既卒が正社員を目指すのは厳しいって本当?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 既卒就職TOP
  4. >
  5. 既卒が正社員を目指すのは厳しいって本当?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・「一度既卒になると就職できない」と考えられているが、実際は既卒でも十分就職できる
    ・卒業後の行動や自身の考え方、就職活動のアピール次第で、既卒者でも正社員になれる
    ・既卒者の中には、就業意欲が低いことが原因となった人もいる
    ・既卒になった原因を受け止め、就活時にこの経験を活かす旨を伝えられるようにしよう
    ・既卒で正社員を目指す場合は、就職支援サービスやハローワークなどを利用するのも1つの手

既卒になると就職できなくなるという噂を耳にしたことはありませんか。
内定がもらえないまま卒業を迎えてしまい、「一生就職できないのでは…」と不安になっている方は少なくありません。

それでは、既卒の方が正社員になるのは難しいのでしょうか。
今回は、既卒者が就職できないと言われている理由を紹介します。既卒で正社員を目指している方はぜひご一読ください。

◆既卒が正社員になるのは本当に厳しいのか?

既卒とは、高校や大学を卒業してから1度も就職をしていない人のことを指します。
「就職活動を続けていたけど内定がもらえなかった」「公務員を目指していた」など、既卒になった理由は人によってさまざまです。

一部では、「一度既卒になると就職できない」と考えられています。
たしかに、職歴がない期間が長いほど就職が難しくなるため、既卒が新卒時よりも厳しい状況にあるのは事実です。

しかし実際には、既卒でも充分就職することができます。
既卒者を歓迎している企業は少なくないので、悲観しすぎないようにしましょう。
卒業後の行動や自身の考え方、就職活動のアピール次第で、既卒者でも正社員になることができます。

◆「既卒は就職できない」と言われるようになった理由

日本では、新卒一括採用の制度を導入している企業は多く、新卒のカードは非常に強いです。
企業側は、新卒者を将来的なリーダーを育成したいと考えており、若さというポテンシャルから柔軟な働き方に期待しています。既卒の方が新卒枠以外で応募したいと思っても、応募可能な中途採用枠では実務経験が重視されるので評価されにくいという場合も。

また、既卒者は「1年かけてどこにも就職できなかった人」という厳しいイメージをもたれることもあります。実際に、既卒者の中には、就活にあまり行動的ではなく就業意欲が低いことが原因となった人もいるようです。
既卒者が就職できないと言われる理由には、このような原因が見られるでしょう。

◆既卒が正社員になるための方法

既卒で就職活動を行う場合は、早めの行動が大切です。
企業によっては、大学卒業後3年以内は新卒と同等に扱っているところもあります。

また、採用面接では、必ず「なぜ既卒になったのか」を聞かれるので注意が必要です。
既卒になった原因を受け止め、反省の気持ちと入社への意気込みを伝えられるようにしておきましょう。
採用担当者は応募者のやる気や熱意を見ています。企業研究をしっかり行って説得力のある志望動機をつくり、働く意思があることをアピールしましょう。

正社員になるには、就職支援サービスやハローワークなどを利用するのも1つの手です。
若年層に特化しているハタラクティブなら、就業経験のない人の就職を徹底サポートしています。
プロの就活アドバイザーが親身にカウンセリングを行い、応募書類の書き方や面接に必要なマナーなど、就活に関するノウハウを提供。さらに、あなたの希望に合った求人を紹介し、企業とのミスマッチを防いでいます。
内定率80.4%(2015年7月)を誇るハタラクティブを活用すれば、既卒を受け入れている企業を探す手間が省けるほか、面接日の調整や企業情報の提供などの手厚い支援を受けることが可能。

就職活動は、既卒だからと諦めない気持ちが大切です。
ハタラクティブのサポートで効率的な就活を行い、希望に合った内定先を手に入れましょう。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