1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 既卒の就職は無理じゃない!就活ポイントを押さえよう

既卒の就職は無理じゃない!就活ポイントを押さえよう

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・新卒の一括採用が一般的な日本では、既卒の就職が難しいのは事実だが、無理ではない
    ・既卒の中には、そもそも正社員を目指していない人が多いことも、就職率が低くなっている理由の1つ
    ・既卒の就職を成功させるには、就活で失敗した反省や、卒業後何をしていたかを上手く伝えられるようにしておく必要がある
    ・ネガティブな質問や、不採用が続くことに対しても諦めない強い心と姿勢が大切
    ・既卒歓迎の求人を多く持つ就活サイトの利用もおすすめ
    ・既卒は経歴に自信が持てなず、面接で堂々と話せない人が多いが、面接の準備を万全にして胸を張って話すことが重要

新卒での一括採用が一般的な日本では、既卒になったら就職は無理といわれることがあります。しかし、本当にそうでしょうか。
新卒の時期を逃してしまっただけで、若さや熱意などは新卒の人たちと変わらないはず。
このコラムでご紹介する既卒の就活ポイントを押さえて、就職を目指しましょう。

◆既卒の就職は無理?

既卒とは、学校を卒業してから一度も正社員として就職していない人のこと。
新卒での就活に失敗して既卒になった人もいれば、はじめから就活する気がなく、卒業後フリーター生活をしている人もいます。
一部では既卒になってしまったら、その後就職するのは難しいという声があります。

【なぜ既卒の就職は難しいのか】

日本では、新卒の一括採用を行う企業がほとんど。このときに大量に人員を確保するため、中途採用での募集枠は新卒採用のように多くありません。
また、中途採用の場合、ある程度の経験やスキルを期待されることが多いため、社会人経験のない既卒では内定をもらうのが難しいと考えられています。
さらに、「新卒で就職できなかったのは、なにか問題があるのでは?」と考える企業もあり、就活の際には「なぜ既卒なのか」という疑問を持つ企業を、納得させられる理由が必要です。

【既卒の就職は無理ではない】

前項のように、新卒と比べると既卒の就職のハードルが上がるのは事実のようです。
しかし、既卒が全く就職できないのかといわれれば、そうではありません。
新卒と同じように就活をしていれば難しいというだけで、既卒なりの就職ポイントを押さえて就活をすれば、正社員になることは可能です。

既卒の就職率が低いのは、そもそも正社員を目指していない人が多いからでもあります。
確かに、新卒の初任給と、アルバイトで稼ぐことができる月収はあまり差がないかもしれませんし、フリーターの生活は社会人よりも比較的自由です。

しかし、それも20代前半まで。年齢と共に収入が高くなる社会人と比べて、フリーターで収入を増やしていくことは難しいでしょう。
このままフリーターでもいいと考えている人は、今後、結婚を考えたり、周りの社会人との収入の差に気づいたり、フリーターでいることを後悔する日が来るかもしれません。
非正規雇用のデメリットを考え、比較的就職のしやすい20代のうちに、正社員を目指してみてはいかがでしょうか。


◆既卒から就職を成功させるには?

既卒が就職するためには、新卒以上の行動量が必要。
ほとんどの面接では、「既卒になった理由」や「卒業後何をしていたのか」といった質問をされるはずです。

なぜ就職しなかったのか」について自分で考え、就活を失敗したのであれば正直に反省することも大切。卒業後に努力したことなどがあれば、反省点と合わせて上手く伝えられるようにまとめましょう。
卒業後のブランクが長い人であれば、「なぜ今、正社員になろうと思ったのか」という動機を答えられるようにしておきます。
既卒を対象とした面接では、ネガティブな質問が多くなることもあります。
また、不採用が続いて落ち込むかもしれません。しかし、諦めずに頑張る姿勢と就職への強い気持ちが大切です。

また、新卒と違い、既卒の場合は大企業への就職のチャンスは少ない傾向にあります。
もしも既卒が応募できる求人に出会ったとしても、同じ求人に新卒が応募していれば、新卒が採用される確率のほうが高いのが現実。
既卒向けの求人を扱っている就活サイトを利用して、既卒を歓迎している企業を探したり、優良な中小企業を探したりするなど、求人探しにも工夫が必要です。


◆自信を持って話す!

既卒の人は、新卒の就活で失敗していることや、社会人経験がないことなどが原因で経歴に自信が持てないため、面接で堂々と振る舞えない人が多いようです。
しかし、既卒を歓迎している企業であれば、既卒に期待しているのは、若さや仕事への熱意、やる気ではないでしょうか。
元気のない受け答えでは、そういった既卒の良さは伝わりません。面接では、はきはきと明るく話す方が好印象ですし、一緒に働きたいと思ってもらえるはずです。
面接で想定される質問への回答を準備して、できるだけ自信を持って話せるようにしておきましょう。


就活に自信がない方はハタラクティブにご相談ください。

ハタラクティブは、20代を中心とした若年層向けの就活支援サービスです。
ご紹介する求人は、未経験歓迎や人柄重視で採用している企業が多いため、社会人経験がなくて自信がないという人でも安心してチャンレンジできます。

また、経験豊富な就活アドバイザーがマンツーマンのカウンセリングで、一人ひとりの強み、アピールポイントを一緒に考え、応募書類の添削や面接対策も行っています。
一人での就活が不安な方は、ハタラクティブで一緒に就職を目指しましょう。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる