既卒は人生終了や終わりというイメージは本当?就活成功のポイントを紹介

既卒は人生終了や終わりというイメージは本当?就活成功のポイントを紹介の画像

この記事のまとめ

  • 既卒を採用する企業は多いため「終わり」ではない
  • 既卒が「終わり」といわれるのは新卒に比べると就活が難航する傾向があるから
  • 既卒から正社員就職を目指すなら、企業が抱くイメージを把握して払拭できる対策が必要
  • 「既卒=終わり」のイメージを払拭するには、自己分析や企業研究をしっかり行う

「既卒=終わり」と聞いて不安に感じる方もいるようですが、既卒も正しい就活方法を学べば正社員に就職することが可能です。また、大学卒業後3年以内であれば新卒で採用してもらえる可能性もあります。このコラムでは既卒が正社員に就職するための5つのポイントや「既卒=終わり」のイメージを払拭する方法を解説。正しい就活方法を学び、社会人への一歩を踏み出しましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事あるのかな?
  • 自分と同じような人はどうしてる?
  • 資格は取るべき?
経歴にかかわらず、ゼロからサポートします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

既卒は人生終わりではない!

既卒になっても人生終わりではなく、就職することは十分可能です。令和5年8月に発表された厚生労働省の「労働経済動向調査」によると、新規学卒者の採用枠で既卒者が応募可能だった事業所の割合は調査産業計で70%となっており、そのうち採用に至ったのは38%との結果が出ています。

 既卒者は応募可能だった採用に至った
調査産業計7038
建設業7430
製造業6134
情報通信業7353
運輸業・郵便業5940
卸売業・小売業7233
金融業・保険業7828
不動産業・物品賃貸業5733
学術研究・専門/技術サービス業6643
宿泊業・飲食サービス業8249
生活関連サービス業・娯楽業7824
医療8546
サービス業(他に分類されないもの)5632

引用:厚生労働省「労働経済動向調査(2022年8月)の概況(p14‐表14)

そのため、一部の企業を除き、既卒を理由に就活が不利になるとは限りません。日本では少子高齢化の影響により人手不足が慢性化している業界も多く、若手人材である既卒を積極的に採用している企業も増えているようです。

就活における既卒の強みが知りたい方は、「既卒就活を成功させるには?プロがおすすめする就活のやり方や体験談を紹介」をご覧ください。既卒の就活の方法についても詳しく解説しています。

参照元
厚生労働省
労働経済動向調査(令和5年8月)の概況(p14‐表14)

既卒も卒業後3年以内なら新卒扱いになる可能性がある

厚生労働省の発表によると、「青少年雇用機会確保指針」を改正して、卒業から3年以内は新卒枠で募集をするよう企業に呼びかけました。
卒業から3年以内であれば新卒扱いされる機会が増えるため、既卒者でも就職しやすいといえるでしょう。

参照元
厚生労働省
【事業者の皆さまへ】卒業後3年以内の既卒者は、「新卒枠」での応募受付を!

既卒で公務員は目指せる?

職歴がなくても、既卒から公務員を目指すことは可能です。また、公務員は福利厚生や手当が充実しており、社会的信用度も高いため人気のある職業といえます。
既卒から公務員を目指す場合、一般企業で働いている社会人に比べ勉強する時間が取りやすいため集中して試験対策を行えるでしょう。

既卒から公務員を目指したい方は「既卒だと公務員は厳しい?試験の概要や職歴なしで合格するコツを解説!」のコラムで詳しい内容を紹介しているので、ぜひご覧ください。
未経験OK多数!求人を見てみる

既卒とは?

