既卒1年目の就活は厳しい?就職を成功させるポイントをご紹介!

既卒1年目の就活は厳しい?就職を成功させるポイントをご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 既卒者とは卒業後に一度も就職したことのない人を指す
  • 既卒1年目はチャンスが多いので早めに就活を始めよう
  • 既卒1年目は、自己分析や企業分析など基本的なポイントを押さえておこう
  • 既卒1年目での就活は、転職エージェントを利用するのがおすすめ

既卒1年目を迎え、今後の就活をどう進めていくか迷っている人は多いでしょう。既卒で就活を進めることに不安を感じている方は多いと思いますが、既卒を歓迎する企業は多く、ポイントを押さえれば内定が獲得できる可能性はあります。このコラムでは、既卒1年目が就活を成功させるポイントをご紹介。また、既卒1年めで就活をする際の具体的な流れについても解説しています。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

既卒とは大学卒業後一度も就職していない人を指す

既卒とは、内定がないまま卒業し、その後正社員として一度も就職していない卒業後1~3年程度の人を指します。なので、卒業後正社員にならずにアルバイトとして働いている人は、「フリーター」と「既卒」のどちらにもあてはまることに。混同されやすい用語に「第二新卒」がありますが、こちらは新卒入社した会社を短期間で退職した人を指す言葉で、一度でも就職した経験があれば、退職後フリーターになったとしても第二新卒として扱われます。

既卒1年目の就活は厳しい?

「既卒は新卒よりも就職に不利…」というイメージがありますが、一概にそうとは言えません。在学中に就活に積極的でなかった人でも、卒業後に主体的に行動すれば、内定を獲得できる可能性はあるでしょう。既卒1年目にチャンスが多い理由を、以下にまとめました。

若手を採用したい企業が多い

最近は売り手市場(採用したい企業の数に対して学生の数が足りない状況)が続き、若手人材の採用ニーズが高まっています。新卒採用だけでは人材不足が補えず、既卒を積極的に採用する企業は少なくありません。特に、組織の年齢構成上20代の若手が足りない企業は、未経験であっても少しでも若い人材を採用したいと考えることが多いようです。

ポテンシャル採用が狙える

既卒を歓迎する企業は、既卒に即戦力となるスキルを重視していません。企業が若い人材に求めるのは、入社意欲や素直さ、会社との相性です。年齢が上がるほど専門スキルや実績を求められるようになりますが、既卒のうちは意欲を伝えられれば問題ありません。若く社会人経験がないことは、「社風や仕事のやり方に馴染む柔軟性がある」とプラスに捉えられる可能性があります

自分のペースで就活できる

既卒は、最近まで就職活動が身近にあった存在。就職活動について感覚的に思い出しやすく、スムーズにスタートを切りやすい点は強みです。
周囲と比較してしまう、スケジュールが限られている…といった状況下で進めていた、新卒時の就活に比べて、心の余裕が生まれやすいのも既卒で就活する強みの一つ。必要以上のプレッシャーを感じず、自分のペースで進めやすいため、じっくり就活に取り組めます。焦りがない分、本当に自分にマッチした企業を見つけやすいでしょう。

既卒になる理由

既卒になってしまう主な理由は以下のとおりです。

・在学中に就活をしていなかった
・就活はしたものの積極的になれなかった
・就活はしたものの内定が出ないまま卒業時期がきてしまった
・公務員試験に落ちてそのまま卒業してしまった
・内定はとったものの企業との相性が悪いと感じ辞退した
・学校卒業後に専門学校に通っていた
・海外留学をしていて日本のスケジュールに間に合わなかった

このように、既卒になった理由はさまざまですが、「一度は就活をしたが、上手くいかなかった」というのが多いパターン。やりたいことが分からず就活に全力を出せなかった人、選考に通らず内定がとれなかった人など、就職したい気持ちはあったものの、何らかの理由で就活に失敗した人が大多数を占めています。

既卒1年目は早めに就活を始めよう

既卒1年目の人は、できるだけ早めに就活を始めましょう。何かとネガティブに捉えられがちな既卒ですが、先ほどもお伝えした通り、就職できる可能性はあります。
人手不足や組織強化を理由に、若い人材を採用したい企業は多いので、既卒1~3年目であればまだまだ就職できるチャンスはあるといえます。そのような企業では未経験者を歓迎している傾向があるため、既卒1年目でも応募できる求人が期待できるでしょう。
年齢を重ねるうちに選択肢は狭まってくるため、就職を目指すなら、早めに行動を起こすのがおすすめです。

一般的には、25歳・27歳・30歳のタイミングで求人数が減る傾向があるため、「○歳の壁」とも呼ばれる前述の年齢を迎える前に、就職活動をした方が良いとされています。既卒1年目であれば、まだ少し先に思えるかもしれませんが、年齢を重ねるほどチャンスは少なくなるという認識は持っておいたほうが良いでしょう。

