第二新卒でインターンを利用する利点は?募集の探し方やポイントも解説

第二新卒でインターンを利用する利点は?募集の探し方やポイントも解説の画像

この記事のまとめ

  • 第二新卒に限定したインターンを募集する企業が増えてきている
  • インターンとは、学生が一般企業で就労体験をする制度のこと
  • 第二新卒でインターンを探すなら企業のWebサイトをチェックしよう
  • 企業は第二新卒のインターン参加者に現場でのスキルや知識を期待している
  • インターンに参加すると企業の事業内容や雰囲気を見極められる

「第二新卒でもインターンに参加できるの?」とお悩みの方もいるでしょう。通常、企業がインターンを受け入れる際に対象となるのは学生です。しかし、最近では第二新卒も受け入れる企業が増加傾向にあります。このコラムでは第二新卒向けのインターンについて、参加のメリットや探し方などを詳しく解説。インターンを利用したいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

第二新卒向けのインターンはあるのか

近年は第二新卒のインターン枠を設ける企業が増えてきたといわれています。第二新卒は大学を卒業後に就職したものの1年未満〜3年のうちに退職し、転職を志している若年者を指しています。

インターンとは?

インターンとは、一般的に民間企業が学生などを対象に行う就労体験のこと。多くの場合は学生を対象に、新卒者向けに実施されますが、冒頭で説明したように近年では第二新卒など社会人向けのインターンが開催されることも増えているようです。興味がある企業や意中の企業で実際に働けるとあり、積極的に参加したいと考える人も多いでしょう。インターンは気になる企業が自分に合っているか、理想の働き方ができそうか、仕事内容に興味がもてるか、といったことを見極めるのに大いに役立ちます

インターンの開催期間や曜日は企業によって異なる

インターンの開催期間は1日だけのものもあれば数週間単位、数ヶ月単位のものもあり、企業によって異なります。開催曜日も平日で対応するものから土日限定のものまでさまざまです。

学生を対象としたインターンの場合、ほとんどの企業は参加者に対して給与の支給はしていません。それでも参加者にとっては、業界や企業を近い距離で見ることができるというメリットがあるため応募する人が多いのが実情です。インターンの意味やどのようなことをするのかをもっと知りたい人は、インターンシップの概要や目的について書かれたコラム「インターンシップとは何?意味や目的を把握しておこう」を参考にしてください。

第二新卒がインターンに参加するメリット

第二新卒でインターンに参加するメリットは「入社後のミスマッチを防ぐ」「給与が出る」といったもの。以下より詳しく解説します。

入社後のミスマッチを防ぐ

第二新卒でインターンに参加するメリットとして、入社後のミスマッチを防ぐことが挙げられます。一度就職した経験があるからこそ、企業の雰囲気や事業内容について詳しく知りたい方も多いでしょう。「思っていたような業務内容ではなかった」「仕事自体は楽しいけど、人間関係が苦痛になっている」といった理由で転職を決意する方もいるはずです。
その点、インターンに参加することで実際の業務内容や人間関係を肌で感じることができ、入社後のミスマッチを減らせるでしょう。自分が本当に興味がもてる事業内容なのか、社内の雰囲気は自分にマッチしているか、ということをしっかりと見極めるということは、自分の将来について責任を持つということでもあります。入社後に「やめたい」「やめる」と思わないためにも、第二新卒でインターンへの参加を検討してみてはいかがでしょうか。

給与が出る

基本的には無給で行われるものですが、長期インターンや前職を退職して転職活動中の人には、給与が支払われる場合もあります。就職活動が長引くと費用面に心配が出てくることもあるでしょう。給与ありのインターンに参加することで、就活を進めながら金銭的なリスクを減らすことが可能です。
また、参加企業に自身の強みやスキルをアピールするチャンスにもなります。自分を知ってもらうことで、選考前に好印象を与えられる機会と捉えることもできるでしょう。

第二新卒がインターンに参加する方法

第二新卒や準新卒がインターン先を探す方法としては、以下が挙げられます。

大学に相談する

卒業した大学の就職センターに相談してみましょう。大学は基本的には新卒生を中心としたサポートですが、卒業から間もない第二新卒であれば、相談に乗ってくれる場合もあるようです。

企業のWebサイトをチェックする

インターンに行きたい企業のWebサイトをチェックし、インターンについて記載がない場合は直接聞いてみるのも良いでしょう。問い合わせ窓口や連絡先を確認し、開催予定の有無や参加対象者の条件などを問い合わせてみるのも一つの手段です。

就職エージェントに相談する

転職エージェントに相談して、第二新卒でも参加できるインターンを実施している企業を探す方法です。特に、第二新卒や既卒に特化した就職エージェントを使えば、第二新卒向けの情報を多数扱っているので、効率的にインターン先を見つけられるでしょう。しかし、就職エージェントのインターン枠には定員があるので、複数のエージェントに登録し、マメにインターン情報をチェックしておきましょう。

企業に直接アポを取る

最後に、企業に直接アポを取るのも方法の一つです。この方法は、どうしてもインターン先や就職先にしたい企業がある方におすすめです。しかし、Webサイト等にインターン募集の情報がなければ基本的に難しいと考えておきましょう。場合によってはインターンではなく、アルバイトとして入社できる可能性もあるため、そのような形でも入りたいのであれば効率的な方法といえます。