「既卒」という言葉を聞いたことはあるけど、「そもそも既卒とはなに?」と思っている方も少なくないでしょう。既卒とは、大学や大学院、短大、専門学校、高校などを卒業した後に就職せず、社会人経験が一度もない人のことです。
卒業後アルバイトをしながら就職活動を続けている人も既卒に含まれます。

また、既卒と混合しやすい言葉には、「第二新卒」が挙げられます。第二新卒は、大学卒業後に一度就職し、その後退職した人のことを指します。
既卒と第二新卒の違いは、大学卒業後に就職したか、していないかの違いです。

既卒は終わり?人生終了といわれる4つの理由

「既卒は終わり」のようにマイナスに感じる理由には、次のような事情があるようです。

1.既卒は新卒より応募できる求人の数が少ない傾向にある

既卒は新卒と比較したときに就職率が大きく下がる傾向にあります。厚生労働省の「令和5年度3月大学卒業者の就職状況(4月1日現在)」によると、現役大学生の就職率は97.3%となっています。
前述のとおり、既卒者が新卒採用枠で応募可能な70%の企業のうち、採用に至った割合は38%程度です。このことから、既卒者は新卒者に比べて就職が難しいといえるでしょう。

参照元
厚生労働省
令和5年度大学卒業予定者の就職状況(4月1日現在)

2.「採用してもすぐに辞めてしまうのでは?」と思われる

既卒は「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか」と懸念される傾向があります。新卒時に就職活動をしなかったことや社会人経験がないことから、「就業意欲が低い」と思われるためです。
そのため、既卒は新卒採用時以上に自己分析や企業分析に時間を掛け、仕事に対する熱意や自分の強みを十分に確認してから就活に臨むことが重要になるでしょう。

3.「人柄に問題があるのではないか」と懸念される

新卒時に就職をしなかった既卒に対し、「人柄やコミュニケーション能力に問題があるのでは」と懸念する企業もあります。特に、大学卒業後にニートをしていたという人は、コミュニケーション能力を不安視されやすいでしょう。どのような仕事であっても最低限のコミュニケーションは必要です。「どうしても人と話すのが苦手で、コミュニケーション能力が心配」という人は、就活と同時に人と積極的に関わるようにしてください。コミュニケーションスキルを高め、採用担当者に「この人と一緒に働きたい」という好印象を与えられれば、採用の可能性も高まるはずです。

4.「ビジネスマナーが身についていないのでは?」と思われる

既卒は社会人としての経験がないので、基本的なマナーやビジネススキル不足も懸念されがちです。新卒時の就活でもビジネスマナーや基本スキルは重視されるので、「既卒だから身についてなくて当たり前」と考えず、社会人としての基本的なマナーを身に着けておきましょう。

既卒のまま就職しないとどうなる?

既卒者は卒業から期間が経つほど、正社員就職が難しくなる傾向が見られます。ここでは既卒のまま就職しないデメリットについてまとめたので、確認していきましょう。

既卒者は空白期間が長くなるほど就職率が下がる

既卒は卒業から時間が経つほど、就職率が下がる傾向があります。「既卒も卒業後3年以内なら新卒扱いになる可能性がある」でもお伝えしたとおり、既卒の期間が3年を超えてくると、新卒扱いでの採用枠に応募するのが難しくなり、中途採用枠で応募することになるためです。中途採用では既卒のような社会人未経験の人だけでなく、経験やスキルが豊富な転職者もいるので、競争率は高くなります。

空白期間とは?

空白期間とは、学生ではなくなってから就職していない期間のことです。卒業後以外にも、一度就職し、その会社を退職して、次の就職までに空いた期間が空白期間に該当します。
空白期間が生じるのは人によって理由が異なりますが、空白期間中に何をしたかによって就職活動での評価に影響する可能性も。面接で質問をされた際に明確な理由を答えられるように準備をしておきましょう。

就職活動で年齢に応じたスキルを求められる

転職市場では年齢が上がれば上がるほど、年齢に応じた専門性やマネジメント経験が求められるようになり、採用基準が上がります。そのため、既卒といえる卒業後3年程度の期間を過ぎてから就職しようとしても、なかなか採用につながらないことも。既卒は、新卒同様の扱いをしてもらえる若いうちに就職活動をしたほうが良いでしょう。

