1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 新卒とはいつまで?年齢に決まりはある?第二新卒や既卒との違いを解説

新卒とはいつまで?年齢に決まりはある?第二新卒や既卒との違いを解説

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・新卒とは、年度末に大学や専門学校などを卒業する学生のことを指す
    ・第二新卒とは、卒業後に就職したものの1~3年以内に離職して転職活動をする人のこと
    ・既卒とは、卒業後に正社員として就職していない者を指す
    ・新卒採用はポテンシャルを、中途採用では能力を見られているのが異なるポイント
    ・効率的な情報収集や自分に合った仕事探しをするなら転職エージェントを利用しよう

新卒とはいつまで?年齢に決まりはある?第二新卒や既卒との違いを解説の画像

大学や専門学校、高等学校を卒業・卒業予定の学生を指す「新卒」。新卒にはどれほどの年齢が含まれ、いつまでが新卒扱いの対象となるのでしょうか。このコラムでは、新卒扱いされる時期や新卒として働くメリットについて詳しくご紹介。また、新卒採用と中途採用の違いにも触れているので、就職や転職を意識している方はぜひご一読ください。

監修者:多田健二

キャリアコンサルタント

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

新卒とは

一般的に「新卒」と呼ばれているのは、年度末に大学や専門学校、高校などを卒業もしくは卒業予定の学生です。


新卒枠に年齢制限はある?

新卒の年齢上限に関する取り決めは特にありません。新卒者には浪人や留年、大学院進学などを経験している人も含まれるため、年齢はさまざまです。

1回程度の浪人や留年は採用側にとって珍しいことではありません。ただし、企業によっては求人の申込みに年齢制限を設けている場合があるので注意しましょう。


新卒扱いされるのはいつまで?

新卒は3月末に卒業する学生を指すので、基本的には在学中が新卒扱いされます。
しかし企業によっては、学校の卒業後3年以内であれば新卒として見ている場合も。厚生労働省の「青少年雇用機会確保指針」により、「卒業後3年までを新卒扱いとする」という指針が設けられているからです。


この取り組みから、基準を満たす既卒者であれば新卒枠での応募を可能としている企業が増えています。在学中から卒業までの間に就職を決めることが出来なかった場合でも、新卒扱いされるチャンスがあるでしょう。なお、「既卒者も卒業3年以内であれば新卒扱いとする」という指針は、すべての企業に強制的に適用されるルールではありません。


既卒者が新卒枠で応募できる企業は限られているのが現状のため、申し込みの際は注意が必要です。応募が可能かどうかは、採用ページに記載されている「募集資格欄」や「応募対象者欄」を確認しましょう。
「○年以降に大学・大学院を卒業・修了した方で、卒業・修了後に就業経験(正社員雇用)のない方」と掲載されている場合は、既卒者も申し込み可能と判断できます。反対に、「○年度卒業見込みの大学生、または大学院生」という記載は、新卒の学生向けの募集となるので対象外です。


特に記載がない場合は、基本的に既卒は募集の対象ではないと考えます。どうしても気になる企業であれば、既卒者も応募できるかを電話やメールで問い合わせてみましょう。


新卒で入社するメリット

新卒採用は応募者側にとってどのようなメリットがあるのでしょうか?


求人数が多い

新卒を求めている企業は多いので、豊富な求人の中から自分の希望に合った就職先を見つけられます。業界や職種にとらわれることなく仕事探しをできるのがメリットといえるでしょう。


研修や教育制度が充実している

新卒で入社すれば、戦力の一員になるための教育を受けられます。OJT制度や新人研修などを通して、業務の基礎となる分野を身につけられるでしょう。


同期と活躍できる

新卒採用を行っている企業なら、自分以外の同期と一緒に働けます。同期と活躍すれば、互いをサポートしながら成長に繋げられるはずです。


企業文化を取り入れやすい

新卒は企業に属した経験がないので、入社したところの色に染まりやすいのがポイント。企業の社風や価値観を吸収しやすく、企業文化を取り入れながら働けるでしょう。



参照元
厚生労働省
「青少年雇用機会確保指針」のご案内

第二新卒とは

第二新卒とはの画像

「第二新卒」は、卒業後に就職したものの1~3年以内に離職し、転職活動を行う若者のことを指します。第二新卒にも「◯歳まで」「卒業後の勤務◯年以内」といった明確な基準はありません。


一度は正社員として就職しているのが既卒と異なるポイント。第二新卒には社会人経験があるので、履歴書にも「職歴」を記載できる強みがあります。
下記にて第二新卒のメリットとデメリットを確認してみましょう。


第二新卒のメリット

ビジネスマナーが身についている

第二新卒には就業経験があるので、基本的にビジネスマナーが身についているはずです。
ビジネスマナーが身についていれば、企業側は教育コストが抑えられます。営業などの職種なら即戦力としての活躍が期待できるでしょう。


柔軟性がある

社会人経験が浅いので、新しい職場への適応力や業務に対する柔軟性があります。まだ若いので伸びしろに期待ができるのもメリットの1つ。
柔軟性を通して吸収力や成長意欲があることを積極的に伝えるようにしましょう。


