既卒は終わりって本当?人生終了と言われないための対処法を紹介!

既卒は終わりって本当?人生終了と言われないための対処法を紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 既卒になっても就職できる可能性はあり、人生終わりではない
  • 既卒は学校卒業後の3年間は、新卒扱いになる場合もある
  • 既卒で終わりといわれないためには、自己分析などの準備が必要
  • 既卒で終わりと思ったら、転職エージェントを活用してみよう

「既卒になってしまうと人生終わり」というイメージを持っている方もいるでしょう。しかし、企業によっては、既卒者を積極的に採用している場合もあり、就職できる可能性は十分にあるといえます。このコラムでは、既卒者が就職するための方法についてご紹介。「既卒になってしまったから人生終わり…」と諦める前に、就職に向けて積極的に行動しましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

既卒になっても人生終わりではない!

既卒になったとしても人生終わりではなく、就職することは十分可能です。厚生労働省の「労働経済動向調査(2021年8月)の概況(p14)」によると、新規学卒者の採用枠で既卒者が応募可能だった事業所の割合は、調査産業計で68%となっており、そのうち採用に至ったのは40%との結果が出ています。
そのため、一部の企業を除き、既卒だからといって就活が不利になるとは限りません。日本では、少子高齢化の影響により人手不足が慢性化している業界も多く、既卒を積極的に採用している企業も増えているようです。

就活における既卒の強みが知りたい方は、「既卒の就活は厳しい?就職サイトやエージェントを使った就活のやり方!」をご覧ください。既卒の就活の方法についても詳しく解説しています。

参照元
厚生労働省
労働経済動向調査(2021年8月)の概況

既卒者は人材不足の業界から注目がある

既卒は、人材不足の業界からの注目度が高い傾向にあります。なぜなら、人材不足の業界は、すぐにでも人手がほしいからです。特に、IT業界、サービス業界、小売業界、運送業界などは人手不足といわれています。

既卒でも卒業後3年以内なら新卒扱いになる可能性がある

厚生労働省の「3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!!発表資料全文(1p)」によると、「青少年雇用機会確保指針」を改正して、卒業から3年以内は新卒枠で応募可能としました。
卒業から3年以内であれば、新卒扱いされることがあるため、既卒者でも就職しやすいといえるでしょう。

参照元
厚生労働省
3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!!発表資料全文

既卒は終わり?人生終了と感じる4つの理由

「既卒は終わり」のようにマイナスに感じる理由には、次のような事情があるようです。

1.既卒になると大きく就職率が下がってしまう

新卒と比較したときに、既卒は就職率が大きく下がる傾向にあります。文部科学省の「令和3年度大学等卒業予定者の就職状況調査(4月1日現在)」によると、現役大学生の就職率は、95.8%となっています
前述のとおり、既卒者が新卒採用枠で応募可能な68%の企業のうち、採用にいたった割合は40%程度です。このことから既卒者は、新卒者に比べて就職が難しいといえるでしょう。

参照元
文部科学省
令和3年度大学等卒業予定者の就職状況調査(4月1日現在)

2.採用してもすぐに辞めてしまうのでは?と思われる

既卒は「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか」と懸念される傾向があります。新卒時に就職活動をしなかったことや、社会人経験がないことから、「就業意欲が低い」と思われるためです。そのため、既卒は新卒採用時以上に自己分析や企業分析に時間を掛けることが大切であるといえます。

3.人柄に問題があるのではないかと懸念される

新卒時に就職活動をしなかった既卒に対し、「人柄やコミュニケーション能力に問題があるのでは」と懸念する企業もあります。特に、大学卒業後ニートをしていたという人は、コミュニケーション能力を不安視されやすいでしょう。どのような仕事であっても、最低限のコミュニケーションは必要です。「どうしても人と話すのが苦手で、コミュニケーション能力が心配」という人は、就活と同時に人と積極的に関わるようにしてください。コミュニケーションスキルを高め、採用担当者に「この人と一緒に働きたい」という好印象を与えられれば、採用の可能性も高まるはずです。

4.ビジネスマナーが身についていないと思われる

既卒は社会人としての経験がないので、基本的なマナーやビジネススキルを理解しているのかも懸念されがちです。25歳くらいまでの若者であれば、多少理解度が低くても仕方ないと妥協されることもあります。しかし、25歳を超える年齢になると、基本的なビジネスマナーは理解しているもの。既卒であっても、社会人としての基本的なマナーはある程度、押さえておく必要があります。