「既卒=人生終わり」のイメージを回避!就職を成功させるコツ

既卒が就職をスムーズに行うためには、自己分析や企業分析・業界分析など、入念な準備が必要です。ここでは、具体的な方法を見ていきましょう。

自己分析や業界・企業研究をする

スムーズに就職活動を行うためにも、まずは自己分析を行い、自分に合った業界や企業を見つけることが重要です。自分と合った業界や企業を見つけることで、入社してからのギャップも少なく長期的に働けるでしょう。
また、業界・企業研究も入念に行うことが大切です。同じ業界や職種でも企業によって全く違う方針であったり、仕事の進め方も違ったりします。より、自分とマッチした企業を探し、就職活動を行いましょう。

応募書類の作成・面接対策をする

応募書類は、採用者が初めて応募者のことを知る重要な書類といえます。自分はこの企業で働きたいという意思や自己PRがしっかり伝わるよう、分かりやすく簡潔に書きましょう。
面接対策では、応募書類で書いた内容をより詳しく説明できるように意識して練習することがポイントです。また、面接官に何を聞かれるかをあらかじめ考え、どのように答えるか準備しておくと本番で落ち着いて答えられるでしょう。

簡潔で分かりやすい履歴書を作成する

通過率の高い履歴書のポイントは「簡潔で分かりやすい」ことです。なぜなら、ビジネスの現場では冗長な表現などを使うと、「要点を押さえられない人」というネガティブな印象を与えてしまう可能性があるからです。既卒の就活を成功させるためにも、「簡潔で分かりやすい」書類作成を意識してみてください。

本番を想定した面接対策をする

新卒時に面接を経験したことがないという人は、必ず本番を想定して面接練習をしておきましょう。既卒の就活が上手くいかないのは、面接練習が足りていない可能性があります。選考が進むにつれ緊張感は高まるため、自然に受け答えができるようになるまで練習しておきましょう。

既卒が正社員になるための5つのポイント

既卒が正社員就職を叶えるには、できるだけ早く就活を始めるのが大切。また、既卒になると経歴上の「空白期間」が生じてしまうため、空白期間に何をしていたか説明できるよう準備もしておきましょう。

1.なるべく早く就活を始める

既卒が就職するには、できるだけ早めに就活を行うことが重要です。既卒が新卒扱いとなる3年間は、意外とあっという間に過ぎてしまいます。さらに、既卒2年目、3年目になると、新卒者はある程度社会人経験を積み専門性やスキルを身に着けているため就活で不利になりがちです。
新卒者との差が開いてしまう前に、できるだけ早めに就活をスタートさせることが大事なポイントといえます。

2.空白期間に何をしていたか説明できるようにする

前述したように既卒が就活を成功させるには、空白期間をしっかりと説明できるようにしておきましょう。
既卒は卒業後から就職するまでの空白期間があります。その期間中に何をしていたのか、という質問は企業側からされる可能性が高いといえるでしょう。空白期間中に以下のような経験があれば、アピールするのがおすすめです。

留学経験

卒業後に留学をしていた場合、年数や活動内容について詳しく語るのがポイント。また、留学で学んだことや語学力をアピールできます。「卒業後に留学した場合は新卒扱い?就活の影響について解説!」のコラムでは、留学経験のある既卒者に向けてアピール方法を説明しています。合わせてご確認ください。

アルバイト経験

内定がもらえないまま卒業を迎えたり、自分のやりたい仕事が決められなかったりした人は、アルバイトをしながら就活をしている人もいるはず。アルバイト経験がある人は、身に付けた知識や能力をアピールすると良いでしょう。

資格取得への挑戦

卒業後に資格取得のための時間を過ごしていた場合、取得した資格や目指していた資格などをアピールして、既卒の理由を伝えましょう。
資格取得に臨んでいる人の中には、公務員試験や税理士、公認会計士など、資格浪人をして取得を目指している場合もあるようです。