前職での反省点を活かして活躍できる

第二新卒は一度就職しているので、前職で失敗してしまったことを反省できます。失敗を成長に繋げれば、ポテンシャルの高い人材であることをアピールできるはずです。


第二新卒のデメリット

早期退職を懸念される

第二新卒は早期退職しているため、「同じような理由ですぐに辞めてしまうのでは」と懸念される可能性があります。早期退職のイメージを払拭すべく、その企業で働きたいという熱意を明確に伝えることが大切です。


知識や経験が浅い

第二新卒は、専門的な知識や経験が浅いことがデメリットといえます。そのため、即戦力を求めている企業では応募に適さない場合があるので注意が必要です。


既卒とは

既卒とは、学校を卒業したものの進学や正社員として就職をしていない者を指します。卒業後に契約社員やアルバイトといった非正規で働く方も該当。既卒の強み・弱みを把握しながら、臨機応変に就活へ臨みましょう。


既卒のメリット

選考が短期間

中途採用は選考期間が比較的短めです。人員補充で求人を出している企業は、早く人を採用したいと考えています。そのため、在職者に比べて入社時期に融通が利きやすい既卒者は、企業側にとってもニーズにマッチした貴重な存在。
なるべく早く就活を終わらせたい人、すぐにでも働きたい人には、中途採用枠での就活がおすすめです。


空白期間に取り組んだことをアピールできる

資格取得を目指した学習や海外留学など、スキルアップに向けて取り組んでいたことがあれば、その経験を活かせます。既卒の求職活動では、卒業後に何をしていたかで印象が左右される場合も。
空白期間に行っていたことを振り返り、自分なりの言葉でアピールしましょう。


既卒のデメリット

経験者と比べると不利

中途採用では即戦力を求める傾向が強く、業務経験を積んでいる転職者がライバルになります。
ゼロベースから業務を教えるより、業界知識や必要スキルが備わっている人材の方が企業側のメリットが大きいでしょう。経験者と比較すると正社員として働いたことのない既卒者は不利になります。

また、「就職経験がない=仕事を進める上で最低限必要な能力が備わっていない」と判断されてしまう可能性も。中途採用は採用枠が少ないため、選考を勝ち抜くのは難しい場合があります。


希望する求人がタイミングよくあるとは限らない

中途採用は不定期で行われます。活動しているタイミングで出ている求人の中から応募先を選ぶので、ニーズとマッチした求人が見つからない場合も。
「ITベンチャーが良い」「メーカーの大手企業が良い」というように、業界や企業規模を限定しすぎると就活が停滞する可能性もあるので注意しましょう。


新卒採用と中途採用の違い

新卒採用と中途採用の違いの画像

新卒採用と中途採用は、選考のフローや企業側の評価基準などが異なります。それぞれの違いについて詳しく知っておきましょう。


新卒採用

・採用活動の時期が決まっている
・同時期に始まるので求人の幅が広い
・選考の段階が多く、結果が出るのが遅い
・頻繁に会社説明会が行われる
・ポテンシャルを重視している
・伸びしろを期待されている


新卒の場合は基本的に応募者が一括で採用されます。志望する企業によっては早めに募集を締め切ってしまう場合があるので、効率よく活動することが大切です。


中途採用

・求職者が活動期間を設定できる
・時期によっては選択肢が狭い
・選考がスピーディーで早めに結果を受け取れる
・企業の情報は自分で集める
・経験や能力を重視している
・安定性のあるパフォーマンスを期待されている


中途採用は新卒時と比べると選択肢が狭まる可能性がありますが、取り組みたいときに活動できるのが強み。企業側が求める人物像とマッチすれば、すぐに入社できる場合があります。

第二新卒や既卒で就職先を探すなら

1人での就活に不安を感じている人は、就職・転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。ハタラクティブでは、求人サイトには掲載されていない情報をはじめ、既卒や第二新卒を積極的に採用している企業の求人も豊富に取り揃えています。
専任の就活アドバイザーによるカウンセリングを行い、履歴書の作成や模擬面接、日程調整などを徹底サポート。スムーズに就職活動を進めたい人は、ぜひこの機会にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    新卒の年齢っていくつまで?

  • image

    第二新卒はいつまでを指す?既卒との違いは?

  • image

    フリーターでいられるのはいつまで?

  • image

    第二新卒とは?定義や年齢は?狙い目といわれる理由や転職活動のポイントも

  • image

    第二新卒とは?新卒・既卒との違いや分かりにくい定義を徹底解説!

  • image

    大学院卒の転職!第二新卒扱いになる?

  • image

    高卒の第二新卒とは?就活のコツは?

  • image

    第二新卒は卒業後何年目の求職者?既卒との違い

  • image

    既卒と第二新卒の違いとは?どちらが有利?定義や就職のコツも紹介

  • image

    新卒と既卒の違いと就職活動に与える影響

  • image

    就活の成績証明書はいつまでに必要?手渡し方法や間に合わないときの対処法

  • image

    内定への返事はいつまでに?保留や辞退をするときのマナーとは

  • image

    第三新卒って何?就職や転職はどのように進めれば良い?

  • image

    第二新卒って誰のこと?転職に有利といわれる根拠とは?

  • image

    大学院中退者の就活ポイント

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる