既卒の就職は無理じゃない!難しいといわれる理由と就活ポイントをチェック

既卒の就職は無理じゃない!難しいといわれる理由と就活ポイントをチェックの画像

この記事のまとめ

  • 新卒の一括採用が一般的な日本では、既卒の就職が難しいのは事実だが無理ではない
  • 既卒の就職は、過去の反省や空白期間の過ごし方を伝えるのがポイント
  • ネガティブな質問や、不採用が続くことに対しても諦めない強い心と姿勢が大切
  • 既卒歓迎の求人を多く持つ就活サイトの利用もおすすめ

既卒の就職が無理だと感じている方もいるでしょう。新卒での一括採用が一般的な日本では、既卒になったら就職は無理といわれることがあります。しかし、新卒の時期を逃してしまっただけで、若さや熱意などは新卒の人たちと変わらないはず。このコラムでご紹介する既卒の就活ポイントを押さえて、就職を目指しましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

既卒の就職は無理?

既卒とは、学校を卒業してから一度も正社員として就職していない人のこと。
新卒での就活がうまくいかずに既卒になった人もいれば、はじめから就活する気がなく、卒業後フリーター生活をしている人もいます。
一部では既卒になってしまったら、その後就職するのは難しいという声があります。

既卒の就職が無理といわれる理由

既卒の就職が無理、難しいといわれる理由のひとつに、「新卒一括採用」があります。日本では新卒で入社するのが一般的なため、新卒入社を逃した既卒に対して「なぜ就職しなかったのか」と考える企業が多いのでしょう。

新卒採用を逃しているから

日本では、新卒の一括採用を行う企業がほとんど。このときに大量に人員を確保するため、中途採用での募集枠は新卒採用のように多くありません。そもそもの求人数が少なくなる可能性が高いことから、「既卒の就職は難しい」といわれるのでしょう。

経験やスキルが少ないから

中途採用の場合、ある程度の経験やスキルを期待されることが多いため、社会人経験のない既卒では内定をもらうのが難しいと考えられています。さらに、中途採用はスキルや経験を持つ人がライバルになることもあり、就業経験のない既卒者が不利になる可能性もあるでしょう。

既卒というイメージ

新卒採用が一般的なため、「新卒で就職できなかったのは、なにか問題があるのでは?」と考える企業も。既卒に対してネガティブなイメージを持つ採用担当者に当たれば、就職は難しくなる可能性があります。

既卒の就職は無理ではない!

前項のように、新卒と比べると既卒の就職のハードルが上がるのは事実のようです。
しかし、既卒が全く就職できないのかといわれれば、そうではありません。既卒なりの就職ポイントを押さえて就活をすれば、正社員になることは可能です。
次項では、既卒が就職を成功させるコツやポイントをまとめました。

既卒から就職を成功させるには?

既卒から就職を成功させるには、1日でも早く就職活動を始めることが大切。また、既卒になった理由や過ごし方を、採用担当者が納得する内容で説明できるよう準備もしておきましょう。

できるだけ早めに就職活動を行う

既卒の就活はできるだけ早めに行うことが成功へのポイントです。既卒期間が長ければ長いほど、就職するのが難しくなってしまいます。
独立行政法人労働政策研究・研修機構が実施した調査によると、フリーター期間が1年以内で正社員になれた割合が68.8%なのに対し、5年以上では32.3%まで下がっています

フリーター継続期間 正社員になれた割合(男女計)
1年以内 68.8%
1年~2年 61.2%
2年~3年 56.6%
3年~4年 61.1%
4年~5年 37.9%
5年以上 32.3%

引用:独立行政法人労働政策研究・研修機構「大都市の若者の就業行動と意識の変容 ―「第5回 若者のワークスタイル調査」から―

また、政府は若年層の就業促進を目的に、「青少年雇用機会確保指針」を改正。これにより、3年以内の既卒者は新卒として選考に参加できる企業が増えているようです。
以上のことから、既卒になっても早い段階で就職活動を行えば、正社員として就職できる可能性は高いといえるでしょう。

参照元
独立行政法人労働政策研究・研修機構
大都市の若者の就業行動と意識の変容―「第5回 若者のワークスタイル調査」から―
厚生労働省
3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!!

既卒になった理由を説明する

「なぜ就職しなかったのか」について自分で考え、就活を失敗したのであれば正直に反省することも大切。卒業後に努力したことなどがあれば、反省点と合わせて上手く伝えられるようにまとめましょう。
卒業後のブランクが長い人であれば、「なぜ今、正社員になろうと思ったのか」という動機を答えられるようにしておきます。

空白期間の過ごし方を説明する

学校を卒業してからの経歴は空白となるため、なにをして過ごしていたかを説明できるようにしておきましょう。ただし、「趣味に没頭していた」「フリーターとして働いていた」など、事実だけを伝えるのではなく、空白期間をどう過ごして何を感じ、なぜ正社員に応募したのか、とまとめることがポイント。「空白期間を面接で聞かれたら?「何もしてない」はOK?答え方や例文を紹介」を参考に、採用担当者が納得する理由を用意しましょう。

就職エージェントを活用する

新卒と違い、既卒の場合は大企業への就職のチャンスは少ない傾向にあります。
もしも既卒が応募できる求人に出会ったとしても、同じ求人に新卒やスキルのある転職者が応募していれば、既卒者が不利になる可能性は高いでしょう。
既卒向けの求人を扱っている就活サイトを利用して、既卒を歓迎している企業を探したり、優良な中小企業を探したりするなど、求人探しにも工夫が必要です。
就職エージェント経由で就職したい方は「既卒におすすめの就活サイトとは?エージェントの活用方法もご紹介」にて、既卒者向けのエージェントや利用方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

既卒就活のコツは自信を持って話すこと!

既卒の人は、新卒の就活で失敗していることや、社会人経験がないことなどが原因で経歴に自信が持てないため、面接で堂々と振る舞えない人が多いようです。
しかし、既卒を歓迎している企業であれば、既卒に期待しているのは、若さや仕事への熱意、やる気ではないでしょうか。
元気のない受け答えでは、そういった既卒の良さは伝わりません。面接では、はきはきと明るく話す方が好印象ですし、一緒に働きたいと思ってもらえるはずです。
面接で想定される質問への回答を準備して、できるだけ自信を持って話せるようにしておきましょう。

就活に自信がない方はハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、20代を中心とした若年層向けの就活支援サービスです。
ご紹介する求人は、未経験歓迎や人柄重視で採用している企業が多いため、社会人経験がなくて自信がないという人でも安心してチャンレンジできます。
また、経験豊富な就活アドバイザーがマンツーマンのカウンセリングで、一人ひとりの強み、アピールポイントを一緒に考え、応募書類の添削や面接対策も行っています。
一人での就活が不安な方は、ハタラクティブで一緒に就職を目指しましょう。

この記事に関連するタグ