ほかにも既卒になった背景には、病気の治療期間や家族の介護といった理由もあるでしょう。どのような理由であっても、既卒となった背景は聞かれる可能性が高いため、面接前にしっかりと内容をまとめておくことが大切です。

3.就活の軸を明確にする

既卒が正社員へ就職するためには、就活の軸を決めることが大切です。就活の軸とは、就活において自分が大切にする事柄のこと。就活の軸がはっきりとしていれば、仕事選びの基準も明確になるためミスマッチを起こしにくくなるでしょう。軸がよく分からなければ「就活の軸の決め方を解説!考え方や答え方の例文を確認しよう」を参考に考えてみてください。

4.アルバイトや紹介予定派遣から正社員を目指す

正社員求人に応募せずに、アルバイトや紹介予定派遣から正社員を目指す方法もあります。正社員登用制度がある企業であれば、アルバイトから正社員へのステップアップが期待できるでしょう。また、紹介予定派遣は、派遣先の企業と派遣者が直接雇用契約を結ぶことを指します。今の仕事で正社員になりたい人や、正規採用の前に仕事を経験したい人は、このような制度を活用するのも良いでしょう。

5.人材不足の業界を狙う

既卒は人材不足の業界を狙うことで、正社員へ就職できる可能性が高まります。なぜなら、人材不足の業界は、既卒や新卒問わず仕事に意欲のある人材を確保したいからです。特にIT業界は人材不足に悩まされています。建設や運輸、医療業界などもこの先さらに需要が高まっていくでしょう。「人手不足の業界とは?原因を考察するとともにメリット・デメリットも解説」も参考にして、自分の強みやスキルを活用できる業界を探してみましょう。

既卒で人生終わりではない!エージェントを活用して就活をしよう

既卒の就活が上手くいかないと思っても、就職エージェントを利用すれば一人で活動するよりも効率的に進められます。ここでは具体的に、就職エージェントのメリットを紹介します。

履歴書の添削や自己分析のサポートをしてくれる

就職エージェントを活用すれば、自己分析や企業研究を効率的に行えます。なぜなら、経験豊富なアドバイザーの立場から客観的に見てもらえるからです。また、自己分析や企業研究だけでなく、履歴書の添削もしてくれるので、履歴書の書き方が分からない人や自信がない人も安心して就職活動を行えるでしょう。
業界の最新動向も把握しているため、企業の選び方に自信のない方でも気軽に相談できるでしょう。

ビジネスマナーや面接対策のノウハウを教えてもらえる

就職エージェントでは最低限のビジネスマナー習得や、内定をもらうための面接対策が可能です。学生時代に就活をしていないと、ビジネスマナーや面接での立ち居振る舞いが分からないことも。対面で教えてもらうことで、しっかり身につくメリットがあります。

既卒が応募可能な求人を紹介してもらえる

新卒に比べると求人が少ない既卒ですが、就職のプロであるアドバイザーから、自分に合った求人を紹介してもらえるので、応募可能な求人を見つけやすくなります。また既卒は応募書類作成に戸惑うことがあるかもしれませんが、エージェントの担当アドバイザーと一緒に取り組むことで負担が軽減されるでしょう。

既卒になると「 人生が終わった」 と感じることもあるでしょう。しかし、既卒だからといってキャリアを積めない、正社員として働けないわけではありません。アルバイトからスタートしたり、 資格を身に付けたりと、正社員就職に向けてできることは多くあります。
また、経歴ではなく人柄や仕事への熱意、強みをアピールすることも大切。自分の強みがよく分からなければ、ハタラクティブに相談してみませんか?
ハタラクティブは、既卒者を含む若者向けの就職エージェント。扱っている求人の多くが「未経験歓迎」「経歴不問」のため、フリーターや正社員経験がないなど、経歴に不安がある方でも安心してご利用いただけるサービスです。
また、ハタラクティブでは専任のアドバイザーがマンツーマンで履歴書の添削から、求人情報の紹介、面接練習など幅広くサポートを行っています。就職でお悩みならぜひ一度お問い合わせください。

この記事に関連するタグ