既卒のまま就職しないデメリット

既卒者は卒業から期間が経つほど、就活に不利に働きやすい傾向があります。ここでは既卒のまま就職しないデメリットについてまとめたので、確認しましょう。

既卒の期間が長期間になるほど就職率が下がる

既卒は卒業から時間が経つほど、就職率が下がる傾向があります。「既卒でも卒業後3年以内なら新卒扱いになる可能性がある」でもお伝えしたとおり、既卒の期間が3年を超えてくると、新卒扱いでの採用枠に応募するのが難しくなり、中途採用枠で応募することになるためです。中途採用では既卒のような社会人未経験の人だけでなく、経験やスキルが豊富なベテランもいるので、競争率は高くなります。

年齢を重ねるごとに求められるスキルが上がる

年齢が上がれば上がるほど、専門性やマネジメント経験が求められるようになり、採用基準が上がります。そのため、既卒といえる卒業後3年程度の期間を過ぎてから就職しようとしても、なかなか採用につながらないことも。既卒は、新卒同様の扱いをしてもらえる若いうちに就職活動をしたほうが良いでしょう。

既卒で人生終わりになる人・ならない人の特徴

ここでは、既卒の就活がうまくいかない人とうまくいく人の特徴をご紹介します。

既卒で就活がうまくいかない人の特徴

既卒で就活がうまくいかない人の特徴は以下のとおりです。

既卒の危機感を持っていない人

既卒であることに危機感を覚えない人は、就活がうまくいかない傾向にあります。「1.既卒になると大きく就職率が下がってしまう」でお伝えしたとおり、既卒は新卒と比べて就職が難しくなることは否めません。できるだけ早く就職活動を始めなければ、ますます不利な状況になる可能性があります。

親に甘えてしまっている人

実家暮らしや親に甘えられる環境にあり、働かなくてもなんとかなるという人は、就活がうまくいかないことが多いです。親に甘えることは精神的に楽かもしれませんが、親がいなくなったときに自立できるスキルがなければ、後々困ることが多くなるでしょう。

そもそも働く意欲がない人

働くことが嫌過ぎて、就活がうまくいかない人もいます。働く意欲が沸かないのは、「やりたい仕事」に出会えていないことが大きな原因でしょう。

既卒で就活がうまくいく人の特徴

「既卒だから終わり」から「既卒でも就職できる」と希望が持てると、就活がうまくいきやすいようです

準備を怠らない人

既卒のなかでも準備を怠らない人は、就活がうまくいきやすいでしょう。なぜなら、就活には事前の準備が大きな役割を担っているからです。たとえば、自己分析や企業分析などを入念に行うほど、選考がスムーズに進むでしょう。

自分の価値観を持っている人

自分の価値観を持っている人は就活がうまくいきやすいでしょう。自分が大切にしている信念と、志望先の考え方が合えば、ミスマッチも起こりづらくなります。客観的に見ても信頼できる人物に映るでしょう。

就職後の目標や目的がある人

就活がうまくいく人は、就職後の目標や目的を持っている傾向にあります。就職をゴールとすると、内定をもらった時点で満足しやすく、成長しにくいからです。「将来経営者になる」や「キャリアアップのために就職する」といった目標を持っている人は、就活がうまくいくでしょう。

「既卒=人生終わり」を回避する方法

既卒が就職をスムーズに行うためには、自己分析や企業分析・業界分析など、入念な準備が必要です。ここでは、具体的な方法を見ていきましょう。

自己分析や業界・企業研究をする

自分の価値感や考え方に合う志望先から内定をもらうためにも、自己分析や業界・企業研究はしっかりとやりましょう。

自己分析の方法

自己分析とは、自分の過去の経験や好きなことを棚卸し、自分の強みや価値観を発見することです。頭で考えるのではなく、紙に書き出すなど目に見える形でアウトプットしていくと効果的でしょう。会社のビジョンや価値観とマッチした志望先から内定をもらうためにも、効果的な自己分析は必須です。面接や書類選考の場面でも的確な自己表現をしやすくなり、自信にも繋がるでしょう。詳しくは「自己分析って何?やり方がわからない方へのヒント集」を参考にしてみてください。

業界研究の方法

業界研究の目的は、世の中にある業界を広く浅く調べて、自分の興味のある業界を知ることです。インターネットや本、雑誌で調べたり、セミナー・説明会などへ参加したりする方法があります。自分が興味のある業界について深く調べることで、就活におけるモチベーションの低下も防げるでしょう。

