既卒が正社員を目指すのは厳しいって本当?

既卒が正社員を目指すのは厳しいって本当?の画像

この記事のまとめ

  • 既卒の正社員就職は厳しいが、アピール次第で採用につなげることは可能
  • 中途採用枠では正社員経験のない既卒への評価が厳しい場合もある
  • 既卒期間が長引くほど正社員としての就職は厳しくなる
  • 正社員での就職は早めの動き出しと既卒理由の説明が成功のポイント

既卒になると正社員として就職できなくなる…と不安な気持ちになる方もいるでしょう。内定がもらえないまま卒業を迎えてしまい、「一生就職できないのでは…」と心配になっている方は少なくありません。ではなぜ、既卒の方が正社員になるのは難しいといわれているのでしょうか。今回は、既卒者が就職できないといわれている理由を紹介します。既卒で正社員を目指している方はぜひご一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

既卒が正社員になるのは本当に厳しいのか?

既卒が正社員になるのは本当に厳しいのか?の画像

職歴がない期間が長いほど就職が難しくなるため、既卒が新卒時よりも厳しい状況にあるのは事実です。しかし実際には卒業後の自身の行動や考え方のアピール次第で、既卒でも正社員として就職することができます

そもそも既卒とは?

既卒とは、高校や大学を卒業してから一度も就職をしていない人のこと。「就職活動を続けていたけど内定がもらえなかった」「公務員を目指していた」など、既卒になった理由は人によってさまざまです。一部では「一度既卒になると就職できない」と考えられていますが、既卒者を歓迎している企業は少なくないので、悲観しすぎないようにしましょう。
既卒の就職事情については「既卒の就職は厳しい?内定獲得のためにすべきことをご紹介」のコラムでも詳しくまとめています。既卒の定義や雇用への取り組みについてチェックしてみましょう。

「既卒の正社員就職は厳しい」といわれる理由

既卒の方が新卒枠以外で応募したいと思っても、応募可能な中途採用枠では実務経験が重視されるので評価されにくいという場合も少なくありません。
また、既卒者は「1年かけてどこにも就職できなかった人」という厳しいイメージをもたれることもあります。実際に、既卒者の中には、就活にあまり行動的ではなく就業意欲が低いことが原因となった人もいるようです。既卒者が就職できないといわれる理由には、このような原因が見られるでしょう。「既卒就活の実態は?厳しいと感じたら就職サイトやエージェントを活用しよう」では既卒の強みや就活を成功させるためのポイントをご紹介。一人での就活に自信がない既卒の方は、ぜひこちらのコラムも参考にしてください。

日本では新卒一括採用の制度を導入している企業が多いため、正社員の採用市場において「新卒」というカードは非常に強いです。企業側は、新卒者を将来的なリーダーを育成したいと考えており、若さというポテンシャルから柔軟な働き方に期待しています。企業によっては大学卒業後3年以内を目安に既卒でも新卒枠の応募を可としている場合もあるので、新卒として就活をし続けるのも手段の一つといえるでしょう。

既卒が正社員になるための方法

既卒が正社員になるための方法の画像

既卒で就職活動を行う場合は、「早めの行動」と「既卒になった理由の説明」が大切です。

既卒の就活は早めの行動が肝心

「正社員として就職したい」と考えている既卒の方は、すぐ行動に移しましょう。企業が社会人経験のない既卒に対して求めるているものは、多くの場合「若さ」や「柔軟性」といったポテンシャル要素です。入社後の伸びしろに期待されている部分が大きいため、年齢を重ねるほど期待値は低くなり、応募先の選択肢も狭まってしまいます。若いうちがチャンスと捉え、早め早めの行動を意識して動き出しましょう。

「なぜ既卒になったのか」を聞かれるので注意

採用面接では必ず既卒になった理由を聞かれると考え、事前に説明できるように準備をしておくこと。既卒になった原因を受け止め、反省の気持ちと入社への意気込みを伝えられるようにしておきましょう。既卒で空白期間がある方には「既卒で空白期間があっても就活に影響はないの?面接対応の仕方も解説!」のコラムがおすすめ。面接官の質問の意図や回答例を紹介しています。
採用担当者は応募者のやる気や熱意を見ています。企業研究をしっかり行って説得力のある志望動機をつくり、働く意思があることをアピールしましょう。

正社員になるには、就職支援サービスやハローワークなどを利用するのも1つの手です。
若年層に特化しているハタラクティブでは、就業経験のない方を中心に就職支援を行っています。
プロの就活アドバイザーが親身にカウンセリングを行い、応募書類の書き方や面接に必要なマナーなど、就活に関するノウハウを提供。さらに、あなたの希望に合った求人を紹介し、企業とのミスマッチを防いでいます。
内定率80.4%(2021年4月)を誇るハタラクティブを活用すれば、既卒を受け入れている企業を探す手間が省けるほか、面接日の調整や企業情報の提供などの手厚い支援を受けることが可能です。
就職活動は、既卒だからと諦めない気持ちが大切。ハタラクティブのサポートで効率的な就活を行い、希望に合った内定先を手に入れましょう。

既卒の就職活動に関するQ&A

いざ就活をしようと思っても、既卒は就職できないと思い込んでいる人もいるのではないでしょうか。ここでは、既卒の就職活動に関する疑問をQ&A方式で解決していきます。

既卒が新卒枠で採用を受けることはできますか?

2010年に「青少年雇用機会確保指針」が改定され、既卒者を卒業後3年間は新卒として扱うようにとの通達がなされました。そのため企業によりますが、新卒枠での応募が可能です。詳しくは「既卒とは?新卒との違いや就活のポイントを解説!」に掲載しています。

参照元
厚生労働省
青少年雇用機会確保指針

 

既卒が面接で聞かれる質問はありますか?

「新卒時に就活しなかった理由」は聞かれるでしょう。自分が既卒になった理由を振り返り、回答を準備しておく必要があります。「就活に失敗はNG?既卒になった理由を説明するコツ」では、回答例を挙げて解説しているので、ぜひご一読ください。

既卒から大手企業への就職は目指せますか?

既卒から大手企業への就職は可能です。まずは企業の募集要項の中に「既卒可」という条件が含まれているか、必ず確認するようにしましょう。「既卒だと大手企業に入るのは無理?内定を得るポイントを解説!」では、既卒のアプローチ方法を掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

既卒はインターンシップに参加できますか?

基本的に新卒生を対象にしているインターンシップですが、近年では既卒者向けのインターンシップも増えてきているようです。特に新卒・既卒にかかわらず優秀な人材を確保したいと考えているスタートアップやベンチャー企業に多く見受けられます。「既卒インターンは正社員就職に有利?募集企業はある?参加時の注意点も解説」ではインターンシップに参加するメリットなどを掲載しているので、ご一読ください。

既卒の就活にコツはありますか?

既卒の就活は、一刻も早く仕事探しを始めることが大切です。また就職しなかった理由や原因を振り返り、今後に活かす意思を示すことが重要でしょう。「既卒と第二新卒、何が違う?仕事探しのポイントとは」では、既卒が就活を成功させるコツについて掲載しています。

関連タグ