第二新卒ではなく既卒者としてインターンの参加を迷っている方には、「フリーターがインターンに参加するのはあり?参加のメリットとデメリット」がおすすめです。既卒者のインターンと正社員採用について解説しているので、参考にしてください。

第二新卒がインターンシップに参加する際のポイント

第二新卒としてインターンシップに参加する場合、あまりに長いインターン期間では空白期間が伸びてしまい、転職活動に不利になってしまう可能性があります。インターン参加の目的や内容を事前に把握し、意義のある経験となるよう意識しましょう。

長期過ぎるインターンは避ける

第二新卒としてインターンへの参加を決めるとき、長すぎるインターン期間は避けたほうが安心です。在職中にインターンに参加するなら、本来の仕事に影響が出ないよう配慮しましょう。退職後にインターンに参加する場合は、あまりに長期になるとインターンとはいえ空白期間となってしまい、第二新卒の枠から外れてしまう可能性も。第二新卒で参加するインターンは、学生とは違い社内の雰囲気や実際の業務の確認などが目的となります。1週間程度を目安に参加しましょう。

インターンの内容をしっかり確認する

インターンで担当する仕事が雑務など、実際の業務と離れすぎていては参加する意味がありません。インターンを受け入れている企業が、どういった目的で募集しているのか見極めることが大切です。

とりあえず参加しない

インターンは、あくまでも入社したい企業の「求人情報から見えない部分」を把握するために参加するもの。学生であればとりあえず参加して、社会人としての働き方などを体感する必要もありますが、すでに社会人として働いた経験のある第二新卒では、「とりあえず参加する」のが無駄になる可能性もあります。
転職に対して意欲があり、かつ希望する仕事や企業でインターンを実施していたら参加するのが良いでしょう。

社会人経験を持つ第二新卒としてインターンシップに参加する場合、企業から期待される要素が学生に対するものとは異なります。第二新卒の場合は、これまでの業務で培った専門知識やスキルや柔軟な発想力を見られていると考えましょう。
また、ただ参加して自分の力をアピールするのではなく、自身のキャリアプランと照らし合わせて本当にこの企業に就職したいのか、就職した先でどんなことをやりたいのかを見極めることも大切です。
ここまでの解説を踏まえ、インターンシップへの参加を心に決めた方は、「インターンシップの志望動機、企業に響く書き方とは?」を参考に志望動機の書き方を確認してみるのもおすすめ。特に大手企業や人気企業への参加を志している方はチェックしておくと良いでしょう。

インターンを経験することは、就職への必須条件ではありません。「自分にマッチした会社を見つけたい」「スキルや経験をしっかりアピールしたい」という目的がある方は、インターン参加と並行して就職・転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブでは、第二新卒や既卒といった若年層を中心とした就職支援を行っています。経験豊かなアドバイザーが、多くの求人情報のなかから、あなたの適性や希望条件に合う企業をピックアップ。まずは、第二新卒としてチャレンジする理由と将来の目標をお聞かせください。カウンセリングを通じて、一緒により良い就職先を見つけましょう。

第二新卒のインターンに関するQ&A

ここでは第二新卒のインターン参加に関するよくあるお悩みをQA方式で解決していきます。

第二新卒でインターンに参加できるの?

第二新卒や社会人向けのインターンであれば参加は可能です。インターンは基本的に新卒生を対象に実施されるものですが、昨今は学生以外を対象に開催する企業も増加しているようです。気になる企業があればWebサイトなどをチェックし、開催の有無を調べてみると良いでしょう。 

第二新卒でインターンに参加するメリットは?

業務内容や会社の雰囲気を知ったうえで応募を検討できるのがメリットです。実際に会社の中で働くことで仕事の流れや人間関係を観察することで、自分の適性に合っているか、求める環境かどうかを見極められるでしょう。
また、基本的には無給ですが、企業によっては給与が支払われる場合もあります。金銭的な余裕を持って就活をできるという点も、メリットの一つでしょう。

第二新卒の場合どんなことを求められる?

就業経験を持つ第二新卒の場合、現場で培ったスキルや知識、柔軟な思考力や発想力を期待されているようです。そのほか、社会人として最低限のビジネスマナーが身に付いているかどうかを見られる可能性があります。「一度は企業に属して働いたことがある」という視点から判断されると考えておくと良いでしょう。 

第二新卒がインターンに参加する上で、注意するべきことは?

第二新卒として企業のインターンに参加する際、業務内容や給与の有無、参加期間は予め確認しておきましょう。企業のイメージやブランドだけで決めてしまうと「思っていたような業務内容と違った」となってしまうことも。また、長期のインターンであれば、給与の有無も気をつけておくべき注意点です。インターンに参加する前に疑問や不安点を全て明確にすることを心がけておきましょう。

インターンに参加しないと就職に不利?

そんなことはありません。特に第二新卒の場合は、学生とは異なり参加できるインターンが限られているので、参加せずに就活を進める方も多いでしょう。就活において大切なのは自分と企業の相性を見極めること。インターンに参加しなくとも、就職・転職エージェントなどを利用することで適性に合った企業を効率よく探すことは可能です。企業探しにお悩みの方は、この機会に第二新卒の就職支援に特化したハタラクティブをぜひご利用ください。

この記事に関連するタグ