既卒の就活に終わりが見えない…と諦めるのはまだ早い!

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 既卒就職TOP
  4. >
  5. 既卒の就活に終わりが見えない…と諦めるのはまだ早い!

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・「既卒」は、高校、専門学校、短大、大学を卒業したあと、正社員として働いた経験がない人のことを指す
    ・既卒後3年間は新卒扱いとなり、新卒枠で就活を行う人もいる
    ・新卒採用枠か中途採用枠か、どちらの枠で就活をするのかは本人次第
    ・卒業後に就職をしなかった、またはできなかったブランクの理由を準備して面接に臨もう

「既卒だと就職が難しい」「既卒者を採用する企業は少ない」という世間一般のイメージを持っている人も多いことでしょう。
しかし、本当に既卒では就職が難しいのかどうか、詳しく知ることで抱いていたイメージとは違う印象を持つことができるかもしれません。
既卒だから…と諦めてしまう前に、もう一度就職への道と向き合ってみませんか?

◆既卒に該当するのはどんな人?

「既卒」は、高校・専門学校・短大・大学を卒業したのち、一度も正社員として就職した経験がない人のことを指す言葉です。
既卒生と呼ばれることもあり、就活での立場は年齢によって異なります。若者であれば新卒採用の枠にあたり、それ以外の年齢層は中途採用の枠で雇用されるのが一般的です。しかし、新卒と同じ枠の中で就活をするのはなかなか厳しい状況といえるでしょう。

【既卒はどんな人が多い?】

既卒には、在学中に内定をもらえなかった人や留学をしていた人、就職活動をしなかった人など、いろいろなタイプの卒業生がいます。
卒業をしてしまったため、その時点で就職をしていない人は自動的に既卒扱いとなるようです。
対象となる期間は、おおよそ卒業後1~3年以内とされています。

【既卒は卒業後3年間は新卒扱いになるってホント?】

よくいわれているのが、既卒の新卒扱いは卒業後3年まで…という話。
この3年間という数字にゆとりを感じていては危険かもしれません。「卒業したすぐ翌年に就活しているからすぐに見つかるだろう」と新卒者気分で構えていても、実際には面接で新卒者と比べられることも多々あり、苦戦する人も多いようです。

学校を卒業すると、本来はもう新卒ではありません。
卒業後3年間は新卒の枠で就活ができるという情報に踊らされずに、既卒者だ、という認識で就活に臨むのが就職への近道なのかもしれません。


◆既卒の就職ポイント!

では、既卒として就活をするときのポイントを詳しく見ていきましょう。
希望や願望だけに固執せず、「自分ができること」を考えて就職活動することが大切です。

【新卒枠ではなく、既卒枠で活動するのもオススメ】

既卒枠で活動するためには、「新卒採用枠」と「中途採用枠」のどちらかに応募するのが基本です。
新卒採用枠で募集をかけている企業もありますが、大勢の新卒者の中に飛び込むかたちになり、採用への道が険しいものになる可能性が考えられます。
採用率が決して高くはない新卒採用枠で応募するか、もしくは新卒ではないのだ…と割り切って、中途採用枠から応募するのか。
2つの道で悩んでしまう人も多いことでしょう。
それぞれの採用枠を選択するポイントを以下に挙げてみたいと思います。

◯新卒採用枠を選択する場合

・希望の企業が既卒の応募受付をしている
・新卒対象のほうが募集枠が多そう
・新卒者と競うためのアピール材料をもっている(資格や留学経験など)
・4月から新入社員として働きはじめたい
など

◯中途採用枠を選択する場合

・新卒では内定率が低いから、中途枠でチャレンジしたい
・入社時期を気にすることなく就活に臨める
・新卒生と比べられることがない
・個性を見てもらえる可能性がある
など

上記のポイントを踏まえて、既卒生となってしまった自分には、どちらの採用枠で就活をするのが適しているのかをじっくりと考えてみましょう。

【卒業後、できるだけ早く就職活動をはじめるのが鍵】

新卒扱いとなる3年間は、短いようで長い月日が過ぎてしまいます。
2年目3年目となると、新卒者と同じ位置に立って就活をする心構えが乏しくなってしまいがちです。新卒のフィールドに自分の足でしっかりと立てなくなってしまう前に、できるだけ早めに就活をスタートさせることがキーポイントとなるでしょう。

【ブランク期間をきちんと説明できる準備をしておこう】

既卒は卒業後から面接までの「何をしていたの?」という時間が過ぎているはず。
その期間に、何をしていたのか、というのは採用側の気になるところです。
たとえば、以下のような話をしてブランク期間のアピールをするとよいでしょう。

・留学経験
卒業後に留学をしていた場合、年数や活動内容について詳しく語るのがポイント。
大学によっては、単位取得による留学制度もあるため、明確な理由を伝えましょう。

・フリーター活動
内定がもらえないまま卒業を迎えたり、自分のやりたい仕事が決められなかったりした人は、アルバイトをしながら就活をしている人もいるはず。フリーターとして活動していた経験がある人は、身につけた知識や能力をアピールするとよいでしょう。

・資格取得への挑戦
卒業後に資格取得のための時間を過ごしていた場合、取得した資格や目指していた資格などをアピールして、既卒の理由を伝えましょう。
休学ではなく、既卒として資格取得に望んでいる人の中には、公務員試験や税理士、公認会計士など、資格浪人をして取得を目指している場合もあるようです。
たとえ、途中で資格取得を断念してしまったとしても、既卒者として就活に臨むことはできます。


その他に、既卒になった背景には、病気の治療期間や家族の介護といった理由もあるでしょう。
どんな理由であっても、既卒となった背景はほぼ聞かれる可能性が高いため、面接前にしっかりと内容をまとめておくことが大切です。


◆既卒になったら終わり…ではない!

「既卒だから就職できないのかな…」と落ち込んでいても、前にはなかなか進まないことでしょう。
しかし、既卒だから就職できない、ということは決してありません。

まずは、既卒となった背景をもう一度振り返り、アピールできるポイントを探りましょう。
さらに、今よりももっと広い視野を持つことで、あらゆる業界に目を向けることができ、就活の幅が広がる可能性が高くなります。
応募したい企業が決まったら、企業研究をしっかりと実施し、面接対策をしておきましょう。
これらのポイントを実行する自信がないときは、就活のプロに相談してみるのも一つの方法です。

【既卒の就活に終わりが見えない…と感じたときは、就職エージェントを頼ろう】

当ハタラクティブで提供しているのは、プロの就活アドバイザーが親身に対応する就職支援サービス。
企業紹介はもちろん、それまでのプロセスもすべてサポート可能です。また、就活に関する悩み相談もOK◎
サービスを利用している主な年齢層は20代のフリーター・既卒・第二新卒の方たちです。
現在、ハタラクティブからの紹介を受けた方の内定率は80.4%を記録しています。
何人もの就活生をサポートしてきた経験豊富なプロのアドバイザーが、あなたの就職を精一杯応援させていただきます!
ぜひお気軽にご相談ください。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