就活を始めようと考えている既卒1年目の人は「既卒は就職に不利って本当?その理由と対策まとめ」のコラムもご覧ください。既卒の就活の対策をご紹介しています。

既卒1年目の就活を成功させる5つのポイント

既卒1年目が就活を成功させるポイントは、「新卒時の失敗した原因を分析する」「企業研究を丁寧に行う」「周りと比べないようにする」などです。以下に詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

1.新卒時に失敗した原因を分析する

既卒1年目の人が就活を成功させるには、新卒時の失敗を反省することが大切です。たとえば、やりたい仕事がわからず就活に身が入らなかった人は、今度は自己分析を徹底し、業界研究に力を入れて仕事を探す努力をしましょう。
面接が上手くいかなかったという人は、その原因を考えたうえで、そこを改善できるような面接対策をしてください。
基本的なマナーが身についているかチェックする、苦手な質問はしっかり答えられるようにするなど、改善できることがあるはずです。次の就活がスムーズに進められるよう、一つひとつクリアにしていきましょう。

2.企業研究を丁寧に行う

企業研究をしないまま仕事探しや面接に臨んでも、良い結果に繋げることは難しいでしょう。
既卒1年目の人が自分に合う仕事を見つけるには、自己分析と企業研究が不可欠です。自分の強みと企業が求める人物像がマッチしているかを見極めることで、やりがいのある仕事が見つかり、ミスマッチを防げるでしょう。

OB訪問をしたり、希望職種に就いている人の話を聞いてみたりして、情報を集めるのがおすすめ。リアルな声は入社後のイメージがしやすいため、仕事選びの判断材料としても有益な情報です。

3.就職しなかった理由を明確にしておく

既卒1年目が就活を成功させるには、就職しなかった理由を明確にしておきましょう。
既卒1年目の面接では、「なぜ学生時代に就職しなかったのですか?」と質問されることが多いようです。回答では正直に反省点を述べたうえで、改善するための行動や心掛けを説明しましょう。

4.求人を絞り込み過ぎずに視野を広げて就活する

既卒1年目の人が就職活動をする際には、広い視野を持つことが重要です。先述したように、既卒者の場合は、新卒者や社会人経験者に比べると就職市場では厳しい傾向にあります。そのため、自分のしたいことややりたい仕事という目標は持ちつつも、さまざまな職種や業界に目を向けるようにしましょう。視野を広く持つことで、自分に適した仕事を見つけやすくなります。

5.周りと自分を比べないようにする

既卒1年目の人が就活をする際には、周りと自分を比べないようにしましょう。「周りの人は就活に成功したのに…」「自分だけが就職できなかった」といったように周りの人と比較し、悲観的になることがあるはずです。しかし、周りの人と比べて落ち込む必要はありません。今自分がやるべきことに目を向けて、前向きに行動することが大事です。

既卒1年目が就活をするときの流れ

ここでは、既卒1年目の人が就活するときの流れをご紹介します。既卒1年目で今から就職活動を始めようと検討されている人は、参考にしてみてください。

具体的なスケジュールを立てる

既卒1年目が就活をする際には、就職までの具体的なスケジュールを定めることが大事です。具体的なゴールを定めることで就職へのモチベーションを高く保てるでしょう。ゴールがない場合には、どうしても失敗やうまくいかないことなどがあった場合に、モチベーションの維持が難しくなってしまいます。そうなると、もう少し時間をおいて就職しようという考えやアルバイトなどを始めてしまい就職活動に気持ちが入らなくなるなど、活動自体がダラダラしたものになってしまいかねません。具体的なスケジュールは定めておき、目標達成へ向けて就職活動を進めていきましょう

自己分析をしてやりたい仕事や業種を見つける

就職へのスケジュールが決まったら、次に自己分析を行いましょう。自己分析とは、自分の経験や思考、性格を具体的なエピソードを元に整理していくことで、自分がどんな人間なのかを知ることです。自己分析を行う際には、自己分析シートを使用し、実際に文字に起こしてみましょう。自分の言葉で自分のことを話せることは、就職活動を行ううえで大きな武器になります。

転職エージェントなどを利用して求人を見つける

既卒1年目の就活には、転職エージェントの利用がおすすめです。エージェントを利用することで、就職・転職への的確なアドバイスがもらえます。就職・転職エージェントでは、求人を紹介してもらえる以外にも、面接対策や応募書類の添削も行ってもらうことが可能。就活を1人で進めることに不安を感じている既卒1目の人は、ぜひ利用を検討してみてください。

