲やコミュニケーション能力・論理的思考力も必要になります。

第二新卒でIT企業に転職する場合、転職先は派遣会社しかないのでしょうか?

IT業界には第二新卒を正社員として採用する企業もあるため、未経験・第二新卒歓迎の求人を探して応募しましょう。転職エージェントは希望やスキルに合った求人を紹介できるため、まだ利用したことがない方は一度利用してみてください。

この記事に関連するタグ