企業研究の方法

企業研究は、企業の特徴から自分とのマッチ度を図るために行ないます。Webサイトでの情報収集はもちろん、OB・OG訪問などで実際に働く人の意見を聞くことで、企業について深く知ることが可能です。

実践に沿った応募書類の作成・面接対策をする

応募書類の作成や、面接対策などを実践に沿って準備することで、既卒の就職は成功に近づくでしょう。

通過率の高い履歴書の作成

通過率の高い履歴書を作成するためのポイントは「簡潔で分かりやすい」ことです。なぜなら、ビジネスの現場では、冗長な表現などを使うと、「要点を押さえられない人」というネガティブな印象を与えてしまうからです。既卒の就活を成功させるためにも、「簡潔で分かりやすい」書類作成を意識してみてください。

本番を想定した面接対策

新卒時に面接を経験したことがないという人は、必ず本番を想定して面接練習をしておきましょう。既卒の就活が上手くいかないのは、面接練習が足りていないからです。選考が進むにつれ緊張感は高まります。自然に受け答えができるようになるまで練習しておきましょう。

既卒が正社員就職するための6つのポイント

既卒でも正社員への就職は可能です。具体的なポイントを抑えて、内定を勝ち取りましょう。

1.既卒枠に応募する

既卒が就職するには、企業の既卒枠に応募する方法が有効的です。既卒枠で活動するには、「新卒採用枠」「既卒採用枠」のどちらかに応募するのが基本的。新卒採用枠で応募を掛けている企業もありますが、大勢の新卒者の中に飛び込む形となり、採用への道が厳しくなることも考えられます。既卒枠であれば、新卒生と比較されることもなく、入社時期を気にせず就活に臨めるでしょう

2.できるだけ早めに就活を始める

既卒が就職するには、できるだけ早めに就活を行うことが大事です。既卒が新卒扱いとなる3年間は、意外とあっという間に過ぎてしまいます。さらに、既卒2年目、3年目になると、新卒者と同じ位置に立って就活を行う心構えが乏しくなってしまいがちです。新卒のフィールドに自分の足でしっかりと立てなくなってしまう前に、できるだけ早めに就活をスタートさせることが大事なポイントといえます。

3.空白期間を説明できるようにする

既卒が就活を成功させるには、空白期間をしっかりと説明できるようにしておきましょう。
既卒は卒業後から面接までの空白期間があります。その期間中に何をしていたのか、という質問は企業側からされる可能性が高いといえるでしょう。空白期間中に以下のような経験があれば、アピールするのがおすすめです。

留学経験

卒業後に留学をしていた場合、年数や活動内容について詳しく語るのがポイント。大学によっては、単位取得による留学制度もあるため、明確な理由を伝えましょう。

フリーター活動

内定がもらえないまま卒業を迎えたり、自分のやりたい仕事が決められなかったりした人は、アルバイトをしながら就活をしている人もいるはず。フリーターとして活動していた経験がある人は、身につけた知識や能力をアピールすると良いでしょう。

資格取得への挑戦

卒業後に資格取得のための時間を過ごしていた場合、取得した資格や目指していた資格などをアピールして、既卒の理由を伝えましょう。
休学ではなく、既卒として資格取得に臨んでいる人の中には、公務員試験や税理士、公認会計士など、資格浪人をして取得を目指している場合もあるようです。
ほかにも、既卒になった背景には、病気の治療期間や家族の介護といった理由もあるでしょう。どのような理由であっても、既卒となった背景は聞かれる可能性が高いため、面接前にしっかりと内容をまとめておくことが大切です。

4.就活の軸を明確にする

既卒が正社員へ就職するためには、就活の軸を決めることが大切です。なぜなら、就活の軸が定まっていないと、会社側にアピールする術の1つが無くなるからです。たとえば「スキルアップ出来る」という就活軸があれば、スキルアップ出来る業界や職種に絞って選考に挑めるでしょう。

5.アルバイトや紹介予定派遣から正社員を目指す

正社員求人に応募せずに、アルバイトや紹介予定派遣から正社員を目指す方法もあります。正社員雇用制度がある企業であれば、アルバイトから正社員へのステップアップが期待できるでしょう。また、紹介予定派遣は、派遣先の企業と派遣者が直接雇用契約を結ぶことを指します。今の仕事で正社員になりたい人や、正規採用の前に仕事を経験したい人は、このような制度を活用するのも良いでしょう。