既卒者向けの就職支援サービスについて詳しく知りたい人は、「既卒者向けの就職支援サービスの詳細を解説!」のコラムをご覧ください。

面接対策や履歴書を仕上げて採用試験に臨む

応募したい求人が見つかったら、履歴書などの応募書類の準備をしましょう。履歴書の適切な書き方は転職エージェントで教えてくれますので、相談をしてみてください。準備が整ったら、面接練習も忘れずに行いましょう。自分のことを自分の言葉できちんと伝えられるようにしておいてください。すべての準備を整えて、面接を臨みましょう。

既卒者の就活の進め方は、「既卒就活のやり方は?厳しい場合は就職サイトやエージェントを活用しよう」のコラムでもご紹介しています。就活の進め方に悩んでいる既卒1年目の人は、ぜひ参考にしてみてください。

既卒1年目の就活を効率よく進める方法

既卒1年目が就活を成功させるには、自分に合った求人の探し方を知り、さらに第三者サポートを受けるのがおすすめです。既卒1年目が求人を探す方法は、以下のとおりです。

・求人サイトから応募する
・企業のWebサイトなどから直接応募する
・ハローワークを通して応募する
・転職エージェントを通して応募する

求人サイトを使う際は、求人の応募資格を見て、既卒で応募できるか確認しましょう。既卒が社会人経験を求める求人に応募するのは難しいので、「未経験歓迎」「資格不問」といった記載がある求人に注目してください。
気になる企業があれば企業のWebサイトなどを認し、直接応募しても良いでしょう。既卒で応募可能か分からなければ、企業に直接問い合わせるのもOK。問い合わせ自体が、「熱意が感じられる」というプラスの印象を与える場合もあります。

第三者のサポートを受けながら就活を進めたい人は、ハローワークや民間の転職エージェントを利用してみましょう。ハローワークでは、地元企業はもちろん全国各地の求人が見つかるため、自分が働きたい場所の仕事を捜せます。求人の探し方や選考対策のやり方で疑問点があれば、窓口の職員に相談しましょう。

さらに手厚いプロのアドバイスを受けたいなら、民間の転職エージェントもおすすめです。
就職・転職エージェントのハタラクティブでは、専任のアドバイザーが希望条件をヒアリングっしたうえで、その人に合った求人をご紹介。面接日程の調整や条件交渉はハタラクティブが代行するので、効率良く選考を進められる魅力があります。もちろん、応募書類の添削といった選考対策も行っているので、1人での就活に自信がない既卒1年目の方もご安心ください。
サービスの利用はすべて無料です。まずはお気軽にご相談ください

既卒1年目の就活に関するお悩みQ&A

ここでは、既卒1年目向けの質問をまとめました。Q&A方式で分かりやすく回答しているので、ぜひご参考にしてください。

既卒の定義とは?

既卒とは、内定がないまま卒業し、正社員経験のない人を指す言葉です。
卒業後に就活をしている人や、フリーターの方は既卒に当てはまるといえるでしょう。詳しくは「既卒とは?新卒との違いや就活のポイントを解説!」をご参照ください。

第二新卒とはどう違うんですか?

第二新卒者は、新卒として就職し、数年以内に退職した人を指します。
一方既卒者は、先述のとおり卒業後に正社員経験のない方。大学や専門学校を卒業したあと、「就職活動が上手くいかなかった」「留学をしていた」などの理由で就職を選択しない場合が多いです。第二新卒と既卒の違いは「既卒と第二新卒の違いとは?どちらが有利?定義や就職のコツも紹介」で詳しく説明しているので、ぜひご参考にしてください。

既卒でも就職できますか?

可能です。近年、若手人材の採用ニーズが高まっています。新卒採用で補えなかった人材を、既卒から積極的に採用する企業が増えており、また、既卒は「社風に馴染む柔軟性」をプラスに捉えられる可能性も高いです。ほかにも、既卒は中途採用なので新卒のようにタイムリミットがなく、心に余裕を持って就活できるのもメリットでしょう。詳しくは、このコラムの「既卒1年目の就活は厳しい?」をご覧ください。

「なぜ新卒で就職しなかったのか」と聞かれたら?

素直に答え、反省点を述べましょう。
「アルバイトに熱中しすぎた」「大学の単位に追われていた」など、既卒者が就職しなかった理由は人それぞれ。過去の就活をきちんと振り返り、事態を好転させるため現在努力していることを伝えれば、誠意を感じてもらえるでしょう。

既卒が応募できる求人とは?

未経験者や既卒歓迎の求人が狙い目です。
ハローワークの「3年以内既卒者トライアル雇用」は、既卒者を対象とした求人なのでおすすめです。また、転職エージェントのハタラクティブでは、専任アドバイザーとの面談を通し、あなたの適性や性格に合った求人をご紹介できます。就職サポートを活用し根気よく探せば、自分に合った仕事を見つけられるでしょう。

関連タグ

  • arrow