6.視野を広げて人材不足の業界を狙う

既卒は人材不足の業界を狙うことで、正社員へ就職できる可能性が高まります。なぜなら、人材不足の業界は、既卒や新卒問わずに、優秀な人材を確保したいからです。とくにIT業界は人材不足に悩まされています。建設や運輸、医療業界などもこの先さらに需要が高まっていくでしょう。

既卒で人生終わりと思ったらエージェントを活用しよう

既卒の就活がうまくいかないと思っても、就職エージェントを利用すれば一人で活動するよりも効率的に進められます。ここでは具体的に、就職エージェントのメリットを紹介します。

自分では難しい自己分析や企業研究をサポートしてくれる

就職エージェントを活用すれば、自己分析や企業研究を効率的に行えます。なぜなら、経験豊富なアドバイザーの立場から客観的に見てもらえるからです。業界の最新動向も把握しているため、企業の選び方に自信のない方でも気軽に相談できるでしょう。

ビジネスマナーや面接対策のノウハウを教えてもらえる

就職エージェントでは最低限のビジネスマナー習得や、内定をもらうための面接対策が可能です。学生時代に就活をしていないと、ビジネスマナーや面接での立ち居振る舞いが分からないことも。対面で教えてもらうことで、しっかり身につくメリットがあります。

既卒でも応募可能な求人を紹介してもらえる

一般的に不利に働く既卒ですが、就職のプロであるアドバイザーから、自分に合った求人を紹介してもらえるので、応募可能な求人を見つけやすくなります。また既卒は応募書類作成に戸惑うことがあるかもしれませんが、エージェントの担当アドバイザーと一緒に取り組むことで負担が軽減されるでしょう。

ハタラクティブは、既卒者向けの求人を多数扱っており、新卒者と差別化した応募書類作成や面接対策などが可能です。専任のアドバイザーが疑問や不安を徹底的にサポートしてくれるので、内定率は80.4%となっています(2021年4月9日現在)。無料で利用出来るため、お気軽にご利用ください。

既卒で終わりだと思っている人に関するFAQ

ここでは、既卒で終わりだと思っている人にありがちな質問を、Q&A方式で紹介していきます。

そもそも新卒や第二新卒、既卒との違いって何?

新卒は高校や大学に在学していて、当年度中に卒業が見込まれる人です。第二新卒は一度就職した経験はあるものの、1〜3年以内に退職した人を指します。既卒は高校や大学を卒業した後に1度も正社員の経験をしたことがない人です。ただし、卒業から3年以内であれば、「新卒」扱いとして採用する会社もあります。詳しく知りたい方は「新卒とはいつまで?第二新卒や既卒との違いを解説」をご覧ください。

既卒は本当に終わりなのか?

業界や職種にこだわりがある場合で、求人数や採用率が低い場合は難しいこともあるでしょう。しかし、人材不足の会社を中心に応募をしていけば、既卒者でも就職可能です。既卒でも諦めずに選考に挑戦することが大切です。既卒になっても大丈夫な理由を具体的に知りたい方は「既卒になると人生終了!?既卒の就職活動のポイントとは」を参考にしてみてください。

既卒でも有名企業に就職できる?

既卒でも有名企業に就職することは可能です。しかし、有名企業は、新卒一括採用の場合が多い傾向にあります。既卒に比べて新卒は、人材の確保が効率的だったり、一斉に教育出来たりすることからコスト削減に繋がるからです。一方、中小企業やベンチャー企業などは採用基準が高くない傾向にあるため、積極的に受けてみましょう。既卒でも大手企業に就職できるか、気になる方は「既卒だと大手企業に入るのは無理?採用の可能性や内定を得るコツを解説!」をご覧ください。

既卒だと正社員になれないって本当?

既卒でも正社員になることは可能です。ただし、新卒に比べて低い就職率になっていることは事実のため、既卒ならではの対策や事前の準備をしておきましょう。既卒で正社員になれるのか不安な方は「既卒が正社員を目指すのは厳しいって本当?」をご覧ください。

既卒が相談できるサービスってどこ?

ハローワーク、就職エージェントなどへ相談することができます。卒業後3年未満の人は就職エージェントへ相談するのがおすすめです。就職エージェントはサポートが手厚く、非公開求人を紹介してくれます。ハタラクティブでも、既卒者向けのサービスを展開しているので、ぜひお気軽にご利用ください。

この記事に関連するタグ